コラム

[SEO h1]についてSEO専門業者に詳しく聞いてみた

記事コンテンツ制作の担当になり「h1タグはSEO対策に効果があるの?」「SEO対策に効果的なh1タグの使い方を知りたい」と思い、調べている方も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、みなさんの代わりに「ペルさん」が、SEOのプロであるSEOコンサルタントに、どこよりも詳しく「SEO h1」について徹底的にインタビューします。

SEO業界で14年間、4,200社のコンサルティングを行いノウハウを蓄積してきたランクエストの、SEOコンサルタント鈴木さんがどのような回答をするのか、ぜひご覧ください。

「SEO h1」について詳しくペルさんが聞く本企画の説明

検索面の上位に表示される数多くの記事は、どれもSEO記事としては秀逸なものの、真に「検索しているあなた」に向き合った記事が少ないということも事実だと考えています。

そこで、「SEO h1」と調べているあなたが本当に知りたいことはなんだろう?を突き詰めて考え、
本当にためになる記事を作ろうとこの企画は生まれました。
実際に検索しているあなた=ペルさん(ペルソナさん)になりきり、プロのSEOコンサルタントにインタビューする形式で進行することで、あなたの悩みを解決します。

今回の「SEO h1」を調べているペルさんのご紹介

想定される検索しているあなた=ペルさん(ペルソナさん)が検索した経緯

  • HPに載せる記事コンテンツ制作を任された
  • SEO対策をして記事コンテンツを検索結果で上位表示させたい
  • 情報収集するなかで、h1タグがSEO対策に効果があるらしいと聞いた
  • SEO対策に効果的なh1タグの使い方を具体的に知りたい

インタビュー協力者

SEOコンサルティング部 メンバー 鈴木 廉太朗
新卒で人材派遣会社に3年勤務。キャリアアップを目指してランクエストに転職。
過去にはWebライターとしても活躍しており、SEOに関する知識が豊富。
将来的に一流のコンサルタントになることを目指して奮闘中!

実際に「SEO h1」について詳しく聞いてみた


本日はよろしくお願いします!

会社で記事コンテンツ制作の担当になったのですが、SEO対策をして検索結果で上位表示させなければならず……。
調べていくなかで、h1タグがSEO対策に効果があるらしいということを聞いたので、h1タグのSEO対策への効果や効果的なh1タグの使い方を知りたいです。

鈴木:
承知しました!
こちらこそよろしくお願いします。

h1タグとは?

ペルさん:
そもそも、h1タグとはどんなものなのか、というところからまずは教えてください。

鈴木:
h1タグとはなんですかというところなのですが、そもそも”hタグ”の説明から少しできればと思っています。
hタグは、Webサイトを構成するhtmlファイルに記述する役割を持った「見出し」を意味するタグのことです。

hタグは、h1からh6までの6種類があり、数字が小さい順に大きな見出しになります。
大きい見出しであるほど重要度が高いということになるので、Googleのクローラーからも認識されやすいといわれています。

特に、h1タグはhタグのなかでも、もっとも大きいタグにあたるので、ページ全体のテーマやタイトルを意味することが多いですね。

ペルさん:
なるほど、そもそもhタグはh1からh6までの6種類があって、そのなかでもh1タグが重要なんですね。

鈴木:
おっしゃるとおりです。

titleタグとh1タグの違い

ペルさん:
titleタグというものもあるらしいのですが、titleタグとh1タグは違うものですか?
それとも同じものですか?

鈴木:
titleタグとh1タグは別物ですね。
違いとしては、記載する場所と対象としているユーザーが挙げられます。

titleタグとh1タグも先ほどお話した、Webサイトを構成するhtmlファイルに記述するタグです。
htmlファイルのなかでも場所が分かれていて、titleタグはいわゆる先頭の部分にあたるheadに記載して、h1タグは中身の部分にあたるbodyに記載します。

そして、対象としているユーザーが違う理由は、titleタグとh1タグが表示される場所が異なるからです。
titleタグが検索結果の画面に表示される一方で、h1タグはWebページ内のみに表示されます。

そのため、titleタグはWebページを閲覧する前のユーザーを対象にしていて、h1タグはWebページを閲覧してページ内にいるユーザーを対象にしています。

ただ、役割としてはどちらも、そのWebページがなにを伝えたいのかというテーマを簡潔に伝えることなので、ほとんど同じですね。

ペルさん:
titleタグとh1タグの役割はほとんど同じだけど、Webページを閲覧する前のユーザーが対象なのか、ページ内にいるユーザーを対象としているのかという点で異なるのですね!

