コラム

[SEO 更新頻度]についてSEO専門業者に詳しく聞いてみた

SEOとWebサイトの更新頻度は関係があるのか、気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
この記事ではみなさんの代わりに「ペルさん」が、SEOと更新頻度の関係性や、SEOでWebサイトの順位を上げるために行うとよい具体的な更新方法をSEOのプロに詳しく聞いていきます。

SEO業界で14年間、4,200社のコンサルティングを行ってノウハウを蓄積してきた、SEO会社のコンサルタントである鈴木さんがどのような回答をするのか、ぜひご覧ください。

目次

「SEO 更新頻度」について詳しくペルさんが聞く本企画の説明

検索面の上位に表示される数多くの記事は、どれもSEO記事としては秀逸なものの、真に「検索しているあなた」に向き合った記事が少ないというのも事実だと思っています。

そこで、「SEO 更新頻度」と調べているあなたが本当に知りたいことはなんだろう?ということを考え、本当に役立つ記事を作ろうとこの企画は生まれました。

実際に検索しているあなた=ペルさん(ペルソナさん)になりきり、プロのSEOコンサルタントにインタビューする形式で進行することで、あなたの悩みを解決します。

今回の「SEO 更新頻度」を調べているペルさんのご紹介

想定される検索しているあなた=ペルさん(ペルソナさん)が検索した経緯

  • 個人でWebサイトを運営している
  • 運営しているWebサイトの順位が上がらずに悩んでいる
  • 「SEOでWebサイトの順位を上げるためには更新頻度が重要」という記事を見たが理解できていない
  • SEOでWebサイトの順位を上げて、多くの方に見てもらいたい
  • 企業のWebサイトの運営を担当している
  • 自社の商品やサービスの認知度を上げるために、Webサイトの順位を上げたい
  • 過去にWebサイトの更新を行っていたが、順位が上がらずに悩んでいる
  • SEOでWebサイトの順位を上げる方法を調べて、効果のある方法を試すように上司から言われている

インタビュー協力者

SEOコンサルティング部メンバー 鈴木康平
2019年9月中途入社の3年目。

調理師専門学校卒業後、調理師経験を経て株式会社ecloreに入社。
SEOの営業担当から2年後、ランクエストのコンサルタントメンバーとして、SEOコンサルティング部へ異動。

実際に「SEO 更新頻度」について詳しく聞いてみた

本日はよろしくお願いいたします!
さっそくですが、SEOでWebサイトの順位を上げるための方法を調べていたところ、SEOとWebサイトの更新頻度は関係があるという記事を見つけました。
調べていてもよくわからなかったのですが、そもそもSEOと更新頻度は本当に関係があるんでしょうか?

鈴木:
まず結論から言うと、SEOとWebサイトの更新頻度は直接関係するわけではありません。
更新頻度よりも、Webサイト内にある記事がユーザーにとって役に立つものであるのかどうかということが、SEOに関係していきます。

なるほど!
Webサイトの更新頻度よりも、記事の内容が重要なんですね。

鈴木:
そういうことです。
たとえば低品質の記事を毎日更新したとしても、逆にSEOの効果を下げてしまう可能性があります。
品質の高い記事を毎日更新できれば、SEOの効果を高めることができます!

なるほど。
SEOと更新頻度が直接関係しないことがわかり、すっきりしました!

関連記事:[SEO ライティング]についてSEOの専門家に詳しく聞いてみた

更新頻度を上げることで一時的にWebサイトの順位が上がることはある?

SEOと更新頻度が直接関係しないということはわかりましたが、更新頻度を上げることで一時的にWebサイトの順位が上がるということはあるんでしょうか?

鈴木:
基本的に、更新頻度を上げたら順位が上がるということはないと思っていてよいです。
もちろん、毎日記事を投稿していれば、Webサイト自体のページ数が増えていくので、順位が上がる可能性も0ではないですが、そのパターンはかなり少ないですね。

そうなんですね!
鈴木さんにお話を聞く前まで、SEOでWebサイトの順位を上げるためには更新頻度が重要なのかな?と思っていました……

SEOの効果を期待できる具体的な更新方法

更新頻度よりも記事の内容がSEOに影響するとのことですが、具体的にどのように更新をしていけばSEOの効果が期待できますか?

鈴木:
SEOでWebサイトの順位を上げるための具体的な更新方法は、主に5つあります。
1つずつ簡単に説明していきますね!

