コラム

SEO対策の提案の見極め方とは?押さえるポイントと優良業者の特徴を解説

SEO対策は、成功すれば費用をかけずに長期的な集客が見込める魅力的な施策です。とはいえ実行に必要なスキルやリソースが膨大なため、外注を検討している方も多いのではないでしょうか。

SEO業者は数が多く、中にはスキルや知識が足りていない粗悪な会社も存在するため注意が必要です。悪質な業者を回避するためには、依頼者側が適切な知識を持って提案内容を精査しなければいけません。

この記事では、SEO対策の良い提案の特徴や優良な業者の見分け方、提案を見極めるための事前準備の方法を解説していきます。

SEO対策の外注先を決めあぐねている方は、ぜひ参考にしてください。

SEO対策とは?具体的な施策手順や注意点を解説

SEO対策の良い提案の特徴

SEO対策の提案は専門用語も多く、良し悪しを判断するのが難しいです。しかし、以下4つの特徴を押さえておけば、優良なSEO業者を見極めやすくなります。

  • ヒアリングをベースに提案内容が作られている
  • 業界の事情も織り込んだ施策を立てている
  • 実現可能な目標が設定されている
  • 上位表示の先の施策まで考えてある

それぞれ詳しく解説していきます。

ヒアリングをベースに提案内容が作られている

SEO業者は、クライアントにヒアリングを行ったうえで提案内容を作成します。そのため、提案内容が話し合いに基づいたものになっているかは、良し悪しを判断する指標です。

ヒアリングではWebサイトの現状や使えるリソース・予算などを制作会社に共有します。そのため以下のような提案になっていると、実力のあるSEO業者だと判断できるでしょう。

  • 予算内で実現できる
  • KPIとKGIが明確化されている
  • 現実的なスケジュールが組まれている
  • 現状の課題に対する解決策が提示されている

反対に提案内容がヒアリングの内容を無視したものになっている場合、質が低いおそれがあります。質問に対してし納得できる説明がなければ、深く考えずに提案している可能性があるため、注意しましょう。

業界の事情も織り込んだ施策を立てている

消費者行動は業界ごとに異なるため、SEO対策では業界の特徴やユーザー層に合わせた施策の立案が必須です。また現代のSEO対策において最も重要と言われている、コンテンツの品質向上も知識無しでは難しいです。

したがって業界の事情まで織り込まれた提案は、質が高いと言えます。担当者に知識や経験がある証明にもなるため、継続して理にかなった提案を行ってくれる可能性も高いでしょう。

実現可能な目標が設定されている

SEO対策を施すWebサイトの現状によって、実現できる目標はある程度予測できます。SEO対策にはドメインの評価や運営期間、コンテンツの数などの要素が絡むためです。

たとえば、新規ドメインで立ち上げたばかりのサイトが、1年で業界最大手のWebサイトを上回るのは不可能に近いです。したがってベンチマークが大手企業や状況がかけ離れている会社のWebサイトになっている提案は、実現できない可能性が高いです。

経験豊富なSEOコンサルタントは提案内容を考える際に、業界内の序列や競争などを分析します。対策の難易度を設定し、似た事例と照合しながら施策が実現可能かシミュレーションしたうえで、適切なKPIを設定します。

大きな目標は魅力的に映りますが、現実味のない施策は失敗に終わる可能性が高いです。依頼者側も自社の現状を正確に把握し、実現できる目標が設定されているか確認しましょう。

上位表示の先の施策まで考えてある

SEO対策は集客の手段にすぎません。そのためナーチャリングやコンバージョンなど、その後の施策まで考えておかないと、問い合わせや購入などの成果が得られなくなります。

優秀なSEOコンサルタントは、Webサイトに訪問したユーザー行動にまで焦点を当てた提案を行います。たとえば資料ダウンロードがゴールの場合、CTAへの導線設計や行動喚起を目的としたコンテンツの作成など、あらゆる観点から施策を考えるのです。

反対にスキルがないコンサルタントは、上位表示をゴールとして施策を考えます。したがって提案内容が上位表示の獲得にしか触れられていない場合、成果が上がらない可能性が高いです。