鈴木:
そのとおりです!

記事タイトルとh1タグは違う内容にする必要がある?

ペルさん:
あとは、記事コンテンツを執筆していると、記事タイトルを書いていたのですが……。
記事タイトルとh1タグは違う内容にしなければいけませんか?

鈴木:
記事タイトルとh1タグは違う内容にしなければいけないという決まりはないです。
逆に、記事タイトルとh1タグに同じ内容を記載しても特に問題はないです。

先ほどお話したように、Webページがなにを伝えたいのかというテーマを、ユーザーやGoogleのクローラーに簡潔に伝えるという役割は同じです。
こういった理由から、ランクエストでは記事タイトルとh1タグを同じ内容で記載することが多いですね。

ペルさん:
記事タイトルとh1タグには、違う内容でも同じ内容を記載しても問題ないということですね、なるほど。

鈴木:
補足をすると、titleタグは設定していてもGoogleのほうで勝手に変更してしまうことがあります。


え?そんなことがあるんですか!?!?

鈴木:
そうなんです。
変更される明確なルールは明らかにされていないのですが、ユーザーの属性やユーザーにとって、もっとわかりやすい内容にするためなのではないかといわれています。

ペルさん:
初めて知りました……!ありがとうございます。

Webページ内でのh1タグの確認方法

ペルさん:
ちなみに、Webページ内でどの文章がh1タグか確認する方法ってありますか?

鈴木:
ありますよ。
Webページを閲覧している状態で、まずはctrlとuのショートカットキーを押してください。
そうすると、Webページの一覧情報、が出てくるのでctrlとfのショートカットキーを押して、h1とキーワード検索するとh1タグをすぐに確認できます。

ペルさん:
ショートカットキーなら、簡単にできて便利ですね!

鈴木:
あとは、SEO META in 1 CLICKというGoogleの無料の拡張機能でもh1タグを確認できます。
視覚的にわかりやすく確認できるので、WebライターなどのSEOに携わる方は使っている方が多いイメージがありますね。

h1タグのSEO対策への効果とは?


h1タグがどんなものであるのかはわかりました。

今度は、h1タグがSEO対策に効果があるといわれる理由を知りたいです。

鈴木:
前提として、SEO対策とは、Googleの検索結果で上位に表示させるために行う対策のことです。

Googleは、ユーザーにとって優れた記事コンテンツであるかどうかを判断して、コンテンツの順位を上げたり下げたりしています。
特に、h1タグはGoogleのクローラーに対してWebページのテーマを認識させやすくなるので、SEO対策に効果があるといわれています。

ペルさん:
h1タグを適切に設定することで、Googleのクローラーが記事コンテンツの内容を認識しやすくなるから、SEO対策に効果があるのですね!

h1タグがUXの向上に効果がある理由

ペルさん:
あと、SEO対策と調べていると、UXの向上による間接的なSEO効果があるという内容を発見したのですが……。
そもそもUXってなんですか?

鈴木:
UXとは、ユーザーエクスペリエンス(User eXperience)のことで、直訳するとユーザー体験のことを指します。
ユーザー体験がなにかというと、Webページを閲覧していくなかで、ページの切り替えのはやさや、わかりやすい配置、欲しい情報の有無など、ユーザーが体験することです。

ペルさん:
なるほど。

鈴木:
ユーザーがWebサイトを閲覧する最初の目的は、欲しい情報があるかどうかというところになると思います。
そして、Webページ全体のテーマを伝えるものがh1タグなので、UXの入り口の部分となります。
h1タグに適切な内容を記載すると、ユーザーがページ全体のテーマの理解ができて、UXの向上に効果があるので、SEO対策に間接的な効果があると考えられています。

ペルさん:
まとめると、UXはユーザー体験のことで、h1タグでしっかりとページ全体のテーマを伝えられれば、ユーザーの満足度につながってSEO対策にも効果が期待できるのですね!

h1タグの基本的な使い方


つぎは、h1タグの基本的な使い方を知りたいです!

