サービス解説

Webライターの講座を受講するメリット・デメリットを徹底解説

「Webライターを目指しているけど、まず何から始めればいいのかわからない」「副業しているものの、ライティングの仕事をなかなか獲得できない」と悩まれていませんか?
そんなときに検討したいのが、Webライターの講座です。

本記事では、Webライターの講座を受講するメリット・デメリットを、自分に合った講座を選ぶ際のポイントとともに解説します。
Webライターとして活躍したい方は、ぜひ最後までご覧ください。

Webライターを目指すのに講座を受講する必要はあるのか?

初心者・経験者にかかわらず、Webライターとしてレベルアップしたいのであれば、講座の受講をおすすめします。
独学でやみくもに学ぶよりも、講座を受けるほうが確実にスキルを身につけられるのはもちろん、Webライターとしてのキャリアを築くうえでも、有利にはたらくことが多いからです。

また、昨今のWebライターの業界事情により、受講の必要性はさらに高まっています。
ここからは、その2つの理由を解説していきます。

理由①Webライターの業界が大きく変化しているため

Webライターを目指すのに講座の受講が必要とされる理由の一つは、業界に起こった大きな変化です。

まず挙げられるのが、ChatGPTをはじめとするAI技術を応用した「テキスト生成AI」の登場です。
テキスト生成AIは、文章を自動的に出力するのに特化しているため、Webライターの仕事が置き換えられてしまうのではないかという懸念が飛び交っています。

また、新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに、在宅ワークの普及が進みました。
パソコンやタブレット端末さえあればどこでも働けるようになったため、その働き方を主に行えるWebライターの数も増加しています。
Webライターという職種に特別な資格は不要で、副業として気軽に始められるのも人気の理由です。

このように、AIを含め、ライバルとなるWebライターの数は増えつづけているという現状があります。
Webライターとして生き残るには、業界の変化に対応しながら、今後もアップデートしつづけるAIを上回る、高品質な文章を書ける実力が必要なのです。

理由②必要なスキルが多様化しているため

Webライターに必要なスキルが広範囲にわたるのも、講座の受講が必要な理由の一つです。

資格は必要ないものの、正しい日本語で簡潔に文章をまとめる能力やリサーチ力、構成力は、Webライターとして活躍するなら欠かせないスキルです。
また、SEOコラムの執筆だけではなく、インタビュー記事やLPのテキスト、SNSの投稿文といったジャンルの需要が高まっているため、よりマルチなスキルが求められています。
具体的には、コミュニケーション能力やSEOの知識、SNSでトレンドをつかむ力などが挙げられます。

これらのスキルを、独学で一つずつ学ぶことも不可能ではありません。
しかし、どの程度のスキルを磨く必要があるのかわからないまま進むと、Webライターとしての成長スピードが遅くなる可能性があります。
Webライターの講座であれば、必要なスキルを効率的に学べるので、確実にスキルアップできます。

Webライターの講座を受講するメリット

ここからは、Webライターの講座を受講すると得られる、4つのメリットを解説します。

メリット①プロによる文章のフィードバックを受けられる

Webライターの講座を受講する最大のメリットは、ご自身が書いた文章をプロに校正してもらえる機会がある点です。

ライティングスキルを伸ばすには、ご自身が執筆した文章に対するフィードバックを受け、それをもとに改善していくサイクルを適切に回していくことが何よりも重要です。

課題の添削を受けられる講座であれば、実績豊富なWebライターや編集者といったプロから直接フィードバックを受けられます。
さらに、不明点や疑問点に対して質問すれば、プロならではの視点からアドバイスももらえるので、スキルをより高めることができます。

メリット②学習のモチベーションを保てる

Webライターの講座は、モチベーションの維持にもつながります。

「参考書を買ったけど、どこから勉強していいのかわからずに結局サボってしまった」という経験は、誰もが身に覚えのある出来事ではないでしょうか。

Webライターの講座では、カリキュラムがレベル別に組まれていることが多いので、必要なスキルを段階的に学べます。
さらに課題の提出を求められる講座なら、受講日以外も学習時間を確保する必要があり、自ずと学ぶ習慣がつくでしょう。

