コラム

[SEO 地域]についてSEO専門業者に詳しく聞いてみた

「地域SEO」や「ローカルSEO」というキーワードで、地域に特化した集客の方法を調べている方がいらっしゃるかと思います。

この記事では皆さんの代わりに「ペルさん」が、SEOのプロであるSEOコンサルタントに、徹底的にどこよりも詳しくて具体的な話をインタビューします。

SEO業界で14年間、4,200社のコンサルティングを提供しノウハウを蓄積してきたランクエストの、SEOコンサルタント秦さんがどのような回答をするのか、ぜひご覧ください。

「SEO 地域」について詳しくペルさんが聞く本企画の説明

検索面の上位に表示される数多くの記事は、どれもSEO記事としては秀逸なものの、真に「検索しているあなた」に向き合った記事が少ないのも事実だと私たちは思っています。

そこで、「SEO 地域」と調べているあなたが本当に知りたいことはなんだろう?を突き詰めて考え、本当にためになる記事を作ろうとこの企画は生まれました。
実際に検索しているあなた=ペルさん(ペルソナさん)になりきり、プロのSEOコンサルタントにインタビューする形式で進行することで、あなたの悩みを解決します。

今回の「SEO 地域」を調べているペルさんのご紹介

・SEOに興味があって少しずつ取り組もうとしている
・本やセミナーで勉強をして情報収集中
・そのなかで、「地域SEO」や「ローカルSEO」が効果的だと知った
・具体的には何をすれば成果が出るのか調べている

今回のインタビュー対応者:SEOコンサルタント秦(はた)

SEOコンサルティング部 秦(はた) 陽介
株式会社doubLeに新卒入社後、Webメディア事業の営業担当を務める。その後、SEOコンサルティング部に異動し現在はSEOコンサルタントとして活動中。実直にSEOに向き合う姿は顧客からの信頼も厚い。

実際に「SEO 地域」について詳しく聞いてみた


今日はよろしくお願いします!
SEOに興味があって調べているのですが、そのなかで地域SEOに興味を持ちました!
いろいろな情報があって、まだ地域SEOのことを十分には理解できていないので、まずはそこから教えてください。

秦:
分かりました、頑張って説明しますね!
地域SEOやローカルSEOは、地域キーワードで検索した際に自社の情報が上位に表示されることを目指す手法です。

たとえば、「新宿 ラーメン」と検索したらGoogleマップの情報が表示されて、そこにラーメン店の名前などが出てきますよね。
また、検索順位の上位も実際に新宿にあるラーメン店の名前が多く表示されるはずです。

こういった地域名で検索されたときに自社の情報が上位に表示されるための手法のことを、地域SEOやローカルSEOと呼ぶのです。
飲食店や教育関連のビジネス、または地域密着型のビジネスや士業の方にとってはとても重要です。

ペルさん:
なるほど、確かによく見かけますよね!
地域SEOで調べると「ローカルパック」や「ナレッジパネル」という言葉が出てくるのですが、これって検索結果のGoogleマップのことですか?

秦:
それはローカルパックですね!
地域キーワードで検索した際に、通常の検索結果よりも上に表示されるGoogleマップの情報のことをローカルパックと呼びます。

ナレッジパネルは、ビジネスに関係する情報を検索したときに、検索結果の右エリアに大きく表示される詳細情報ですね。
企業名や施設など幅広い情報を表示しているのですが、社名に地域が含まれているようなときはローカルパックではなくてナレッジパネルが表示されることもありますよ。

地域SEOのメリットって何?


どんどん集客したいなと思っているのですが、地域SEOはやはり効果がありますか?

秦:
集客の効果はかなりあると思いますよ!

一番のメリットは、超顕在層とでもいうのか、温度感がとても高くて注文する意欲の高い方が集客できることです。
飲食店や美容室などで、お客さまが情報を見た後、そのまま店舗に来て注文するイメージですね。
私自身の体験ですが、引っ越しをしてからはじめて風邪をひいたときは、Googleマップで見つけた医院を選んで受診しました。
忘年会などでもGoogleマップに出てきたお店を予約したことがありますし、実体験としても参考にしているケースは多いと思います。
実際に、注文が増えたというクライアントからの声も上がっていますよ。

ペルさん:
それはいいですね!そういう話が聞きたいんですよ(笑)
ほかには何かメリットはありますか?

