コラム

【失敗しない】SEO対策を外注へ依頼する前にぜひ知ってほしい内容を徹底解説

SEO対策とは、検索エンジン最適化を意味し、Googleの検索結果で上位表示されるための方法を指します。自社でできるSEO対策の一例は以下の通りです。

  • コンテンツ追加
  • コンテンツのリライト
  • 内部修正

しかし実際には、自社のみではノウハウ的にもリソース的にも対応が難しい場合も多いでしょう。そのためSEO対策は外注化がおすすめです。この記事では外注先の選び方について解説するので参考にしてください。

目次

SEO対策を外注へ依頼する前に事前に基礎情報を知っておいた方が良い理由

事前に基礎情報を知っておいた方が良い理由は、SEO対策会社からの本質から外れた提案内容を見極めるためです。

業者選びで「失敗」を避けるためには、SEO会社からの提案が自社の目的や課題解決が叶う内容であることを理解することが重要です。

SEO会社は「SEOで今後どうなりたいか」や「どのキーワードで上げたい」かは設計することができますが、”お客様がSEO会社へ求める成果”は双方でしっかりと共通認識をもっていないと施策が失敗に終わることもあります。

例として

  • 「キーワードの順位が上がったけれども、セッションが伸びない」
  • 「この施策をやってくれると思っていたら、やってもらえない」
  • 「セッション数は伸びたけど売上につながっていない」

などがあります。

SEOの効果は出ているものの、お客様の求めている成果とかけ離れていたり、すれ違いが発生することは多々あるのです。

これらの「成果がでなかった」理由の一部には、お客様とSEO会社での共通認識を持てていないことが原因であり、成果を出すためには、依頼側は受け身ではなく基礎情報を把握した上で能動的に依頼することをおすすめします。

今回ご紹介するケースを知っておくことができれば、望まぬ結果を予め避けることができます。

SEO会社に外注するとできること

SEO会社に外注することで検索サイトからの顧客流入数を増加できる可能性が高いです。検索流入数を増やすために、具体的には以下の作業を行います。

  • 戦略設計の立案
  • 自サイトや競合サイトの分析
  • キーワード選定
  • コンテンツ制作
  • 内部対策
  • 外部対策

SEOで成果を上げるために最も必要な作業は、戦略設計の立案です。なぜなら、SEO対策はコンテンツの量や質、サイトの外観や内部設定など、トータルで取り組まなければならないためです。よって、全体の方向性を決定する戦略が求められます。

すべての作業に知識やスキルに加え経験が必要です。自社で1から揃えるのは時間とコストを要します。SEO会社を活用することで、SEO対策に必要なさまざまな業務をすべて任せることが可能です。

SEO外注費用相場について

SEOを外注する際の費用は、依頼する作業によって異なります。目安となる相場は以下のとおりです。

依頼業務 業務内容 費用の相場
総合SEOコンサル SEO対策の戦略立案やKPIの設定などから、コンテンツ作成まで幅広い業務に対してこなサルティングする 10〜100万円/月
SEO設計コンサル KW選定やトピッククラスターの策定など、SEOに強いサイトを設計する 10〜100万円/回
コンテンツSEO 与えられたKWをもとに、SEOに強いコンテンツを作成する 数千円〜/記事
内部対策(テクニカルSEO) タグの最適化など、検索エンジンに正しく評価されるサイトを設計する 10〜50万円/月
外部対策の概要 被リンクの獲得をサポートする 5〜20万円/月

総合SEOコンサルティング

戦略立案 ・SEO戦略設計

・KPI作成

サイト設計支援 ・KW選定、競合調査

・データの構造化支援

・SEOに適したサイト設計サポート

ディレクション ・記事の添削

・SEOライティングのアドバイス

総合SEOコンサルティングはSEOに関して幅広いコンサルティングを提供します。費用は月額制で10〜100万円が相場です。アドバイスだけでなく、実務作業としてのサポートもする点が特徴です。

総合SEOコンサルティングのメリットは、SEOの知識がない方でも依頼でき、効果に期待が持てる点です。一方、サポート範囲に比例して費用が高くなるというデメリットがあります。

SEOに関する知識はないが、Web集客のために本気でSEOに取り組みたい企業におすすめです。

SEO設計コンサルティング

SEO設計コンサルティングは、新規でサイトを立ち上げる際や、既存のサイトを改修する際のサポートを提供します。費用は1回あたり10〜100万円が相場です。具体的なサポート内容は以下をご参考ください。

  • 競合、自社サイト、ニーズの分析(3C分析)
  • サイト全体の構成構築
  • トピッククラスター作成

分析結果に基づき、SEOの効果が出やすいサイトへの改修をサポートします。

SEO設計コンサルティングのメリットは、SEO対策の土台であるサイト設計のクオリティを高められる点です。質の高いサイトは他のSEO施策の効果を最大化するのに役立ちます。一方デメリットは、大規模サイトの改修を行う場合、費用が高くなる点です。

SEO対策でやりたいことが決まっている方は、SEO設計コンサルティングが向いています。

コンテンツSEO対策

コンテンツSEO対策は、サイトにアップする記事の作成を代行するサービスです。費用は1記事あたり数千円から依頼できます。具体的なサポート内容は以下をご参考ください。

