コラム

記事制作代行とは?メリットや相場・おすすめ会社を紹介

オウンドメディアを活用することで、高い広告費をかけずに新規顧客を獲得できます。しかし、高品質の記事を投稿し続ける負担は大きいです。

記事制作代行サービスを利用すれば、自社のリソースを割かずに多くの記事を作成できるでしょう。

この記事では、記事制作代行を依頼するメリットや費用相場、おすすめの会社を紹介します。

記事制作代行サービスを利用することで、自社の負担を減らしつつオウンドメディアの品質を高めたい方は、ぜひ最後までお読みください。

    SEOにご興味がある方へ

    キーワード上位化までの期間を無料分析

    SEO専門業者として14年、4,200社を支援し続けて積み上げたノウハウをもとに、専門のコンサルタントが分析した効果予測シミュレーションを無料でお届けします!

    会社名

    必須

    名前

    必須

    電話番号

    必須

    メールアドレス

    必須

    ホームページのURL

    必須

    上位化したいキーワード
    ※最大3つ

    必須

    個人情報保護ポリシー

    記事制作会社の種類

    記事制作の依頼先は、クラウドソーシング型と記事制作代行会社の2種類です。

    それぞれ以下のような特徴があります。

    記事制作代行会社 クラウドソーシング
    発注方法 記事制作サービスを提供している代行会社を選び、依頼する クラウドソーシングサイトで記事制作の募集をかけ、応募者から自社に相応しいライターを選んで依頼する
    費用 高い 安い
    特徴 ・費用はかかるが、ライターへの依頼や執筆記事の品質チェック、納期の設定などすべて代行会社に任せられる

    ・自社の負担が少ない

    ・個人に直接依頼できるため費用が抑えられる

    ・ライターのスキルにバラつきがあり、自社でクオリティの確保が必要

    ・ライターとのやりとりや納期管理の負担がかかる

    クラウドソーシング型は、SEOやキーワード選出のスキルがあり、費用を抑えたい企業に向いています。

    反対に、記事執筆やチェックのリソースを割くのが難しい企業は、制作代行会社に任せるのがおすすめです。

    記事制作代行を依頼するメリット

    記事制作代行を依頼するメリットは以下の3つです。

    • 大量の記事を短時間で作成できる
    • 品質の高い記事を作成できる
    • 記事制作にかかる負担を減らせる

    それぞれ解説します。

    大量の記事を短時間で作成できる

    記事制作代行会社は、専属ライターや外部への人脈があるため短時間で大量の記事を執筆できます。

    記事の質と量は、SEOで上位表示させるために必要なコンテンツの充実に欠かせない要素です。ユーザーの目に留まる機会が増やせれば、ひとつの記事から他の記事へ誘導することで顧客育成にもつながります。

    大量の記事や新しい情報の発信は、ユーザーを飽きさせない魅力的なコンテンツとして評価されるでしょう。

    品質の高い記事を作成できる

    記事制作代行会社は、あらゆる分野を専門にした高スキルのライターが在籍しているため、特定の知見や経験が必要なジャンルでも質の高い記事執筆が可能です。

    完成した記事に対してのチェック体制も整っており、ディレクターや監修者からファクトチェックも行われます。

    専門的なキーワードにおいて情報の正確性や妥当性が保証された記事は、SEOの評価も得られます。

    SEOで評価されれば、多くの顧客に見てもらえるため集客や企業イメージの構築が可能です。

    記事制作にかかる負担を減らせる

    社内で記事制作を行う場合、キーワード選定、執筆、編集、校正などの作業が必要です。

    ひとつひとつの作業が、Google検索で上位表示されるかどうかに影響します。

    専門的な知識がないまま行うと、リソースを割いただけで効果が得られないことも少なくありません。

    一方、記事制作会社に依頼すれば、ライターやディレクター、編集者に記事制作のすべてを任せられるため手間や時間をかけずに良質な記事を制作できます。

    記事制作にかかる負担が減ることで、コア業務に集中でき企業の成長につながります。

    記事制作を外注する場合の費用相場

    記事制作を依頼した場合の費用は、文字単価で決まります。

    ライターのスキルや記事ジャンルの違いによる文字単価の相場は以下のとおりです。

    【スキルごとの相場】

    ライターのスキル 文字単価
    未経験のライター 0.3~0.5円
    一般的なレベルのライター 1円~3円
    上級レベルのライター 5円~

    【ジャンルごとの相場】

    記事のジャンル 文字単価
    ホームページ記事 0.8円~2円
    インタビュー記事 10円~
    コラム記事 1円~3円
    SEO記事 3円~6円

    専門分野の記事は、誰が書いたかでSEOの評価が変わるため、高単価の傾向があります。また、取材など執筆以外の内容が含まれるインタビュー記事も、費用は高めです。

    記事制作会社の選び方

    記事制作会社を選ぶときは、以下の4つの視点で選びましょう。

    • 記事制作の実績を確認する
    • スキルのあるライターや監修者を確保できるか
    • 他の代行サービスに外注されていないか
    • スピード感を持って対応してくれる会社か

    それぞれ解説します。

    記事制作の実績を確認する

    過去に制作した記事がSEOで評価されていれば、PV数の多い記事を制作できる可能性が高いです。

    実績を確認するには、執筆した記事のURLとキーワードを教えてもらう方法があります。Googleの検索エンジンにキーワードを入力すると、何番目に記事が表示されているかわかります。