秦:
競合が少ないことも地域SEOやローカルSEOの大きなメリットです。
全国規模で広告を出稿することと比べると、地域単位で行う施策なので競合が現れにくいですね。
だからこそ、上位化しやすいですしセッションも増えやすいといえます。

飲食店や医療施設など地域で緊急の対応が必要なビジネスだと、特に検索されやすいので、地域SEOやローカルSEOの重要性は高いですよ。

地域SEOとローカルSEOは違う!?


そういえば、地域SEOとかローカルSEOっていうじゃないですか。
これって調べているとWebサイトごとに微妙に書いていることが違うのですが、同じものではないんですか?

秦:
地域SEOとローカルSEOは別物だと考えたほうがいいですね。 地域SEOは、地域キーワードで検索をした際の通常の検索結果でWebサイトを上位化するための手法です。
一方で、ローカルSEOはローカルパックのなかに自社の情報が掲載されるための方法で、「MEO」とも呼ばれることがあります。 地域SEO=ローカルSEO=MEOと考えているSEO業者が多いのかなとは思いますが、注意してほしいポイントです。

ペルさん:
そうなんですね!
ということは、地域SEOとローカルSEOでやることも結構変わるのですか?

秦:
全く違いますね!
地域SEOは通常のSEOの延長線上の手法で、上位化を狙うキーワードが地域キーワードに変わるだけですが、ローカルSEOはMEOの方法論で対策をします。

ランクエスト流の地域SEO攻略法とは


やり方が全然違うのであれば、それぞれ対策を考えないといけませんね。
では、地域SEOで上位化するためには具体的には何をすればいいんですか?

秦:
地域SEOで上位化というと、SEO対策を行う対象がトップページか地域ページがメインになりますね。
1店舗しかないお客さまは地域キーワードでトップページが上位化したいところですし、複数店舗をお持ちの法人や店舗の方は地域ページでの上位化を目指すとよいでしょう。

SEOの観点で上位化に必要なのは、対象ページにキーワードが適切に取り入れられていることです。
titleタグやディスクリプション、hタグのなかに適切に地域キーワードを記載していきましょう。
hタグすべてに地域名を入れるとなるとやりすぎなのですが、文脈から不自然にならない範囲で記載していくといいですよ。
本文中にも文脈に沿って適宜対策したい地域キーワードを加えていくと良いでしょう。

そして基本的なSEOと同様、有益なコラムをどんどんアップして、検索順位が上位に挙がったものから内部リンクを張ることが正攻法の対策ですね。

ペルさん:
ふむふむ、なるほど。
地域キーワードというと、都道府県のことですか?

秦:
地域キーワードは、具体的には都道府県と市区町村、そして駅名のことを指します。
たとえば「東京都 ラーメン」「新宿区 ラーメン」「新宿駅 ラーメン」などのキーワードが該当します。

やや個人的な意見ですが、市区町村や駅名で対策をした方が効果的なのでおすすめです。
市区町村名だと、そこに住んでいる人や訪れている人に、今まさに何らかのニーズがあって検索していると思われるからです。
都道府県の名前で検索した場合には、結果的に都道府県庁の所在地周辺の情報が表示されてしまい、競合性が高くなってしまうという事情もあります。

ペルさん:
集客効果が高いので、市区町村や駅名の単位でSEOをして行くべきということですね!
SEOといえば文章をたくさん書いていくイメージですが、ブログ記事でも毎回地域名を書いたほうがいいですか?

秦:
コンテンツの趣旨を考えて、必要なら入れていただければと思います。
たとえば、商品の価格は地域性が関係するかもしれないので地名を入れながら書いたほうがよいですが、商品自体のメリットは地域が関係ないので不要だと思いますね。

ペルさん:
先ほど地域ページというものも作るということだったのですが、これはどういうことですか?

秦:
店舗一覧ページをイメージしていただければわかりやすいと思います。
A店、B店というように店舗の情報を一か所にまとめて、クリックすると各店舗の詳細がかかれたページに移動するようにしたものですね。

この地域ページに店舗の基礎情報や地図、店舗の特色などを載せていき、お客さまにとって分かりやすいページを作ると、このページが地域キーワードで上位化するのです。

中小企業で3~4店舗ぐらいの規模感でも地域ページが上位化することがあるので、競合の様子なども踏まえつつも積極的にトライすればよいのかなと思います。

ペルさん:
これはぜひやってみたいですね!
ほかにも地域SEOでやったほうがいいことや注意点などはありますか?

