コラム

競合サイトの分析方法とは?比較の手順やおすすめツールを紹介

競合サイトを分析すると、SEO対策や広告運用などの戦略を考える上で重要な情報が手に入ります。Webマーケティングにおいては必須の作業で、日々多くの企業が競合を分析し、さまざまな施策を展開しています。

しかし、いざ自社で取り組もうと思っても、必要な調査項目や具体的な進め方がわからずに困っている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、競合サイト分析の手順や、適切なベンチマークの見つけ方を解説していきます。SEO対策や広告運用に取り組もうと思っている方は、ぜひ参考にしてください。

    SEOにご興味がある方へ

    キーワード上位化までの期間を無料分析

    SEO専門業者として14年、4,200社を支援し続けて積み上げたノウハウをもとに、専門のコンサルタントが分析した効果予測シミュレーションを無料でお届けします!

    会社名

    必須

    名前

    必須

    電話番号

    必須

    メールアドレス

    必須

    ホームページのURL

    必須

    上位化したいキーワード
    ※最大3つ

    必須

    個人情報保護ポリシー


    競合サイト分析とは?

    競合サイト分析とは、競合他社のWebサイトを分析して、自社サイトのSEO対策や広告運用に活かす方法を見つけることです。

    現代では、Webマーケティングなしにビジネスを成功させるのは難しいです。そのため自社サイトのSEO対策や広告運用、SNSとの連携など、さまざまな施策を駆使して集客する必要があります。

    とくにSEO対策は性質上、費用をかければ必ず成果が表れるわけではありません。競合が対策しているキーワードを把握したり、ウィークポイントを探したりすることで、自社の対策に活かします。

    事業を立ち上げるタイミングや、Webサイトを改善する際に競合サイトを分析し、差別化できるポイントを洗い出しましょう。

    競合サイト分析はツールを使うのがおすすめ

    競合分析は、抽出するデータや作業の量が膨大になるため、すべて手動で行うのは現実的ではありません。

    しかし専用のツールを活用すれば、自動で必要な情報を抽出・分析してくれます。また、ツールが無ければ得られないデータも存在します。

    本格的な分析ツールは有料のものが多いですが、使いこなせれば大きなリターンが得られるため、必ず導入しましょう。

    競合サイト分析の目的

    競合サイト分析を行う目的は、主に下記2つです。

    • 目標設定のため
    • 戦略策定のため

    それぞれ詳しく解説していきます。

    目標設定のため

    競合のWebサイトを分析すれば、商品・サービスやターゲット層、打っている施策などを把握できます。

    複数社の分析結果を自社の状況と比較すれば、競合との優劣や差別化できるポイント、ターゲットが被る企業などが見えてきます。

    自社の業界内でのポジションが可視化され、狙うべき客層やベンチマークを明確にすることが可能です。商品やサービスのブラッシュアップがしやすくなり、ビジネス全体の方向性も定まります。

    戦略策定のため

    以下のような競合サイトが見つかれば、戦略を練りやすくなります。

    • 企業の規模が同程度
    • ターゲット層・ユーザー属性が同じ
    • 自社が打ちたい施策を行っている

    たとえばSEO対策に取り組みたい場合、競合サイトの対策キーワードや流入を集めているページを分析することで、自社の施策に活かせます。同時に競合のウィークポイントも洗い出せるため、より有利にマーケティングを進めることが可能です。

    自社に必要な作業や競合を上回る方法が可視化され、最短で成果が上がる施策を練りやすくなるでしょう。

    競合サイトの見つけ方とベンチマーク設定の注意点

    競合サイトというと、同業種・業界の企業のWebサイトを連想するはずです。

    しかし、異業種のWebサイトもベンチマークとなる可能性があります。運用の目的やマーケティング戦略が同じであれば、参考にできる部分が多いためです。

    したがって競合サイトを探す際は視野を広く持ち、さまざまなWebサイトを洗い出す必要があります。

    一方でピックアップした競合サイトが、すべてベンチマークになるわけではないことも覚えておきましょう。自社とサイト運用の目的や企業の規模感が異なれば、適した戦略も変わるためです。

    ベンチマークの設定を誤ると的外れな分析を行うことになります。以下では、ベンチマーク設定の2つの注意点を詳しく解説していきます。

    • 自社が打ちたい戦略を明確にする
    • 競合の規模感を確認する

    目的と自社が打ちたい戦略を明確にする

    ベンチマークを決める際は、最初にWebサイトを運用する目的とマーケティング戦略を明確にしておく必要があります。

    適切なベンチマークサイトとは、自社が施策を展開する上でお手本になるWebサイトのことです。したがってターゲットが似ていたり、同じ施策を打っていたりする企業を競合サイトを参考にしなければ意味がありません。

