コラム

記事作成のやり方とは?基本的な手順をわかりやすく解説

SEO対策は無料で取り組めることから、多くの企業が事業戦略に取り入れています。中でも「コンテンツSEO」は、文章を書くリソースさえあれば簡単に始められるため、施策の実行を検討している方も多いのではないでしょうか。

しかし、検索上位を獲得するのは容易ではなく、正しい知識を持って記事を作成しないと、思うような成果は出せません。この記事では、SEO対策における記事作成の方法を解説しているため、ぜひ参考にしてください。

SEO対策とは?具体的な施策手順や注意点を解説

    SEOにご興味がある方へ

    キーワード上位化までの期間を無料分析

    SEO専門業者として14年、4,200社を支援し続けて積み上げたノウハウをもとに、専門のコンサルタントが分析した効果予測シミュレーションを無料でお届けします!

    会社名

    必須

    名前

    必須

    電話番号

    必須

    メールアドレス

    必須

    ホームページのURL

    必須

    上位化したいキーワード
    ※最大3つ

    必須

    個人情報保護ポリシー

    記事を作成する際の8つのステップ

    検索上位表示を獲得するための記事作成は、以下8つのステップで行います。

    1. 入稿する媒体の情報を整理する
    2. キーワードを整理する
    3. 必要な調査を行う
    4. 想定読者と記事のゴールを決める
    5. 構成を作成する
    6. 本文を作成する
    7. 作図する
    8. 本文の確認と修正を行う

    記事の種類や内容により異なることもありますが、上記が基本の流れになるため必ず押さえておきましょう。

    項目ごとに詳しく解説していきます。

    入稿する媒体の情報を整理する

    入稿する媒体の情報とは、以下のような項目のことです。

    • 媒体のコンセプト
    • ターゲット
    • コンバージョン
    • 既存の記事の内容
    • トンマナ

    たとえばターゲットが個人と法人では、記事に必要な情報が大きく異なります。

    コンバージョンも、商品購入と資料請求では適したアプローチが異なるため、ライティングのトンマナを変えたほうが良いでしょう。加えて既存の記事の内容を把握しておけば、それらを利用して効率的に専門性の高い記事を作成できます。

    また、トンマナは媒体に一貫性を持たせるために重要です。語尾の使い方や漢字の閉じ開きによって、ユーザーに与える印象が大きく変わるためです。とくにチームで記事作成に取り組む場合は、ライターごとに記事の内容がぶれないように注意してください。外部のライターも使う際は、レギュレーションや執筆マニュアルを作成することで、方向性がぶれにくくなります。

    キーワードを決める

    整理した媒体の情報に合わせて、上位表示が必要なキーワードを洗い出します。上位表示が必要なキーワードとは、言い換えると媒体の目標達成のために必要な記事のことです。

    たとえば自社展開するSEOコンサルサービスの資料請求獲得したい場合は、下記のようなキーワードでの対策が必要です。

    • SEOコンサル 比較
    • SEOコンサル 相場
    • SEOコンサル デメリット

    ラッコキーワードGoogleキーワードプランナーなどの調査ツールを使い、関連性の高いキーワードを調べ、候補を洗い出します。

    候補のキーワードの中から必要性を精査し、優先順位をつけながらどのような方向性で記事を書くか決めていきます。その際、競合サイトが多く流入を集めている記事や対策キーワードを調査すると、優先順位をつけやすいです。

    キーワードの整理が終わったら、優先度の高い記事から作成を進めていきます。

    必要な調査を行う

    Google検索で上位表示を獲得するためには、ユーザーに利益をもたらす良質な記事を作成する必要があります。良質な記事とは、具体的に下記のような項目を満たす記事のことです。

    • ユーザーの知りたい情報が網羅されている
    • ユーザーが考えつかなかった気づきを与えられる
    • 誤字脱字がなく、文法が正しく使われていて読みやすい
    • 画像の挿入やCSSの装飾で情報が読みやすく整理されている
    • 他の記事にない独自の情報が記載されている

    つまり上位表示を獲得できる記事を作成するうえで最も重要なのは、「ユーザーのことを考え抜く」ことです。キーワードに沿って闇雲に執筆しても、内容が薄い量産型の記事にしかならず、Googleから評価を得るのも難しくなります。

    またそのような記事からは、コンバージョンの獲得も難しくなります。同じテーマでも、目的が「自社サービスの資料請求」と「アフィリエイトによる広告収入」では、適した文章が変わるためです。

