コラム

Googleのペナルティとは?原因や確認・対処法について解説

Googleのペナルティとは、不正な手法を用いた際に受ける罰のことです。

自社のWebサイトがGoogleペナルティを受けてしまった場合、原因を特定して対処しなければなりません。

しかし、ペナルティの内容や改善方法が分からないとお困りの方もいるでしょう。

そこで今回は、Googleのペナルティの原因や対処方法などについて解説します。

ペナルティについての理解を深めたい方や、問題を解決したい方はぜひ参考にしてください。

Googleのペナルティとは?

Googleのペナルティとは、ガイドラインに違反する行為を行った際に受ける罰のことです。

ペナルティを受けると検索順位が低下し、最悪の場合は検索結果に表示されなくなる恐れがあります。

Googleのアルゴリズムはユーザーの検索意図やニーズに合わせて、最適なページが表示されるように調整されています。

このアルゴリズムはユーザーの安全を保護し、検索品質を向上することを目的としたものです。

しかし、その裏をかいてアクセス数を稼ごうとするサイト運営者も一部存在します。

このようなサイトは、ユーザーに悪影響を与えるだけでなく、Googleのアルゴリズムの信頼性を損なってしまいます。

そのため、ガイドラインに違反した場合はペナルティによって処罰される仕組みです。

Googleのペナルティを受ける原因

Googleのペナルティを受ける原因には、主に下記の3つが挙げられます。

  • 低品質なコンテンツがある
  • 不自然なリンクがある
  • 不正な手法を用いている

これらに該当する場合は、サイトを改善しなければなりません。

ペナルティを受ける原因を把握し、健全なサイト運営に活かしましょう。

低品質なコンテンツがある

低品質なコンテンツとは、次のような要素を含むコンテンツのことです。

  • 情報に独自性がない
  • ユーザーのために作られていない
  • ユーザーの検索目的が達成されない
  • 情報の正確さや信頼性に欠ける
  • コピーコンテンツである
  • YMYLトピックでE-E-A-Tが不足している

これらに該当するコンテンツは、ユーザーにとって利便性が低いため、検索上位に表示する価値が低いと判断されます。

品質の低いコンテンツがあると、サイト全体にも影響を及ぼす可能性があるため、注意が必要です。

特にYMYL(Your Money or Your Life)ジャンルのようなユーザーの人生に関わる重要なトピックでは、正確性の高い情報を記載するようにしましょう。

不自然なリンクがある

サイト内に不自然なリンクがあると、低評価やペナルティを受ける原因になります。

不自然なリンクに該当するのは、下記のようなものです。

  • SEOを目的とした相互リンク
  • 質の低いページからのリンク
  • リンク先と合致しないアンカーテキスト

SEO評価を得るための故意な相互リンクや、購入した被リンクなどはペナルティの対象となる恐れがあります。

またアンカーテキストには、過剰にキーワードを入れることで不自然な文章になります。リンク先の内容を端的に表したテキストにしましょう。

ペナルティを回避するためには、サイト内部、外部ともにナチュラルリンクのみが貼られていることが重要です。

不正な手法を用いている

Googleのガイドラインやスパムに関するポリシーに準拠していない場合は、ペナルティを受ける可能性が高いです。

Googleガイドラインによれば、次のような行為は禁止されています。

  • クローキング
  • キーワードの乱用
  • コピーコンテンツ
  • 不正なリダイレクト
  • 隠しテキストや隠しリンク
  • 口コミの不正利用
  • 詐欺や不正行為

