コラム

内部リンクのSEO効果とは?最適な設置方法も紹介

SEO対策で効果を出すには、適切なキーワードの選定やコンテンツの品質向上だけでなく、記事に内部リンクを設置する施策も有効です。
「内部リンク」という用語は知っていても、具体的な施策の運用やサイトに与える効果までは把握していない方もいらっしゃるでしょう。

本記事ではSEO対策における内部リンクの重要性を紹介するとともに、設置することで得られる効果を解説します。
記事の上位化を目指したい方は、ぜひご覧ください。

目次

内部リンクとは?

記事内に、同サイト(ドメイン)内の、ほかのページにつながるリンクを設置する施策を「内部リンク」といいます。
内部リンクを適切に設置すると、クローラビリティ(※1)が向上し、検索エンジン側から「優良なサイトである」と評価されるとともに、SEO効果が期待できます。
また、リンク先ページのアクセス数の向上も目指せるので、上位表示を目指すのであれば、ぜひとも取り入れたいところです。

ただし、ページを上位化させるには、元記事だけでなく、リンク先ページのコンテンツにも一定の品質が求められます。
元記事が品質の高いコンテンツでも、リンク先ページの品質が低い、またはコンテンツの関係性が薄いと、十分な効果は見込めません。
つまり、内部リンクの設置によるSEO対策では、元記事とリンク先の両サイトのコンテンツの品質を高めつつ、コンテンツ内容に関係性をもたせることが必須だというわけです。
こちらの詳細は後述します。

※1 クローラビリティ:検索エンジンのクローラー(Googlebot)が「巡回しやすいWebサイトになっているか」をチェックする、SEO対策における指標の1つ

内部リンクの種類

内部リンクは、以下の2種類に分類されます。

  • コンテクスチュアルリンク
  • ナビゲーションリンク

コンテクスチュアルリンクは、コンテンツのテキストに沿って設置される内部リンクです。関連記事へユーザーを誘導したり、問い合わせを促したりする場合に用いられます。

一方のナビゲーションリンクは、Webサイト内の全ページに共通する内部リンクを指します。具体的には、ヘッダーのグローバルナビゲーションやサイドバー、フッター、パンくずリストが該当します。

内部リンクと外部リンクの違い

内部リンクとよく似た用語に「外部リンク」というものがあります。
どちらも「記事内に、ほかのページに遷移できるリンクを設置して、ユーザビリティを向上させる」という点は共通しますが、性質は大きく異なるので、違いを覚えておきましょう。

前提としてリンクは、自社サイトから他サイトへ向けた「発リンク」と、他サイトから自社サイトに向けた「被リンク」の2種類に分かれます。
そして、同ドメイン内の他ページにつながるリンクを設置する内部リンクに対し、外部リンクは、ドメインが異なる外部サイトのリンクを設置します。

【種類別】リンクの遷移先とSEO効果

   

リンクの遷移先

SEOの効果

内部リンク

 

自社サイトから自社サイト内へ

・クローラビリティを向上させる

・ユーザーの回遊率を向上させる

外部リンク

発リンク

自社サイトから他社サイトへ

・参照元を明示することで掲載データの信頼性を高める

被リンク

他社サイトから自社サイトへ

・良質な他社サイトに自社のサイトのリンクが貼られると、記事の信頼性が評価される

内部リンク同様に、元記事のコンテンツ内容と外部リンク先のコンテンツに関係性があれば「優良なサイトである」と評価され、SEO効果が期待できます。
記事内に、内部リンクと外部リンクの両方を設置して、ページの上位化を目指すことも可能です。

ただし、外部リンク先はあくまでも自社とは関係がないページですので、ユーザーが離脱したまま帰ってこなくなり、自社ページの閲覧数が伸び悩んでしまうことも起こりえます。

内部リンクを設置することで得られる5つのメリット

内部リンクの概要や性質は把握できたものの、具体的にどのようなメリットを得られるのかが気になりますよね。
ここからは、記事内に内部リンクを設置することで得られる5つのSEO効果を紹介します。