    反対に正しいベンチマークを設定し、運用方法を参考にすれば、効率的に成果を上げられるでしょう。また、ベンチマークは以下のように目的に合わせて複数選定することもあります。

    • CTAの設置方法
    • コンテンツの作り方
    • 対策キーワード
    • Webサイトのデザイン

    たとえばSEO対策を目的とする場合は、対策キーワードとコンテンツの作り方のベンチマークサイトが異なっても問題はありません。

    それぞれ分析の方法が異なるため、内容別の調査方法も事前に決めておくと効率的です。目的と戦略を明確にしておけば、適切なベンチマークサイトをスムーズに選べるでしょう。

    競合企業の規模感を確認する

    ベンチマークを設定する際に自社の規模感を見誤ると、施策が失敗する恐れがあります。

    業界が同じでも、企業の規模感によって適切な戦略は異なるためです。たとえば新規事業を発足する場合に、業界で権威のある大手企業と勝負しても勝ち目はありません。

    SEO対策にはWebサイトの運営期間や企業の信頼性などが関わることから、大手を上回るには膨大な時間を必要とするためです。

    広告の場合も同様で、資金力で大手に勝つのは難しいでしょう。大手は使えるリソースが潤沢で、膨大なタスクも効率的に実行できるため、同じ施策を打っても差は開く一方です。

    つまり競合として意識する相手は、「同じ規模感、もしくは施策次第で上回れそうな規模」の企業です。

    そのような企業が取っている戦略は、大手との競合が少なく、スモールスタートでも成果が見込める可能性があります。適切なベンチマークを選ぶために、自社の規模感や業界内での立ち位置を明確にしておきましょう。

    競合サイトの分析方法

    競合サイトの分析方法は、目的やWebサイトの運用状況によって異なります。ここでは「新規のWebサイト立ち上げに伴うSEO対策」における、競合サイト分析の下記の流れを、詳しく解説していきます。

    1. 競合サイト分析の目的を明確にする
    2. 競合サイトを洗い出す
    3. チェック項目を決めて競合サイトを調査する
    4. 自社の立ち位置を明確にする

    競合サイト分析の目的を明確にする

    SEO対策の参考になるサイトを漠然と探すより、以下のように具体的な項目を決めておくと、その後の作業がスムーズになります。

    • キーワード選定
    • コンテンツの作り方
    • Webサイトの構造

    目的が明確だと、適切なベンチマークを設定しやすくなります。

    競合サイト分析で見るべき指標

    SEO対策の競合サイト分析で見るべき指標を、下記にまとめました。

    指標 チェックの例
    ページの付け方 クリック率を上げる工夫が施されているか
    見出しの付け方 結論を書いているのか、疑問形で構成されているか
    コンテンツの書き方 本文のテイストや方向性はどんなものか、著者情報の掲載などの工夫はあるか
    対策キーワード 力を入れているキーワードや流入を多く集めているキーワードはどれか
    内部リンクの設定方法 本文中に自然に入っているか、関連記事などを使ってまとめて貼っているか
    被リンク獲得の戦略 どのようなWebサイトから多くの被リンクを集めているか、その要因はなにか
    CTAの導線設計 バナーは何種類あるのか、ポップアップなどは使われているか
    CTAの種類 お問合せフォームだけなのか、ホワイトペーパーや資料ダウンロードを使ったセカンダリCTAはあるのか
    Webサイトの階層構造 カテゴリーの分け方やメインメニューに記載されている項目はどんなものか
    Webサイト全体のデザイン テーマカラーやアクセントカラーは何色か、CTAのクリック率を高めるような工夫はあるか

    同様の施策を打っていても、Webサイトごとに特徴は異なります。あらかじめ項目を細かく決めておけば、Webサイトを俯瞰して分析でき、新たな発見も生まれます。

    またSEO対策の目的は上位表示ではなく、その後のコンバージョンです。対策キーワードやコンテンツの内容だけではなく、CTAのデザインや導線設計などの確認も忘れてはいけません。

    競合サイトを洗い出す

    目的が明確になったら、競合サイトを洗い出します。最初は競合になりえそうな企業のWebサイトを、先入観なくピックアップすることが大切です。

    その後、以下のようにビジネスとSEO対策両方の観点からベンチマークサイトの候補を絞ります。

    ビジネスの観点
    • 扱っている商品やサービス
    • ターゲット層
    • 企業の規模
    SEO対策の観点
    • コンバージョンの種類
    • Webサイトの規模
    • Webサイトの種類