  • 競合調査
  • 記事構成の作成
  • 記事の執筆
  • 作成した記事の添削

コンテンツ制作は工程ごとに分業も可能なため、一部の作業だけ依頼できます。

コンテンツSEO対策のメリットは、高品質な記事を作成できることです。1人が執筆できる記事構成には限りがあるため、外注の採用が必要になります。

一方、コンテンツの質だけでは成果が出ない点がデメリットです。たとえば、KW選定を誤っている場合、高品質な記事を執筆しても効果は出にくいでしょう。

SEO戦略やサイト設計が完了し、コンテンツの量が求められるフェーズの方に役立つサービスです。

内部SEO対策

内部SEO対策はサイト内部の設定を変更し、SEOで評価されやすいサイトにするためのサポートをします。費用は月額制で10〜50万円が相場です。具体的なサポート内容は以下をご参考ください。

  • XMLサイトマップの設置
  • 内部リンクの最適化
  • 各種メタタグの設定
  • ページスピードの改善

内部SEO対策のメリットは、高い技術レベルの作業を任せられる点です。内部SEO対策は専門知識に加え、常に情報のアップデートが求められます。そのため専門家への依頼が効果的です。

一方、情報のアップデートと共に効果的な手法も変わるため、継続的な依頼が必要というデメリットがあります。

SEOに力を入れているが、技術的な作業に自信がない方は活用すべきでしょう。

外部SEO対策

外部SEO対策は主に被リンク獲得のサポートをメインに行います。費用は月額制で5万〜20万円が相場です。

被リンクとは、外部のサイトに自社サイトのリンクを設置してもらうことです。外部サイトからのリンクは、SEO対策で大きな効果があると言われており、重要な施策といえます。

外部SEO対策のメリットは、被リンク獲得のプロに依頼することで、良質な被リンクを集められる点です。被リンク獲得は営業的な側面も持つため、技術的、精神的な理由から外注が好ましいとされています。

一方、質の悪いSEO会社を利用する場合、Googleが非推奨とする方法で被リンクを集められる点がデメリットです。これはSEO評価を下げる要因になるため注意しましょう。

被リンク獲得は質の高いサイトやコンテンツが前提となるため、他のSEO対策が完了している方に効果的です。

SEOを外注する際の契約・支払い方法

SEOを外注する際の契約や支払い方法は3種類あります。

  • 月額固定
  • 一括払い
  • 成果報酬

それぞれ特徴を解説します。

月額固定

契約期間は各社で異なりますが、その期間内は成果の有無に関わらず一定の費用が発生します。

月額固定の特徴は以下の通りです。

  • 毎月定期的に作業が発生する業務に多い
  • 費用が一定のため将来の予測が立てやすい
  • 最低契約期間を定めている場合がある

総合コンサルティングや、内部SEO対策のように、継続した作業が必要なサービスで多く採用されています。

一括払い

決められた金額を最初にすべて支払う契約形態で、分割などは用意されていません。

一括払いの特徴は以下の通りです。

  • スポットで作業を行う業務に多い
  • 一括で大きな金額が動くため、キャッシュフローが悪化するリスクをもつ
  • 一度の支払いのみなので事業資金の計算がしやすい

SEO設計コンサルティングやコンテンツSEOのように、一度の作業で完了するようなサービスに多く採用されています。

成果報酬

最初に合意した成果に結びついた場合のみ支払いが生じる契約形態です。成果の内容や、それに対する報酬は契約によって異なります。

成果報酬の特徴は以下の通りです。

  • 成功難易度が高い業務に多い
  • 予想よりも大きな支払いになる可能性がある
  • 成果に対する支払いなので、費用対効果が出やすい

外部SEO対策の被リンク獲得営業のような、難易度が高く、投下した時間と結果が比例しにくいサービスで多く採用されています。

SEOを外注するかの判断について

SEOの外注化は、要否の判断が必要です。外注化にはコストがかかり、メリットだけでなくデメリットもあります。それらを総合的に考慮した上で、判断しましょう。

なお以下に当てはまる方は、SEOの外注化をした方が良いでしょう。

  • 自社にノウハウがない
  • 社内リソース・体制が整っていない
  • すでにSEO対策を実施しているが、成果がでていない

自社でSEO対策を行うためのリソースや情報がなく実施できない方や、実施しているが成果の出ていない方は外注化を検討すべきです。

それぞれ解説するので、当てはまっているかを確認するための参考にしてください。

自社にノウハウがない

SEO施策の成功には、知識と経験が不可欠です。しかし、これらを身につけるためには、時間的にも金銭的にも大きなコストがかかります。そのため外注化をした方が、費用対効果も高くなるでしょう。

なお、SEOの手法はGoogleのアップデートに合わせて何度も変わります。また、明確な手法は公開されていないため、過去の経験から予測する力も必要です。

そのため長年SEOに取り組んできた実績が必要です。少しの知識と経験では成功しません。明確にノウハウがある場合を除き外注化した方が良いでしょう。

社内リソース・体制が整っていない

SEO対策には戦略の立案からサイトデザインや技術的な改修、コンテンツの作成などの作業が必要です。よって、1つのチームで行うのではなく、多くの関係者を巻き込んだ動きが求められます。

そのため、社内リソースが不足している、協力体制が構築できない場合、SEO施策は失敗する可能性が高いでしょう。

たとえば、SEO対策のチームが、サイト設計やコンテンツ作成の指示を出したとしても、反映されないことがあります。これはチーム独自の文化や手法により、意図せず異なるやり方になっているためです。