メリット①ユーザビリティが向上する

サービスや商品の使いやすさを意味する指標を「ユーザビリティ」といいます。
SEO対策におけるユーザビリティには、さまざまな要因が絡みますが、特に「視認性」と「サイトの使いやすさ」が重要です。

記事内の内部リンクを最適化すれば、ユーザーは情報をスムーズに収集できるようになり、結果的にユーザビリティも向上します。

記事のユーザビリティを低下させてしまう要素

自社サイトのユーザビリティを一定の水準に保つには、具体的にどのようなことに注意すればよいのでしょうか。
記事のユーザビリティを低下させてしまう要素の一例を下記するので、当てはまるものがないか確認してみてください。

記事のユーザビリティを低下させてしまう要素

  • メニューや各種ボタンの位置がわかりづらい
  • 文字が小さすぎる、あるいは大きすぎる
  • 利用環境でレイアウトが崩れる
  • 配色が不自然で見づらい
  • 記事に記載されている内容に誤りがある
  • 内部リンクや外部リンクの設置数が多すぎる
  • ページが表示されるまで時間がかかる
  • コピーコンテンツ、もしくは自動ツールでコンテンツを作成している

これらはあくまでも一例であり、ほかにもさまざまな要因でユーザビリティは悪化します。
SEO対策で効果を出すには、自社で運用するサイトが上記に当てはまらないようにしたいところです。

メリット②クローラーが回遊しやすくなる

記事に内部リンクを設置すると、検索エンジンのクローラーが回遊しやすくなります。
元記事ならびにリンク先の記事の品質向上に注力して、内部リンクを最適化すれば、クローラーから高く評価され、SEO効果が期待できます。

メリット③記事の品質評価があがりやすくなる

Googleは、年に2~4回程度の頻度で、検索アルゴリズムを見直す「コアアップデート」を実施します。
これは検索結果を変更するものであり、上位化されていた記事が下位になる、もしくは下位に表示されていた記事が上位化されるなど、大幅な入れ替わりが行われます。

コアアップデートで重視されるポイントはトレンドによって異なるので「これを押さえておけばよい」といった具体性のある対策を講じることはできません。
しかし、Googleは「コンテンツの品質が高い」「信ぴょう性がある」といったページをより高く評価する傾向にあります。

そのため、内部リンクを設置したうえで、元記事ならびにリンク先の両サイトのコンテンツの品質を高めれば、評価の向上に効果が期待できます。

メリット④求めている情報を速やかに見つけ出せる

内部リンクを適切に設置したうえで、記事内の情報を整理して視認性を高めれば、ユーザーは求めている情報を速やかに見つけ出せます。
ページを見たユーザーならびにクローラーから評価を獲得できれば、ユーザビリティやアクセス数の向上に効果が期待できるでしょう。

メリット⑤ページ滞在時間が増える

関連記事同士を紐づけて内部リンクを最適化することで、ユーザーが求める情報を探しやすくなります。

情報の網羅性も高まるため、ページ滞在時間やサイトの回遊率増加にもつながるでしょう。

内部リンクの設置にあたり覚えておきたいこと

SEO対策として、記事に内部リンクを設置することで得られるメリットは大きいものの、一方で生じる可能性があるデメリットも存在します。
内部リンクの設置にあたり、覚えておきたい注意点を下記するので、メリットとあわせて確認してみてください。

注意点①ペナルティを受けることがある

記事内に設置する内部リンクを最適化すると、SEO効果やユーザビリティによい影響をあたえます。

しかし、「リンク先のアクセス数も増やしたい」という思いから、関係性が低い内部リンクを大量に設置すると、検索エンジン側からペナルティを受けることもあります。
ペナルティを受けると検索順位は下がり、これを解除するにはサーチコンソールから届いている警告メッセージの内容を改善して、再審査をリクエストしなければなりません。

また、関係性のない内部リンクを大量に設置、あるいはコンテンツ内容が公序良俗に反していると「悪質性がある」と判断され、検索結果に表示されなくなることも起こりえます。