    記事制作の目的はさまざまですが、ユーザーに見てもらえなければ意味がありません。

    検索エンジンで上位に表示されるためには適切なSEO対策が必要なため、SEOに強い記事を制作できる会社を選びましょう。

    スキルのあるライターや監修者を確保できるか

    依頼したいテーマに関する専門的な知識を持ったライターや監修者を確保できれば、クオリティの高い記事が制作できるため検索エンジンからの評価につながります。

    特に専門性の高い記事ジャンルでは、E‐E‐A‐T(経験・専門性・権威性・信頼性)が重要です。

    例えば、法律系の記事を弁護士、医療系の記事を医者が執筆していれば記事のクオリティは担保されやすいでしょう。

    記事制作を依頼するときには、どのような専門知識を持ったライターや監修者が在籍しているのか確認が必要です。

    他の代行サービスに外注されていないか

    記事制作を依頼した会社が、クラウドソーシングサービスに仕事を丸投げしている場合があります。

    このような事例は、安価な制作費用で記事を制作し、受け取った金額からの差額を増やすことが目的で、支払った費用より低いクオリティの記事になる可能性が高いです。

    プロに依頼したのに、記事の品質が低かったという事態を避けるためにも、クラウドソーシングサービスの確認も行いましょう。

    スピード感を持って対応してくれる会社か

    制作した記事をネット上に公開してから、SEOが反映された順位表示になるまでには時間がかかるため、スピード感が大事です。

    投稿する記事数も一定の数を満たさないと、有益な情報を継続的に発信しているサイトとして認識されないため、記事制作の早さが必要になります。

    また、ひとつの記事を制作するには、構成や本文の修正が必ず入るため素早い対応の有無が納期にも影響します。

    納期に間に合わなければ、SEOで上位表示されるまでの時間も遅くなるため、記事制作や修正にスピード感を持って対応してくれる会社かどうかが重要です。

    おすすめ記事制作会社

    おすすめ記事制作会社は以下の3つです。

    • サクラサクマーケティング
    • クラウドワークス
    • ランサーズ

    それぞれ詳しく解説します。

    サクラサクマーケティング

    サクラサクマーケティング株式会社は、広告を使わないWebマーケティングを強みにしている記事制作会社です。

    SEO専業企業として16年間のノウハウがあり、キーワード選定から企画作成、執筆、編集、校正まで一貫して対応しています。

    コンテンツ制作・記事制作代行の累計実績は20,000以上と経験豊富なため、Google検索で上位表示されやすいクオリティの高い記事が制作可能です。

    特徴

    • SEO専業16年のノウハウ
    • コンテンツ・記事制作20,000以上の実績
    • 記事制作を一括で依頼可能

    会社概要

    会社名 サクラサクマーケティング株式会社
    所在地 東京都渋谷区渋谷3丁目1番9号 YAZAWAビル3階
    TEL 03-5776-2775
    創業 2005年8月8日

    クラウドワークス

    クラウドワークスは企業や個人の仕事の受注・発注がオンライン上で完結できるサービスです。

    多くのライターが在籍し、あらゆる分野の記事制作に対応しています。登録しているライターは、フリーランスや副業が目的の初級~中級レベルが多いですが、「プロクラウドワーカー」と呼ばれる上級者もいます。

    CWコンシェルジュに無料で電話相談できるため、初めてでも安心して利用できます。

    他にもフリーランスへの依頼が不安という方には、実績が一定以上の認定パートナー企業に依頼できる「まるごと外注サービス」がおすすめです。

    特徴

    • 国内最大級の仕事マッチングサービス
    • ユーザー数480万人以上
    • 初めての利用を無料サポート

    会社概要

    会社名 株式会社クラウドワークス
    所在地 【本社】

    東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー6階

    創業 2011年11月11日

    ランサーズ

    ランサーズは、仕事を依頼したい企業と経験豊富なプロをオンラインでマッチングする日本最大級のサービスです。

    クラウドワークスと同様に初級~中級レベルのライターが多く在籍しています。

    中間コストをかけず依頼できるため、企業への外注と比べて1/3程度の費用に削減できます。

    KDDI、Yahoo!など数々の企業が利用しており、導入企業数は60万以上です。仕事の発注に関して専任アドバイザーに相談できるため、初めてでも安心して利用できます。

    特徴

    • 経験豊富なプロに直接頼める
    • 導入企業数600,000社以上
    • 法人利用のためのプラン有り

    会社概要

    会社名 ランサーズ株式会社
    所在地 【本社】

    東京都渋谷区渋谷3丁目10-13 TOKYU REIT渋谷Rビル 9F

    創業 2008年4月

    まとめ:記事制作会社の効果的な活用がおすすめ

    記事制作代行サービスを利用すれば、自社のリソースを割かずに質の高い記事を大量に作成できます。

    SEO対策された良質なコンテンツや記事は、Google検索で上位表示されやすいため、広告費をかけずに集客が可能です。

    外注には費用がかかりますが、クラウドソーシングサービスを活用するなど費用を抑える方法もあります。

    複数のサービスを検討し、自社の課題に合った発注先を探してみてください。

    関連したコンテンツ
    最新のコンテンツ
    丸投げできるSEO

    最近のコンテンツ

    徹底的に、
    SEOで
    集客するなら。

    Copyright © 2024 eclore Co., Ltd