SEO会社であれば、1つのチームとしてリソースの確保から体制まで整えられています。社内調整に不安のある方は外注化がおすすめです。

すでにSEO対策を実施しているが、成果がでていない

SEO対策で成果を出せていない場合、プロの意見を取り入れる必要があります。SEO対策の正解は、企業の状況や競合の動き、社会のトレンドなどによって変わるため成果が出ない要因を見つけにくいためです。

たとえば、内部SEO対策に課題があることに気づかず、コンテンツの改善に取り組んでも効果は出ません。SEO対策ではさまざまな選択肢から、最適解を見つけることが大切です。

SEO会社では、多角的な分析から対象企業に必要な対策を導き出します。そのため、成果に直結する活動が可能です。

SEO対策を外注することのメリット

SEO対策を外注化するメリットは以下の9点です。

  • 社内リソースの確保ができる
  • SEO施策の質を担保できる
  • Googleのアップデートに迅速に対応できる
  • ネットにはないSEO会社のノウハウを活かした施策を実行できる
  • SEO以外のWebマーケティングも視野に入れられる
  • 施策のPDCAをまわす(状況に応じた適切な施策をする)ことができる
  • 検索上位化で終わらない
  • 最新のGoogleのトレンドやSEOノウハウの提供を受けられる可能性がある
  • 客観的なサイト分析が受けられる

SEO対策が成果に繋がるだけでなく、Webマーケティング施策全体に影響するメリットも含まれます。多くの方に役立つメリットのため、ぜひ詳細をご確認ください。

社内リソースの確保ができる

SEO対策を外注化することで、社内のリソースをコア業務に集中できます。

SEOは、以下のように多くの作業が必要です。

  • 戦略設計の立案
  • 自サイトや競合サイトの分析
  • キーワード選定
  • コンテンツ制作
  • 内部対策
  • 外部対策

また、これらの業務はSEOの効果が出るまで継続して行うことが求められます。そのため、多くのリソースが継続的に必要になるでしょう。

すべて自社で行う場合、コア事業のリソースを削らなければならない可能性もあります。その場合コア事業が落ち込み、SEOの結果が出たとしても、想定していた伸びは得られません。

SEO会社に依頼することで、必要なリソースはすべて用意されるため、コア事業に集中できます。

SEO施策の質を担保できる

SEO施策は作業者の質によって得られる効果の差が大きいです。その点、SEO会社は安定した高品質な業務に必要な以下の要素を備えています。

  • 最新のSEO知識をインプットしている
  • 過去に複数回SEO施策で成功した事例がある
  • エンジニアなどIT技術に詳しい方が複数名在籍している

SEOのトレンドは変化のスピードが早いです。激しい変化の中で、質の高い施策を講じるためには、質の高い組織と人材の両方が求められます。

なお、これらの要素を自社で揃えるのは困難かつ時間がかかるでしょう。また、優秀な人材は転職リスクもあり、安定した成果を出し続けるのは難しいです。

SEO会社では、質の高い組織と優秀な人材を安定的に提供するため、施策の効果も高いレベルで安定するでしょう。

Googleのアップデートに迅速に対応できる

SEO対策は、Googleの検索エンジンで上位表示させるために行います。そのため、Googleのアップデートがあればそれに合わせた施策の変更が必要です。しかし、SEOのプロではない場合、以下の理由から迅速な施策の変更は困難でしょう。

  • Googleアップデートの発表は英語かつ専門用語が多い
  • アップデートの内容は公開されるが、具体的な対策は明示されない

Googleの発表は、上位表示する記事の条件を明示するだけです。

SEO会社は過去に何度もアップデートに合わせてSEO対策を変更した経験があります。そのため、Googleのアップデートに対して高精度の施策を迅速に講じられるでしょう。

ネットにはないSEO会社のノウハウを活かした施策を実行できる

SEO対策の方法論は書籍やネットの情報で集められますが、それだけでは不十分です。

基礎的なSEO対策は多くの企業で行われており、差がつかないためです。

SEO対策はGoogleの検索エンジンで1位を狙うため、競合企業よりも優れていることをGoogleに判断されなければいけません。そのためには独自のノウハウを活かしたSEO施策が必要です。しかし、SEOの実践経験が少ない企業では、基礎知識以上のノウハウを得ることは難しいでしょう。

一方SEO会社では、過去の経験や日々のPDCAから独自のノウハウを見つけています。それらを活かすことで、競合に勝ち切る対策が可能です。

SEO以外のWebマーケティングも視野に入れられる

SEOはWeb集客を効率的に行うための手法です。そのため、他の方法も組み合わせることでより高い効果を発揮します。

SEO以外のWeb集客手法は以下の通りです。

  • リスティング広告
  • アフィリエイト広告
  • SNS広告
  • メールマーケティング
  • リターゲティング広告

SEOは検索流入を目指すため、リーチできない見込み顧客が存在します。幅広い対策を行うことで、より幅広い見込み顧客を集められるでしょう。

SEO会社に相談することで、数ある手法の中から最適な組み合わせや、実施方法を紹介してもらえます。アドバイスだけでなく、実務サポートも可能な場合があるため、確認すると良いです。

施策のPDCAをまわす(状況に応じた適切な施策をする)ことができる

SEO会社が行う施策は、一度の対応で完結するわけではありません。また、成果を得るためには数ヶ月の期間が必要です。そのため、日々の状況確認と、状況に合わせた対策立案が求められます。