鈴木:
わかりました。お答えしますね!

hタグを使う順番に決まりはある?

ペルさん:
先ほど、hタグは、h1からh6までの6種類があると教えていただきましたが、使う順番に決まりってありますか?
たとえば、h3、h2、h1の順番で使ってはダメですか?

鈴木:
基本的には、hタグは数字が小さい順に使います。
あとは、hタグの数字を飛ばして使ってはいけないので、h1タグから順番にh2、h3……と使っていくイメージですね。

そして、それぞれのhタグの内容は同じ階層に記載する必要があります。
たとえば、h2でSEO対策をする3つのメリットを記載する場合、h3にそれぞれメリットを書きます。
急に、1つのメリットだけh3ではなくh4にするというふうに、hタグの順番は飛ばしてはいけないということです。

ペルさん:
なるほど……!
hタグはh1タグから使用して、かつ記載する内容も同じ階層で並列にする必要があるんですね。

h1タグには対策キーワードを必ず含める?

ペルさん:
続いてなんですが……。h1タグには対策キーワードは必ず含めないといけないですかね?

鈴木:
そうですね、h1タグに対策キーワードを必ず含めないといけないというルールはないです。
ただ、h1タグに対策キーワードを含めたほうがよいよねというところがあります。

理由としては、h1タグの役割がWebページ全体のテーマを伝えることだからです。
h1タグに対策キーワードを含めることで、Googleのクローラーにもユーザーにも、ページ全体の内容を訴求できるので、含めたほうがよいです。

ペルさん:
たしかにそうですね。
むしろ、h1タグに対策キーワードを含めないと、内容が伝わりにくくなってしまう可能性があるので、もったいないですね……!

h1タグに文字数の制限はある?

ペルさん:
h1タグに対策キーワードや伝えたい内容を含めると、文字数が多くなることもあると思うのですが、h1タグに文字数の制限はありますか?

鈴木:
h1タグの文字数の制限はあまり聞いたことがないですね。
ただ、長くなりすぎると、どのキーワードが重要なのかわかりにくくなってしまうので、なるべく簡潔にしたほうがよいと思います。

ペルさん:
簡潔というと、何文字くらいといった目安はありますか?

鈴木:
そうですね……。何文字程度という決まりはないのですが、h1タグをtitleタグと連携させる場合は、28文字といわれていますね。
理由としては、先ほどお話したようにtitleタグは検索結果の画面に表示されて、Googleの検索結果では28文字まで表示されるからです。

Webページを閲覧しようとしているユーザーにとっては、検索している最中にテーマの概要を理解しやすくなります。
なので、h1タグは28文字以内を意識するとよいかもしれません。

ペルさん:
対策キーワードを含めつつ、28文字以内で記載することを意識してみます!

h1タグのSEO対策に効果的な使い方


h1タグの基本的な使い方はわかりました。

今度は、h1タグのSEO対策に効果的な使い方を教えてください!

鈴木:
本日の本題ですね。もちろんお答えします!

h1タグのなかで対策キーワードの位置に決まりはある?

ペルさん:
先ほどh1タグには対策キーワードを含めたほうがよいと教えていただいたのですが、対策キーワードの位置に決まりはありますか?
たとえば、真ん中や後ろのほうにしても問題ないですか?

鈴木:
そうですね、対策キーワードの位置はどこでも問題はないのですが……。
対策キーワードはなるべく左詰めにすることをおすすめします。
そのほうがGoogleのクローラーから、Webページ全体のテーマを認識してもらいやすいです。

とはいっても、文章が日本語として違和感が出てしまうと元も子もないので、日本語に違和感がない前提で、対策キーワードをなるべく左側にするほうがよいですね。

h1タグは何回まで使ってよい?