ご自身のレベルに合った講座を受講すると、モチベーションを保てるので、独学で起こり得る挫折の心配もありません。

メリット③案件の紹介を受けられる可能性がある

Webライターの講座で結果を出すことができれば、案件の紹介を受けられる道も開けます。

Webライターとして活躍するにあたって必要なのは、継続的に案件を獲得していくことです。
しかし初心者の方は、案件の獲得方法がそもそもわからなかったり、案件に応募しても受注できなかったりするケースもあり、思うように実績を積み上げられないかもしれません。

その点Webライターの講座では、受講後に仕事を紹介してもらえる場合や、講師や受講生との交流から仕事を獲得できることがあります。
案件の紹介がある講座を選んでおけば、卒業後に案件を獲得できないまま、Webライターとして稼ぐのをあきらめてしまうといった事態に陥るリスクを減らせます。

もちろん、講座の受講生であれば誰もが仕事を紹介してもらえるわけではありません。
仕事を依頼してもらうためにも、講座だけではなく課題にも積極的に取り組んで、高い評価を受けられるように努力しましょう。

メリット④ほかのWebライターと交流できる

講座のコミュニティを通じて、ほかのWebライターと交流できるチャンスもあります。

クラス形式の講座では、ライター同士で課題を見せ合ったり、悩みを相談したりするなど、コミュニケーションをとることができます。
仲間がいるというのは、Webライターとして仕事を続けるうえで心強いものです。

また、卒業後にWebライターとして活躍するならば、業界内での人脈づくりは欠かせません。
人脈を築いておけば、独学では知り得なかった業界の情報や、案件を獲得するためのノウハウを教えてもらえるほか、いざというときに助け合う関係にもなれます。

Webライターの講座を受講するデメリット

Webライターの講座の受講には、メリットと同時にデメリットも存在します。
具体的には、以下の2点が挙げられます。

デメリット①受講料がかかる

Webライターの講座の受講には、受講料を支払う必要があります。
講座によって金額は異なりますが、入会時に数万円~数十万円程度かかるのが一般的です。

独学と比較すると費用がかかるので、「本当に講座を受けたほうがいいのかな」「卒業後しっかり稼いで元をとれるのか不安」と思われるかもしれません。
しかし、Webライターの講座に使うお金は、あくまでもプロから実践的なスキルを効率的に学ぶための自己投資です。

初期費用として受講料はかかるものの、案件を獲得し、きちんと収益がともなえば、独学で学ぶよりも早く稼げるようになるでしょう。

デメリット②実践的なスキルが身につかない場合がある

せっかくWebライターの講座を受講しても、講座の内容とご自身のレベルが合っていないと、実践的なスキルを習得できないケースもあります。
仮に講座の内容がご自身に適している場合でも、受講する時間をそもそも確保できなければ、必要なスキルを取得することはできません。

講座の内容や料金、受講形式など、ご自身に合っているのかを見極めたうえで、申し込むことが大切です。

Webライターの講座を選ぶ際のポイント

在宅ワークの普及や政府による副業推進の影響で、Webライターの数が増加しつつある傾向を受けて、ライティングにまつわる多くの講座が開講されているようです。
それゆえ、「どれを選ぼうか迷ってしまう」「講座を決める際の基準を知りたい」と思われているかもしれません。

そこでここからは、Webライターの講座を選ぶ際に押さえておきたい、6つのポイントを紹介しますので、選定時にぜひお役立てください。

ポイント①学べる内容が自分に合っているか

大前提として、学べる内容をしっかりと確認したうえで講座を選択しましょう。
Webライターとひと口にいっても、SEOライターやセールスライター、コピーライターなどの専門分野があり、講座によっても特化しているものは異なるからです。