しかし一般の企業では、以下の理由で日々のPDCAをまわすことが難しいです。

  • SEO対策の成功や失敗の予兆に気付けない
  • 状況に合わせた柔軟な対応ができない

SEOのプロは競合の動きやトレンドなど、さまざまな情報をもとに状況を把握します。たとえば、自サイトよりも競合サイトの方が検索順位の上がり幅が大きい場合、SEO施策が不十分と予測可能です。その場合、競合サイトの分析を行い、欠けている部分へ対策を講じます。

正しくPDCAをまわすためには、SEOに詳しいプロの目線が不可欠です。

検索上位化で終わらない

SEO施策の最終的な目的は検索上位を獲得することではありません。検索上位を獲得し、集めたお客様に購入してもらうことが最終目的です。

SEO会社は、目先の数字だけでなく、最終的な売上向上を見据えた改善を行います。一方、SEOのプロではない場合、目先の数字を獲得することに注力しがちです。

売上に対する意識の有無で以下のように対策も変わります。

売上を意識している 収益化コンテンツを中心に、そこに繋がるKWで検索上位の獲得を狙う
売上を意識していない 検索上位を獲得しやすいKWで検索上位の獲得を狙う

見込み顧客を集めるだけでは意味がありません。売上に直結する施策を講じるためにはSEOのプロが必要です。

最新のGoogleのトレンドやSEOノウハウの提供を受けられる可能性がある

SEO会社はSEOに関する最新情報にアンテナを張り巡らせています。SEOに関する情報は、精査や、意味のあるノウハウへの昇華が困難です。その点、SEOのプロは、過去の経験から必要な情報に絞ることを得意とします。

SEO会社を利用することで、Googleのトレンドやノウハウの提供を受けられる機会が多いでしょう。理由は以下の通りです。

  • コンサルのような無形商材では有益性のアピールが必要
  • 施策の根拠を明確にし、合意を得る必要がある

独学で学ぶよりも最短でSEOについて知見を得られます。まだSEOに取り組んだことのない方は勉強するためにも利用がおすすめです。

客観的なサイト分析が受けられる

SEO会社はサイト評価を分析で得られる数字を基にして行います。そのため、先入観や忖度のない意見を集められるでしょう。

自サイトの評価を行う場合、以下の理由から弱い部分の指摘が難しいです。

  • サイト設計者への忖度が働く
  • SEOに対する自信がないため、否定的な意見は出しにくい
  • 部署やチーム同士の摩擦を避ける傾向がある

その点SEO会社は外部のプロとして意見できるため、これらの弱みがありません。数字を基に論理的かつ率直な指摘を受けられます。

原因分析は正しい施策を講じるために不可欠です。また、プロによる分析はクオリティが高く、講じるべき施策の示唆も得られます。プロの分析を利用して、SEO戦略立案の土台としましょう。

SEO対策を外注することのデメリット

SEO対策の外注はメリットだけではなく、以下のデメリットも存在します。

  • 費用がかかる
  • 自社にノウハウが蓄積できない
  • 外注業者の選定を誤ると大きな損害を受ける可能性がある
  • 外注業者とのコミュニケーションコストがかかる

業者の選定や、活用方法を誤った場合に生じるデメリットが多いです。

基本的にSEO会社への外注は、正しい方法を実施できればメリットの方が大きくなります。ここでは、デメリットの解説と合わせて解決策や未然に防ぐ方法を提示するので、ぜひ参考にしてください。

費用がかかる

SEO対策の外注化は、月100万円程度のコストがかかることもあります。さらに、SEO施策は結果が出るまでに時間を要するため、継続的に費用が必要な場合も多いです。

しかし、プロに依頼しなかった場合、SEO施策が失敗する可能性も高いです。また、SEOに使う予算を下げた場合、質の悪いサービスにあたり、結果に繋がりづらいでしょう。

SEO施策は成功すれば大きく売上を向上できます。そのため、SEO会社への外注はコストではなく、将来回収できる可能性の高い投資と考えると良いです。

自社にノウハウが蓄積できない

SEO会社へ外注した場合、施策は委託先が中心となるためノウハウの蓄積が難しいと言われています。自社ですべて行う場合と比較して、SEOに触れる機会が少なくなる分、知見がたまりづらいためです。

これはSEO会社が実施する施策の内容を理解していないため起こります。よってノウハウの蓄積については、以下を意識することで解決できる場合があります。

  • SEOの施策とその根拠を事前に資料化してもらう
  • MTGなどのファシリテーションは自社で行う

施策の内容や状況を把握した上で委託先に進めてもらうことが大切です。

また、自社で行うよりもプロから質の高い情報をもらえる機会も多くあります。正しく対策することで、外注した方が成果に繋がるノウハウを蓄積できるでしょう。

外注業者の選定を誤ると大きな損害を受ける可能性がある

SEO対策には正解がないため、会社によって施策のレベルが大きく異なります。そのため、外注業者の選定には注意が必要です。

選定を誤った場合、以下の損害を受ける恐れがあります。

  • 外注先やSEO施策に投下した時間とコストが無駄になる
  • 将来的なSEO施策への影響するペナルティを受ける

たとえば、質の悪い委託先が、手段を選ばずSEOの順位をあげた場合、Googleからペナルティを受ける可能性があります。一度ペナルティを受けたサイトが、SEOで成果を上げるのは困難です。

