コラム

SEO対策を代行業者へ依頼する場合の料金の相場は?

SEO対策を業者に依頼しようと思っているものの、料金の相場が分からずに踏み切れない方もいるのではないでしょうか。
予算を検討するうえでは、料金の相場や、金額に見合う対策を講じてくれるのかどうかを知っておきたいですよね。

本記事では、SEO対策にかかる料金の相場や、サービス内容などを紹介します。
料金の相場やSEO対策の内容を知ったうえで予算を決定したいとお考えの方は、ご一読ください。

SEO対策の代行業者が行うサービスの種類と料金の相場を徹底解説

まずは、SEO対策の代行業者が行うサービスの種類や、それにともなう料金の相場を解説します。

総合SEOコンサルティング(調査・分析・戦略立案・コンテンツSEO・内部SEO)

SEO対策の代行業者が行うサービスの1種として「総合SEOコンサルティング」が挙げられます。
総合SEOコンサルティングとは、お客様のWebサイトを対策したいキーワードで上位表示するために必要な対策を総合的に請け負ってくれるサービスのことです。

施策代行を依頼した際の料金相場はおよそ20万~50万円で、大規模なWebサイトでは100万円を超える場合があります。
というのも、既存のサイト内ページの修正を行う内部SEOでは、対象となるページが多くなるにつれて費用も高くなっていくからです。

具体的には、下記内容のSEO対策を行います。

総合SEOコンサルティングの内容

種類 内容
調査 キーワード調査

競合調査
検索ニーズ調査

分析 自社サイト分析

競合サイト分析

戦略立案 調査や分析をベースにしたSEO戦略の立案
コンテンツSEO 戦略立案で決定した対策キーワードで順位上昇のため、主にセッション数獲得のためのコンテンツ企画から構成作成、ライティング、編集、入稿、そして投稿後のメンテナンス作業
内部SEO サイトのソースコードや構造、タイトルやディスクリプションの見直しなど、サイト内部に対する改善活動

このサービスは、自社と競合のWebサイトの調査・分析による課題発見から、サイト内部の構造の改善に加え、検索順位上位化のためのコンテンツ対策まで行ってもらえるため、SEOにかけるリソースがほとんどないようなお客様におすすめです。

なお、総合SEOコンサルティングで対応してもらえる範囲は代行業者によって異なるため、自社にとって必要な対策ができるかどうか確認しましょう。

コンテンツSEO

SEOの代行業者が行うサービスとして、上記で示した「コンテンツSEO」に特化した対策も挙げられます。
コンテンツSEOの料金の相場は記事1本あたり、4.5万~10万万円ほどで、先ほど紹介した総合SEOコンサルティングにも一部含まれている内容です。

コンテンツSEOは、対策するキーワードで検索順位を上位化させるための構成を考案し、それに沿ったコンテンツ制作を請け負ってくれるサービスです。

料金の相場は、業界や担当ライターのスキル、構成案作成の有無などにより変わる場合があります。
たとえば、医療に関わるWebサイトを作成する場合は、専門家の監修が必要であるため、その分費用も高くなる傾向にあります。
なお、費用を抑えるためにクラウドソーシングでライターを探し、対策したいキーワードで安くライティングをすることも可能です。

ただ、記事品質が安定するのはやはりSEO業者ではあるので、SEOコンテンツによって成果を出したい場合はSEO業者の利用をおすすめします。

内部SEO

SEOの代行業者が行うサービスには、Webサイトのソースコードやサイト構造、キーワードの見直しや改善を依頼できる「内部SEO」もあります。
料金の相場は、対象となるページの数によりますがおよそ30万~50万円ほどです。

内部SEOでは、下記のような内容の対策を行います。

内部SEO対策の内容

内容 備考
タイトルの設定 対策キーワードを盛り込んだ30文字程度のタイトルの設定
<h1></h1>タグの設定 対策キーワードを盛り込んだh1タグの設定
ディスクリプションの設定 記事の内容を簡潔に説明する文章を100~110文字程度で設定
各hタグ(見出し)の設定 各hタグが適切な順番で並ぶように設定
ALTタグ(画像)の設定 各画像に対して挿入されているALTタグを適切な内容に設定