ページへのアクセス数を向上させるために実施した施策が、かえって逆効果になってしまわないように、内部リンクは適切に設置してください。

注意点②品質の高いコンテンツを作成しなければならない

内部リンクは、基本的に自社コンテンツのページを遷移先として設定します。
しかし、元記事とリンク先のどちらか一方、もしくは両サイトのコンテンツの品質に問題があると「品質が低いサイトである」と判断され、クローラビリティは低下します。

内部リンクは、設置するだけで効果が得られるものではありません。
記事の上位化を目指すのであれば、品質に優れるコンテンツの作成が必要不可欠であることは覚えておきましょう。

注意点③ユーザーの離脱を招く可能性もある

内部リンクを設置すると、ユーザーの離脱につながるおそれもあります。
たとえば、CVポイントの手前に内部リンクを設置すると、ユーザーが遷移先のページばかり見てしまい、目的のページにアクセスする前に離脱されることも起こりえます。

ユーザーの滞在時間の減少を防止するためにも、内部リンクの設置箇所には注意しましょう。

注意点➃内部リンクの数が多すぎるのはNG

内部リンクの多用には注意しましょう。Googleは内部リンクの設置数について、ガイドラインで以下のように言及しています。

Googleがページを検出できるよう手助けする

(中略)

1ページのリンクを妥当な数に抑えます(最大で数千個)

引用元:Google検索の基本事項|Google検索セントラル

内部リンクが多すぎると、クローリングの際に負荷がかかったり、十分な情報を収集できなくなったりします。適切な数を設置することでクロール効率を助け、Webページの情報を正しく伝えられるでしょう。

なお、Googleのガイドラインには、内部リンクの貼りすぎによるペナルティについて記載されていません。

しかし、内部リンクを不自然に多用する行為には注意が必要です。具体的には、関連性の低いページや、遷移先と合致しないページへの内部リンクが該当します。

検索順位の意図的な操作を試みていると判断され、ペナルティを受ける恐れがあるので注意してください。内部リンクは、必要な数だけ設置しましょう。

注意点➄必要に応じてnofollowを設置する

サイト内には、検索エンジンに評価されるべきではないページも存在します。

具体的には、作成途中のページや404エラーページ、アクセスが限定されたページが挙げられます。これらのページに内部リンクを貼る場合は、nofollowを設置しましょう。

nofollowとは、リンク先を検索エンジンのクローラーに認識させたくない場合に用いる属性値です。適切に設置することで、評価を望まないページのクロールを避け、巡回効率を高められます。

しかし、内部リンクに対するnofollowの多用には注意が必要です。クローラーが辿れる内部リンクが少ないと、利便性の低いサイトと判断され、SEO評価の低下につながります。

必要に応じて、nofollowを設置しましょう。

注意点⑥リンク切れに注意する

リンク切れは、リンク先のURLが無効になり、ページを閲覧できない状態を指します。

URLのスペルミスやリンク先ページの削除、Webサイトの閉鎖、パーマリンクの変更などによって発生します。

リンク切れがSEOに直接影響を与えることはありません。しかし長期間放置していると、ユーザーの利便性や信頼性の低下を招きます。

そのような事態を避けるためにも、リンク切れは定期的にチェックしましょう。

Googleサーチコンソール」やWordpressのプラグイン「Broken Link Checker」なら、容易に調査可能です。

SEO対策において内部リンクの効果を最大化するために押さえたいポイント

ここまで、内部リンクの重要性および設置するメリットや注意点を解説しましたが、高い効果を出すには、どのようにリンクを設置すればよいのでしょうか。
SEO対策において、内部リンクの効果を最大化するために押さえたいポイントを紹介します。

ポイント①元記事の内容に関係性があるリンク先を設定する

元記事のコンテンツ内容と、リンク先のコンテンツ内容が乖離していると、クローラーから「品質が低いサイトである」と評価され、検索結果は上がりません。
そのため、SEO対策の一環で内部リンクを設置するのであれば、元記事とリンク先のページに一定の関係性をもたせることが必須です。

たとえば、「おすすめのキャンプグッズ5選」という記事を上位化させるために、ページ内に内部リンクを設置するとします。
この場合、「キャンプグッズを安く買う方法」「キャンプグッズの種類」などの記事は関係性があるので、リンク先に設定すれば、クローラビリティの向上につながるでしょう。
しかし、「おすすめのダイエット方法」といった、元記事となんの関係性もない記事を内部リンク先に設定すると、当然のことながらクローラビリティは低下します。