質の良いSEO会社も多くあるため、正しく選定すればこの問題は生じません。

外注業者とのコミュニケーションコストがかかる

SEO対策では、さまざまな施策が同時並行で進むため、コミュニケーションが煩雑になりやすいです。たとえば、コンテンツ制作のチェックやサイト改修案の相談など、異なる作業について同時に質問されることもあります。

会社を跨いで協業するため、コミュニケーションを円滑にするためにはルールを設けるのがおすすめです。以下を参考に工夫しましょう。

  • 報連相を行う際のフォーマットを用意する
  • チャットツールを利用する場合:施策によってチャンネルを分ける
    メールの場合:件名でどの施策についてかわかるようにする
  • コミュニケーションルールを文書化する

準備などで工数がかかることもありますが、コミュニケーションコストに比べると小さいはずです。手間を少なく、円滑にやり取りできる仕組みを作りましょう。

SEOを外注する際の会社の選び方

SEOを外注する際には以下に注意して会社を選びましょう。

  • 実績
  • 予算感が適しているか
  • CVまで考慮した施策を実施してくれるか
  • 施策内容が明確か
  • 自社のサービス・業界理解を積極的におこなっているか
  • Webマーケティング全般への知識があるか、対応しているか
  • 事前調査をどこまで実施しているか
  • 内製化支援の有無
  • インハウスSEOとは
  • 担当の対応や相性

実績

SEO会社を選ぶ際は実績の有無が重要なので、以下の点を確認すると良いです。

  • 実績数は豊富か
  • 自社と同業界または近しい業界の実績があるか

再現性という観点から、複数社かつある程度の期間実績を出せている会社が安心できます。また、SEO対策は業界や顧客の特性によって異なるため、できるだけ自社と近しい企業の実績を参考にすると良いです。

なお、実績は根拠なく記載されている場合があるため注意しましょう。

たとえば、競合や検索ボリュームの少ないKWの実績を記載している、まったく関わりがない企業のサイトを自社の実績として偽っている、などがあります。

なお、弊社ランクエストは正しいSEO対策で数多くのお客様をご支援し、成果につなげてきました。お客様からいただいた声もまとめているので、ぜひ参考にしてください。

参考:ランククエスト 導入企業・事例

予算感が適しているか

SEO施策用に確保している予算内で収まるかは、初期費用やスポット費用と、ランニングコストを合わせて考慮しましょう。

なお、予算を意識した選択は大切ですが、それだけ重点をおいて考えるべきではありません。予算に合わない場合、以下の視点で予算側を見直すことも大切です。

  • 確保している予算は相場とあっているか
  • 投資に対するリターンを考慮し、予算の上積みができないか

SEO会社の中には、相場よりも大幅に低予算でも請け負う会社もあります。しかし、そういった会社の品質は低いことが多く、結果には繋がりにくいでしょう。

予算感を確認する際は、相場感との比較も行い検討しましょう。

CVまで考慮した施策を実施してくれるか

SEO施策の目的は売上や利益の向上です。一方、SEO施策のKPIは、検索順位やサイトへの訪問数がメインになります。そのため、目先のKPIに関わる数字だけでなく、目的を意識した施策を実施してくれる会社を選ぶことが大切です。

たとえば、記事の内容がタイトルに即していない場合、お客様満足度の低下は避けられません。その結果この方が購入まで進む可能性がなくなります。

上位表示はビジネスにおける重要課題ですが、手段であり目的ではありません。ビジネスの目的達成に向けた施策の提供ができる会社を選びましょう。

施策内容が明確か

SEO会社が行う施策の内容が、数字や納品物で明示されている企業を選ぶと失敗のリスクを減らせます。

SEO対策とは、明確な1つの施策を指すのではなく、無数の施策が含まれた言葉です。そのため、SEO施策の内容が明確になっていない場合、以下の問題に悩まされる恐れがあります。

  • 想定していたサービスが含まれていない
  • 実際にはほとんど稼働していない

SEOコンサルティングのような無形サービスの場合、明確な取り決めがなければ悪質な業者に騙される可能性があります。また悪意はなくても、想定とは異なる動きをする場合も多いです。

そのためSEOの施策について、具体的な内容や担当者、期日などを明確にできる会社を選びましょう。

自社のサービス・業界理解を積極的におこなっているか

SEO対策は業界や商品・サービスによって施策が変わります。そのため、SEOで結果を出すためには、クライアントの理解が重要です。

たとえば医薬品業界の場合、コンテンツを作成する際は薬機法を理解しなければなりません。安易な理由で曖昧な数字を記載した場合、法律違反で損害に繋がる恐れがあります。

一方、これまでのやり方を踏襲した施策しか行わない企業もあります。こうした企業では、業界のトレンドや商習慣を抑えていないため、小手先のテクニックに頼ることが多いです。短期的には効果が出る可能性もありますが、長期的に成果を出し続けるのは難しいでしょう。

よって、クライアントに寄り添った施策の提案ができる企業を選ぶことが大切です。

Webマーケティング全般への知識があるか、対応しているか

SEOはWebマーケティング手法の一つです。そのため、SEO施策の効果を最大化するためには、Webマーケティング全体を設計する必要があります。

よってSEO会社を選ぶ際は以下の2点を確認しましょう。

  • Webマーケティング全般への知識を有しているか
  • SEO以外の手法も対応可能か

対応が難しい場合も、最低限知識だけは抑えられている会社を選びましょう。

Web集客をする際、SEO以外にもリスティング広告やリストマーケティングなど、さまざまな手法を行うはずです。その際、目的に応じた役割分担ができていないと、無駄な工数の発生や、見込み顧客の取りこぼしが発生します。