    自社と共通点がある競合サイトをベンチマークサイトに設定します。この際、ビジネス上は競合であっても、SEO上の競合にはならない可能性があります。

    たとえば、コンテンツSEOでの集客を考えている場合、データベース型SEOに取り組んでいるWebサイトを参考にしても意味がありません。

    反対に異業種でもWebサイトの種類や施策が同じであれば、SEO施策の面で参考にできるWebサイトも多いです。目的に合わせて項目を1つ1つ精査しながら、本当に競合となるWebサイトだけに絞り込みましょう。

    チェック項目を決めて競合サイトを調査する

    分析する競合サイトが決まったら、事前に決めておいた指標に基づいて、データを抽出しましょう。

    SEO対策の場合、コンテンツごとの表示順位や月間の流入数まで確認すると、より戦略が立てやすくなります。また、トレンドや新たな競合の出現により検索順位は日々変化することから、競合分析は定期的に行う必要があります。

    そのため継続的に取り組めるように、初めて取り組む際にデータの抽出や確認方法を、仕組み化しておくことが大切です。SEOツールを使えば分析を自動化したり、より有益な情報を得たりできるので、積極的に活用しましょう。

    【無料あり】競合サイト分析ツールおすすめ9選

    競合サイト分析はツールを使うことで、より精度の高いデータを得られたり、作業を効率化したりできます。以下では、SEO対策の競合サイト分析におすすめの9つのツールを紹介していきます。

    • Ahrefs
    • Keywordmap
    • Dockpit
    • TACT SEO
    • パスカル
    • ミエルカSEO
    • Semrush
    • Similarweb
    • Majestic

