コラム

検索意図とは?SEO対策で知っておきたい分類や重要性を解説

SEO対策を実施するうえで、ユーザーのニーズに応えるコンテンツの制作が重要です。そのためには、ユーザーの検索意図を把握することが欠かせません。

今回は検索意図について掘り下げ、その重要性や分析方法を解説します。検索意図を理解し、サイト運営に活かしたいWeb担当者の方はぜひ参考にしてください。

<SEO対策について詳しく知りたい方はこちら>SEO対策とは?SEO対策のメリット・デメリットと対策方法を詳しく解説

検索意図とは?

検索意図とは、ユーザーが検索を実施する際の目的や考えのことです。

たとえば「SEOとは 初心者」で検索したユーザーは「SEOについて知りたい」「初心者向けに分かりやすく解説してほしい」などの意図を持っていることが想像できます。

このように、キーワードにはユーザーが解決したい悩みや目的が含まれています。

検索意図を読み解くことで、検索したユーザーの心理を理解できるのです。

検索意図の重要性

検索意図が重視されている背景には、Googleのアルゴリズムが関係しています。

Googleは、ユーザーファーストの理念を掲げています。そのため、キーワードが検索された目的(検索意図)に沿って、適切なWebページが表示されるようにアルゴリズムが設定されているのです。

つまり、検索意図を満たすコンテンツが上位に表示されやすくなります。検索流入を獲得するためには、キーワードを入力したユーザーのニーズを理解し、内容を充実させる必要があります。

検索意図の分類

検索意図は、以下の4つの分類に分けられます。

Knowクエリ

何かを知りたいという意図を持つキーワード

Goクエリ

特定の場所やサイトに行きたいという意図を持つキーワード

Doクエリ

何かをしたいという意図を持つキーワード

Buyクエリ

何かを買いたいという意図を持つを持つキーワード

検索意図の分類を把握することで、キーワードの分析に役立てられます。それぞれ見ていきましょう。

Knowクエリ

Knowクエリは、何かを知りたい・疑問を解決したいという目的を持つ検索意図のことです。たとえば、「画像検索 方法」や「SEO とは」などのキーワードが該当します。

購買行動には直結しないように見えますが、潜在的なニーズが隠れていることもあります。潜在的なニーズとは、ユーザー自身が気付いていないニーズのことです。たとえば疑問が解決されたあとに、商品やサービスを導入しようという気持ちが高まることも考えられます。

潜在的な顧客にアプローチしたいときに、Knowクエリを狙ったコンテンツを作ることも有効です。

Goクエリ

Goクエリには、特定のWebサイトや場所に行きたいという検索ニーズがあります。たとえば、下記のようなキーワードが該当します。

  • 「新宿 ランチ」
  • 「京都 観光 ホテル」
  • 「Googleマップ」

Goクエリには、実際の場所に訪れたいといったニーズのほか、指定したWebサイトにアクセスしたい目的を持ちます。

Doクエリ

Doクエリは、何かをしたい意思を持って検索する意図を指します。

たとえば、「プラモデル 作り方」「ハンバーグ 簡単」のようなキーワードです。Doクエリは購買行動に結びつきやすいため、商品やサービスを呈示することで、コンバージョンにつなげられます。

Buyクエリ

Buyクエリは、何かを購入したいニーズがある検索意図のことです。

たとえば「スーツ おすすめ」「レディース服 通販」などが該当します。明確な購買意欲があるため、コンバージョン獲得に近いキーワードです。

検索クエリの分類

検索意図と似たものに、検索クエリの3つの分類があります。同じ意味で使われることも多いため、セットで覚えるとよいでしょう。

クエリとは、もともと問い合わせや訪ねるという意味を持つ言葉で、IT用語では処理を行う際の要求を意味します。検索クエリはキーワードを入力した際に、ユーザーがどのような返答を求めているのかを分類したものです。

ナビゲーショナルクエリ

特定のサイトにアクセスしたいときのクエリ

インフォメーショナルクエリ

情報収集を目的としたクエリ

トランザクショナルクエリ

何かをしたいときのクエリ

それぞれ解説します。

ナビゲーショナルクエリ

ナビゲーショナルクエリは、案内型やGoクエリとも呼ばれます。

特定のサイトやコンテンツに行きたいときのキーワードで、アクセス先が明確に想定されていることが特徴です。

インフォメーショナルクエリ

インフォメーショナルクエリは情報型とも表現されるキーワードです。

情報収集を目的としており、知識欲を満たしたいときに検索されます。知ることが目的なので、Knowクエリと同じ意味で使われています。

トランザクショナルクエリ

トランザクショナルクエリとは、何かをしたいときに使うキーワードです。

Doクエリと同義であり、その延長としてBuyクエリも含まれています。

検索意図を調べる方法

高品質なコンテンツを制作するためには、読者の検索意図を読み解くことが不可欠です。下記5つの方法で、検索意図を調べられます。

  • 検索結果から読み解く
  • サジェストキーワードを参考にする
  • 関連キーワードを参考にする
  • ユニバーサル検索を活用する
  • キーワードを分析して潜在ニーズを読み取る

それぞれの方法を参考にしてください。

検索結果から読み解く

検索結果の上位に表示されている内容から、ユーザーのニーズを予測できます。キーワード検索を行い、どのようなタイトルや見出しが設定されているかを洗い出しましょう。

上位に表示されているページは、キーワードと関連性が高いとして、Googleが評価しているコンテンツです。検索結果の傾向を見れば、どのような悩みや潜在的なニーズが隠れているのか、理解するのに役立ちます。