提案を精査する際はSEO対策を行う目的を整理したうえで、それを達成するための施策が提案に盛り込まれているか確認しましょう。

良質な提案を行うSEO対策業者の特徴

実力のあるSEO対策業者は、在籍するコンサルタントの能力の平均値も高いです。そのため、業者の見極めができれば、良い提案を受けられる可能性も上がります。

以下では、良質な提案を行うSEO対策業者の特徴を詳しく解説していきます。

  • 実績が豊富
  • 曖昧な返答をしない
  • Webマーケティングの知見がある
  • 契約前からノウハウを共有してくれる

実績が豊富

SEO対策で成果を上げるには、確かな実力と業界知識が必要なため、優良なSEO業者は多くの成功実績を保有しています。したがって多くの実績がホームページや資料に掲載されている業者は、提案のレベルも高いと考えてよいでしょう。

ただし実績を確認する際は、内容にも注目する必要があります。たとえば以下のような記載しかない業者への依頼は避けたほうが無難です。

  • 「〇〇」(ビッグキーワード)で1位獲得
  • 100キーワードで1位を獲得

SEO対策の目的は検索エンジンで1位を取ることではなく、その後の利益追求です。そのため、上位表示によってクライアントが得られた利益が記載されていない場合、成果が出せていない業者である可能性があります。

反対に成約数や業績の伸び率など、SEO対策によって顧客の事業を成長させた実績が具体的に掲載されている会社は信頼できるでしょう。

曖昧な返答をしない

質問に回答する際、言葉を濁したり専門用語を多用したりする業者には注意が必要です。また説明の際に、分かりづらい言葉を敢えて使う業者も同様です。

反対に以下のポイントを押さえている業者は、信頼できる可能性が高いです。

  • 質問に対して明確かつ具体的に回答する
  • 具体的な根拠を提示する
  • 事前に不安点を解消してくれる

SEO対策は成果が保証されておらず、施策も不透明なものが多いです。だからこそ、曖昧な言葉やいい加減な理論でお茶を濁すこともできてしまいます。

わかりやすい言葉で、具体的な数値を用いて説明してくれる業者を選びましょう。

Webマーケティングの知見がある

SEO対策はWebマーケティングの手段の1つにすぎません。そのため、クライアントの状況によっては他の施策を用いたり、組み合わせたりしたほうが有効な場合もあります。

しかしSEO対策の知見しかない業者は、他の施策の提案ができません。また、そのことに気づけないため、効果の薄い施策を顧客に提案することになります。

一方Webマーケティングに精通している業者であれば、さまざまな視点から最適な戦略を立案できます。SEO対策の効果を増幅させるために、柔軟に他の施策を取り入れた提案を行うことも可能です。

成果が出るのが早くなる、期待以上の効果が得られるなど、多くのメリットがあるため、SEO対策以外の知識も豊富な業者を選びましょう。

契約前からノウハウを共有してくれる

契約前からノウハウを共有している会社は、SEO対策への興味が高く、豊富な知識やスキルを持っている可能性が高いです。具体的には、以下のような活動を行っているSEO業者は、良い提案をしてくれる傾向にあります。

  • 無料相談やセミナーなどを実施している
  • ノウハウブログやホワイトペーパーを公開している
  • 具体的な提案資料を提示してくれる

また上記の特徴がある業者は、業界の発展や顧客の利益追求に積極的なことも多いです。反対に契約前に情報を出し渋るのは、以下のような理由が考えられます。

  • 発信できるノウハウがない
  • 自社の利益を優先している

ただし必ずしも情報を提供していなければ悪いというわけではありません。セミナーやホワイトペーパーの作成にはそれなりのリソースも必要なため、人材が足りていないだけという可能性もあるためです。

契約前の打ち合わせや見積もり時に、惜しげなくノウハウを提示してくれる会社であれば、良い提案をしてくれる可能性も高いでしょう。

提案内容の良し悪しを見極めるための事前準備

提案内容の良し悪しを判断するには、依頼者側にも適切な知識が必要です。そのため提案を受ける前に、以下5つの事前準備をしておきましょう。

  • 基本的なSEO対策を学ぶ
  • 十分な予算とスケジュールを確保する
  • 検索順位以外の明確な目標を決めておく
  • 社内でやることと外注することを明確にする
  • 悪質な業者の特徴を押さえておく

それぞれ詳しく解説していきます。

基本的なSEO対策を学ぶ

SEO対策の基礎知識が無いと、提案内容が理解できず、業者の言うことを鵜呑みにするしかなくなります。施策の正当性を判断できなくなるため、対策の流れや基本的な施策内容は押さえておくのがおすすめです。

現代ではSEO業者がYouTubeチャンネルを持っていたり、書籍を出版したりしているため、学習のハードルも低くなっています。以下の項目に関するコンテンツを確認し、最低限の知識はつけておきましょう。