Web集客の成功には、Webマーケティングの全体最適を意識したSEO施策を考えられる業者が必要です。

事前調査をどこまで実施しているか

SEO会社の真摯さや本気度は商談前の事前調査でわかります。商談する際の資料に以下が含まれているか確認すると良いです。

  • 自サイトの課題点
  • 自サイトの競合分析
  • 課題に対する提案

SEOのプロであれば、事前にクライアントのサイトを確認することで、課題点を見つけられます。その上で、クライアントごとにカスタマイズされた提案が盛り込まれていればベストです。

商談する際に、汎用資料だけで提案する場合、あまり力を入れていない、あるいは契約後も汎用的な作業しか行わない可能性があります。そのため、商談の時点でどれだけ事前調査ができているのかは重要な確認ポイントです。

内製化支援の有無

SEO会社の中には、インハウスSEO(内製化)の支援をする会社があります。インハウスSEOを支援する場合、SEO施策の説明も丁寧で、自走できるレベルでノウハウを伝える場合が多いです。

そのため、将来的にSEOを自社で行いたいと考えている場合、支援体制のある会社を選ぶと良いでしょう。

インハウスSEOとは

自社内でSEOの対応ができることを指し、メリットは以下の通りです。

  • 長期的にはコストメリットがある
  • 組織の変化に合わせて柔軟に対応できる
  • 独自のノウハウが蓄積しやすい

自社のリソースだけでSEO施策を成功させるのは難易度が高い分、得られるメリットも大きくなります。とはいえ初心者がプロの指導なしで実現するのは困難なため、SEO会社を活用しましょう。

担当の対応や相性

SEOコンサルティングは、会社との相性以上に担当者との相性が重要です。会社ごとにある程度のマニュアルは用意されているものの、コンサルは個人の技量が成果に直結します。そのため、SEO会社全体の評判や実力だけでは判断できません。

優秀な担当者に多い対応について以下ご紹介します。

  • 連絡したことへの返信が早い
  • 依頼したことはすぐに対応する
  • 依頼する前に先回りで行動する
  • ミスを繰り返さない

このように、社会人として当たり前の行動ができている方は優秀な場合が多いです。

また、言葉で表現はできないが、あまり相性が合わないと感じる場合もあります。その際は担当者を変えてもらうか、会社ごと変えた方が良いでしょう。SEO対策は担当者と協力しながら進めるため、人間的な相性も大切な要素です。

危険なSEO会社の特徴

SEO会社の中には、信頼性の低い企業もあります。以下に当てはまる場合、危険なSEO会社の可能性が高いため注意しましょう。

  • ブラックハットSEOをおこなっている
  • 効果の保証を謡っている
  • 打ち合わせが一度しかない

それぞれ解説します。

ブラックハットSEOをおこなっている

SEO対策でも特に大切だと考えられている方法に被リンクがあります。一方、質を問わない大量の被リンクを推奨している会社には注意が必要です。

このような誤ったSEO対策はブラックハットSEOと呼ばれ、Googleからのサイト評価を下げる要因になるためです。

その他にも以下のようなブラックハットSEOと呼ばれる手法があります。

  • 検索エンジンにだけ見える隠しテキストの挿入
  • コピーコンテンツ
  • 意味のない単語を羅列する(ワードサラダ)
  • 他サイトへのスパムコメント
  • 自動生成した質の低いコンテンツ
  • ユーザーと検索エンジンに異なるコンテンツを表示する(クローキング)

これらのブラックSEOと捉えられる手法を推奨している会社は避けた方が良いです。

効果の保証を謡っている

SEOの効果を保証している会社は、実績や導入事例を偽っている可能性があります。なぜなら、SEO施策には正解がないため、確実な成果は約束できないためです。

たとえば、以下のような営業トークは実績を誇張している可能性があります。

  • 確実に検索順位を一桁にする
  • 必ずに失敗しないSEO対策をレクチャーする

SEO施策の結果は、その時のトレンドや競合の動きによって変わります。また、緊急でGoogleのアップデートが起こることもあるでしょう。そのため、確実に成功するような保証は誰にもできません。

効果の保証を行っている会社は信頼できそうですが、誇大広告の可能性も高いため注意が必要です。

打ち合わせが一度しかない

打ち合わせが一度しかない場合、SEO施策を進める中で以下の問題が生じる恐れもあります。

  • 想定していた施策を実施していない
  • 商材特性や業界特性を踏まえた施策になっていない
  • 正しく活動されたかが不明瞭なまま終わる

SEO施策はSEOの知見だけでは完結できません。SEO会社とクライアントは協力して進める必要があります。そのため、自社だけで解決できると考えているSEO会社はクライアントごとにカスタマイズされた対応をできない場合が多いです。

SEO施策をスタートした後も定期的な報告会を行うのが理想です。一方、打ち合わせ回数が極端に少ない業者もいるため、事前に打ち合わせ回数は握っておきましょう。理由をつけて断られる場合には、危険なSEO会社の可能性が高いです。

SEOを外注する際の注意点

SEOを外注する際の注意点は以下の通りです。

  • SEO対策の基本知識はもっておく
  • SEO対策の目的を明確にしておく
  • 短期間でやめてしまわない
  • 契約内容を詳細まで確認する
  • 外注業者に任せきりにしない