更新方法①低品質な記事をリライトする

鈴木:
SEOでWebサイトの順位を上げたいのであれば、まずはWebサイト上に載せている記事のなかから、低品質な記事を探しリライトしましょう。

低品質な記事ってたとえばどんな記事ですか?

鈴木:
たとえば、Googleで「SEO 更新頻度」って検索したときに出てくる記事の構成をそのまま真似をした記事などが該当します。
もしその記事が上位に表示されたとしても、Google側にコピーしているんじゃないかとバレてしまい、ペナルティを受ける可能性もあります。

そうなんですね。
Googleってすごいですね……
低品質な記事をリライトするときのポイントって何かありますか?

鈴木:
記事をリライトするときは、オリジナリティを記事に盛り込むことが大切です!
オリジナリティに欠けていると、ユーザーにとって価値を見出せないということもあるので、基本的にはオリジナリティを出すことをメインにリライトしていきましょう。

低品質な記事を、オリジナリティのある記事にリライトするということが重要なんですね。
ここでいう「オリジナリティ」とは、具体的にどのようなものですか?

鈴木:
自己中心的な考えにならない程度に、書き手の主観が含まれているということですかね。
ユーザーのことを考えたうえで、自分の考えを上手に書けている記事は、オリジナリティのある記事だといえます。

関連記事:【SEO リライト】についてSEOの専門家に詳しく聞いてみた

更新方法②低品質な記事を非公開・削除する

鈴木:
SEOの効果を最大化させるためには、低品質な記事を非公開・削除することも大切です。
Webサイトのテーマから外れている記事や、リライトができない記事は、低品質な記事ということ以前にSEOの評価がされない記事なので、非公開・削除をしましょう。

Webサイトのテーマから外れている記事はなんとなく想像ができるのですが、リライトができない記事とはどのようなものですか?

鈴木:
たとえば、ニュース記事や「社名変更しました」という記事、代表の経緯みたいな記事のことですね。
これらはリライトのしようがないので、非公開または削除してしまったほうがよいです。

更新方法③テーマが重複している記事をまとめる

テーマが重複している記事をまとめるとSEOの効果が上がると聞いたのですが、これはどういうことですか?

鈴木:
たとえば「〇〇 費用」っていうキーワードと「〇〇 相場」っていうキーワードで記事を書く場合、内容がほとんど同じになりそうですよね。
同じWebサイト内に似た内容の記事があると、Googleがおかしいと判断するので、記事の順位がつきにくくなります。
そのため、テーマが重複している記事はまとめたほうがよいということですね。

関連記事:[SEO 重複コンテンツ]についてSEO専門業者に詳しく聞いてみた

更新方法④ユーザーの検索意図を記事に盛り込む

鈴木:
SEOでWebサイトの順位を上げるためには、ユーザーの検索意図を記事に盛り込むということも重要です。
たとえば「SEO 更新頻度」というキーワードで記事を書くとして、更新頻度とは関係のないメタタグの内容とかを書いたら、この記事では「何を伝えたいの?」となりますよね。

「SEO 更新頻度」で検索するユーザーは、更新頻度のことが知りたいので、その情報を網羅した記事を書く必要があります。

よくわかりました。
キーワードを検索するユーザーが、何を知りたくてそのキーワードで検索して記事を読むのかということを考えなければならないということですね?

鈴木:
そのとおりです!
ターゲットを明確にしたうえで、ユーザーが知りたい情報を記事内に盛り込むことで、記事を上位表示させられるでしょう。

更新方法⑤高品質な記事を新たに追加する

鈴木:
冒頭で、SEOでWebサイトの順位を上げるためには記事の内容が大切だと説明したとおり、高品質な記事を新たに追加することは、SEOに大きく影響します。

高品質な記事とは具体的にどのようなものですか?

鈴木:
高品質な記事は主に以下のようなものですね。

  • ユーザーの検索意図を含んでいる記事
  • ユーザーが読みやすいと感じる記事
  • E-A-Tを高めている記事

E-A-TとはGoogleが独自に定めた、質のよいWebサイトであるのかどうかを評価する基準のことです。
Expertise(専門性)・Authoritativeness(権威性)・Trustworthiness(信頼性)の頭文字をとっています。
ユーザーに専門性や権威性、信頼性を与えられる記事は、高品質な記事だといえますね。

更新方法⑥サイトの表示速度を向上させる

サイトの表示速度は検索順位や離脱率に影響を与えます。そのため、ユーザーがストレスなく閲覧できるように表示速度を改善しましょう。

サイトの表示速度が遅くなる原因と改善策は、以下の通りです。

表示速度が遅くなる原因

改善策

画像や動画のファイルサイズが大きい

サイズを圧縮する

外部ファイルが増えすぎている

(CSSやJavaScriptなど)

