コラム

SEOにおける被リンクとは?獲得する5つのポイントを解説

サイトを運営している方は、被リンクとSEOの関係性を理解する必要があります。しかし、被リンクが本当にSEOに効果的なのか疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、SEOと被リンクの関係性について詳しく紹介します。

被リンクを獲得する5つのポイントも解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

<SEO対策について詳しく知りたい方はこちら>SEO対策とは?SEO対策のメリット・デメリットと対策方法を詳しく解説

被リンクとは?期待できるSEO効果について

被リンクとは、外部サイトやSNSに自社サイトへのリンクが貼られることです。

被リンクには主に以下の2種類があります。

  1. 良質な被リンク(ナチュラルリンク)
  2. 低質な被リンク(スパムリンク)

良質な被リンク(ナチュラルリンク)は、関連性の高いサイトや行政、公的機関などの著名なサイトからのリンクのことです。信頼性のあるサイトからリンクをもらうことで、被リンクを受けた自社サイトの評価が上がります。また、アクセス数が多いサイトから被リンクを受ければ、ユーザーの流入も期待できるでしょう

低質な被リンク(スパムリンク)は、故意に設置されたリンクのことです。自作自演もしくは質の低いサイトからの被リンクは、検索エンジンからの評価を下げる可能性があります。低質な被リンクは、検索順位の低下やインデックスの削除などのペナルティが課されるリスクもあるので注意しましょう。

SEOと被リンクの関係性

被リンクが多くなるほど品質や信頼性が高いサイトと判断され、SEOの評価は高くなります。GoogleのSEO評価には「E-E-A-T」と呼ばれる評価ガイドラインがあります。

  • E:Experience(経験)
  • E:Expertise(専門性)
  • A:Authoritativeness(権威性)
  • T:Trust(信頼性)

上記の4つのポイントを重視することで、SEOの評価(E-E-A-T)を高めることができます。権威性のあるサイトや知名度の高いサイトからの被リンクは、権威性・信頼性を高められるためSEOにより効果的です。

SEOにおける被リンクを獲得する3つのメリット

SEOにおける被リンクを獲得するメリットは以下の3つです。

  1. SEOの評価が上がる
  2. アクセス数の増加が期待できる
  3. クローラビリティが向上する

それぞれのメリットを詳しく解説します。

SEOの評価が上がる

被リンクが増えることでSEOの評価を上げられます。SEOの評価が上がると、検索エンジンで上位表示され、多くのユーザーにリーチできるでしょう。

SEOの評価を上げるには、複数のサイトから多くの被リンクがあることが重要です。また、信頼性のあるサイトや影響力のあるメディアから被リンクを受けることでもSEOの評価は上がります。

アクセス数の増加が期待できる

被リンクが増えれば増えるほど、アクセス数の増加が期待できます。被リンク先のサイト数が増える、またアクセス数が多いサイトから被リンクがあれば、それだけ多くの流入を見込めるでしょう。

アクセス数が増えれば、それだけ被リンクが増加する可能性もあります。

クローラビリティが向上する

被リンクが増えると、クローラビリティが向上します。クローラビリティとは「クローラーの巡回のしやすさ」」のことです。

サイトが検索エンジンに認識されるためには、クローラーにサイト情報を登録(インデックス)してもらう必要があります。クローラーは世界中の膨大な数のサイトを巡回しているため、検索エンジンにページを見つけてもらうまでには多少の時間がかかります。

しかし、被リンクが増えれば多くの外部ページを通じてクローラーが巡回できるため、自社サイトのページを見つけてもらいやすくなります。

クローラビリティが向上すれば、記事を公開した後のインデックス速度が向上するので、自社サイトの運営の効率性も上がるでしょう。

被リンクを獲得するための5つのポイント

被リンクを獲得するためのポイントは以下の5つです。

  1. 信頼性・権威性を高める 
  2. 専門性を深める 
  3. SNSでサイトの宣伝を行う 
  4. サイト内にリンクボタンを設置する 
  5. セミナーやイベントを行う