ペルさん:
なるほど。ちなみに、h1タグは何回まで使ってよいというルールがあったりしますか?

鈴木:
諸説あるのですが、現在Googleから出されている見解としては、h1タグの使用回数に明確なルールはありません。
なので、h1タグを何回も使ったとしても、SEO対策に悪影響を与えないとされています。
あくまで、ガイドライン上の話にはなるのですが……。

ただ、仮にh1タグが複数あると、結局どれがWebページ全体のテーマなのかわかりにくくなって、Googleのクローラーとユーザーの両方の混乱につながりかねません。

h1タグの役割がWebページ全体のテーマを伝えることなので、h1タグは1つのWebページ内で1回の使用が好ましいですね。
なので、ランクエストではh1タグの使用は1回というルールにしています。

ペルさん:
明確なルールはないけれど、h1タグの役割を考慮すると、Webページ内で1回の使用がよさそうですね!

h1タグに画像を使用してもよい?

ペルさん:
あとは、h1タグに画像を使っても大丈夫ですか?

鈴木:
h1タグに画像を使うことは可能です。
ただ、h1タグに画像を使う場合は、いくつか注意する必要があります。

まず前提として、Googleのクローラーは、画像よりもテキストを読み取る力のほうが強いです。
なので、本来であれば、Webページ全体のテーマを伝えるh1タグは、テキストにするほうがよいです。
そのうえで、h1タグに画像を使っても問題はないです。

ペルさん:
なるほど……。それでもh1タグに画像を使いたい場合はどうしたらよいでしょうか?

鈴木:
まずは、h1タグに画像を使う場合は、altタグを設定してください。
altタグとは、画像の補足説明をするためのタグです。
Googleのクローラーが画像を読み取るときに、altタグの内容もしっかりと見ているので、対策キーワードをaltタグに設定する必要があります。

それから、h1タグに画像を使う場合は、同じものの使い回しはしないでください。
たとえば、まったく別の記事コンテンツなのに、画像もタイトルもaltタグに設定した対策キーワードも同じものがあったら混乱しますよね?

ペルさん:
ユーザーとしてはもちろん、Googleのクローラーも本当に伝えたいテーマがわかりにくくて混乱しそうです(汗)

鈴木:
そうなんです。
なので、Webページごとに別の画像を使うようにしましょう。

あとは、画像になったとしても、あくまでh1タグはWebページ全体のテーマを伝えることが役割なので、テーマに沿った画像を使うようにすることが大切です。

ペルさん:
h1タグに画像を使うとなると、ちょっと大変そうですね……。
ただ、使う場合は、altタグに対策キーワードを設定して、画像の使い回しはせずに、テーマに沿った画像を使うことを意識しないといけないんですね!

h1タグを途中で変更してもよい?

ペルさん:
h1タグのSEO対策に効果的な使い方としては、最後の質問なのですが、h1タグを変えたいと思った場合、途中で変更しても問題ないですか?
たとえば、対策キーワードがh1タグの後ろのほうにあったので、もう少し左側に移動させた文章に変えたいというようなことがあると思うんです。

鈴木:
h1タグを途中で変更することは、特に問題ないです。

ただ、あまりにも短期間に変更してしまうのはよくないですね。
Googleが変更されたh1タグを認識するまでに若干のラグがあるので、h1タグを変更したことによる検索結果の順位の変化の効果測定をすることをおすすめします。

h1タグの重要なポイントのまとめ


h1タグの使い方を、基礎からSEO対策に効果的な方法まで、かなり詳しく知ることができました。

方法をたくさん教えていただいたのですが……。
特に重要なh1タグの使い方のポイントをまとめとして聞きたいです!