内部SEOは、あくまでも施策の効果を最大限に引き出すための施策です。
また、そのほかにもページ数が比較的多いECサイトやポータルサイトなどの場合は、下層ページに対するロングテールキーワード(検索ボリュームが小さく、キーワード意図が限定されているもの)での対策に最も効果的な施策でもあります。

たとえば、すでにコンテンツ対策を行ったものの、検索順位が伸び悩んでいたり、思うようにセッション数が確保できていなかったりする場合は、内部施策を行うだけで検索順位が改善される場合があります。

そこで、キーワードやクリック率を意識したタイトルや、ディスクリプションの修正などの内部SEOのみを行うことで、サイト改善をはかることができます。

外部SEO

SEOの代行業者が行う対策には、被リンクを増やすことによって自社のWebサイトの評価を上げる「外部SEO」もあります。
ただ、「リンクの購入」に該当する行為はGoogleから禁止されているためおすすめはできませんので、料金相場の説明は控えさせていただきます。

ちなみに、ランクエストの被リンク獲得に関する考え方は、「ユーザーに対して有益な情報を発信していけば、それを見たユーザーが自然と紹介してくれるもの」だと考えています。

基本的なスタンスは「質の高い情報発信」をコンテンツ対策で行い、その結果としてコンテンツの上位表示や、被リンク獲得の近道になるのです。

【ケース別】おすすめのSEO対策の種類と想定される料金相場

ここからは、よくある3つのケース別でおすすめしたいSEO対策の種類と、料金の相場を紹介します。
自社のWebサイトにおいて解決したい問題があったら、下記のケースに当てはめて考えてみましょう。

ケース①競合が本格的にSEO対策を始めて自社の検索順位を抜かした場合

競合他社に対策しているキーワードの検索順位を抜かされてしまった場合は、「競合分析」、「コンテンツSEO」そして「内部SEO」を行うことをおすすめします。

対策キーワードで競合に検索順位が抜かれるということは、Googleの評価軸において競合のほうが優れているサイトと判断されたということになります。

競合がSEOを始めたということであれば、まずは「なぜ競合に抜かれたのか」を明確にする必要がありますので、競合分析をする必要があるでしょう。

また、競合分析の結果を鑑みて検索順位が下がってしまった原因がコンテンツ量にあるのか、それとも自社のサイトの内部に原因にあるのかを特定し、それぞれ戦略を立てていきます。

上記のように競合分析とコンテンツSEO、内部SEOを行うと分類としては「総合SEOコンサルティング」に該当し、料金相場としては20万円~50万円になります。

ただ、サイトによって内部SEOの重要性が低い場合や、コンテンツSEOの重要性が低い場合は、施策内容を柔軟にカスタマイズできる業者を利用すると、サイト状態に応じた無駄のないSEO施策ができるでしょう。

ケース②SEO対策を本格的に行うリソースが自社にない場合

SEO対策を本格的に行うリソースがない場合には、課題の発見~戦略設計~改善施策実行までをワンストップで行う「総合SEOコンサルティング」が推奨されます。

総合SEOコンサルティングを依頼する場合の料金の相場は、およそ20万~50万円ほどですが、サイト内ページが多い場合や、対策コンテンツ量が多いような大規模なWebサイトの場合は100万円以上かかる可能性もあります。

なお、総合SEOコンサルティングを依頼する際は、コンテンツの投降作業まで代行してくれる業者を探すと、さらに人手不足を解消できるでしょう。

ケース③過去に自社でコンテンツSEOを行ったものの成果が出ていない場合

過去に自社でコンテンツSEOを行ったものの、成果が出ていないという場合は「SEOリライト作業」をしてくれる「コンテンツSEO」がおすすめです。

コンテンツSEOを行ったものの、成果が出ていない場合の主な原因は「ユーザーニーズを満たしていないから」であることがほとんどです。
コンテンツSEOを成功させるためには、想定される流入キーワード、ユーザー他にも知りたいと思う情報、本文の読みやすさなどを総合的に考えてコンテンツ設計をする必要があります。