    Ahrefs

    Ahrefs(エイチレフス)は、世界で60万人以上の利用者がいる被リンク調査に強みを持つ包括的なSEOツールです。

    独自のクローラー「AhrefsBot」によって収集された豊富な被リンク情報をもとに、競合サイトが獲得している被リンクの数や参照元を抽出できます。

    被リンク状況に応じたドメインそのもののSEOの強さを「ドメインレート」という数値で可視化できるため、競合との差が明確になります。

    被リンクの獲得は、検索順位決定の重要な指標の1つですが、Googleが正確な数値を公開していないため、ツールなしに確認することはできません。

    Ahrefsを使えば、URLを入力するだけで精度の高い計測をしてくれるため、対策が大幅に効率化します。

    また「Keywords Explorer」という機能で、キーワードの検索ボリュームや上位表示時に見込めるトラフィックなども確認可能です。

    「Site Explorer」という機能と組み合わせることで、競合サイトの流入状況も確認できるため、以下のような項目を洗い出せます。

    • 競合が力を入れているキーワード
    • 対策キーワードの優先順位
    • 改善が必要なコンテンツ

    有料ですが、被リンク調査だけであれば無料で使えるツールが提供しているため、試してみるとよいでしょう。

    関連記事:エイチレフス(Ahrefs)とは?できることや料金について解説 

    Keywordmap

    Keywordmap(キーワードマップ)は日本製のSEOツールで、競合サイトの分析と自社サイトの管理に特化しています。

    競合サイトの流入キーワードや上位表示ページ、アクセス数の多いコンテンツなどを分析可能です。

    リスティング広告に関する分析もできるため、競合の動向を詳細まで把握し、検索エンジンからのアクセスを最大化させられます。

    以下のツールと連携もできるため、競合サイトのデータと自社サイトの状況を組み合わせて、高度な分析を行えます。

    • Googleアナリティクス
    • Googleサーチコンソール

    またAIを用いたコンテンツ制作支援機能も搭載されており、検索意図や上位表示記事の分析に基づいて記事の構成案を自動生成可能です。

    加えてKeywordmapは、調査・分析作業を効率化することに重きをおいていることから、最初の設定のみ行えば多くの作業を自動化できます。

    難しい作業は全てツール側で行ってくれるため、サイト運用に慣れていない方はもちろん、経験者でも最低限の工数で成果が期待できます。

    7日間の無料トライアルも用意されているので、一度使ってみましょう。

    関連記事:競合分析を効率化できる包括的なSEOツール「Keywordmap」

    Dockpit

    Dockpit(ドックピット)は、競合サイト分析に特化した国産のリサーチエンジンサービスです。

    URLを入力するだけで、競合サイトのユーザー数、セッション数、ページビュー、平均滞在時間などの指標を確認できます。

    データは数字だけでなくグラフとしても表示されるので、直感的に分析結果を確認でき、社内で共有する際にも便利です。

    加えて、ベンチマークとして役立つサイト情報も提供されるため、サイト改修の参考になります。

    また、マーケットの動向をタイムリーに捉えられる点も魅力的で、業界全体で上昇傾向にあるキーワードやWebサイトの数・推移を把握できます。

    市場規模やトレンドをいち早く把握できるため、業界の動向を先読みしたプランニングを行えます。

    包括的視点から有用なデータを提示してくれるため、SEOたいさくはもちろん、Webマーケティング全体で有効活用できるツールです。

    無料版も用意されているので、気になる方は利用してみましょう。

    TACT SEO

    TACT SEO(タクトエスイーオー)は、4,100社以上に利用されているSEOツールです。

    自社サイトと競合の上位サイトを比較し、SEO上の問題を自動抽出してくれるため、分析作業を大幅に効率化できます。

    またページ単位で問題点を特定できる機能が搭載されており、Webサイト全体で精度の高い改善策を立案できます。

    自社・競合サイト共に流入キーワードや検索順位の計測が行えるため、自社のSEO上の立ち位置も明確にできるでしょう。

    加えて、上位表示ページの見出しやタイトル、本文の傾向を簡単に分析できるため、コンテンツ作成にも役立ちます。

    また。ChatGPTと連携した記事作成機能も搭載されている点も魅力的です。

    構成や本文作成をAIがアシストしてくれるため、コンテンツ作成に不慣れな方でも安心して利用できます。

    AI生成コンテンツには賛否両論ありますが、運営・開発元はコンテンツマーケティングに強みをもつ企業なので信頼性も高いです。

    無料のお試しプランも用意されており、申し込みから30秒で利用を開始できるため、一度使ってみてもよいでしょう。

    パスカル

    パスカルは2200社以上に利用されている、SEO施策の分析やコンテンツ作成のアシストに強みを持つツールです。

    調査したいWebサイトのURLを入力するだけで、スピーディーに調査結果を吐き出してくれるシンプルな操作性が魅力です。

    WebサイトのSEO状態をキーワード単位で詳細に分析でき、競合と自社の表示順位や流入状況を具体的な数字で把握できます。

    分析できるドメイン数に上限はないため、あらゆる競合のSEO施策を効率的に洗い出せます。

    またコンテンツの分析にも優れており、競合が上位表示しているページの以下のような情報をもとに、コンテンツ戦略に役立つレポートを作成可能です。

    • ページタイトル
    • 関連ページの数
    • 見出し構成
    • キーワード密度
    • 文字数

    キーワードの検索意図や検索ボリュームを一覧表示する機能も備えているため、SEOに強いコンテンツを効率的に作成できます。

    必要な改善策を直感的に理解できるので、SEOの経験が浅い人でも効果的な施策が打てるようになります。

    4日間の無料体験も用意されているため、一度試してみるとよいでしょう。

    ミエルカSEO

    ミエルカSEOはSEOに特化した分析ツールです。

    「競合流入キーワード調査」という機能を備えており、競合サイトのコンテンツ戦略や流入を集めているキーワードを簡単に分析できます。

    また抽出したデータをもとに、自社サイトに不足しているトピックやキーワードを見つけることも可能です。

    新規でメディアを立ち上げる際はもちろん、運用歴の長いWebサイトで対策キーワードが枯渇している場合にも役立ちます。

    目的別に以下のような機能も搭載しているため、競合サイト分析のデータと合わせて自社サイトを効率的に改善していけるでしょう。

    競合サイト分析
    • 競合流入キーワードの分析
    • 競合検索順位の分析
    • 競合タイトル/見出しの分析
    サジェストキーワード分析
    • 月刊検索数と順位の取得
    • 検索意図のグルーピング
    • ニーズとテーマの関連性マップ
    • トレンドキーワードの分析
    • コンバージョンキーワードの分析
    コンテンツ制作
    • 重複トピックの分析
    • コピペチェック
    • クエリタイプの分析
    • ページの品質判定
    効果検証・レポート・施策管理
    • アクセス解析
    • 検索順位計測の期間比較
    • ファインダビリティスコアの計測
    • アルゴリズムの変動分析
    • ヒートマップ分析
    • SEOレポートの自動作成
    広告分析
    • 広告クリエイティブの分析
    • 広告出稿キーワードの分析
    YouTube分析
    • YouTube内の検索ニーズ分析
    • 動画コンテンツの分析

