コラム

検索ボリュームとは?キーワードの選び方やおすすめツールを解説

「検索ボリュームを活用してSEOキーワード選定に役立てたい」とお考えではありませんか?

しかし、検索ボリュームの調べ方やキーワード選定の活かし方がわからないと、お困りの方もいるでしょう。

そこで今回は、検索ボリュームについて掘り下げ、SEOへの活用方法を詳しく解説します。

検索ボリュームについて理解を深め、Webサイトの利益向上につなげましょう。

    SEOにご興味がある方へ

    キーワード上位化までの期間を無料分析

    SEO専門業者として14年、4,200社を支援し続けて積み上げたノウハウをもとに、専門のコンサルタントが分析した効果予測シミュレーションを無料でお届けします!

    会社名

    必須

    名前

    必須

    電話番号

    必須

    メールアドレス

    必須

    ホームページのURL

    必須

    上位化したいキーワード
    ※最大3つ

    必須

    個人情報保護ポリシー


    検索ボリュームとは

    検索ボリュームとは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで、そのキーワードが調べられた月間回数のことを指します。検索ボリュームを把握することで、特定のキーワードやトピックに関するユーザーの関心の高さをつかめます。

    たとえば「SEO対策」というキーワードは、Googleで月間26,000件以上検索されているキーワードです。このようなキーワードで検索上位を獲得できれば、大きな集客効果を生み出すことが可能でしょう。

    しかし、適切にSEO対策を進めていくうえでは、検索ボリュームの特徴や難易度などについても理解を深めなければなりません。

    検索ボリュームの特徴

    検索ボリュームが大きいか小さいかによって、それぞれ特徴が異なります。検索ボリュームが大きいキーワード(ビッグキーワード)の特徴は下記の通りです。

    • 上位を獲得できればアクセス数の向上が見込める
    • 競合サイトが多いため難易度が高い
    • ユーザーの検索意図が広く成果につながりづらい

    たとえばキーワードが「SEO対策」の場合のターゲットを考えてみましょう。

    SEO対策についてよく知らない初心者や、具体的な施策内容について知りたいと考える中級者、外注して効率化したい経営者まで、幅広い層がいると考えられます。

    このような場合、1記事だけでユーザーのニーズを網羅することは難しいといえます。

    上位化できれば多くのアクセス数を稼ぐことができますが、内容自体は深掘りできないため、コンバージョンにつながりにくい点がデメリットです。

    それに対して、検索ボリュームが少ないキーワード(ロングテールキーワード)は次のような特徴があります。

    • 競合サイトが少なく難易度が低い
    • 上位化できてもアクセス数はそれほど上がらない
    • コンバージョンにつながりやすい

    検索ボリュームが少ないキーワードはユーザーのニーズが比較的明確であるため、的を絞ってアプローチしやすいのが特徴です。

    アクセス数は少ないものの、コンバージョンにつながりやすいメリットがあります。ただし、あまりにも検索数が少ないと、流入が見込めません。

    そのため検索ボリュームを参考にする際は、費用対効果の高いキーワードを選定することが重要です。

    検索ボリュームの目安と難易度

    キーワードは、検索ボリュームの数に応じて下記の種類に分類されます。

    キーワードの種類 検索ボリュームの目安 難易度
    ビッグキーワード 1万以上 高い
    ミドルキーワード 1,000~1万 普通
    スモールキーワード
    (ロングテールキーワード)
    1,000未満 低い

    検索ボリュームが大きいビッグキーワードは難易度が高く、スモールキーワードは比較的上位化しやすいです。ターゲットユーザーのニーズを深く掘り下げたロングテールキーワードから着手することで、段階的にアクセス数の向上を図れます。

    検索ボリュームの調べ方

    検索ボリュームを知りたい場合は、次の2つの方法を使って調べましょう。

    • Googleキーワードプランナーを使う
    • 検索ボリューム調査ツールを活用する

    それぞれ特徴やメリットが異なるため、用途に合わせて適切な方法を活用してください。

    Googleキーワードプランナーを使う

    Googleキーワードプランナーとは、Googleが提供しているWeb広告の運用ツールです。リスティング広告やSEOなど、Webマーケティングを図る際に活用されています。