内部リンクの設置時は「この記事は関係性があるから、無理なく組み込めるな」と思えるページのみを設定してください。

ポイント②リンク先の情報がわかりやすいアンカーテキストを設定する

「アンカーテキスト」とは、内部リンクの設置時に、リンク上に設定できるテキストのことです。
リンク先のページの内容をユーザーに知らせる役割があるので、記事の品質の向上はもちろんですが、リンク先のページのアクセス数の増加にも効果が期待できます。

当然のことながら、記事の内容がわからないテキストや、記事の内容とまったく異なるテキストを設定すると、ユーザビリティやクローラビリティの低下を招きます。
アンカーテキストは文章の内容とリンク先の内容を一致させたうえで、リンク先のページ内容がひと目でわかるように、わかりやすい文章を設定してください。

ポイント③記事内にパンくずリストを設置する

Webサイトを訪れたユーザーやクローラーが、どのページを見ているのかを視覚的にわかりやすくした誘導表示のことを「パンくずリスト(トピックパス)」といいます。
上位化を目指す記事にパンくずリストを設置したうえで、ページごとに内部リンクを設置すれば、視認性を高められます。

Webサイトがわかりやすい構造になれば、ユーザビリティやクローラビリティの向上にも効果が期待できるので、SEO効果も期待できるでしょう。

ポイント④HTMLサイトマップを設置する

ユーザーやクローラーが見るサイトの全体図を「HTMLサイトマップ」といいます。
具体的には、Webサイト内に存在するすべてのページへの内部リンクを設置することで、サイト構造を一覧表示するファイルを意味します。

内部リンクを最適化するには、ページ内でも特に目立ちやすい箇所にHTMLサイトマップを設定することが重要です。
ヘッダーやフッターなど、サイト内の共通コンテンツの部分にHTMLサイトマップへのリンクを設置すれば、ユーザーやクローラーはサイト構造を素早く認識できます。

ただし、HTMLサイトマップの「Webサイト内に存在するすべてのページへの内部リンクを設置する」という性質上、リンク先のページの品質も重要です。
ページごとの品質に差があると、効果が得られないことも起こりえるからです。
元記事だけでなく、Webサイト内のすべてのページのコンテンツの品質を高めることが前提である施策であることは覚えておかなければなりません。

ポイント➄正規化されたURLを使用する

内部リンクを設置する際は、同一のページに異なるURLを使用するのを避け、正規化されたURLを貼りましょう。

異なるURLが設置されていると、実際は同じ内容のページでも別のページとして認識され、SEO評価の分散が起きる恐れがあります。

URLを一つに統合することで分散を避け、正しいSEO評価を得られます。URLの正規化は、以下を基準に実施しましょう。

  • パラメータのついていないURLを使用する
  • URLの末尾にindex.htmlが付いていないものを使用する
  • http://またはhttps://のどちらかにURLに統一する
  • ドメイン名にwww.を指定するかを統一する

正規化するURLを事前に決めておけば、SEO評価の分散を防げます。

ポイント⑥重要度が高いページに内部リンクを集める

内部リンクは、重要度が高いページへ集約しましょう。

ユーザーは内部リンクを辿ってサイトを回遊します。内部リンクが多く貼られたページにはユーザーが到達しやすくなるため、重要なページにリンクを集約すれば、流入の増加につながるでしょう。

なお、この施策は検索エンジンのクローラーに対しても有効です。クローラーも内部リンクを辿ってページの情報を収集するので、内部リンクが多く貼られているページほどクロール頻度が高まります。

サイト内でアクセスを高めたい、高いSEO評価を受けたいページがある場合は、内部リンクを積極的に設置しましょう。

ポイント⑦バナーや画像にはalt属性を設定する

バナーや画像に内部リンクを貼る場合は、alt属性を設定しましょう。alt属性は、画像の代わりとなる代替テキストです。

設定しておけば、何らかの原因で画像が表示されない場合に、画像の情報をテキストで確認できます。

また、音声読み上げシステムを利用する場合にも有効です。設定した代替テキストが音読されるため、画像をイメージしやすくなります。ユーザーはもちろん、クローラーにもよい影響を与えます。