    Semrush

    Semrush(セムラッシュ)は世界に1000万人以上のユーザーを持つ、信頼性の高い分析ツールです。

    名前のとおり、SEO対策、広告運用、SNS運用など、SEM全体の調査に優れており、Googleアナリティクス(GA4)と並んで人気の高いツールです。

    項目別に以下のような機能を有しており、自社サイトのみならず競合のマーケティング戦略や運用状況を簡単に把握できます。

    SEO
    • アクセス解析
    • キーワード調査
    • 検索順位のトラッキング
    • Webサイトの改善点を自動診断
    • 被リンク状況の調査
    広告
    • リスティング広告分析
    • ディスプレイ広告分析
    • 広告キャンペーン/広告グループの作成
    SNS
    • 競合のSNSアカウントのトラッキング
    • 投稿パターンやオーディエンスの推移の分析
    • エンゲージメントの可視化
    • SNS連携による投稿作成

    また、定期的に利用者に向けたウェビナーが開催されており、導入後はメールや電話による無償サポートも受けられるため、ツールの使用が初めての方も安心です。

    14日間の無料トライアルが利用できるため、興味がある方は一度試してみましょう。

    Similarweb

    Similarweb(シミラーウェブ)は、イスラエル発の包括的なWebマーケティング支援ツールです。

    競合分析に特化しており、市場調査から競合企業の分析、ベンチマークの設定にも役立つ機能が搭載されています。

    競合サイト分析においては、SEO対策はもちろん、PPCやアフィリエイトなどの広告戦略についても詳細に分析可能です。

    トラフィック分析を起点に、リーチを獲得している層のボリュームやエンゲージメントを測定し、流入の品質を洗い出します。

    また、マルチチャネルでマーケティングを展開している競合の戦略も簡単に洗い出せます。

    トラフィックを集めているチャネルを絞り込めるため、対抗策を練りやすくなるでしょう。

    SEO対策の分析にも優れ、検索地域やユーザーニーズ、キーワードの対策難易度に基づいて、対策すべきキーワードを選定できます。

    多機能なため多様なチャネルを駆使して、包括的なWebマーケティングを展開したい人におすすめのツールです。

    7日間の無料トライアルが用意されているため、使いこなせるか不安な人はそちらから利用してみましょう。

    Majestic

    Majestic(マジェスティック)は、外部対策の解析に強みを持つSEOツールです。

    URLを入力するだけで、被リンクの数や参照元ドメインなどを簡単に抽出できます。

    また、Majesticの強みは以下5つの独自機能にあります。

    Trust Flow ドメインとWebサイトに対する品質を表す数値。高品質なリンクが集まると数値が上がる。
    Citation Flow 被リンクの量を表す数値。参照元の品質は問わず、たくさん被リンクが集まれば数値が上がる。
    Visibility Flow Trust Flowの高いWebサイトから得た被リンクに対して、どのような形式でリンクが貼られているかを表す。
    Topical Trust Flow 同一カテゴリーのWebサイトと比較して、Webサイトの立ち位置を示した上で参照元ページと被リンク先のページのテーマの関連性を示す。
    Flow Metric Score 上記4つの指標を元に、Webサイトの品質を向上させるための分析を行うための機能。

    それぞれの指標が示した数値を元に改善を行っていけば、自然と検索順位の向上が見込めます。

    また、全ての数値は、2006年から自社のデータベースに蓄積している全世界のWebサイトのデータに基づくものなので、信頼性も高いです。

    WebサイトのURLを入力するだけで、簡単に競合サイトの被リンク状況を確認できます。

    無料版はありませんが、公式サイトのトップページにデモ版が用意されているため、試しに使ってみましょう。

    まとめ:競合サイト分析を行って効果的な施策立案を

    競合サイト分析は、SEO対策や広告運用など、あらゆるWebマーケティング施策において必須の作業です。

    競合企業や施策が似ているWebサイトを洗い出し、自社の立ち位置や競合を上回れるポイントを見つけることで、施策を有利に進められます。

    一方でベンチマーク設定を誤ると、思うような成果が得られないため、分析の準備は念入りに行う必要があります。また競合サイト分析は作業量が多く、ツールなしで行うには膨大なリソースを必要とします。

    この記事を参考に自社に合う競合サイト分析ツールを見つけ、効率的に事業を発展させていきましょう。

    関連したコンテンツ
    最新のコンテンツ
    丸投げできるSEO

    最近のコンテンツ

    徹底的に、
    SEOで
    集客するなら。

    Copyright © 2024 eclore Co., Ltd