また、WebデザインやWebマーケティングといった、ライティング以外のスキルも同時に学べる講座もあります。

ポイント②文章を添削してもらえるかどうか

Webライターの講座に、ご自身が執筆した文章への添削があるのかを確認することも重要です。

プロのWebライターに添削してもらえる一番の魅力は、ご自身の文章の長所と短所を把握できることです。
改善点がわからないまま、ただやみくもに執筆しても、Webライターとしてのスキルアップは見込めません。
ライティングスキルを確実に伸ばすためにも、文章の添削を受けられる講座を選びましょう。

ポイント③受講形式が自分に合っているか

受講形式がご自身のライフスタイルに合っているのかどうかも、Webライターの講座を選ぶ際のポイントの一つです。

Webライターの講座は、「通学型」と「オンライン型」に分けられます。
通学の手間はかかるものの、仲間と集中できる環境で学べるのが通学型の魅力です。

また、オンライン型には「ライブ配信」と「動画講座」の2種類があります。
前者は生配信で、自宅にいながらその場で質問できるので、すぐに質問したい方に、後者はアーカイブがあり、好きな時間に受講できるので、すき間時間に学びたい方にぴったりです。

働きながら、育児しながらなど、ご自身のライフスタイルに合わせて、無理なく学べる受講形式を選ぶことが大切です。

ポイント④受講生の口コミや実績があるかどうか

Webライターの講座を選ぶときは、受講生の口コミや実績もチェックしましょう。

各講座のWebサイト内に記載されている受講者の感想だけではなく、SNSやブログといったオープンな場所でも口コミを調べることをおすすめします。
「講座が楽しかったので続けられた」「○○講師の講座がわかりやすかった」などのリアルな口コミが見えて、比較検討に役立つはずです。

あわせて、卒業生の実績を確認することも忘れてはなりません。
楽しくわかりやすく学べたとしても、卒業後にWebライターとして活躍できなければあまり意味がないからです。
口コミとともに、卒業生の実績も必ず確認して、実績のあるWebライターの講座を選んでください。

ポイント⑤講師の経験や実績が豊富か

講師の経験や実績の豊富さも、Webライターの講座を選ぶうえで外せないポイントとして挙げられます。

Webライターの講座では、誰から学ぶかによって、取得できるスキルや知識が変わってきます。
そのため、検討しているWebライターの講座の講師が、どのような経験や実績を積んでいるのかを調べておきましょう。

講師のライター歴やこれまでの経緯、経験しているジャンルなどを詳しく確認するのがおすすめです。
また、ご自身が目指している方向性で活躍する講師が在籍している講座を選ぶと、参考になる部分がより多く見つかるはずです。

ポイント⑥卒業後のサポートがあるかどうか

講座の卒業後のサポートの有無も、しっかりと確認したいところです。

Webライターの講座のなかには、講座の卒業後に案件の獲得までサポートしてくれるものもあります。
たとえば、受講期間中に案件に挑戦できる機会が設けられていたり、卒業後に案件を紹介してもらえたりする講座など、サポートの種類もさまざまです。

ただし、Webライターの講座はあくまでもスキルを身につけるところなので、卒業後のサポートに過剰に期待するのは避けたほうがよいでしょう。
あくまでも、自分自身で仕事を受けられるようになるために活用する手段の一つであることを、念頭に置くことが大切です。

おすすめのWebライターの講座3選

ここまでご覧いただき、選定時のポイントは理解したものの、「より多くの方が選んでいる講座を知りたい!」という方もいらっしゃるかもしれません。

そこでここからは、おすすめのWebライターの講座を3つピックアップして紹介していきます。
習得できるスキルや受講形式、卒業後のサポートなど、ご希望に合った講座を受講できるよう、ぜひ参考にしてみてください。