検索エンジンは画像ファイルに対する解析精度が高くないため、alt属性を設定しておけば情報を正しく読み取れます。

ポイント⑧クリック数の低い内部リンクは削除する

クリック数の低い内部リンクはユーザーに必要とされていないので、ページ全体の利便性を高めるためにも、削除を推奨します。

ページ内からクリック数の低いリンクを削除することで、直帰率の改善につながるケースもあります。内部リンクのクリック数は、GA4(Googleアナリティクス4)で計測可能です。

  1. メニューバーから「探索」を選択
  2. 「経路データ探索」をクリック
  3. 画面右上の「最初からやり直す」を選択
  4. 「始点」をクリックして計測したいページを選択

クリック数が少ない内部リンクを削除して、ユーザビリティを高めましょう。

効果的な内部リンクの実践例

ここまでの内容を踏まえ、実際に弊社のサイト(https://rank-quest.jp/)で内部リンク施策を実施してみます。
「内部リンク施策を実施するページの選定」「内部リンクの設置箇所」「内部リンク先の選定」「効果測定結果」の項目に分けて紹介するので、確認してみましょう。

内部リンク施策を実施するページの選定

本記事ですでに解説したように、内部リンク施策を実施するページは、コンテンツの品質の高さが重要視されます。
同時に、上位化を目指す記事でもあるため、今回は弊社の主事業である「SEO 戦略」というキーワードを選定します。

まず、Google search consoleで「SEO 戦略」の検索クエリでヒットするページがあるのかを計測しました。

結果、以下のページがヒットしました。
https://rank-quest.jp/column/service/seo-strategy/

コンテンツとして十分な品質ならびに文字数が担保されており、上位化を目指せるページです。
このページを対象に内部リンク施策を実施します。

内部リンクの設置箇所

内部リンクは、ユーザーがどこで離脱するのかを分析したうえで、適切な箇所ならびに量のリンクを設置します。
導入から分析まで1か月ほどかかりますが、ユーザーの離脱点は、ヒートマップ(※1)を作成することで分析が可能です。
もし、時間をかけずにやるのであれば、内部リンクは見出しの前後へ設置するとよいでしょう。

今回は、内部リンクを、記事内の見出し<キーワード調査>と<SEO戦略の立案>の下部に設置します。

※1 ヒートマップ:ユーザーがWebページ上でとった行動や反応を確認できるツールの1つ

内部リンク先を選定

元記事とリンク先の関連性を完全に定量化することはできませんが、コンテンツの内容からある程度の推測は可能です。
今回は「SEO 戦略」のキーワードで検索するユーザーのペルソナを作ったうえで、検索ニーズならびにキーワードを選定しました。
詳細は以下のとおりです。

「SEO 戦略」で検索するユーザーのペルソナ

  • 年齢:30代
  • 職業:中小企業のマーケティング担当
  • 悩み:SEOの重要性・概略を理解したうえで、自社で施策を実施したいが、具体的な戦略が見えていない

このペルソナから、検索ユーザーは『より具体的なSEO施策を知りたい』と考えているのではないかと推測します。
そのうえで、アンカーテキストでより具体的な施策を解説している同カテゴリーの記事への内部リンクを設置しました。

効果測定結果

今回は、内部リンクを設置してから1か月ほどで、検索順位に変化が見られました。

内部リンクの設置後は、Google search consoleで「ページのセッション数」「検索順位」「両ページ間の遷移率」などの、検索順位の数値を都度確認します。
特に、内部リンク施策では「両ページ間の遷移率」に注目しなければなりません。
ユーザーがページ間を移動していないのであれば、記事の関連性が低い、つまりユーザーの意図に一致しない内部リンクが設置されている可能性があるからです。
このような場合は、内部リンクを削除、もしくはリンク先を変更します。