それぞれのポイントを詳しく解説します。

信頼性・権威性を高める

被リンクを獲得するためにはサイトの信頼性・権威性を高めることが重要です。信頼性を高めるためには、運営者やライター、監修者の情報公開が欠かせません。

運営者が不明なサイトでは読者からの信頼性も得られませんし、リンクを貼りたい企業も現れません。そのため、運営企業や記事を書いたライター・監修者の情報を明確にしておくのがおすすめです。

権威性は、記事の内容はもちろん「発信者が誰なのかが重要です。記事の監修に、有資格者や実績がある企業などを採用することで、権威性が生まれるでしょう。

専門性を深める

専門性が高い、または独自性がある記事は被リンクを受けやすくなります。

広く浅くの情報であれば、ほかの記事でも代用できる場合が多いでしょう。一方で、取材で得た一次情報や専門家の知識などを盛り込めば、その記事には価値が生まれます。

ほかの記事と差別化ができるうえに読者にとって有益な情報になるため、被リンクを獲得できる可能性が高まるでしょう。

SNSでサイトの宣伝を行う

被リンクを増やすためには、SNSでサイトの宣伝を積極的に行うことが重要です。

特に専門性が高い・ニッチなジャンルのサイトや記事はターゲットが限られているため、宣伝が足りないとニーズがある層に届かない場合があります。

SNSでサイトの宣伝を行えば露出が増えるので、リーチできる可能性が増えます。SNSで記事の要約を発信したあと「全文はこちらのサイトで」「続きはこちらから」などの文言を記載して、サイトへの流入を促すのも有効です。

記事を読んで有益に感じたユーザーは、そのままSNS自社サイトへのリンクを貼って拡散してくれるでしょう。

サイト内にリンクボタンを設置する

自社サイトや記事内に、URLをコピーできるボタンや各SNSのリンクボタンを設置するのもよいでしょう。記事を読んで有益だと感じても、自分のブログやSNSで紹介することを手間に感じるユーザーも多いかもしれません。

しかし、簡単にURLを共有できるリンクボタンがあれば、そのままSNSで拡散してくれるユーザーも増えるでしょう。記事の最後にリンクの共有やSNSでの拡散を呼びかければ、読者のアクションを促すことができます。

セミナーやイベントを行う

セミナーやイベントを積極的に行うのも被リンクを増やすための有効な手段です。

たとえば、マーケティングやコンサルティング情報を提供している企業であればオンラインセミナーを開催することで、受講者に対して企業や自社サイトを宣伝できるでしょう。

商品やサービスを販売している企業であればキャンペーンやイベントを行うことで、他企業や参加者のブログ・SNSからの被リンク獲得が期待できます。セミナーやイベントに参加するユーザーは、元々企業が発信している情報や販売している商品・サービスに興味関心があります。

そのため、宣伝や拡散を促すことで、多くの被リンクを獲得できる可能性があるでしょう。

外部サイト:効果的な被リンクの獲得方法はこちら

まとめ:SEO評価を高めるために被リンクを集めよう

SEOと被リンクには密接な関係性があります。サイトのSEO評価を上げるためには、多くの被リンクを集める必要があります。

被リンクはサイトの品質を高めながら宣伝を積極的に行うことで増加していくので、サイト運用の際は意識しましょう。

SEO対策を外注する際の注意点について知りたい方は、以下の記事をご覧ください。
SEO対策を外注する前に、注意すべきポイントや外注先の選び方について詳しく解説しています。
外注先を探している、既にSEO対策を外注しているが効果が出ないとお悩みの方必見です。

SEO対策を外注しようとお考えの方はこちら>>>【失敗しない】SEO対策を外注へ依頼する前にぜひ知ってほしい内容を徹底解説
SEO対策を外注する場合の費用相場について知りたい方はこちら>>>SEO対策を代行業者へ依頼する場合の料金の相場は?

弊社のSEOサービス「ランクエスト」では、お客様ごとに専任のコンサルタントがつき、戦略立案からコンテンツ制作、効果測定まで、すべて対応いたします。SEO対策にお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

SEO対策とは

関連したコンテンツ

最新のコンテンツ

TOP

SEO無料相談

受付時間 平日9:00~18:30

0120-790-671