SEOリライトの料金の相場は、1記事あたり2万~10万円ほどです。
このSEOリライトに伴い、サイトの構造があまりよくない場合は効果最大化のために内部SEOを行う場合もあるので、その場合は追加で30万~50万円ほどかかります。

【注意】SEO対策の外注において「料金」で決めることは本質的ではない

ここまで本記事をお読みになった方のなかには、自社の予算をベースにしたSEO対策の種類や代行業者を選ぼうとお考えの方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、SEO対策を行ううえでは、費用のほかに考えなければならない点が多くあります。

そこで、自社でSEO対策に費用をかけるべきかどうかを検討してから、代行業者へ依頼するまでの過程において、押さえておきたい3つの注意点を紹介します。

注意点①自社の課題や目的から逆算してSEO対策が必要だと判断できているかどうか

まず、SEO対策に費用をかけるかどうかを検討する際の注意点としては、SEO対策が自社の課題解決や目標達成に繋がるのかどうかという点です。

たとえば、SEOは効果がでるまでに一定の期間を要するため、「SEOで順位上昇することで、広告費をかけずに年間で●●円の売上が得られるため、今からSEO対策をする」といったように、ある程度投資の側面があることを理解して行う必要があります。
もし自社の課題が、短期間で顕在層向けにWebからの集客をする必要がある場合はSEOではなくリスティングなどの広告類の検討をすることが良いでしょう。

このように、自社の課題解決や目的達成に沿った方法が、本当にSEO対策であるのかどうかを判断することは重要なポイントなのです。

注意点②自社のビジネスと親和性の高いSEO施策ができるかどうか

自社の課題から逆算し「SEO施策を行う」と決めたあとは、自社のビジネスモデルとの親和性が高いSEO施策の提案がされているかどうかを見極める必要があります。

一概にSEOといっても、施策の進め方は様々です。
たとえば、エリアを限定して知名度を上げて集客する場合と、全国的に知名度を上げて全国から集客をする場合だと、施策の方針は大きく変わります。

注意点①の段階で、自社の課題やSEOで達成したいことなどの目的を明確にした後は、その目的に沿った提案がされているかという観点で、業者選定をしていきましょう。

注意点③予算や料金が先行して本質的なSEO対策を削っていないかどうか

注意点①②をクリアしたうえで、もう一つ押さえておきたい注意点があります。
それは、自社の予算やSEO対策にかかる費用を優先するあまり、本質的なSEO施策が削られていないかどうかという点です。

なぜなら、SEO対策で最も重要なポイントは「目的達成のためにサイトの課題を解決する」ということだからです。

たとえば、競合と比較した際にユーザーに向けて発信しているコンテンツ量が不足している場合、Googleから「ユーザーのための情報発信をしていないサイト」と判断される場合があります。
そうなってしまうと、結果としては検索順位が競合よりも低くなってしまう可能性があるでしょう。

この場合、施策の優先順位としてはコンテンツ関連の対策が中心となりますが、この部分にかかる費用を削って、内部SEOだけを残すというのは、あまり良い判断ではないでしょう。

せっかくSEO対策によって費用対効果が得られる見込みがあったとしても、予算不足が原因で不完全な施策になってしまっては意味がありません。

そのため、SEO対策の内容を決める際は、予算ではなく自社のWebサイトに必要な施策をベースに決めましょう。

SEO対策を代行業者へ依頼する際の料金の相場やサービスの種類を押さえたら施策ベースで依頼しよう

いかがでしたでしょうか。

SEO対策の代行をしてくれるパートナーを探していくうえで、もちろん会社の予算に合わせた料金プランを選ぶということは非常に重要です。

ただ、この“料金”が決定軸になってしまうと、本質的なSEO対策はできなくなる可能性が高くなってしまうので、注意しましょう。

弊社SEOサービスランクエストではどんなお客様に対しても、予算状況に応じてSEOサービスを提供ができるように、「オーダーメイド型プラン」もご用意しております。
お客様の課題や状況に合わせた最適なプランをご提案いたしますので、今後SEO代行業者をお探しになられる方は、ぜひ弊社サービスの内容をご覧ください。

関連したコンテンツ

最新のコンテンツ

TOP

SEO無料相談

受付時間 平日9:00~18:30

0120-790-671