施策を成功に繋げるために意識して行動しましょう。

SEO対策の基本知識はもっておく

SEO会社に依頼する場合も、Webマーケティング全体の基礎知識は持っておく必要があります。基礎知識が必要とされる理由は以下の通りです。

  • 見積もり金額の妥当性を判断できない
  • 正しい施策が行われているかわからない
  • チームをまとめて同じ方向に進められない

主にSEOの基礎知識は、SEO会社が提示した施策の正誤を判断するために求められます。SEOとしては正しくても、Webマーケティング全体としては間違っていることもあるでしょう。その際に軌道修正ができないと、トータルで必要なコストが高くなります。

SEO会社を正しく活用し、成果に繋げるためには、基礎知識の習得が不可欠です。プロに任せるだけでなく、一緒に進めていく意識をしましょう。

SEO対策の目的を明確にしておく

SEO対策の目的は企業によってさまざまです。そのため、目的を明確にしておかなければ、正しい施策を講じられません。

たとえば、40代に人気の化粧品会社の場合、SEOの目的によって以下のように施策が変わります。

SEOの目的 想定される施策
売上を伸ばしたい 40代向けのKWで上位表示を狙う

競合との差別化をメインコンテンツにする

新しい顧客層へ展開したい 20代向けのKWで上位表示を狙う

自社製品の有効性や魅力をメインコンテンツにする

目的を明確にしていない場合、SEO会社が提案する施策も曖昧になり、成果に繋がりづらいでしょう。そのため、SEO対策が成功した後の具体的なイメージを共有し、目的に合わせた施策を提案してもらうことが大切です。

短期間でやめてしまわない

SEO対策は結果に繋がるまでに長い時間を要します。なぜなら、Googleのアルゴリズムがサイトの改修内容を認知、評価するまでに時間がかかるためです。よってSEOは短期施策ではなく、半年〜1年は結果が出るまでかかることを理解しましょう。

また、SEOの成果が売上に繋がるまでにはさらに長い時間が必要です。

検索順位が上がれば、見込み顧客がサイトを訪問する頻度は増えます。しかし、彼らに購入してもらうためには、Webコンテンツでニーズを醸成し、購入まで繋げるナーチャリングも必要です。

SEOは一度効果が出ると大きなリターンを得られるので、時間をかけて着実に伸ばしていきましょう。

契約内容を詳細まで確認する

SEO会社に依頼する際、不明瞭な点や曖昧な表現は残さないようにしましょう。コンサルティングのような無形商材の場合、言葉の定義や認識の齟齬によって揉めることが多いためです。

作業内容について、5W1Hで確認するとミスが少なくなります。

たとえば、誰が行うのか明記されていない場合、それぞれの作業範囲が不明瞭になり、重複作業や空白の作業が生まれます。また、やり方についての記載がなければ、認識齟齬でトラブルに繋がる可能性が高いです。

記載のない内容は実施されないという意識で、詳細までチェックしましょう。

外注業者に任せきりにしない

SEO会社を利用する場合も、協力すべきことは多くあります。すべて外注業者に任せきりでは、想定した結果は得られません。

たとえば、SEOに関しては詳しくない場合も、業界のルールや商品の特性、目指すべきゴールなど、自社に関わることはあなたの方が詳しいです。SEO施策の立案には、このような個別具体の情報が求められます。

これは、外注業者だけでSEO対策をする場合、個別にカスタマイズされた施策の立案が困難なためです。そのため、SEO施策は外注先に依頼して終わりではありません。

SEOのプロと担当者が二人三脚でプロジェクトを進めることにより、施策の先にある目的達成に向けた活動ができるでしょう。

おすすめSEO会社

おすすめのSEO会社とその特徴は以下の通りです。

会社名 特徴
ランクエスト 集客まで意識したSEO対策を実施

圧倒的に高いコストパフォーマンスを実現

サイバーエージェント 大手企業の安心感

広告のノウハウを活かした提案が可能

ニュートラルワークス Web集客に関する施策をまとめて相談可能

プロジェクトごとにチームを編成

PLAN-B 事業貢献(売上)にインパクトが大きい戦略を立案

YMYLといったSEO難易度の高い領域も対応可能

CINC 世界最大級の日本語データを保有

スイッチングオプション方式を採用している

それぞれ詳細を解説します。

ランクエスト

ランクエストの特徴や強みは以下の通りです。

  • 検索順位を上げるだけでなく、集客に繋げるSEO施策を提案
  • SEO以外のWebマーケティング施策にも対応
  • 圧倒的なコストパフォーマンスを実現

ランクエストでは、高品質かつ幅広いサービスを比較的安価に提供することで、高いコストパフォーマンスを実現しています。

それぞれ詳しく解説します。

検索順位を上げるだけでなく、集客に繋げるSEO施策を提案

ランクエストでは、検索順位を上げて集客するSEOを目指し、戦略的に売上と直結するキーワードに絞ってSEO施策を講じます。これにより、ビジネスを加速させる集客が実現可能です。

SEO以外のWebマーケティング施策にも対応

クライアントのビジネスに合わせて、サイト制作やSNSの運用など多岐にわたる施策を提案可能です。さらに、これらを複合的に組み合わせた、マーケティング戦略の立案まで請け負います。

圧倒的なコストパフォーマンスを実現

他社が提供するコンサル費用とほぼ同額で、追加コンテンツの作成や投稿、内部施策などの実行まで提供します。成果を出すことにこだわった結果、圧倒的なコストパフォーマンスを実現しました。

