コラム

[SEO メタキーワード]についてSEO専門業者に詳しく聞いてみた

SEOにおいて、メタキーワードという言葉を聞いたことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
本記事では、皆さんの代わりに「ペルさん」が、SEOのプロであるSEOコンサルタントに、徹底的に、どこよりも詳しくて具体的な話をインタビューします。

SEO業界で14年間、4,200社のコンサルティングを行い、ノウハウを蓄積してきたランクエストの、SEOコンサルタント河原さんがどのような回答をするのか、ぜひご覧ください。

「SEO メタキーワード」について詳しくペルさんが聞く本企画のご説明

検索面の上位に表示される数多くの記事は、どれもSEO記事としては秀逸なものの、真に「検索しているあなた」に向き合った記事が少ないということも事実だと私たちは思っています。

そこで、「SEO メタキーワード」と調べているあなたが本当に知りたいことはなんだろう?ということを突き詰めて考え、本当にためになる記事を作ろうとこの企画は生まれました。

実際に検索しているあなた=ペルさん(ペルソナさん)になりきり、プロのSEOコンサルタントにインタビューする形式で進行することで、あなたの悩みを解決します。

今回の「SEO メタキーワード」を調べているペルさんのご紹介

想定される検索しているあなた=ペルさん(ペルソナさん)が検索した経緯

  • 会社のWebマーケティング担当者
  • 会社のWebサイトを多くの人に見てもらいたいが、どのようにしたらよいのか悩んでいる
  • SEOという言葉は聞いたことがあり、検索した際に上位化されるために大切ということを知っている
  • SEOの対策方法を検索していたら、メタキーワードという言葉に行き着いた
  • メタキーワードとは何なのかということと、SEOとの関係性を知りたい

今回のインタビュー対応者:SEOコンサルタント河原

SEOプラン課 メンバー 河原匡志
2021年入社、大学卒業後に新卒でSEOコンサルタントとして入社。
2021年にローンチしたSEOサービス「ランクエスト」でコンサルタントとして従事。現在、リーダーを目指して日々精進中。
担当しているクライアントサイトのセッション数を半年間で3万ほど伸ばした経験あり。

メタキーワードとはいったい何なのか?

本日はよろしくお願いします!

河原:
こちらこそ、よろしくお願いします。

早速ですが「メタキーワード」とはいったいどういう物なんですか?

河原:
簡単に説明すると、Webサイトのページの情報を検索エンジンに伝える、メタ要素というものの1つです。
メタ要素とは、そのページがどんなキーワードで対策しているのか、ということを検索エンジンに伝える役割を持っているものです。

検索エンジンにページの情報を伝えるって、とても重要そうな役割ですね!
実際の使い方についてもこれから解説していただきたいと思います、改めてよろしくお願いします!

メタキーワードはどのように使われているのか?

メタキーワードはどのように使われているんですか?

河原:
実は、メタキーワードは現在ほとんど使われていないんです。

えっ、そうなんですか!?

河原:
以前はよく使われていたんですが、現在はほとんど役割がないので使われていないんです。

昔は使われていたんですね、ぜひ詳しく教えてください!

メタキーワードが使われていた理由

河原:
昔の検索エンジンは今ほど精度が高くなかったので、Webサイトのページにどんなキーワードが含まれているのかを理解させるためにメタキーワードが使われていました。

メタキーワードがないと、Webサイトのページにどんな内容が書いてあるのか判別ができなかったということですか?

河原:
おっしゃるとおりです。
ユーザーが検索した際に、どんなキーワードでヒットさせたいのか、どのページを表示するべきかどうかの判断ができるほど、昔の検索エンジンは精度が高くなかったんです。

検索エンジンの精度が低かったから、メタキーワードは必要だったんですね。

メタキーワードとSEOの関係性

ということは、現在のSEOではメタキーワードは使われていないんでしょうか?

河原:
そうです。
結論から言うと、現在メタキーワードはほとんど使われていないんです。
検索エンジン側から正式にアナウンスがあったんですが、今はSEOの評価基準から完全にメタキーワードというメタ要素自体が除外されている状態なんですね。

ですので、メタキーワードとSEOの関係性は、もうほぼ無いため、サイトを上位化させるにあたって、メタキーワードは重要ではないんです。

なるほど、メタキーワードは今のSEOでは重要ではないんですね。

河原:
メタキーワードを使うこと自体はできるんですが、使っても意味がないよ、という状態ですね。

メタキーワードが現在使われていないのは何故?

では、なぜメタキーワードが使われなくなったのか、教えていただけますか?

河原:
はい、理由について詳しく説明しますね。

何故メタキーワードは使われなくなったのか?

