コラム

動画制作会社の選び方と費用相場は?おすすめの外注先も紹介

ショート動画の流行によって、ビジネスでも動画の活用が一般的になりました。

用途に応じて制作すれば、企業のプロモーションやブランディング、マーケティングなど、多方面での成果が期待できます。

しかし動画制作には撮影や編集のスキル、キャスティングのコネクションなど、多様な能力が求められます。

また、さまざまな業者が存在することから、依頼先を迷っている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、動画制作会社の選び方や外注の費用相場を解説していきます。

依頼先の選定や制作する動画の内容に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

    SEOにご興味がある方へ

    キーワード上位化までの期間を無料分析

    SEO専門業者として14年、4,200社を支援し続けて積み上げたノウハウをもとに、専門のコンサルタントが分析した効果予測シミュレーションを無料でお届けします!

    会社名

    必須

    名前

    必須

    電話番号

    必須

    メールアドレス

    必須

    ホームページのURL

    必須

    上位化したいキーワード
    ※最大3つ

    必須

    個人情報保護ポリシー


    動画制作会社の選び方

    動画制作会社を選ぶ際は、以下6つの点を押さえましょう。

    • 目的と予算を決めておく
    • 提案力と企画力を確認する
    • 納期を事前に把握しておく
    • 納期を事前に把握しておく
    • 実績を確認する
    • 参考動画探しておく

    それぞれ詳しく解説していきます。

    目的と予算を決めておく

    動画制作会社を探す際は、制作会社選びの軸を作ることが大切です。

    動画には以下のようにさまざまな種類があり、制作会社によっても得意なジャンルは異なります。

    • 動画広告
    • YouTube動画
    • ショート動画
    • プロモーション動画
    • テレビ番組
    • テレビCM
    • ライブ配信