秦:
トップページのなかに地域の情報を盛り込むのか、地域ページをしっかり作るのかは慎重に見極めたいところです。
というのも、トップページのなかに地域情報を入れてみても、他の情報とのバランスによっては「地域のためのページ」と認識されないことがあるからです。

トップページには、商品情報や選ばれる理由、料金など色々な情報が盛り込まれますよね。
そうすると、Googleがそのページを評価する際にどの情報に重点を置くべきか分かりにくくなってしまうのです。
結果として地域キーワードでの上位化を狙っていても順位がなかなかアップしないということが往々にしてあります。

そのため、トップページでそのまま対策するか、地域ページで対策すべきか、どちらがよいのかは一度立ち止まって考えたほうがいいですね。

ペルさん:
内容の濃さが大切であり、おまけでトップページに書くぐらいなら、しっかりと地域ページを作った方がよいということですね。

秦:
その通りです!

ランクエスト流のローカルSEO攻略法


地域SEOの攻略法はよく分かったので、次はローカルSEOで上位化するための方法を教えてください!

秦:
分かりました!

ローカルSEOでは、ローカルパックのなかに自社の情報が表示されることを目指していきます。
たとえば「新宿 ラーメン」といった地域キーワードで検索すると、検索結果の上位3つがGoogleマップの情報になるのですが、ここに表示されることを目指します。

具体的には、「Googleビジネスプロフィール」と呼ばれる店舗の情報を入力できるサービスを通じて、Googleマップ上に表示されるお店の情報を充実させていくこと大切です。

Googleビジネスプロフィールに最低限記載すべき情報は、「NAP」と呼ばれるName(名前)、Address(住所)、Phone(電話番号)の3つです。
さらに、商品やサービス、店舗の外観や内装の写真を追加していくことで、お客さまが知りたいと思う情報を充実させていきましょう。

お客さまに興味を持ってもらい、行きたいなと思った際にすぐに連絡できるようにするのです。

ペルさん:
結構、基本的な情報が多いなぁと感じたのですが、実際のところ効果はありますか?

秦:
確かに基本的なのですが、Googleビジネスプロフィールのことを知らない方も多いからか、情報が充実していない企業はかなり多いです。
NAP情報を中心にGoogleビジネスプロフィールに情報を書いておくだけでも変化はありますよ。

ペルさん:
それならせっかくですし、やらなきゃ損ですね!
プラスアルファでGoogleマップでの順位を上げるコツはありますか?

秦:
Googleビジネスプロフィールを定期的に更新することと、口コミを増やすことが重要ですね。

定期的な更新とは、キャンペーン情報を更新することや新メニューの写真を追加すること、提供終了した商品の情報を削除することなどです。
そのほかにも、文章が分かりにくいと思ったら推敲をして、よりシンプルに分かりやすくすることも大切です。
基本的な作業かもしれませんが、まめに更新を続けることで着実に順位が上がっていきます。

口コミは、お客さまにとっても関心が高い情報ですので、Googleマップの評価項目であるといわれています。
口コミの数も重要ですが、口コミに丁寧に返信をしているかどうかも重要だといわれていますね。

ペルさん:
どれも大切なことばかりですし、今すぐにできることも多いですね!

秦:
その通りなので、1日10分、20分程度でもいいのでまずはやってみて欲しいですね。

なお、口コミについては注意点があります。
口コミで評価が上がると聞くと自作自演で口コミを増やしたらいいと思う方が残念ながらいらっしゃいますが、それはやめましょう。
2021年11月のGoogleアップデートで自作自演と思われる口コミが一斉に削除されたり、順位が大幅下落したりということがありました。

お客さまからの本当の口コミにオーナーが返信するという形がベストです。

ペルさん:
友人や取引先にこっそりお願いして書いてもらうとかってダメですかね…?

秦:
友人や取引先であれば、アカウントが違うのでペナルティーを受けることはないと思いますが、実際にそのお店を利用した人の口コミのほうがリアルで好ましいのは確かです。
代わりに、店内にGoogleマップでの口コミを呼び掛けるチラシを置いておくとか、店員さんがまめにお願いしていくほうがよいと思います!

地域SEOと関連が深いベニスアップデートとは


地域SEOやローカルSEOの攻略法もわかり、とても参考になりました。
ところで、地域キーワードでローカルパックやナレッジパネルは最近表示されるようになったのですか?