河原:
メタキーワードが使われなくなったことには背景がありまして。
昔の検索エンジンは精度が低かったという話は先ほどもしたのですが、この検索エンジンの認識精度の低さを悪用する例が増えてきてしまったんです。

悪用ですか!?

河原:
ええ。
ページの内容に全く関係ないメタキーワードを大量に盛り込むという、いわゆるブラックハットSEOと呼ばれるものが流行ってしまったんです。

ページの内容に関係ないメタキーワードということは、ユーザーが知りたい情報で検索をしても関係のないWebサイトが検索面に上がってきてしまう、ということですか?

河原:
おっしゃるとおりです。
このような悪質なSEO手法が流行ってしまったことをGoogleの検索エンジンも問題視して、結果としてメタキーワードをSEOの評価基準から外そうという流れになったんです。
そしてGoogleの検索エンジンのアップデートを繰り返しているうちに、メタキーワード自体がSEOの評価基準から外された、という感じです。

メタキーワードの現在の役割

では、先ほどもおっしゃっていたように、検索エンジンの精度が上がったことによって、メタキーワードの役割っていうのは現在はほとんどないんですよね?

河原:
そうですね。
メタキーワードを盛り込むことは可能ではあるんですが、盛り込んでもSEOの観点からは特に意味がないよ、っていう感じです。

なるほど。ありがとうございます。

メタキーワードを設定するメリット・デメリット

では次に、メタキーワードを設定するメリットやデメリットをお聞きしたいのですが、メタキーワードを設定すると、どのようなメリットやデメリットがあるんでしょうか?

メタキーワードを設定するメリット

河原:
そうですね、メリットというと、昔はメタキーワード設定してあげることで、検索エンジンの理解の補助をしてあげられた、といったところでしょうか。

現在は、SEOの観点からは特にメリットはないですね。
強いて挙げるとすれば、サイト管理者の目線で見たときに、「このページはこのキーワードを想定しているものです」とわかりやすくなる程度で、SEOにおいて影響はないですね。

メタキーワードを設定するデメリット

現在はメタキーワードを設定してもメリットは特にないんですね。

河原:
そうですね。
メリットもないんですけど、実はデメリットもないんです。
そもそも検索エンジン側がメタキーワードを判断基準にしていないので、あってもなくても特にメリットやデメリットがない、というのが現状です。

なるほど。
先ほどおっしゃっていたように、メタキーワードは現在では意味がないんですね。

現在のSEOで大事なキーワード選定とは

ここからは、現在のSEO対策に大事なキーワードの選定について、詳しくお話を伺いたいと思います。

現在のランクエストではどのようにキーワードを選定しているのか?

では、現在はどのようにキーワードを設定しているんでしょうか?

河原:
キーワード選定という点では、対象サイトがターゲットとしているユーザーの行動を分析して、そのユーザーが今どのフェーズにいるのかをまず調べます。

フェーズ、というと、ターゲットとしているユーザーが今どんな位置にいるのか、ということでしょうか?

河原:
そうです。
たとえば、サイトで売り出したい商品があるとします。
その場合に、商品の購入はまだ検討していないけれど今後のアプローチ次第では購入を検討してくれそうな、いわゆる潜在的ユーザーなのかどうかを調べます。

ほかにも、商品の購入をすでに考え始めている純顕在的なユーザーなのかとか、決定打があれば商品の購入をしてくれる顕在的ユーザーなのか、とかですね。
このように、ユーザーがその商品に対してどのフェーズにいるのかを分析します。

そのうえで、それぞれのフェーズのユーザーが求めている情報や複合的な要素を加味してキーワード選定していく、という流れになります。

キーワードの選定には、まずどのフェーズのどんなユーザーが、何を求めているのかを細かく分析することが必要なんですね。

河原:
そうですね。
その基本的な分析のうえで、サイトが提供できる情報をきちんと考えなければいけないという感じです。

たとえば、りんごのECサイトがあったとします。
そのサイトでりんごの栽培方法について詳しく記事を作ったとしても、りんごを買いたいと思っている顕在的なユーザーは、栽培方法を知りたいわけではないですよね。
つまり、ユーザーが必要としている情報と、サイトが提供している情報が一致していないということが起きてしまうんです。

なるほど。
ユーザーが求めている情報と、サイトが提供している情報にずれが生じてしまうんですね。
それを防ぐための対策として、ユーザーの動向とサイトが提供できる情報を詳しく分析してから、キーワードを選定しているという流れでしょうか?

河原:
おっしゃるとおりです。

記事を書く際に気をつけていること

では、実際に記事を書く際に気をつけることなどはありますか?