    制作したい動画の制作実績が豊富で、ノウハウを有している業者に依頼しないと、成果は上がりません。

    また制作会社によって費用感も異なります。

    予算内でクオリティの高い動画を制作してもらうために、事前に目的や予算を明確にしておきましょう。

    提案力と企画力を確認する

    制作会社側から良質な提案を受けられれば、動画のクオリティも向上します。

    そのため業者選びの際は、契約前に作成したい動画のイメージを伝え、簡単な構成や絵コンテを用意してもらうことが大切です。

    とくに、自社の業界ならではの悩みやニーズを踏まえた提案をしてくれる担当者だと、依頼が成功する確率も上がります。

    2〜3社から提案を受けたうえで、もっとも良い提案をくれた制作会社に依頼しましょう。

    担当者との相性を確認する

    担当者と上手くコミュニケーションが取れなければ、良い動画は作れません。

    動画制作では、企画やキャスティング、撮影、編集などさまざまな工程を進めていく必要があります。

    いずれのプロセスも複雑なため、担当者のディレクション能力次第で、動画の出来が大きく変わります。

    担当者と意思の疎通が図れなければ、イメージ通りに仕上がらないこともあり、トラブルの原因になります。

    自社の業界の知識が豊富で、親身に対応してくれる担当者がいる動画制作会社に依頼しましょう。

    納期を事前に把握しておく

    動画は制作工程が複雑なため、スケジュールも複雑化するケースが多いです。

    たとえばキャスティングが必要な場合、出演者の日程の調整が上手くいかず、撮影が後ろ倒しになることがあります。

    ほかにも野外での撮影で雨が降ったり、些細なミスで撮り直しが生まれたりすることも。

    そのため事前に納期を確認し、必要な日程に間に合うか確認しておくことが大切です。

    また担当者の経験値が低いとトラブルを考慮できず、提示された日程が大幅に狂うこともあります。

    スケジュールを算出してもらったら、後ろ倒しになる可能性などを質問し、説得力のある回答をしてくれる業者に依頼しましょう。

    実績を確認する

    制作会社ごとに動画のテイストや得意なジャンルが異なるため、実績を見て自社のイメージに合うか確認しましょう。

    制作会社のホームページに掲載されていることが多いですが、無い場合は問い合わせると見せてくれることもあります。

    イメージに近い動画を多く制作している業者に依頼すれば、満足のいく動画が制作できます。

    反対に実績の確認を怠ると、費用が無駄になるおそれもあるため注意が必要です。

    近年では高品質な動画編集ソフトが安価に手に入ることもあり、動画制作のスキルを身に付けやすくなりました。

    それに伴い制作会社が増え、中にはスキルが成熟しないまま事業を立ち上げたところもあります。

    そのような業者に依頼すると、低品質な動画が納品されることもあるため、慎重に選定しましょう。

    参考動画を探しておく

    自社が作りたい動画のイメージと近い動画を提示すると、制作会社に意図が伝わりやすくなります。

    担当者との方向性のすり合わせが容易になり、イメージどおりの提案を受けやすくなります。

    また参考動画は複数個集めて、それぞれの好きなポイントや真似したい表現を洗い出しておくことも重要です。

    参考資料が多いと、打ち合わせ時に話も膨らみ、企画や構成のブラッシュアップにつながります。

    競合のWebサイトやYouTube、SNSなど、さまざまな媒体の動画をチェックして参考資料を集めておきましょう。

    動画制作会社へ依頼する費用相場

    動画制作の費用相場は、10万円〜200万円以上と内容によって大きく差があります。

    制作内容別の費用感を表にまとめました。

    動画の種類 相場 費用がかかるポイント 制作期間
    スライドショー 10〜30万円 写真撮影

    画像制作 など

    2週間〜1ヶ月
    社員インタビュー

    社内風景

    30〜80万円 関係者のみの撮影

    機材費 など

    1ヶ月〜1ヶ月半
    プロモーションムービー

    コンセプトムービー

    80〜200万円 外部タレントのキャスティング

    ロケ

    機材費

    シナリオ制作 など

    1ヶ月半〜2ヶ月
    長編動画

    CG演出

    アニメーション

    200万円以上 外部タレントのキャスティング

    ロケ

    機材費

    シナリオ制作

    デザイン

    素材の制作 など

    3ヶ月以上

    一般的に必要な素材や機材、関わる人員が多くなるほど高額になります。

    また動画の尺によっても料金は変わり、長くなるほど高くなります。

    タレントを起用したり、CGやアニメーションを使ったりする場合は、キャスティングやデザインなど、撮影・動画編集以外の費用が必要です。

    制作期間も長くなり、1,000万円近い費用になることもあります。

    ただし内容が同じでも制作会社ごとに費用は異なるため、2〜3社程度相見積もりを取って実際の相場感を確認してみましょう。

    おすすめの動画制作会社

    おすすめの動画制作会社3社を以下にまとめました。

    • 株式会社クリエイターズパーク
    • 株式会社フラッグシップオーケストラ
    • 株式会社コックスプロジェクト

    それぞれの概要や特徴を詳しく解説していきます。

    株式会社クリエイターズパーク

    出典:株式会社クリエイターズパーク

    株式会社クリエイターズパークは東京都中央区を拠点に活動する動画制作会社です。

    営業活動を通じてクライアントの声に真摯に耳を傾け、高品質な動画を制作してくれます。

    特徴

    株式会社クリエイターズパークでは、専門のセールスコンサルタントがヒアリングから納品まで対応してくれます。

    1社1担当制を採用しており、制作会社との窓口が変わることがないため、安心して制作を依頼できます。

    また同社は以下のような分野ごとに、高いスキルを持った動画クリエイターと豊富なコネクションを持っています。

    • アニメーション制作
    • 撮影
    • 動画編集
    • ナレーター
    • 3DCGデザイン
    • 配信

    案件ごとに適任者とチームを組んで制作にあたるため、高品質な動画が制作できるそうです。

    本契約は絵コンテを確認した後となり、修正回数にも制限が無いとのことなので、満足のいく仕上がりになるでしょう。

    会社概要

    社名 株式会社クリエイターズパーク
    代表 竹山 広泰
    住所 〒104-0053 東京都中央区晴海2-3-30
    設立年月日 2022年3月14日

    株式会社フラッグシップオーケストラ

    出典:株式会社フラッグシップオーケストラ

    株式会社フラッグシップオーケストラは、東京都港区に本社を構える動画制作会社です。

    動画制作をはじめ、マーケティングやキャスティングなど、幅広いサービスを提供しています。

    特徴

    株式会社フラッグシップオーケストラは、格安・大量動画制作サービスである「ムビラボ」を提供しています。

    独自開発のオペレーションに沿って制作を進めることで、品質を落とさずに月間1,500本の動画を制作できるそうです。

    また自社で毎月1,000本以上、累計数万本の動画を作成していることから、独自のビッグデータも所有しています。

    自社開発のシステムと合わせることで、以下のような動画制作以外の幅広い領域で成果を上げられるそうです。

    • コンテンツ企画
    • 動画マーケティング
    • 動画広告の運用・分析

    動画に関わるさまざまなニーズに答えられる制作会社なので、マーケティングのブラッシュアップがしたい方にもおすすめです。

    会社概要

    社名 株式会社フラッグシップオーケストラ
    代表 大澤 穂高
    住所 〒108-0014 東京都港区芝5-3-2 +Shift Mita B1F
    設立年月日 2014年4月1日

    株式会社コックスプロジェクト

    出典:株式会社コックスプロジェクト

    株式会社コックスプロジェクトは、愛知県名古屋市に本社を構える動画制作会社です。

    「ココロ躍るシゴトをしよう」をテーマに、さまざまな動画コンテンツを制作しています。

    特徴

    株式会社コックスプロジェクトは、創業50年を超える老舗企業で、動画制作に関する豊富なノウハウを有しています。

    テレビ番組やCM、プロモーション動画など、Web以外のさまざまな領域での業務経験を活かして、高品質な動画を制作しています。

    企画から撮影、編集までを社内で完結できる体制を整えているため、安定したクオリティでサービスの提供が可能です。

    ホームページの実績を確認すると、有名大手企業も多く名を連ねているため、業界全体で信頼されている企業であることがうかがえます。

    近年トレンドのYouTube動画の制作やライブ配信にも対応しており、クオリティを優先する方におすすめの企業です。

    会社概要

    社名 株式会社コックスプロジェクト
    代表 宇野 祐司
    住所 〒453-0818 愛知県名古屋市中村区千成通1-38-2
    設立年 1986年

    まとめ

    動画をビジネスに活用すれば、マーケティングやブランディングなど、さまざまな方面での成果が期待できます。

    内製化は難しいですが、動画制作会社に依頼すれば、用途に合わせて高品質な動画を制作してくれます。

    しかし業者の数は多く、特徴や強み、料金形態もそれぞれ異なるため、慎重に依頼先を選ぶ必要があります。

    動画制作が流行した影響で、中にはスキルが無いままサービスを提供している業者も存在するため、注意が必要です。

    そのため業者選定の際は目的や予算、作りたい動画のイメージを明確にしたうえで、相性の良い担当者がいるところに依頼しましょう。

    この記事を参考に動画制作会社の選び方を理解し、イメージ通りの動画を制作できるようにしてください。

    関連したコンテンツ
    最新のコンテンツ
    丸投げできるSEO

    最近のコンテンツ

    徹底的に、
    SEOで
    集客するなら。

    Copyright © 2024 eclore Co., Ltd