  • 検索エンジンの仕組み
  • 内部対策
  • 外部対策
  • コンテンツSEO

十分な予算とスケジュールを確保する

ゆとりが無い状態で提案を受けると、焦りから正常な判断ができなくなるおそれがあります。そのため、余裕を持って提案内容を精査できるように、予算やスケジュールを十分に確保しておくことが重要です。

SEO対策では、成果が出るまでに年単位の時間を要します。実行が速いことに越したことはないですが、数日の差で成果が大きく変わることもないため、焦らず提案を受けるようにしましょう。

検索順位以外の明確な目標を決めておく

SEO対策では目的によって、上位表示するべきキーワードも変わります。たとえば、DX支援系の企業のWebサイトであれば、目的に応じて以下のようなプランニングになります。

目的 必要なコンテンツ
自社のDXツールの成約につなげたい ツールの比較やDXノウハウ系
広告収益を得たい 同業界の情報発信や速報系

自社の目標が明確になっていないと、提案の方向性が適切か判断できなくなります。またSEO業者側に意図が伝わらず、提案内容にズレが生じることもあります。

目標はできるだけ具体的に設定し、達成できるかどうかを提案内容を精査する軸にしましょう。

社内でやることと外注することを明確にする

SEO対策は、外注する作業の範囲によって費用が大きく変わります。社内のスキルやリソースを確認せずに丸投げすると、無駄な予算を割くことにつながります。

たとえばライティングのリソースが社内にある場合、キーワード選定とコンテンツの企画だけ依頼すれば内製できます。あらかじめ内製できる旨を業者に伝えておけば、考慮した提案を用意してくれるでしょう。

また将来的に内製を望む場合は、コンサルティングまで行ってくれる業者に依頼することで、要望を満たすことも可能です。丸投げを希望する場合は、ワンストップで対応してくれるSEO業者から提案を受けると良いでしょう。

あらかじめ内製と外注の内訳を明確にしておけば、理にかなった提案を受けられたり、SEO業者を選びやすくなったりします。

悪質な業者の特徴を押さえておく

事前に悪質なSEO業者を見極められれば、粗悪な提案を回避できます。そのため、悪質なSEO業者の以下4つの特徴を押さえておきましょう。

  • 具体的な成果の提示がない
  • 料金が相場よりも高額に設定されている
  • 契約内容に不透明な点がある
  • 契約を急かしてくる
  • 成果報酬型である

日常的に良い提案を行っているSEO業者は、クライアントの成果も上げられているはずです。そのため提示できる成果がない場合、提案の質が低いと考えるのが自然でしょう。

料金が相場よりも高額で、それに対して納得のいく説明がない場合も悪質な業者である可能性が高いです。SEOのスキルや実績ではなく、営業力で利益を上げていると考えられます。

また費用形態が成果報酬型になっている場合は、以下のような特徴から注意が必要です。

  • 固定報酬より高額になる
  • 契約終了後に順位が下がる
  • ペナルティを受けるリスクがある

SEO対策は長期間施策を継続する必要がありますが、成果報酬型の企業は利益を得るために小手先の作業で上位表示を狙います。すべての業者が該当するわけではないですが、真っ当なSEO業者は固定報酬型を採用していると覚えておきましょう。

SEO対策業者からの提案書は必ず具体的なものを作ってもらう

外注先の決定に社内稟議が必要なケースでは、提案書の良し悪しによって承認の可否が決まることも多いです。そのため現場の空気感やSEO業者の対応面が社内で伝わりきらず、良い提案をしてくれた企業が選考から漏れるというケースも少なくありません。

上記を防ぐには、項目ごとに施策の意図や効果、作業の詳細が明記された提案書を作ってもらうことが大切です。SEO業者に必ずその旨を伝え、社内共有がスムーズに行えるようにしましょう。

まとめ:提案の良し悪しを見極めて意味のあるSEO対策を!

SEO対策で質の高い提案を受けるには、良い提案の特徴や優良な業者選びのポイントを理解しておくことが大切です。

依頼者側の意向を汲み取り、ブラッシュアップした提案や現実的な施策を提示してくれる業者を選ぶことで発注失敗のリスクを減らせます。

また提案の良し悪しを判断するためには、事前準備も大切です。SEO対策の基礎知識を身につけ、明確な目標を決めたうえで提案内容を精査できる力をつけておきましょう。

この記事を参考に、自社に合った提案をしてくれるSEO業者を見極められるようにしてください。

関連したコンテンツ
最新のコンテンツ
丸投げできるSEO

最近のコンテンツ

徹底的に、
SEOで
集客するなら。

Copyright © 2024 eclore Co., Ltd