河原:
対象の記事を見た際に、まず検索ユーザーが持っている潜在的なユーザーニーズまでしっかりと叶えることが出来ているかどうかということには特に気をつけています。

潜在的なユーザーニーズとは、どういうことでしょうか?

河原:
そうですね、たとえば「Instagram 広告 メリット」というキーワードを例にします。
すると、Instagram広告のメリットといった基本情報以外にも、「出稿手順などの情報を知りたい」というユーザーニーズも内包されているんですね。
実際検索をかけてみると、上位化されている多くの記事で出稿手順などについても触れています。

このように、単にキーワードに合致する情報だけでなく「このキーワードで検索する人は多分こんな情報も知りたいと思うだろうな」という予測を立てることが重要です。

あくまでユーザー目線で、関連情報も用意してあげることが大事なんですね。

河原:
そうなんです。
ただ、このユーザー目線に立ち返って、本当にユーザーが知りたいことは何か、というテーマに真摯に向き合うのが一番難しかったりもします…

そこがSEOの難しいポイントなんですね…!

河原:
あともう1点気をつけていることとして、他の記事にはない1次情報を盛り込むことができているかどうか、ということを気にしています。

ほかの記事との差別化ということでしょうか?

河原:
そうです。
ユーザーにとって、そのページだからこそ得られる情報、いわゆるオリジナル情報を盛り込んであげることで、ユーザーにとっての付加価値を提供することが出来ます。
その結果として検索結果の上位化に繋がると思うので、ここも特に注意しています。

なるほど、ただ必要な情報を盛り込むだけでなく、ユーザーにとって価値のある情報をオリジナルで盛り込むことが、検索結果の上位化には必要なんですね!

現在も使われているメタタグの役割とは?

メタキーワードは現在使われていない、ということがわかりました。
ですが、メタキーワードのほかにも、メタタグというものにはメタディスクリプションとメタタイトルというものがあると聞きました。
これらは、どんな役割を持つメタタグなんでしょうか?

メタディスクリプションとは

河原:
メタディスクリプションとは、簡単に言うとその記事の要約文のことです。
検索結果の画面で、記事タイトルの下に説明文のようなものを見たことはありませんか?

見たことがあります!3行ほどの簡単なページ紹介のような文ですよね?

河原:
そうです。

ですが、このメタディスクリプションというものは、SEOの評価要素としての重要性はそこまで高くないと思います。
メタキーワードが検索エンジン向けの要素であるのに対して、メタディスクリプションは検索ユーザーも見る要素なので、クリック率などに影響を及ぼすと考えています。
そのため、集客という面では重要な要素なんです。

同じメタタグでも、SEOに影響があるものと、そうでないものがあるんですね。

メタタイトルとは

では、メタタイトルというのは、そのサイトのタイトルのことでしょうか?

河原:
おっしゃるとおりです。
メタタイトルは、メタキーワードやメタディスクリプションと違って、現在もSEOの観点で重要視されるメタタグです。

メタタイトルは現在のSEOでも重要視されているんですね!

河原:
はい、メタタイトルは、検索エンジンと検索ユーザーともにページの内容を把握するために参考にする要素です。
そのため、SEOにおける対策の重要性は今でもかなり高いと思います。
特に、対策しているキーワードを分かりやすく、かつ適切な形で盛り込むなどの対策は日頃から行っています。

なるほど、勉強になりました!

「SEO メタキーワード」について最後にコンサルタントからのメッセージ

今回はSEOとメタキーワードの関係性について詳しく知ることができました!
教えていただき、ありがとうございました!

河原:
それはよかったです!
簡単にまとめると、メタキーワードは現在、検索エンジンの評価基準から除外されているので、SEOの観点からは役割やメリット、デメリットなどが特にないということです。
そのかわりに、検索したユーザーの立場に立ってユーザーの求めている情報は何なのか、ということを考えて、記事のキーワードを選定することが重要なんです。

では最後に、「ランクエスト」でアピールしたいポイントなどはありますか?

河原:
そうですね、弊社「ランクエスト」では、お客様の立場に立って、お客様に寄り添ってサービスを提供することを大切にしています。

弊社では、どうすれば検索結果で上位に上がれるか、という課題の抽出から行っています。そして、その課題を修正して反映してから、効果測定まで行うPDCAサイクルを、お客様には工数をかけさせずに行っている点が「ランクエスト」の大きな強みです。

なるほど、SEOを徹底的に探究しているのですね!
本日はありがとうございました!
頑張ってサイトを見てもらえるよう、頑張ります!

関連したコンテンツ

最新のコンテンツ

TOP

SEO無料相談

受付時間 平日9:00~18:30

0120-790-671