ランクエストの概要

ランクエストの概要は以下をご参考ください。

企業名 株式会社 eclore(エクロール)
サイトURL https://rank-quest.jp/seo/
電話番号 050-3664-0286
会社所在地 〒160-0022

東京都新宿区新宿2丁目8-6 KDX新宿286ビル4階

設立年 2008年 1月 11日
提供サービス SEMマーケティング(ランクエスト)

Webメディアサービス(EMEAO!&一括.jp)

実績 きぬた歯(「インプラント」で5位以内を獲得)

株式会社iStyl(セッション数が1.5倍に伸長)
株式会社ライフアドバンスジャパ(ユーザー数200%増、CV数350%増)
実績紹介ページトップ

費用感 個別見積もりが必要
最低契約期間 個別見積もりが必要

サイバーエージェント

サイバーエージェントは、1998年の設立以来、インターネット広告事業を中心に、メディア事業やゲーム事業、AI事業などさまざまな事業を展開しています。AbemaTVやウマ娘など、多くのヒット事業を生み出し続けており、21世紀を代表する会社を創るというビジョンのもと、インターネットに関わるあらゆる事業に挑戦中です。

サイバーエージェントの特徴や強みは以下の通りです。

  • SEO施策だけではなく、インターネット広告の圧倒的な実績から得られたノウハウで、売上に繋がるさまざまな施策を提供する
  • AI事業にも力を入れており、AI技術を使った高精度の分析や執筆が可能
  • 京都大学とSEOについて共同研究し、ユーザーとGoogle双方から好まれるウェブサイト作成の知見を蓄積している
  • 大手企業の信頼性と、豊富なサポート実績を持つため安心して依頼可能

サイバーエージェントが持つインターネット事業に関するノウハウを駆使し、最適なSEO施策を提供します。

ニュートラルワークス

ニュートラルワークスは、2016年の設立依頼、ブランディング・戦略立案、Webサイト構築、広告運用、コンテンツマーケティング、SEOなどデジタルマーケティングに関するサービスを広く展開しています。3,000社以上の実績を持ち、戦略立案で終わるのではなく、高い専門性と実行力を持つメンバーがハンズオン型で支援や伴走するため、安心して依頼が可能です。

ニュートラルワークスの特徴や強みは以下の通りです。

  • Web戦略立案〜Webサイト制作〜Webマーケティングまで多岐に渡るサービスを展開しているため、Web集客に関する施策をまとめて相談可能
  • プロジェクトがスタートした後は、成功に導くためのチーム体制を構築し、さまざまな施策に対するサポートを一気通貫で提供
  • スピード感のある対応を心がけており、迅速なレスポンスや意見の反映などを行う文化と組織がある

ニュートラルワークスはワンチームでSEO施策を提供します。

PLAN-B

PLAN-Bは、2003年の設立以来、デジタルマーケティング事業、マーケティングDX事業、ASP事業、メディア事業など、マーケティングを基軸に事業を展開してきました。その中でもオウンドメディア「PINTO!」では、SEOのノウハウを活かし毎月800件以上のリードを獲得しています。さまざまな業界で結果を出しており、お客様の売上に繋がるコンサルティングを目指しています。

PLAN-Bの特徴や強みは以下の通りです。

  • クライアントごとの事業特性やサイト特性、見込み顧客の属性などを理解し、事業貢献(売上)にインパクトが大きい戦略を立案する
  • 特定の業種や業界、そしてサイト特性に特化したコンサルティングチームを構築しており、YMYLといったSEO難易度の高い領域でも成果を出している
  • BtoCマーケティングにも取り組んでおり、認知拡大やブランディング戦略など、toCならではの課題に対しても適切に対応可能

PLAN-Bは難易度の高い領域でも結果に繋げるための戦略とサポート体制を構築します。

CINC

CINCは2014年の設立以来、世の中にあるデータをITの力で価値ある情報に変換しビジネスに役立てることを目指す、データソリューションカンパニーです。Webマーケティング事業やM&Aの仲介事業など、膨大な分析が必要になる業務を、独自のテクノロジーを活用することで解決してきました。

CINCの特徴や強みは以下の通りです。

  • 課題や対応領域に応じて適切なメンバーを選出し、案件ごとにコンサルティングチームを編成し、SEO戦略の立案から、実行までトータルで支援する
  • 世界最大級の日本語データを保有する自社開発のKeywordmapやデータ分析のノウハウと経験を基に、客観性と精度が高い提案を可能
  • 契約後も契約内容の変更ができるスイッチングオプション方式を導入しており、市場のトレンドや競合の動きに合わせて費用対効果重視した選択ができる

CINCは高度なデータ分析を基に、確実性の高い戦略を提供します。

まとめ

SEO会社はうまく活用することで、自社でSEOを行うよりも低いコストで高い効果を得られます。一方、委託先の選定を誤ると、Googleからの評価が低下するなど、大きな損失に繋がるため注意が必要です。

この記事で紹介した、外注先の選定方法や、避けるべきSEO会社の特徴を参考に選定することで、悪質なSEO会社に騙されることは少ないでしょう。

企業HPの情報だけではわからないことも多いため、まずは見積もりの相談から始めるのがおすすめです。

関連したコンテンツ
最新のコンテンツ
丸投げできるSEO

最近のコンテンツ

目次

徹底的に、
SEOで
集客するなら。

Copyright © 2024 eclore Co., Ltd