コラム

記事作成代行サービスおすすめ6選!外注のポイントや依頼方法も合わせて解説

記事作成代行サービスを使えば、効率的に記事コンテンツを制作できます。提供元は主に、多くのライターを抱えている専門業者であるため、高品質な記事を短期間で大量に作成可能です。

しかし、依頼の仕方を間違えるとかえって社内のリソースが増えたり、予算が膨らむ可能性もあるため注意が必要です。

この記事では、記事作成代行サービスの概要や適切な発注方法、クラウドソーシングとの違いなどについて解説していきます。

記事制作の方法に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

記事作成代行サービスとは?

記事作成代行サービスとは、専門のライターに記事の作成を依頼できるサービスです。SEOコンテンツはもちろん、広告文やプレスリリースの作成など、さまざまな用途で利用できます。

内容はコンサルティングや内部対策など、SEOに必要なものがセットになったものから、記事制作のみに特化したものまでさまざまです。

自社に必要な施策がパッケージ化されているサービスを選べば、効率的にSEO対策を進められます。

クラウドソーシングサービスとの違い

クラウドソーシングサービスとは、仕事の発注者と受注者をマッチングするサービスです。

代表的なものにCroudWorks(クラウドワークス)やLancers(ランサーズ)があり、多くのWebライターが登録しています。記事作成代行サービスとの違いは、主に以下の3点です。

  • 個人との契約になる
  • 比較的安価に依頼できる
  • 発注側にある程度のリテラシーが求められる

クラウドソーシングに登録している多くは、フリーランスのライターです。そのため、企業と契約を結ぶ記事作成代行サービスと異なり、個人と契約を結ぶことになります。

契約条件や対応に融通が効きやすいため、比較的安価に依頼できることが多いです。

一方で、専門業者からの提案まで受けられる記事作成代行サービスと異なり、クラウドソーシングは発注側主導の提案が必要です。ライターの見極めまで自社で行う必要があるため、適切なリテラシーを身につけて利用しましょう。

記事作成代行サービスを利用するメリット

記事作成代行サービスを利用すると、以下3つのメリットが得られます。

  • 低コストで記事を量産できる
  • 社内のリソースが削減できる
  • SEO対策を意識したコンテンツが手に入る

それぞれ詳しく解説していきます。

低コストで記事を量産できる

記事作成代行サービスでは、専門業者が効率的に記事を作成してくれるため、リーズナブルにコンテンツを量産できます。

記事数に応じてプランが用意されていることも多く、大量に発注すれば、さらに料金が安くなることも多いです。

また、社内にライターを雇う場合、給与以外に福利厚生などの人件費がかかります。記事作成代行サービスを利用すれば、スポット料金を支払うだけなので、採用コストの削減も可能です。

社内のリソースが削減できる

記事の作成には、多くの時間と労力が必要です。しかし記事作成代行サービスを利用すれば、コンテンツ制作のリソースを削減できます。

別の業務に使える時間が増えるため、生産性の向上につながります。

SEO対策を意識したコンテンツが手に入る

記事作成代行サービスを提供する企業には、SEOライティングに特化したライターが多く在籍しています。そのため、検索上位の獲得を意識したコンテンツを、効率的に作成可能です。

また、コンサルティングやWebサイトの構造改善などがセットになっているサービスを利用すれば、更に施策を効率化できます。

記事作成代行サービスを利用するデメリット

記事作成代行サービスには、以下のようなデメリットも存在します。

  • 記事の品質が低くなる恐れがある
  • コストがかかる

それぞれ詳しく解説していきます。

記事の品質が低くなる恐れがある

質の低い記事作成代行サービスに依頼すると、低品質な記事が大量に納品される可能性があります。事前にサービス内容や自社と同業種の実績を確認し、信頼できる業者に依頼することが大切です。

また、記事作成代行サービスでは、複数のライターが並行して記事制作を進めます。そのため、ライターのスキルによって記事の品質や文章のテイストにばらつきが出る可能性があります。

納品後にトラブルに発展しないよう、事前に打ち合わせをして記事の方向性を固めておきましょう。

コストがかかる

記事作成代行サービスは、社内のリソースが削減できる代わりにコストがかかります。修正の回数や対応範囲などを事前に確認し、無駄なコストが発生しないように意識することが大切です。

また、SEO対策では記事の公開後にリライトや調整が必要な可能性があります。社内リソースが必要になる可能性があるため、リライトや追加発注にかかる費用についても確認しておきましょう。

記事作成代行サービスに依頼できる内容

サービスによって異なりますが、記事作成代行サービスでは、以下のような作業が依頼できます。

  • 記事制作
  • 取材
  • 記事の編集
  • Webサイトの原稿作成
  • SEO対策の代行

それぞれ詳しく解説していきます。

記事作成

記事の目的やターゲット、内容などを伝えるだけで、要件に沿った記事を作成してくれます。記事作成業者には、さまざまなライターが在籍しているため、多様なジャンルの記事をスムーズに執筆可能です。