SEO会社である株式会社ecloreが運営する「moc塾」

最初にご紹介するのは、Webライターの育成オンラインサロン「moc塾」です。
以下の表に、概要をまとめました。

講座名 moc塾
受講料 月額550円(税込)
※初月は無料
受講形式 動画講座
受講期間 指定なし(会員期間内での受講)
文章への添削 あり
案件の紹介 あり
※一定の基準あり

それでは、moc塾の3つの特徴をみていきましょう。

特徴①案件を紹介してもらえる可能性がある

moc塾を受講して、一定の基準を満たせば、ライティングの案件を紹介してもらえる可能性があります。

moc塾を運営する株式会社ecloreは、15年以上SEO対策サービス「ランクエスト」を提供しており、100社を超えるクライアントにコンテンツSEOを実施しています。
それにより、各クライアントのライティングの案件を紹介できる体制が整っているというわけです。
紹介できる案件は、インテリアやファッションのような身近なテーマから、医療や美容をはじめとする専門知識が必要な分野までさまざまです。

また、株式会社ecloreには正社員のWebライター部隊が所属する「moc課」があるため、ライティングの実力が高いと判断されれば、正社員としての採用も叶うかもしれません。

特徴②週一でプロの「レビュー会」が行われる

週に一度、受講生から提出された課題をオンライン上でレビューするのも、moc塾ならではの特徴です。

レビューとは、文章に対して添削を行い、主語述語の関係性をはじめとする日本語の基礎を修正するほか、高品質な文章にするために、より良い表現を提案する校正のことです。

moc塾では、moc課ライティングチームの編集長2名が講師を務めており、修正のポイントや検索順位が上がる記事の書き方などを解説してもらえます。
動画はアーカイブされるので、いつでも好きなタイミングに視聴できるのも魅力です。

特徴③月額料金がリーズナブルである

たった月額550円で受講できるのも、moc塾の特徴として挙げられます。

一般的なWebライターの講座の月額料金が数万円~数十万円であるなか、moc塾ではお手軽な料金でご自身が執筆した文章に対するフィードバックまで受けられます。
さらに、初月に限り無料でお試しできるのも嬉しいポイントです。

「Webライターの講座を受けてみたいけど、費用面がネックでためらっている」「まずは講座をトライアルしたい」とお考えの方は、moc塾を受講してみてはいかがでしょうか。

女性の働き方を支えるSHE株式会社が運営するキャリアスクール「SHElikes」

続けて紹介するのは、女性向けの定額制キャリアスクール「SHElikes」です。
SHElikesの概要は、以下の通りです。

講座名 SHElikes ライティングコース
受講料 スタンダードプラン:月額1万6,280円(税込)
ライトプラン:月額1万780円(税込)
+入会金:16万2,800円(税込)
※スタンダードプラン:全レッスン受け放題、ライトプラン:月5回まで受講可能
受講形式 動画講座、または通学
受講期間 指定なし(会員期間内での受講)
文章への添削 あり
案件の紹介 あり

ここからは、SHElikesの3つの特徴を紹介します。

特徴①幅広いスキルを総合的に学べる

SHElikesでは、Webライティングのみならず、クリエイティブなスキルを総合的に学ぶことができます。

Webライティング以外にも、Webデザイン・Webマーケティング・SNSマーケティング・広報・PR・動画編集・広告運用など、充実したコースが用意されています。
選択する定額プランによって視聴できる動画の数は変わるものの、好きな講座を選んで自由に受講できるのは魅力的です。
また、新しいコースや、既存コースの応用編などが随時追加されています。

多種多様なコースを受講できるので、マルチなスキルを身につけてWeb業界で活躍したい方に特におすすめです。

特徴②講師に質問できる質問サポートや月一のコーチングがある

SHElikesには、学習を進めるなかで生じた不明点を質問できる質問サポートや、月に一度のコーチングもあります。

質問サポートを活用すれば、疑問や悩みが解決しないまま進んでしまうことがありません。
また、コーチングでは目標に対しての達成度を仲間とシェアする時間があるので、途中で伸び悩む時期があったとしても、挫折することなく学びつづけることができます。