    したがって記事作成の際は、事前に綿密な調査を行うことが大切です。以下では、記事作成に必要な3つの調査項目を解説していきます。

    • 検索意図
    • 競合の記事
    • トレンド

    検索意図(インテント)

    検索意図とは、ユーザーが献供エンジンで検索をする動機や目的のことです。検索意図はキーワードごとに異なるため、対策するキーワードで実際に検索を行い、仮説を立てながら模索していきます。

    また検索意図は、Googleの視点からも考える必要があります。たとえば「スマホケース」と検索した場合、上位に表示されるのはスマホケースを販売しているECサイトやモールのページです。

    このことからGoogleは「スマホケース」というキーワードの検索意図を、「Web上でスマホケースを購入したい」と定義したと考えられます。当然、この状態でおすすめのスマホケースを紹介するコラム記事を書いても、上位表示は期待できません。

    検索意図を調査する際は、検索結果とユーザーの心理をすり合わせて深堀りしていきましょう。

    競合の記事

    上位に表示されるのは、ユーザーニーズを満たせているとGoogleが判断したためです。したがって競合記事を調査すれば、必要な情報がわかります。

    その際、上位表示されている理由まで深堀りすることが大切です。以下のようなポイントを確認しながら、競合の記事の品質が高いと判断された理由を探りましょう。

    • 独自性の出し方
    • 文章の構成
    • その記事でしから得られない経験や体験

    トレンド

    市場の動きや時代の変化によって、記事に必要な情報は変わります。たとえば「SEOライティング やり方」というキーワードで記事を書くとします。

    5年前であれば、基本的なやり方や著者独自の文章作成のポイントだけでユーザーニーズは満たせたでしょう。しかし、現代ではChatGPTを活用した、業務効率化やライティングへの取り入れ方まで盛り込んだほうがより深くニーズを満たせます。

    ユーザーが求めるものは常に変化しているため、トレンドを調査して時代に合った記事を作成できるようにしましょう。

    想定読者と記事のゴールを決める

    調査内容を基に、実際に記事を読む具体的なユーザー像を決めます。以下のような項目を設定し、そのユーザーが記事で欲している情報などを考えます。

    • 年齢
    • 性別
    • 思考パターン
    • ライフスタイル
    • 欲している情報

    上記はペルソナと呼び、記事のテーマに応じて項目を追加することで、より想定読者の精度を高めることが可能です。ユーザー像を具体化することで制作の軸ができるため、文章量の多い記事でも文章に一貫性を出せます。

    また同時に、記事のゴール設計も行いましょう。想定読者がゴールに向かうために必要な情報や導線を逆算することで、より品質の高い記事を作れます。

    構成を作成する

    構成とは記事の骨組みのことで、SEO対策においては見出し構成とも呼ばれます。調査した情報や想定読者を基に、以下の点を意識して構成を作りましょう。

    • 情報の優先度
    • 文章の流れ
    • コンバージョンへの導線
    • キーワードの網羅性

    一般的に記事は上部の方が多くの人に見られます。そのため、優先度の高い情報を上の方に持ってくることで、ニーズを満たせる可能性が高くなります。

    ただし、文章の流れを無視するのは好ましくありません。文脈を無視すると可読性が下がるため、ユーザーにストレスを与える原因になります。したがって、ユーザー理解を助けるために必要な情報であれば、優先度の高い見出しより上部に持ってくることも大切です。

    またコンバージョンを考慮して構成を作成することで、ユーザーの導線を意識した構成に仕上げられます。

    加えて見出しに対策キーワードを盛り込むと、検索エンジンが記事の内容を理解する補助になります。無理な挿入はご法度ですが、自然な文章にできる際は意識的に盛り込みましょう。

    本文を作成する

    構成案に沿って、本文を書き始めましょう。構成が作り込めていれば、スムーズに執筆できるはずです。もし、見出しごとに文章を考える必要があったり、途中で方向性がずれたりする場合は、構成に問題があるかもしれません。

    本文作成では、「読みやすさ」の意識が最も大切です。文法がおかしい、表記揺れがあるなど、読みにくい文章はユーザーにストレスを与え、内容理解を阻害するためです。

    下記のポイントを意識し、誰にでも読みやすい文章になるよう心がけましょう。

    • 正しい文法を使う
    • 5W1Hを意識する
    • 1文が長くなりすぎないようにする
    • 句読点を適切に使う
    • 代名詞と指示語をなるべく使わない
    • 漢字は適度に開く