秦:
最近というわけではないですね。
2014年12月頃に「ベニスアップデート」と呼ばれるGoogleのアップデートがあり、そのころから徐々に増えてきたといわれています。

ベニスアップデートは、ユーザーの位置情報を読み取り検索結果を変化させるアルゴリズムのことです。
これによって、ユーザーは自分の現在地と関連した情報がスムーズに調べられるようになり、利便性が高まります。

ベニスアップデートが実行された理由は、スマートフォンでのネット検索が非常に増えたからではないかと思います。
地域キーワードの関係でいうと、外出先でランチのお店を探したり、旅行先で観光名所を調べたりするといった行動が、スマートフォンが普及してから増えていますよね。
スマートフォン時代になったことで地域情報にアクセスすることの重要性も高まっていったと考えてもよいのではないでしょうか。

ベニスアップデートが行われてから、地域キーワードを意識して地域SEOやローカルSEOに取り組む必要性が増していると考えてもよいでしょう。

ペルさん:
なるほど、確かに新宿でランチを探したいときに東京駅の情報が出てきても困りますよね。
そのほかにも地域SEOと関係したGoogleの動きはありますか?

秦:
ローカルパックやナレッジパネルの表示が目立ってきているのは、Googleが「ゼロクリックサーチ」を重視していることの現れではないかと思っています。
ゼロクリックサーチとは、Googleで検索した際に検索結果上で知りたかった情報にアクセスし、Webサイトに訪れることなく目的を果たすという現象のことです。

一見、Webサイトに訪れてもらえないので損だと感じるかもしれませんが、注目度が非常に高い場所ですし、クリックしてくれる人もいるので、表示されると集客効果がありますね。
私のクライアントでもナレッジパネルに表示される前後で注文件数が変わってきています。

ゼロクリックサーチという考え方は、覚えておいて損はないと思います。

ランクエスト地域SEOサービスとMEOサービスについて


おかげさまで、地域SEOとローカルSEOについて大変よく分かりました!
今回教わったことをやっていけば自分でも地域SEOやローカルSEOで成功できる気がします!

秦:
それは何よりです!
実際のところ、今回は基本的な内容をお伝えしたので、ご自身でもできることは多いと思います。
みなさんのWebサイトを強化するお手伝いができたのなら嬉しいです!

ペルさん:
ところで、秦さんはランクエストでSEOコンサルタントをやってらっしゃいますよね。
秦さんに地域SEOを依頼することもできるのですか?

秦:
はい、もちろんランクエストにご依頼いただくことも可能です。

ランクエストはSEOの緻密な戦略立案と実装作業、その後のPDCAまで一括対応する点が特徴です。

クライアントのサイトの調査や競合調査を徹底的に行い、そのうえで、集客効果が見込めるキーワードを戦略的に決定し、上位化ができるようにWebサイトの構成を整理します。
内部のコードの修正や、新規コンテンツの作成などもランクエストで実行していきます。
さらに、効果測定と改善策の立案の部分も私のようなSEOコンサルタントが行い、集客効果が表れるまでしっかりと伴走するのです。

このような戦略的SEO対策を実行するなかで、地域SEOにフォーカスすべきと判断した場合は、今回お伝えしたような内容も踏まえて施策を実施していくことになります。

ペルさん:
なるほど、プロの目線から緻密に分析をして、そして実際の作業までやってくれるということですね。
秦さんのクライアントにも地域SEOをやっている方はいますか?

秦:
習い事教室のクライアントで、地域キーワード1位になった事例がありますよ!

集客効果が期待できるかどうかや、競合の状況も踏まえた上位化の難易度を分析したうえで、地域ページ作成を提案しました。
具体的には、地域ページのtitleタグやディスクリプション、hタグに対象キーワードを追加し、その地域ページをそのほかのコラムからの内部リンクで強化しました。

比較的スムーズに上位化を達成し、問い合わせもつながっているので参考になる事例だと思います。

そのほかには、ランクエストのクライアントでローカルSEOに成功した事例もあります。
今回お伝えした作業の代行はもちろん、Googleビジネスプロフィール内にコラムを投稿するなど、よりユーザーの利便性を高めるような取り組みが可能です。

ペルさん:
それは心強いですね!
最後に、何かメッセージはありますか?

秦:
まずは、今回の記事を参考に少しずつでも地域SEOやローカルSEOに取り組んでみていただきたいです。
自分たちでトライしてみることで、Webを通じた集客の重要性というものも再認識できるはずです。

もし自分たちでトライしてなかなか成果が出ないときは、ランクエストに相談してほしいですね。
自分たちでは気が付けなかった問題点が我々であれば発見できるかもしれませんし、リソース不足で施策が上手く進んでいないのであれば、作業代行で加速させることもできます。

私もペルさんのお役に立てるように、さらにSEOの実践に励みたいと思います!

ペルさん:
参考になるお話をありがとうございました!

関連したコンテンツ

最新のコンテンツ

TOP

SEO無料相談

受付時間 平日9:00~18:30

0120-790-671