コラム

RankBrain(ランクブレイン)とは?SEOとの関係や役割を解説

RankBrain(ランクブレイン)は、Googleの検索アルゴリズムの1つで、検索クエリに対して最も関連性が高いページを抽出するためのプログラムです。

RankBrainの導入以降、検索エンジンがユーザーの行動まで分析できるようになり、検索意図を深堀りできるようになりました。

そのため、現代のSEOではよりユーザーのことを考え抜いたコンテンツの制作が不可欠です。

しかし、RankBrainの仕様や具体的な対策方法がわからず、困っている方も多いのではないでしょうか。

この記事ではRankBrainの仕組みや役割、対策方法を詳しく解説していきます。

コンテンツSEOに取り組んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

RankBrain(ランクブレイン)とは?

RankBrainは、2015年にGoogleが導入した検索アルゴリズムの1つです。

人工知能(AI)技術を活用し、検索クエリと関連性の高いコンテンツを抽出する役割を担っています。

RankBrain導入以降の検索エンジンは、ユーザーの検索クエリの意味を理解し、より精度の高い結果を表示できるようになりました。

Googleの検索アルゴリズムとは?

検索アルゴリズムとは、検索結果に表示するWebサイトを決める際に使用する、ルールやプログラムのことです。

Googleは、検索結果を決定するために200以上のアルゴリズムを用意していると言われています。

それぞれ異なるプログラムが使われ、スパム対策やコンテンツの品質評価など、項目もさまざまです。

RankBrainもその内の1つで、検索クエリの意味を理解し、関連性の高いコンテンツを見つけ出す役割を担っています。

RankBrain(ランクブレイン)がSEOに与えた影響

従来の検索エンジンは、検索順位を決める際に検索クエリとページ内のキーワードの一致度を重視していました。

そのため、当時はコンテンツの品質に関係なく対策キーワードが大量に埋め込まれているページが上位表示されることも珍しくありませんでした。

しかしRankBrainの実装以降は、人工知能によって以下のような項目を検索エンジンが読み取れるようになっています。

  • 検索クエリの文脈
  • ユーザーの検索意図
  • コンテンツの品質
  • ユーザーの行動

つまり、検索エンジンだけを意識したブラックハットSEO対策は通用しづらくなったのです。

また、GoogleはRankBrainをコンテンツの品質と被リンクに次ぐ、3番目に重要なシグナルであることを公言しています。

したがって、現代のSEO対策ではユーザーの検索意図を深堀りし、ニーズに合致したコンテンツの提供が不可欠になりました。

RankBrainを含む検索アルゴリズムは、日々アップデートが繰り返されています。

日に日に検索結果の品質も向上しているため、今後はより一層ユーザーファーストを意識したSEO対策が求められるでしょう。

RankBrain(ランクブレイン)の仕組みと役割

RankBrainの役割は、Web上のページと検索クエリを結びつけ、最適な検索結果を表示することです。

以下の3つの要素を分析することで、検索クエリとコンテンツの関連性を測っています。

  • 検索クエリと関連性の高いコンテンツの抽出
  • サイテーション
  • リンクグラフ

前提として、Googleは検索アルゴリズムの全貌を明かしていないため、RankBrainの仕組みを完璧に把握することはできません。

しかし、上記をポイントを抑えることで有利にSEO対策を進められるようになります。

それぞれ詳しく解説していきます。

検索クエリと関連性の高いコンテンツの抽出

RankBrainは、以下を分析して検索クエリと関連性の高いWebページを抽出します。

  • ユーザーの行動
  • 検索意図
  • Webページの内容

ユーザーの閲覧ページや離脱率、滞在時間などを人工知能が分析することで、満足度を学習しています。

たとえば、クリック数が多く、滞在時間が長いコンテンツは、検索クエリと関連性の高いコンテンツとして認識されやすいです。

そのため、同様の方向性で作成された記事は検索意図を満たしていると判断されやすくなり、上位に表示される可能性も高くなります。