    作図する

    インフォグラフィックやピクトグラムなどを記事に挿入することで、ユーザーの内容理解を助けられます。たとえば調査データを必要とする内容であれば、グラフや表を作図することで、文章にわかりやすさと説得力を加えられます。
    コンバージョンでバナーを使う、記事の要点をまとめた画像を挿入するなどの工夫を行えば、ユーザー体験を向上させることも可能です。

    また文章量が多くなるほど、ユーザーは飽きやすくなります。そのため、文字数が5,000以上になる長文の記事では、画像の適度な挿入によって読了率を上げる効果も期待できます。

    本文の確認と修正を行う

    記事を公開する前に、必ず文章を読み直しましょう。下記のポイントをチェックし、問題があればすべて修正します。

    • 誤字・脱字
    • 文法表現
    • リズム・テンポ
    • 情報の精度
    • コンプライアンス

    誤字や脱字があると丁寧さに欠ける印象を与えるため、ユーザーからの信頼が低下します。文法表現においても同様です。おかしい部分があると、読みにくさを感じさせる、内容が誤って伝わるなどのリスクも生まれます。

    記事の読みやすさには、文章のリズムやテンポも大きく関わります。一度音読して、スムーズに読み終えられるか確かめるのがおすすめです。

    また記載されている情報は、必ず誤りがない状態にしましょう。誤情報の配信は、信頼性を大きく欠く原因になります。とくにデータや数字、医療、法律に関わることは、些細な間違いがユーザーの生活に不利益を与えるおそれがあります。

    加えて確認の際は、コンプライアンスの観点から記事を見直すことも大切です。差別的な表現や、競合他社に風評被害をもたらす内容は、炎上の原因になります。

    可能であれば自分以外のチェッカーを用意し、客観的に確認できる体制を作りましょう。

    SEO記事を作成する際のポイント

    SEO記事を作成する際は、下記4つのポイントを意識するのがおすすめです。

    • ユーザーファーストを徹底する
    • 独自情報を入れる
    • 画像や表を活用する
    • 正確な情報を提供する

    それぞれ詳しく解説していきます。

    ユーザーファーストを徹底する

    SEOに強い記事とは、ユーザーの人生に影響を与えるような、良質な情報を持っている記事です。したがって、検索エンジンを意識した小手先のテクニックではなく、ユーザーのことを第一に考えたコンテンツの制作が必須です。

    独自情報を入れる

    独自情報がない記事が、検索上位に表示されることはほとんどありません。Googleからすれば、既に上位表示されている記事と同じ内容の記事を上位に表示する理由がないためです。

    自社の体験や経験、独自の調査によって得た情報など、競合と差別化できる情報を用意して記事作成に取り組みましょう。

    画像や表を活用する

    画像や表など、視覚的な要素はユーザーの内容理解を助けます。また文章を読むのが苦手な人でも、抵抗感なく読めるようになるため、より多くのユーザーに記事を閲覧してもらえるようになります。

    画像はフリー素材をそのまま使うのではなく、作図するのがおすすめです。文章の流れに沿って、読みやすくなる位置に挿入しましょう。

    正確な情報を提供する

    不正確な情報を提供すると、ユーザーからの信頼が低下します。とくにYMYLと呼ばれる、ユーザーの人生に大きな影響を与えると考えられるジャンルでは、上位表示の獲得も難しくなります。

    そのため記事を執筆する際の参考資料は、できる限り一次情報を使い、正確な内容を提供できるようにしましょう。

    まとめ:記事作成のやり方を理解してマーケティングに活かそう

    Web記事の作り方は、媒体のコンセプトや目的によって異なります。SEO対策においては、ユーザーファーストの意識を徹底し、必要な情報を調べ上げたうえで、ニーズを満たせるコンテンツを作ることが重要です。

    文法表現の誤りや誤字脱字をなくし、適切な画像を挿入しながら記事を作成すれば、読みやすく有益な情報を提供できる記事に仕上がります。

    この記事のやり方を参考に、高品質な記事作成に取り組んでみてください。

    関連したコンテンツ
    最新のコンテンツ
    丸投げできるSEO

    最近のコンテンツ

    目次

    徹底的に、
    SEOで
    集客するなら。

    Copyright © 2024 eclore Co., Ltd