鈴木:
h1タグの重要なポイントのまとめとしては、3つありますね。

まずは、h1タグに対策キーワードを含めるということです。
h1タグの役割がWebページ全体のテーマを伝えることなので、訴求しないともったいないです。

つぎは、Googleのクローラーから認識してもらいやすくするために、対策キーワードはなるべく左詰めにすることも重要ですね。

最後に、対策キーワードで実際にGoogleで検索して、上位表示されている記事のh1タグを確認することもおすすめです。
そうすることで、ユーザーに刺さりやすいフレーズや、適切な言い回しなどを参考にできます。

ペルさん:
たしかに、対策キーワードで検索して上位表示されている記事であれば、SEO対策も効果が出ているということになりますね。
自分の頭のなかだけで考えるだけよりも、まずは上位表示されている記事をいくつか閲覧して、参考にするとよさそうと思いました!

SEOサービス「ランクエスト」が行ったh1タグの見直しの成功事例


ここまでお話を聞いて、h1タグの役割や使い方がわかったので、自分でもできることがたくさんある気がしています。

一方で、SEO対策としてはなかなか効果が出ないこともあると思うので、自分だけでできるのかなという不安もあります……。

鈴木さんは、ランクエストでSEOコンサルタントをされているんですよね?
ランクエストがどのようなサービスなのか、教えてほしいです。

鈴木:
ランクエストでは、SEOの施策や戦略の立案から実行まで、すべてをお任せいただけます。
簡単にいうと、ノウハウのあるコンサルタントがいて、社内に専門のライターもいるので、丸投げしていただいて大丈夫です。

ペルさん:
なんと!プロの方々に、施策の立案から実行まで依頼できて、記事コンテンツも制作いただけるとは、かなり心強いですね……!

鈴木:
SEOコンサルタントがクライアントや競合の調査と、効果測定やレポートの提出も行うので安心して依頼いただけます。

ペルさん:
なるほど。
ちなみに、h1タグを見直したことでSEO対策の効果があった事例ってあったりしますか?

鈴木:
SEO対策はさまざまな要素が要因となってくるので、h1タグの見直しだけが要因とは明確にいえないのですが、最近よい事例がありました。

あるクライアントで、記事コンテンツが2つあったんですね。
Aの記事のh1タグは「○○とは?」という、○○の概要を説明する記事で、Bの記事のh1タグは「○○のメリットとは?」という、○○のメリットを主に説明する記事だったんです。

本来は、Aの記事を「○○とは」という対策キーワードで、Bの記事を「○○ メリット」という対策キーワードにしたかったのですが……。
おそらく、Googleのクローラーには、Bの記事で「○○とは」と認識されてしまったようで、Aの記事が検索結果の順位に影響を与えない意味のないものになってしまったんです。

なので、記載の仕方があまりよくなかったかもしれないので、Bの記事のh1タグを「○○のメリットはなに?」と変更したところ、Aの記事が認識されるようになりました。
検索結果の順位にもよい変化が見られたので、h1タグを適切に見直すだけでもSEO対策の効果があったといえるケースですね。

ペルさん:
なるほど、安心して依頼できてSEO対策の効果もあるなら、私もお任せしたくなってきました……!

「SEO h1」について最後にコンサルタントからのメッセージ


本日は、とても詳しくお話いただいてありがとうございました!

h1タグの役割がWebページ全体のテーマを伝えることなので、対策キーワードを含めたうえで適切な内容で記載しようと思いました。
対策キーワードで実際にGoogleで検索して、上位表示されている記事のh1タグも参考にしてみます。

鈴木:
こちらこそ、ありがとうございました。

そうですね、ペルさんのおっしゃるとおりです。
あとは、対策キーワードはなるべく左詰めにすると、Googleのクローラーにもユーザーにも認識されやすくなるので、h1タグのなかで対策キーワードの位置も大切です。

ランクエストでも、本日お話したポイントをしっかりと押さえたうえで、お客様に合わせた施策の立案から実行、記事コンテンツの制作も行うので、安心してお任せいただけます。

ペルさん:
プロのコンサルタントやライターの方々にお任せできるのは、やはり心強いですね!
本日の内容をふまえて、一度上司にランクエストに依頼できないかを相談してみます。

鈴木:
ありがとうございます!
お任せいただける場合は、しっかりとサポートしますのでよろしくお願いします。
いつでもランクエストにご相談ください!

関連したコンテンツ

最新のコンテンツ

TOP

SEO無料相談

受付時間 平日9:00~18:30

0120-790-671