サイテーションの分析

RankBrainは、サイテーションの量と内容も分析します。

サイテーションとは、Web上で自社の以下のような情報が言及されることです。

  • 会社名
  • ブランド名
  • サービス名
  • 電話番号
  • 住所

被リンクと混同されやすいですが、サイテーションは言及されるだけで効力を発揮します。

前向きな内容のレビューなど、肯定的なサイテーションが集まれば、検索エンジンから良い評価を得やすくなります。

リンクグラフの分析

リンクグラフとは、リンクで繋がっているサイト同士を表す図表のことです。

RankBrainは被リンクの数や質を分析するため、良質な被リンクをたくさん得られると、検索順位が上がりやすくなります。

ただし、プラスに働くのは自社サイトのテーマと関連性があり、権威性や専門性が高いWebサイトからの被リンクのみです。

関連性がなく、低品質なWebサイトからの被リンクは評価の対象外となり、リンクグラフからも外されると言われているため、注意しましょう。

RankBrain(ランクブレイン)を意識した3つのSEO対策

RankBrainは、ユーザーの検索意図と関係が深いページを検索結果に表示するためのアルゴリズムです。

そのため、日頃からユーザーのことを第一に考えたコンテンツ制作を心がけている場合、改めてRankBrainを意識する必要はありません。

これからコンテンツ制作に取り組む方は、以下3つのポイントを抑えることが重要です。

  • ロングテールキーワードの対策を重視する
  • 検索意図を満たすコンテンツを作成する
  • ユーザーファーストを意識する

それぞれ詳しく解説していきます。

ロングテールキーワードの対策を重視する

ロングテールキーワードとは、複数のキーワードを組み合わせて構成された以下のような検索キーワードのことです。

  • SEO対策 やり方 初心者
  • SEO対策 外注先 選び方

検索ボリュームは少ないものの、検索意図が明確なので、コンバージョンにつながりやすい傾向にあります。

RankBrainは、ユーザーの検索意図を理解することに重点を置いています。

そのため、ユーザーの検索意図を意識したロングテールキーワードの対策と相性が良いです。

ロングテールキーワードを中心に対策を進めることで、検索上位も狙いやすく、コンバージョンの増加も期待できます。

検索意図を満たすコンテンツを作成する

RankBrainは、検索クエリと関連性の高いコンテンツを評価します。

そのため、ユーザーの検索意図を深く理解し、ニーズを満たせるコンテンツの作成が重要です。

事前に以下のような項目を調べ上げ、ユーザーが知りたい情報を網羅したコンテンツにしましょう。

  • 上位ページの見出し構成や本文の内容
  • サジェストキーワード
  • 関連キーワード
  • SNSやQ&Aサイトの情報

ユーザーファーストを意識する

RankBrainに対応したコンテンツを作成するには、ユーザーファーストの意識が不可欠です。

ユーザーのニーズを満たすだけでなく、ストレスなく閲覧できるデザインや導線設計まで意識して制作を行えば、良い評価が期待できます。

また、期待以上の情報を提供できるような工夫を行えば、より検索上位に表示されやすくなるでしょう。

以下のようなポイントを意識して、ユーザーファーストなコンテンツ制作を心がけてください。

  • 潜在ニーズを満たせる情報を含める
  • UI/UXにこだわる
  • E-E-A-Tを高める
  • 余計な広告を削除する
  • 見やすいデザインと導線設計を心がける
  • レスポンシブデザインを採用する

まとめ:ユーザーの検索意図に寄り添ったコンテンツ制作で上位表示を目指そう

RankBrainの導入以降、ユーザーを無視したSEO対策は通用しなくなりました。

そのため、現代のSEO対策で成果を上げるには、ユーザーファーストを徹底したコンテンツ制作が必要です。

この記事を参考に検索意図を深堀りし、ユーザーの期待を超える情報を提供できるような工夫を行いながら施策に取り組みましょう。

関連したコンテンツ
最新のコンテンツ
TOP

SEO無料相談

受付時間 平日9:00~18:30

0120-790-671