たとえばクローキングは、ユーザーとGoogleに対して異なるページを見せる不正な手法です。

また特定のキーワードを隠したり、乱用したりといった手法も禁止されています。

基本的にGoogleやユーザーを騙す行為は、スパムの対象となることを押さえておきましょう。

Googleペナルティの種類

Googleのペナルティには、自動ペナルティと手動ペナルティの2種類があります。

ペナルティを受けたと考えられる場合は、まずどちらに該当するのかを確認しましょう。

自動ペナルティ

自動ペナルティとは、Googleのアルゴリズムによって自動的に処理されるペナルティです。

順位は下落するものの、インデックス削除されることは多くありません。

ただし通知はないため、原因を判別するのは困難です。

ペナルティを受けたこと自体に気づきにくく、処罰の内容が軽い特徴があります。

手動ペナルティ

手動ペナルティとは、Googleのスタッフの目視チェックによって、ポリシー違反であると判断された場合に行われるものです。

手動による対策が実施されると、そのサイトの一部、またはすべてが検索結果に表示されなくなります。

自動ペナルティよりも重い処置であるため、慎重に対処しなければなりません。

Googleのペナルティを解除する方法

Googleのペナルティを解除する際は、下記の手順で行いましょう。

  1. サーチコンソールでペナルティの内容を確認する
  2. 改善後に再審査リクエストを送信する

自動ペナルティの場合の対処法や、ペナルティが解除する期間についても追って解説します。

サーチコンソールでペナルティの内容を確認する

手動による対策が行われた場合は、Googleサーチコンソールでペナルティの内容を確認します。

左のサイドバーにある「セキュリティと手動による対策」から「手動による対策」を選びましょう。メッセージセンターからも同様に確認できます。

「詳細」をクリックすれば、問題を解決する方法や手段について閲覧可能です。

改善後に再審査リクエストを送信する

問題のあるページを改善したら、レポートからGoogleに再審査リクエストを送信します。

再審査リクエストを送信する前に、サイト内のページがすべて改善されたかをよく確認しましょう。

また送信する際は「問題解決のために行ったこと」の欄に、どのような改善策を実施したのかを具体的に記載します。

この際、丁寧に説明文が書かれていないと何度送っても承認されません。

ペナルティの意図を正しく理解し、今後も再発防止に努める旨を丁寧に伝える必要があります。

自動ペナルティの場合

検索順位が大幅に下落した場合、自動ペナルティを受けた可能性があります。

自動ペナルティの場合はメッセージなどの手がかりがないため、該当の箇所を探りながら改善しなければなりません。

ペナルティの対象と思われる箇所を探して、改善を図ります。

次のような項目に該当していないか今一度確認しましょう。

  • コピーコンテンツ
  • 自動生成されたコンテンツ
  • 内容の薄いアフィリエイトページ
  • 不正なリダイレクト
  • キーワードの乱用

サポートが必要な場合は、searchConsoleヘルプのコミュニティでアドバイスを募る方法もおすすめです。

また手動ペナルティの場合と違い、再審査リクエストを送ることはできません。

Googleのクローラーが該当のページを訪れ、自然にペナルティが解除されるのを待ちます。

ペナルティが解除されるまでの期間

Google search Console ヘルプによると、手動による対策の場合は、再審査リクエストを送信後、数日から数週間の時間がかかると記載されています。

ただし、リンク関連のような一部のケースでは、審査に通常よりも時間がかかる場合があるとのことです。

自動ペナルティの場合は審査開始までに、Googleのクローラーがページを巡回するのを待つ必要があります。

数週間で順位が回復することもあれば、90日以上かかることも珍しくありません。

対策を行ったあとは、心配しすぎずに経過を見ましょう。

Googleのペナルティを受けないためには

Googleのペナルティを受けないためには、日ごろからガイドラインに抵触しないサイト作りを意識しておく必要があります。

具体的には、下記3つのポイントを意識してください。

  • 低品質なコンテンツを作成しない
  • 不正なSEO手法は使わない
  • Googleのアップデート情報を確認する

これらのポイントを踏まえ、適切にSEOを図りましょう。

低品質なコンテンツを作成しない

ペナルティを避けるためには、低品質に該当するコンテンツを作成しないことが大切です。

低品質なコンテンツは、ユーザーにとって不利益をもたらします。

SEOの基本は、ユーザーの利益を第一に考えることです。

サイトの検索順位を向上させたいのであれば、高品質なコンテンツの発信は欠かせません。

ユーザーの検索意図を正しく読み取り、必要な情報を盛り込んだ魅力的なコンテンツを作成してください。

不正なSEO手法は使わない

ペナルティを受けないためには、Googleのガイドラインに抵触するSEO手法を用いないことが鉄則です。

たとえば、昔は意図的に被リンクを集める手法が有効でしたが、現在はNGとされてます。

リンクの購入や不自然な相互リンクはしないようにしましょう。

SEOの抜け道を探さず、ユーザーの利益を追求することが一番の近道です。

Googleのガイドラインをよく読み、正しい方法でサイトの改善を行いましょう。

Googleのアップデート情報を確認する

ペナルティを避けるためには、最新の情報を確認しておくことも重要です。

Googleのアルゴリズムは改善が繰り返されており、大きなアップデートは年に2〜4回実施されています。

Googleがアップデートを行う目的は、不正による検索順位の操作を防止し、ユーザーに質の高い情報を提供するためです。

定期的に実施されているため、最新のアップデート情報を確認して、SEO対策の方針も更新していきましょう。

まとめ:Googleのガイドラインに準拠したサイト制作を心がけよう

検索順位を改善させるためには、Googleのガイドラインに従い、推奨された方法でSEOを実施する必要があります。

ペナルティを避けることは、健全なサイト作りにつながるため、検索順位の改善にもつながるでしょう。

また、現在有効な方法もアップデートによって無効となる可能性があります。

最新のアップデート情報をよく確認し、適切なSEO手法を用いてください。

関連したコンテンツ
最新のコンテンツ
TOP

SEO無料相談

受付時間 平日9:00~18:30

0120-790-671