このようにSHElikesでは、学習のモチベーションを維持しやすい多くの工夫が施されています。

特徴③オンラインとオフラインから受講形式を選べる

受講形式の自由度が高いのも、SHElikesの特徴として挙げられます。

すべてのコースはオンラインで完結できますが、東京・愛知・大阪にある教室に、実際に足を運んで受講することもできます。
無料講座もオンラインとオフラインの両方で開催されているので、教室の近隣にお住まいであれば一度受講し、どちらがご自身に適しているのかを確認してみるのもおすすめです。

Web企画・制作会社の株式会社Hayakawaが運営する「Webライター養成講座」

最後は、プロのWebライターが開発したオンライン講座「Webライター養成講座」です。
概要については、以下の表をご覧ください。

講座名 Webライター養成講座
受講料 Start-up:合計3万9,800円(税込)
School×Work Lite:19万8,000円(税込)
School×Work:29万8,000円(税込)
受講形式 オンライン
受講期間 約6か月
文章への添削 あり
案件の紹介 あり
※選択するコースによる

ここからは、Webライター養成講座の3つの特徴を紹介していきます。

特徴①仕事を受けられる保障が3か月間ついている

Webライター養成講座では、選択するコース次第で、卒業後の3か月間仕事を受けられます。
コースは、初心者向けの「Start-up」、プロを目指したい方向けの「School×Work Lite」、3か月間の仕事の保障がついた「School×Work」の3種類から選べます。

ライティングの基礎を学びたい方には「Start-up」が、Webライターとして活躍する足掛かりにしたい方や、実績を増やしたい方には、「School×Work」がぴったりです。

特徴②プロのマンツーマンの添削指導を受けられる

プロのWebライターにマンツーマンで添削してもらえるのも、Webライター養成講座の特徴の一つです。

数年以上の経験を積んだプロのWebライターが専属でついてくれるので、実践的なライティングスキルを鍛えることができます。
日本語の基本的な部分はもちろん、ご自身の文章の特徴やクセを把握したうえで、文章をブラッシュアップするためのアドバイスももらえるので、着実にスキルを伸ばせます。

ただし、文章を添削してもらえる回数は、コースごとに制限が設けられているので注意が必要です。

特徴③AIライティングの基礎を学べる

Webライター養成講座には、AIライティングの基礎を学べる講座もあります。

2023年10月には、ChatGPTを使用したAIライティングの基礎が講座に追加されました。
テキスト生成AIを活用する際に守るルールや、使いこなすためのコツなどを習得できます。
ライティングスキルと、生成AIを活用するスキルを習得し、それらを掛け合わせれば、Webライターの業界におけるご自身の市場価値を高められるでしょう。

最新のライティングスキルを身につけるために、トレンドに合わせて講座の内容が定期的にアップデートされている講座であることがわかります。

Webライターの講座を受講して、活躍する第一歩を踏み出しましょう!

本記事では、Webライターの講座を受講するメリット・デメリットを、自分に合った講座を選ぶ際のポイントとともに解説しました。

Webライターの業界は変化しており、マルチなスキルも求められるため、講座を受講してスキルを身につけるのが成功への近道です。
講座によって特徴が異なるので、学べる内容や受講形式などがご自身に適した講座を受講することが、その後のWebライターとしての活躍につながるはずです。

Webライターの育成オンラインサロン「moc塾」では、実践的なライティングスキルやより良い文章を書くためのコツを、リーズナブルな料金で学べます。
ライティングの案件を紹介してもらえるチャンスもあるので、ぜひ入会をご検討ください。

SEO無料相談

関連したコンテンツ
最新のコンテンツ
TOP

SEO無料相談

受付時間 平日9:00~18:30

0120-790-671