外部ファイルの量を減らす

タグの埋め込みが多い

必要以上にタグを設置しない

Webサーバーから送信されるデータが多いほど、サイトの表示速度が低下します。改善するためには、送信されるデータ量を減らさなければなりません。とくに画像や動画といったファイルは、スマートフォンで撮影したものをそのまま投稿しがちです。

しかし、近年はスマートフォンのカメラの性能も上がっています。そのためデフォルトのまま掲載すると、ファイルサイズが大きいため表示速度の低下を招きます。

また著作権フリーの画像などを利用する際も、事前にファイル圧縮ソフトなどでサイズを調整してから投稿すると良いでしょう。

更新方法⑦被リンクを増やす

権威性や知名度のあるサイトからの被リンクは、自サイトのSEO評価の向上につながります。そのため、サイトの被リンクを増やすのも有効なSEO対策の1つです。

ただし、質の低いサイトからの被リンクはサイトの評価を下げ、SEOに悪影響を与える可能性があります。下記のように、良質な被リンクのみを獲得することが重要です。

被リンクの種類

内容

SEOでの影響

良質な被リンク

・対象サイトと関連性が高い
・検索エンジンからの評価が高い
(E-E-A-Tが高い)

・サイトの評価が上昇
・検索順位の向上

質の低いリンク

・意図的に設置されたリンク
・低品質なサイト
・リンク売買サイト
・そのたGoogleのガイドラインに違反するサイト

・サイトの評価が低下
・検索順位の下落
・サイト停止
(悪質な場合)

また、被リンク対策に重要なE-E-A-T(経験・専門性・権威性・信頼性)については、以下の記事で詳しく解説しています。

E-E-A-Tとは?Googleで重視される理由とSEOにおける対策方法を解説

更新方法⑧内部リンクを最適化する

内部リンクの最適化は、SEO対策に必要不可欠です。内部リンクの最適化は、クローラーの巡回をスムーズにする他、ユーザーの滞在時間が伸び離脱率を下げる効果があります。

内部リンクの最適化は、下記のようにSEOへさまざまな好影響を与えます。

内部リンク最適化のメリット

SEOへの影響

クローラーがサイトを巡回しやすくなる

インデックス速度が上がり検索結果に表示されやすくなる

ページ同士の関連度が高まる

関連性の高いページをつなぐことでユーザビリティが上がり、サイトの評価向上につながる

サイトの滞在時間が伸びる

ユーザーが求める情報を網羅的に提供できるため、滞在時間が伸びサイトの評価が上がる

また関連記事への内部リンクを最適化することで、ユーザーの回遊率も向上します。当サイトもページ下部に関連コンテンツへの内部リンクを設置し、ユーザーがよりサイトを回遊しやすいよう工夫しています。

更新方法⑨SNSを活用する

SNSを活用することで、サイトへの流入数を増やせます。X(旧Twitter)やInstagramなど、自然検索だけではなくSNS経由での流入も図りましょう。サイトのSEO評価の向上にSNSが有効な理由は、以下の通りです。

SNSを活用するメリット

SEOに与える効果

リンクが増える

コンテンツ共有による被リンク増加でサイトの評価が上がる

知名度が上がる

SNSで拡散されることでサイトの知名度があがる

トラフィックを増やす

SNS経由での流入が増えることで、サイトのトラフィックが上昇しドメインパワーが上がる

ただし、SNS経由での流入を増やすためには、ある程度アカウントを育てる必要があります。シェアしたくなるようなコンテンツを定期的に投稿し、ユーザーとの交流を増やすことでアカウントを育てましょう。

更新方法⑩コンテンツが少ない場合は量を増やす

量が少ない場合は、まずはコンテンツを増やすことに注力します。

検索結果の上位に表示されるのは、基本的に質・量ともにバランスのとれたサイトです。サイトを開設したばかりの場合、まずは目安として3,000文字程度のコンテンツを50本ほど投稿しましょう。

ただし当然ながら、コンテンツの量が多くても1本1本の質が低くては意味がありません。キーワードに対するユーザーの検索意図を深読みし、網羅的に情報を提示できるコンテンツを作成しましょう。

更新を行う頻度はどのくらいが理想?