また医療系や美容系など、専門性の高いジャンルに特化したサービスもあるため、YMYLや薬機法が気になる方は利用してみるとよいでしょう。

取材

記事作成代行サービスでは、依頼者の代わりに取材を行うことも可能です。

契約内容によっては、取材先の選定やアポイントの取得から、記事への反映まで全て代行してもらえます。

記事の編集

記事の編集とは、記事の構成の見直しや誤字脱字の修正、表現の改善など、記事全体を整える作業です。

SEO代行サービスを提供している企業には、記事の編集者が在籍しているため、作成から一貫して対応してくれます。

Webサイトの原稿作成

記事代行サービスでは、ブログやコラムだけでなく、Webサイトのトップページやサービスページなどの原稿も作成できます。

自社の理念や思い、サービスの特徴などを伝えれば、魅力的な文章を作成してくれます。ブランディングやコンバージョン訴求に大切な要素なので、依頼の際は綿密に打ち合わせを行いましょう。

SEO対策の代行

SEOライティングに特化した記事作成代行サービスでは、以下のような作業も一貫して対応してくれることがあります。

    • 内部対策
    • 外部対策
    • アクセス解析
    • SEOコンサルティング

Webサイト全体で効果が出やすいように施策を打ってくれるため、依頼した記事がより上位表示しやすくなります。

また記事制作前後の効果測定や、打つべき施策のアドバイスが貰えることもあるため、効率的な対策が可能です。

おすすめの記事作成代行サービス6選

おすすめの記事作成代行サービスを以下にまとめました。

  • サグーワークス
  • サムライト
  • 記事作成代行ドットコム
  • リファイド
  • 記事作成代行ULTRA
  • サクラサク流ー記事作成代行サービス

それぞれ詳しく紹介していきます。

サグーワークス

サグーワークスは、株式会社ウィルゲートが運営する記事作成代行サービスです。

4,000社以上の発注実績があり、さまざまなジャンルのコンテンツ作成に対応しています。1記事から発注できるなど、手軽に利用しやすい点も魅力的です。

サムライト

サムライト株式会社が提供する、オウンドメディア支援の記事作成代行サービスです。

取材や有名人へのインタビュー、漫画コンテンツの挿入など、幅広いフォーマットのコンテンツ制作に対応しています。オウンドメディアの構築・運用経験が豊富な編集者が対応してくれるため、ブランディングや集客に悩んでいる企業に特におすすめです。

記事作成代行ドットコム

記事作成代行ドットコムは、アドバンサー株式会社が運営する記事作成代行サービスです。

2011年から運営しており、実力のあるライターのみが在籍している信頼できるサービスです。最短即日の見積もりが可能で、納品方法も柔軟に対応してくれるため、多様な要望にも真摯に対応してくれそうです。

リファイド

株式会社リファイドが提供する、記事作成代行サービスです。

オウンドメディアへの記事提供を得意としており、ニュース記事をコラム記事をバランスよく提供して安定した流入経路を獲得します。新規構築から既存サイトの改善まで、幅広いニーズに対応しているため、オウンドメディアの運営に悩んでいる方におすすめです。

記事作成代行ウルトラ

記事作成代行ウルトラは、シュワット株式会社が運営する記事作成代行サービスです。

専門業者と同等のクオリティの記事を、クラウドソーシング費用感で提供しているため、良質な記事を低コストで作成してくれます。またCMSへの記事入稿や順位計測、リライト記事選定など、SEOに必要な業務をワンストップで対応してくれる点も魅力的です。

サクラサク流記事作成代行サービス

サクラサク流記事作成代行サービスは、サクラサクマーケティング株式会社が提供する、SEO対策に強みを持つサービスです。

圧倒的な制作実績を誇り、その数は3年間で累計22,243記事に上ります。また、常時100社以上のSEO・コンテンツマーケティングを支援しているため、豊富なノウハウを駆使した良質な記事制作が期待できます。

コストを抑えたいならクラウドソーシングを利用するのも1つの手

記事制作を外注する方法として、フリーランスのライターに直接依頼するという手段もあります。そこで役に立つのがクラウドソーシングです。

案件ごとに文字単価を自由に設定できるため、記事作成代行サービスに比べて安価に発注できます。ただし文字単価1円など、あまりに安価で仕事を受けてくれるライターはスキルが低いことも多いです。

修正に多くのリソースを割くこととなり、人件費が膨らむ可能性があるため、バランスを見ながら発注しましょう。

まとめ:記事作成代行サービスで効率的にコンテンツを制作しよう

記事作成代行サービスを使えば、大量の記事制作を効率化できます。提供サービスによって内容が異なるため、自社の目的に合うものを選びましょう。

ただし、外注先や発注方法を間違えると、自社での修正対応や追加料金が必要になるため注意が必要です。この記事を参考に、最もメリットが大きい方法で依頼できるようにしてください。

関連したコンテンツ

最新のコンテンツ

TOP

SEO無料相談

受付時間 平日9:00~18:30

0120-790-671