コラム

コンテンツが拡散される仕組みとは?手法やアプリ別の特徴を解説

コンテンツへの流入が増えないとお悩みではありませんか?コンテンツを拡散させるためには、いくつか押さえておきたいポイントがあります。

そこで今回は、コンテンツを拡散させる手法や、シェアされやすいSNSを紹介します。

コンテンツマーケティングを成功させたいWeb担当者の方は、ぜひ参考にしてください。

    SEOにご興味がある方へ

    キーワード上位化までの期間を無料分析

    SEO専門業者として14年、4,200社を支援し続けて積み上げたノウハウをもとに、専門のコンサルタントが分析した効果予測シミュレーションを無料でお届けします!

    会社名

    必須

    名前

    必須

    電話番号

    必須

    メールアドレス

    必須

    ホームページのURL

    必須

    上位化したいキーワード
    ※最大3つ

    必須

    個人情報保護ポリシー

    <SEO対策について詳しく知りたい方はこちら>SEO対策とは?SEO対策のメリット・デメリットと対策方法を詳しく解説

    コンテンツが拡散される仕組み

    動画や記事などのコンテンツがWeb上に公開されると、SNSでシェアするユーザーが出てきます。このように、他者のコンテンツを共有するためにシェアすることや、他のユーザーに発信が広がっていくことを「拡散」と呼びます。

    FacebookのいいねやTwitterのリツイート機能などがその例です。コンテンツの拡散は、シェアすることでユーザーに何らかのメリットがある際に起こります。

    たとえば、有用な情報を知人に知らせたいときや、シェアすることでキャンペーンの利益が得られる場合など、その理由はさまざまです。

    つまり、ユーザーにとって利益が生じるようなコンテンツを発信すれば、拡散される可能性が高まります。

    コンテンツを拡散させたいときのポイント

    コンテンツを拡散させたいときのポイントは、下記3つです。

    • ユーザーがコンテンツを拡散する心理を理解する
    • 発信するSNSやメディアの特性を活かす
    • 宣伝に偏りすぎないようにする

    それぞれ詳しく解説します。

    ユーザーがコンテンツを拡散する心理を理解する

    拡散されるコンテンツを発信するために、ユーザー心理の理解が欠かせません。ユーザーが拡散をするのは、その行動に価値があるときです。

    たとえば下記のようなコンテンツは、ユーザーにとって価値が高く、シェアされやすいです。

    • エンタメとして面白い
    • 共感性が高い
    • メリットが得られる
    • 話題性やインパクトが高い

    コンテンツに対して抱いた感想を発信すれば、自分の意見や思想をフォロワーに伝えられます。有益な情報をシェアすることで、自分の価値を示すことにもつながるのです。

    また、キャンペーンに参加するために拡散する場合や、備忘録としてシェアするケースも。このようにコンテンツの拡散は、さまざまな動機から生じます。

    コンテンツを発信する際は、ユーザーの心理に働きかける内容になっているか確認することが肝心です。

    発信するSNSやメディアの特性を活かす

    コンテンツの拡散を狙う際は、発信するメディアの特徴を把握しましょう。たとえばInstagramで拡散された投稿が、Twitterでも話題になるとは限りません。SNSを利用しているユーザー層や、投稿の見え方が異なるためです。

    したがってコンテンツを発信する際は、ユーザー層や人気の投稿などを事前にリサーチすることが大切です。コンテンツが引き立つプラットフォームで発信すれば、拡散力の向上が見込めるでしょう。

    宣伝に偏りすぎないようにする

    明らかに宣伝と分かる投稿ばかりすると、ユーザーから敬遠されやすくなります。

    そのため、SNSやメディアを運用する際は、宣伝に偏りすぎないことが大切です。広告と分かると、クリックを避けるユーザーも一定数います。

    たとえばSNSでコンテンツ拡散を狙う場合、あまりにも宣伝のアピールが強すぎると、よい印象は持たれません。企業アカウントでは、PRだけでなく広報担当の日常を織り交ぜたり、商品やサービスと絡めた面白コンテンツを発信したりといった工夫が見られます。

    広告や宣伝に注目を集めるためにも、それ以外の発信に力を入れることが重要です。

    コンテンツを拡散させる手法

    コンテンツを拡散させるための手法には、主に下記4つが挙げられます。

    • SNSを活用する
    • キャンペーンを企画する
    • 広告を利用する
    • インフルエンサーを起用する

    それぞれ見ていきましょう。

    SNSを活用する

    SNSの活用は、コンテンツを拡散する際に主流となっている方法です。費用をかけずにコンテンツへの流入を増やせるため、TwitterやInstagramをはじめとしたSNSの活用が増えています。

    手軽に始められ、ユーザーとの関係性を築ける点がメリットです。

    キャンペーンを企画する

    商品やサービスに紐づいたキャンペーンを企画することで、コンテンツの拡散につなげられます。

    たとえばSNSやブログなどでシェアすることで、キャンペーンに応募できるといった企画を立てます。このようなキャンペーンには、UGC(ユーザー自身が生み出すコンテンツ)を増やせるメリットがあります。

    ユーザー目線でコンテンツの魅力が拡散されるため、注目が集まりやすくなるのです。

    また、キャンペーンへの参加はユーザー自身の行動を促すため、企業愛を高めるきっかけになる可能性もあるでしょう。

    広告を利用する

    コンテンツの拡散を促すために、Web広告を出稿するのも有効な手段です。Google広告やSNS広告を活用することで、コンテンツがユーザーの目に触れる機会を増やせます。