SEOの効果を期待できる更新方法を聞きましたが、実際に更新を行うときはどのくらいの頻度が理想ですか?
個人でWebサイトを運営している場合と、企業でWebサイトを運営している場合で、理想の更新頻度は異なるんですかね?

鈴木:
まず前提として、Webサイトのレベルにもよりますね。
たとえば、まだ記事を1つも上げていないWebサイトであれば、どんどん更新したほうがよいですが、ある程度の記事数があるなら、週1とか月1で更新すればよいと思います。

個人でWebサイトを運営している場合、正直1,500~3,000文字の記事を書くということが難しいと思うので、500文字くらいの記事でも週1で更新できるとよいですね。
企業のWebサイトであれば、できる限り信憑性のある記事を更新する必要があって、そうなると1,500~3,000文字くらいのボリュームになると思います。

実際に書くとなると大変だから、ライティングチームみたいなものがない企業であれば、月1で更新できればよいのかなと思っています。

SEOの効果が見込めない更新方法とは?

更新をしても、その方法ではSEOの効果が見込めないよ!というものはありますか?

鈴木:
ありますね。
以下のような方法で更新をしても、SEOの効果は見込めないんです。

  • 記事の更新日の日付だけを最新にする
  • 記事内の画像だけを差し替える
  • 500文字以下の短文の記事だけを追加する

まず、記事の更新日の日付や、記事内の画像だけを変えても、記事の内容が変わっていなければSEOの効果はほとんどないと思います。
また、基本的にSEO的には1,000文字以上の記事が好ましくて、最低でも500文字以上の記事でないと、SEOの評価を受けづらいといえます。

記事の内容が変わっていない場合は、SEOの効果が見込めないんですね。
ちなみに、文字数とSEOはどういう関係なんですか?

鈴木:
簡単に言うと、特定のキーワードで検索したときに表示される記事を10記事分くらい見て、平均文字数が8,000文字くらいであれば、それ以上の文字数を担保する必要があります。
そうすることで、ほかのWebサイトの記事よりも高い順位がつくことが期待できるんです。

文字数もSEOに影響してくるんですね!
たしかに、ほかの記事の平均文字数よりも低い文字数の記事=情報量が少ない記事ということにもなるかと思うので、そしたら順位は上がりづらいですよね。

実際にどのくらいの頻度で記事の更新を行っていますか?

SEO専門業者は、実際にどのくらいの頻度で記事のリライトや、記事の新規追加を行っているんですか?

鈴木:
更新頻度でいうと、うちではリライトと新規記事の追加で頻度が異なるので説明していきますね!

記事のリライトを行う頻度

鈴木:
記事のリライトですが、うちではリライトを専門に行うということはしていません。

たとえば7月に契約を結んだ案件があったら、実際に記事をアップするのは8月になります。
8月にアップした記事が、9月も10月もまったく変動もない、なおかつ3ページ目以降から順位がついているけれどそこから動いていないという場合に、リライトを行います。

でも「とりあえず1か月様子を見てリライトしましょう!」みたいな期間は設けていないので、臨機応変に行うという感じですね。

なるほど。
リライトの対象になる記事の基準はあるけれど、期間で決められているわけではないのですね。

新規記事の追加を行う頻度

鈴木:
うちでは大体2か月に1回、新規記事の追加を行っています。
文字数を決めて追加していくので、何記事アップするのかではなく、何文字アップするのかが基準ですね。
どのくらいの文字数を追加するのかというのは、先ほど説明したとおり、競合の記事の平均文字数によって変わります。

SEOの更新頻度でよくある質問

SEOの更新頻度について、よくある質問をまとめました。

いずれもサイト担当者であれば理解しておきたい項目です。SEOへの理解を深めるためにも参考にしてみましょう。

SEOの向上を目的にサイトを更新するタイミングは?

SEOの向上を目的にサイトを更新するタイミングは、以下の通りです。

  • 検索順位が上がらない時
  • 検索順位が下がった時
  • 掲載情報が古い時
  • ページの評価が低い時

上記のような状態であれば、サイトを更新することで改善されます。ただし定期的に更新していても、検索順位が下がることもあります。

競合サイトが評価されたり、何らかの理由でGoogleからペナルティを受けたりすれば、更新頻度が高くても検索順位が下がるため注意しましょう。

リライトする記事の選定方法は?