サジェストキーワードを参考にする

サジェストキーワードとは、検索窓に入力した際、候補として表示されるキーワード群を指します。検索エンジンが予測されるニーズを先回りし、提案する機能です。

たとえば、Google検索でSEOと検索すると「何の略」「わかりやすく」「初心者」などのキーワードが表示されます。サジェストキーワードも参考にすれば、ユーザーの深いニーズを踏まえたコンテンツ制作が可能です。

関連キーワードを確認する

関連語や共起語などのキーワードも合わせてチェックしましょう。

関連語とは、検索結果の下部に表示される関連性の高いキーワードを指します。また、共起語とは検索上位に表示されている記事に共通して含まれるキーワードのことです。

共通する要素から、評価される記事の傾向を読み解きましょう。

ユニバーサル検索を活用する

ユニバーサル検索とは、ニュースや地図・画像・動画・ショッピングなどのコンテンツを表示する検索方法です。あらゆる種類の情報を素早くキャッチできる機能で、ユーザーの多様化するニーズに応える目的で導入されました。

動画や画像など、テキスト以外のコンテンツも参考にすれば、キーワードへの適合性を高められます。

キーワードを分析して潜在ニーズを読み取る

サジェストや関連キーワードなどを洗い出したら、さらに分析して潜在ニーズを読み取りましょう。

たとえば「SEO 勉強」というキーワードを調べると、「知識」「実践」「基礎」「書籍」などの共起語が含まれていることが分かります。

また、関連語には下記のようなキーワードが挙げられていました。

  • 「SEO 勉強 サイト」
  • 「SEO 勉強 本」
  • 「SEOマーケティングアドバイザー」
  • 「SEO 勉強時間」
  • 「SEOライティング 勉強法」

このことから「SEO 勉強」を検索したユーザーは、SEOの知識を得たいと考えており、有効な方法は何か知りたがっていることが予測されます。

また、ここで抽出した関連語をさらに深掘りして調べると、より深くユーザーの心理を読み解けます。調べたキーワードから立てた仮説をもとにコンテンツを制作すれば、ユーザーに寄り添った内容になるでしょう。

検索意図の活用方法

検索意図の具体的な活用方法は、下記の2つです。

  • 検索ユーザーがクリックしたくなる魅力的なタイトルをつける
  • コンテンツにユーザーが知りたいことを盛り込む

検索意図の活用方法を把握して、コンテンツ制作に活かしてください。

検索ユーザーがクリックしたくなる魅力的なタイトルをつける

検索意図が把握できたら、分析したクエリに基づいた魅力的なタイトルをつけましょう。ユーザーはまずタイトルを見て、自分が欲しい情報が得られるページかどうかを判断します。

そのため、ユーザーの知りたい答えが知れる記事であることをアピールすることが大切です。要点をシンプルに伝え、下記のようにメリットと合わせて呈示すると効果的です。

  • 「クリック率を高めるタイトルの付け方」
  • 「読者を惹きつけられるタイトルの付け方」

また、信憑性を高めるために「クリック率が150%向上したタイトルの付け方」としたり、「SEOコンサルタントが解説」のように書き手の専門性を示したりなども有効です。

思わずクリックしたくなる魅力的なタイトルにすることで、クリック率を高められます。

タイトルのつけ方のポイントについて詳しく知りたい方はこちら>>>SEO効果を高めるタイトルの付け方とポイントを解説

コンテンツにユーザーが知りたいことを盛り込む

検索意図をもとに、コンテンツの中身を充実させます。

ただし、ユーザーの求める情報をただ盛り込むだけでは不十分です。競合記事に共通する部分を含めることはもちろん、独自性のあるコンテンツを意識しましょう。

また、ページを訪れたユーザーの心理状況に寄り添い、適切な順序で情報を提示することも重要です。

上記の点を踏まえることで、ユーザーの検索意図を反映したコンテンツができます。

まとめ:検索意図を理解してユーザーに支持されるコンテンツを作ろう

コンテンツを制作するうえで、ユーザーがそのキーワードで検索するに至った背景や目的を理解することが大切です。

キーワードの検索意図を読み解き、適切な企画を立てることで、ユーザーの満足度が高まります。その結果、SEOにも良い影響をもたらすでしょう。

本記事の内容を参考に、ユーザーに寄り添った内容のコンテンツ作りを目指してください。

SEO対策を外注しようとお考えの方はこちら>>>【失敗しない】SEO対策を外注へ依頼する前にぜひ知ってほしい内容を徹底解説
SEO対策を外注する場合の費用相場について知りたい方はこちら>>>SEO対策を代行業者へ依頼する場合の料金の相場は?

弊社SEOサービスランクエストではどんなお客様に対しても、予算状況に応じてSEOサービスを提供ができるように、「オーダーメイド型プラン」もご用意しております。お客様の課題や状況に合わせた最適なプランをご提案いたしますので、今後SEO代行業者をお探しになられる方は、ぜひ弊社サービスの内容をご覧ください。

SEO対策とは

関連したコンテンツ
最新のコンテンツ
TOP

SEO無料相談

受付時間 平日9:00~18:30

0120-790-671