    またSNS広告には、自然とフィード投稿に溶け込ませるネイティブ広告があります。広告に嫌悪感を持つユーザーにもリーチしやすく、ストレスを軽減できる点がメリットです。

    コンテンツの定期更新と合わせて活用することで、効果を底上げできます。

    インフルエンサーを起用する

    SNSで活躍しているインフルエンサーに、自社の商品やサービスについて発信してもらう方法もあります。インフルエンサーは、影響力だけでなく自社と親和性の高い人物を選ぶことが重要です。

    なぜなら人選によっては、反対に自社のイメージを損なう可能性もあるためです。

    企業や商品の性質に適したインフルエンサーを選定すれば、ユーザーに良い印象を与えられるでしょう。またPRの実施内容により、自社や商品へのイメージが大きく変化する場合も想定されます。

    そのため、インフルエンサーは慎重に選んでください。

    SEO対策を行う

    オウンドメディアを運用している場合は、SEO対策に力を注ぐのも重要なポイントです。

    SEO対策とは、検索エンジンで特定のキーワードにおいて、コンテンツが上位に表示されるよう講じる施策のことです。コンテンツが上位表示されると、ユーザーの目に触れる機会が増えるため、シェアされる可能性も高まります。

    SEO対策には、コンテンツの最適化や内部リンクの充実、第三者の評価を高める外部対策などがあります。

    その中でも特に、ユーザーファーストなコンテンツ作りが重要視されています。SEO対策は、SNS運用や広告などの他の施策と合わせて実施すると効果的です。

    拡散されやすいSNSアプリ5選

    コンテンツの拡散を狙う際、どのSNSを運用すればいいかお悩みの方もいるのではないでしょうか。ここから、拡散されやすいSNSアプリ5選を紹介します。

    SNSの種類 特徴
    Twitter ・140文字程度の短文を発信するSNS
    ・リアルタイム性や拡散力に優れている
    TikTok ・ショート動画を発信できるSNS
    ・若年層から支持されている
    LINE ・チャットでコミュニケーションが取れる
    ・SNS公式アカウント運用が可能
    Facebook ・30代以降のユーザーに支持されている
    ・実名登録制のSNS
    ・広告の種類が豊富
    Instagram ・画像や動画の投稿がメインのSNS

    紹介する内容を参考に、最適なSNSを選んでください。

    Twitter

    TwitterはSNSの中でも特に拡散されやすいプラットフォームで、無料プランでは140文字以内の投稿を無制限で発信できます。リアルタイム性が高く、今起きている出来事を瞬時に捉えられる特徴があります。

    他の人が発信した内容を、自分のタイムラインにシェアできるリツイート機能を活用すれば、多くの人に発信が届けられます。

    TikTok

    TikTokは、ショート動画をメインとしたSNSです。レコメンド機能で、ユーザーに最適化された動画が自動的に表示される仕組みです。

    10代の若年層によく利用されており、動画が話題になると多くの人に拡散されます。

    LINE

    LINEはモバイルユーザーの80%以上が利用しているSNSです。メッセージ機能でコミュニケーションを取ったり、オープンスペースでチャットが楽しめたりします。

    公式アカウントを運用すれば、登録したユーザーに最新情報を伝えられます。ユーザーと直接コミュニケーションを取りながら、段階的に関係性を深められる点がメリットです。

    Facebook

    Facebookは、30代以降のビジネスユーザーに支持されているSNSです。グループ機能があり、クローズドな交流も楽しめます。

    TwitterやTikTokといった他のSNSに比べ、閉じられたコミュニティと表現されることも。オフィシャル感があり、広告の種類が豊富な点も特徴の一つです。

    Instagram

    Instagramは、写真や動画などのグラフィックを中心に発信できるSNSです。Facebookと同じメタ社が運営しており、広告の種類が豊富にあります。

    自社サイトやショッピングへの動線がスムーズに配置でき、集客力に優れています。インフルエンサーの起用やビジネスアカウントの活用で、企業のブランディング形成に役立てられるでしょう。

    TwitterやTikTokと比べて拡散力はやや劣りますが、他のSNSと組み合わせて使うことでシェアされやすくなります。

    コンテンツマーケティングで拡散を狙う際の注意点

    SNSは拡散力に優れていますが、一方で炎上のリスクもあります。炎上のきっかけは、SNS運用担当者が不適切な投稿をしたり、批判されやすいテーマの投稿を扱ったりなどが原因です。

    発信したコンテンツに対して、ネガティブなコメントや誹謗中傷などがつき、悪化すると批判が殺到します。SNSやメディアを運用する際は、こうしたリスクについて周知し、適切な発信を心がけましょう。

    まとめ:ユーザーに拡散される有益なコンテンツを作ろう

    コンテンツを拡散させるためには、ユーザーの心理を理解して、共感性や面白さなどの価値を提供することが重要です。また、複数のSNSを活用すれば露出の機会が増え、コンテンツへの流入を促せます。

    記事内容を参考に、ユーザーに価値をもたらすコンテンツを発信してください。

    弊社のSEOサービス「ランクエスト」では、お客様ごとに専任のコンサルタントがつき、戦略立案からコンテンツ制作、効果測定まで、すべて対応いたします。SEO対策にお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

    SEO対策とは

    関連したコンテンツ
    最新のコンテンツ
    丸投げできるSEO

    最近のコンテンツ

    徹底的に、
    SEOで
    集客するなら。

    Copyright © 2024 eclore Co., Ltd