リライトする記事は、下記のような判断基準で選定すると効果的です。

  • 公開から3ヶ月以上経っているもの
  • 検索順位が低い記事(10位以下)
  • 上位表示だがCTRの伸びない記事
  • 検索順位CTRともに低い記事

まず前提として、公開から3ヶ月未満の記事はリライトすべきではありません。SEOでの結果が出始めるには、ある程度時間を要します。少なくとも3ヶ月は様子を見てから、リライトするか判断しましょう。

また検索順位が高くても、CTRに繋がっていない記事はリライトすべきです。メタディスクリプションやリンクへの導線を見直し、CTRを改善しましょう。

記事の更新頻度はSEOに影響する?

記事の更新頻度はSEOに影響します。とはいえ、更新頻度だけがSEOに影響する訳ではありません。情報が古い記事などを更新し、サイトの評価を高めることで結果としてSEOにも高評価を与えます。

ただし更新した記事の質が低ければ、仮に毎日記事を更新していたとしても評価につながりません。

更新頻度が少なくても、ユーザーの満足度を満たす高品質な記事であれば、更新頻度が少なくても上位表示できます。

サイトの更新日とSEOは関係する?

サイトの公開日だけではなく、更新日もSEOと関係しています。

ユーザーの多くは、より新しい情報を求めています。記事の更新日や公開日を確認することで、ユーザーは情報の鮮度を判断しているのです。

Googleは何よりも、ユーザーの利便性を第一に考えています。似たような内容の記事であれば、より情報が新しいものを上位表示する傾向にあります。

リライトした記事のURLは変更すべき?

リライトした記事のURLを変更すべきかどうかは、状況により異なります。基本的に大幅に内容を変えていない限りは、URLを変更する必要はありません。

ただし元のURLが長すぎる場合は、簡潔なURLへ変更しても良いでしょう。長すぎるURLは、ユーザーが何のページか判断できず不親切なためです。

またURLを変える場合は、変更前のURLでアクセスしたユーザーがページを閲覧できるよう、変更後のURLへのリダイレクトを設定しましょう。

「SEO 更新頻度」について最後にコンサルタントからのメッセージ

今回は、SEOの更新頻度について詳しく教えていただき、ありがとうございました!
かなり参考になりました。

鈴木:
よかったです!
まとめると、Webサイトの更新頻度よりも、そこに記載されている記事の内容がSEOに影響します。
そのため、1つ1つの記事の質を高めて、リライトできないような記事は非公開・削除を行い、重複している内容の記事は統一するなど、さまざまな工夫を行うことが大切です。

もし、工夫してもWebサイトの順位が上がらない!ということであれば、弊社「ランクエスト」で対応いたしますので、ぜひ頼ってください。

ペルさん、本日はたくさんお話を聞いてくれてありがとうございます。
適切な更新を行い、Webサイトの順位を上げるように頑張ってください!

はい、頑張ります!
またわからないことがあれば、インタビューさせてください!

【SEO無料相談はこちらへ】

【SEOコンサルタントに聞いてみた】
①[SEO 文字数]についてSEO専門業者に詳しく聞いてみた
②[SEO ドメインパワー]についてSEO専門業者に詳しく聞いてみた
③[SEO リニューアル]についてSEOの専門家に詳しく聞いてみた
④[SEO 地域]についてSEO専門業者に詳しく聞いてみた
⑤[SEO リライト]についてSEOの専門家に詳しく聞いてみた
⑥[SEO ディスクリプション]についてSEOの専門家に詳しく聞いてみた
⑦[SEO ライティング]についてSEOの専門家に詳しく聞いてみた
⑧[SEO マーケティング]についてSEO専門業者に詳しく聞いてみた
⑨[SEO 内部対策]についてSEO専門業者に詳しく聞いてみた
⑩[SEO 重複コンテンツ]についてSEO専門業者に詳しく聞いてみた
⑪[SEO リスティング]についてSEO専門業者に詳しく聞いてみた
⑫[SEO ホームページ]についてSEOのプロに詳しく聞いてみた
⑬ページ数が多いとSEOで上位化されるのか?インデックス対策も?
⑭[SEO 更新頻度]についてSEO専門業者に詳しく聞いてみた
⑮[SEO メタキーワード]についてSEO専門業者に詳しく聞いてみた
⑯[SEO MEO]についてSEO専門業者に詳しく聞いてみた
⑰[SEO h1]についてSEO専門業者に詳しく聞いてみた
⑱[SEO 順位]についてSEO専門業者に詳しく聞いてみた
⑲「SEO チェックリスト」についてSEO専門業者に聞いてみた

関連したコンテンツ
最新のコンテンツ
TOP

SEO無料相談

受付時間 平日9:00~18:30

0120-790-671