内部リンク施策に限らず、基本的にSEO施策は効果が表れるまでに一定の時間が必要です。
立ち上げたばかりのサイトであれば1年ほど、通常のサイトであれば2か月から半年ほど、SEO対策に力を入れているサイトであれば1か月ほどで効果が出る例もあります。
ただし、コンテンツの品質や記事のテーマによって必要とされる時間は変動するので、あくまでも参考程度にお考えください。

内部リンクの効果を高める貼り方

内部リンクを適切な位置に設置すれば、より高い効果が見込めます。ここからは、SEOに有効な内部リンクの設置場所を5つ紹介します。

  • パンくずリスト
  • グローバルナビゲーション
  • サイドバーやフッターのリンク
  • アンカーテキスト
  • サイトマップ

それぞれ見ていきましょう。

パンくずリスト

パンくずリストは、サイトを訪問したユーザーが、どのページを閲覧しているのかを視覚的にわかりやすくした表示です。

サイトの上層ページから現在のページに至るまでの経路を、内部リンクで表します。ユーザーがサイト内で自分の位置を見失うことを防ぎ、円滑な情報収集を促します。

また、表示中のページが属するカテゴリのリンクも並ぶため、関連性のある内部リンクを自然な形で表示できます。

グローバルナビゲーション

グローバルナビゲーションは、Webサイトの全ページに共通して表示されるメニューです。サイトの概要を把握しやすくすると同時に、目的の場所に辿り着く手助けもします。

グローバルナビゲーションは、各ページの上部に固定表示されるケースが多いです。そのため、ユーザーがどのページを開いていても、グローバルナビゲーションを使用して所望のページへ移動できます。

ユーザーの利便性向上に欠かせない内部リンクなので、必ず設定しましょう。

サイドバーやフッターのリンク

Webサイトのサイドバーやフッターもユーザーの目に留まりやすい場所なので、内部リンクの設置に適しています。

PCでサイトを閲覧する場合、サイドバーが必ず目に入ります。重要度の高いページを内部リンクとして設置したり、ランキング形式で人気記事を表示したりする方法が効果的です。

ページ下部にあるフッターは、コンテンツを読み終えた際に目に入りやすいです。関連性の高いページや、続けて見てほしいページの内部リンクを設置することで、ユーザーを効率的に誘導できます。また、サイトの回遊を促す効果もあるため、離脱率の改善にも貢献します。

アンカーテキスト

コンテンツ内の文章の一部をアンカーテキストにして、内部リンクを設置する方法も効果的です。文脈に関連する内部リンクを貼れるので、ユーザーの関心が強まり、クリックされやすくなります。

また、各見出しの文末に、関連記事として内部リンクを設置する方法も有効です。アンカーテキストを設定する際は、遷移先の内容が予測できるキーワードを含めましょう。

適切なキーワードを設置することで、双方のページの内容と関連性を、ユーザーと検索エンジンに正しく伝えられます。

サイトマップ

サイトマップは、Webサイト内にどのような情報が含まれているのかを、ユーザーに伝える役割を果たします。サイトマップに設置された内部リンクを辿ることで、所望のページに素早く到達できます。

また、サイトマップは検索エンジンにとっても有効です。通常、検索エンジンは、サイト内に張り巡らされた内部リンクを辿ってページの情報を収集します。サイトマップを設置しておけば、検索エンジンにサイトの内容を一挙に伝えられるため、クロール効率の向上が見込めます。

記事内の内部リンクを最適化すればSEO効果が期待できる

記事内に内部リンクを設置したうえで、コンテンツの品質と視認性を高めれば、ユーザビリティやクローラビリティの向上に効果が期待できます。
結果的に、検索順位の上位化につながるので、ぜひ取り入れたいところです。

ただし、元記事との関係性が低い、あるいは記事内に大量の内部リンクを設置すると、検索エンジン側からペナルティを受けることがあります。
「Webサイトを上位化させるために内部リンクを設置したら、かえって検索順位がさがってしまった」といった事態だけは避けなければなりません。

内部リンクは、あくまでも元記事の内容に関係性があるものだけを設置し、設置数も必要最低限にとどめることが、SEO対策の成功につながります。

 

関連したコンテンツ
最新のコンテンツ
TOP

SEO無料相談

受付時間 平日9:00~18:30

0120-790-671