    入力した語句に関連するキーワードを提案してくれる機能があり、「月間検索数」「広告入札単価」のほか、競合性の指標も確認することが可能です。

    ただし、広告主向けに特化したツールであるため、出稿していない場合は曖昧な数値しか把握できません。

    たとえば、広告を出稿している場合は「9,600」のように詳細になりますが、掲載していない場合は「1,000~1万」といった表記になります。Googleが提供していることから正確な数値が分かる点や、無料で使えることがメリットです。

    関連記事:Googleキーワードプランナーの使い方!初心者向けに基本を解説

    検索ボリューム調査ツールを活用する

    検索ボリュームを調べるのに特化したツールを活用する方法もおすすめです。例えば無料で使えるツールに「aramakijake」があります。

    効率的にデータを取得できるため、使い勝手が良いのがメリット。ツールによっては、関連キーワードや競争性、ニーズ調査などの複数の項目を確認できます。

    ただし無料で使えるツールの場合は利用制限があったり、限られた機能しか使えなかったりする場合があるため、あらかじめ機能を確認しておきましょう。

    詳細なデータを知る必要がある、SEO対策に力を入れたいなどの場合は、有料ツールの導入を検討するのがおすすめです。

    検索ボリュームを調べる手順

    SEO対策において、キーワードの検索ボリュームを調べる工程は重要です。次の手順に沿って検索ボリュームを調べてみましょう。

    • メインキーワードを選定する
    • 複合キーワードを洗い出す
    • 各キーワードの検索ボリュームを調べる

    これらの手順を踏まえて、キーワード選定に役立ててください。

    メインキーワードを選定する

    まず、Webサイトの主軸となるメインキーワードを選定します。この際、Webサイトの目的やターゲット層、方向性などを明確にしておきましょう。これにより競合サイトとの差別化、ターゲットへの的確なアプローチが実現しやすくなります。

    たとえば「Webマーケティング」をサイトのテーマとする場合は「Web広告」「SNS運用」などのトピックを選択します。自社分析や競合分析をもとに、強みのあるトピックを選定すると、メインキーワードが浮かびやすくなります。

    複合キーワードを洗い出す

    選定したメインキーワードをもとにして、複数の語句を組み合わせた複合キーワードを洗い出していきます。

    複合キーワードとは、メインとなる語句に2~3語をプラスした検索ワードのことです。たとえば「Web広告」をメインキーワードとして、複合キーワードを洗い出す際は、次のようなキーワードが挙げられます。

    • 「Web広告 分析 方法」
    • 「Web広告 費用」
    • 「Web広告 種類」
    • 「Web広告 デザイン」

    これらはサジェストや関連キーワードを抽出するツールを用いることで、効率的に洗い出せます。そのほか、ターゲットのニーズや疑問などを深掘りして、関連するキーワードがないか探す方法もおすすめです。

    ただしこの際、同じようなニーズを持つキーワードに十分注意してください。たとえば「Web広告 費用」と「Web広告 相場」というキーワードでは内容が類似しやすく、重複コンテンツとみなされる可能性があります。

    類似するニーズが考えられるキーワードがないか、確認しながら洗い出していきましょう。

    関連記事:ロングテールキーワードの選び方とは?SEOへの影響とツールを紹介

    各キーワードの検索ボリュームを調べる

    キーワードを洗い出したら、実際にそれぞれの検索ボリュームを調べていきます。使用するツールによって確認できる指標は異なるため、抽出時に必要な項目をメモしておくのがおすすめです。

    Excelやスプレッドシートなどにまとめておくと、後から簡単に確認できます。

    検索ボリュームをもとにキーワードを対策する際のポイント

    検索ボリュームを確認したら、選定したキーワードをもとにコンテンツを作成していきます。その際は、次のポイントを踏まえて取り組んでいきましょう。

    • 初期はロングテールキーワードをメインに対策する
    • サイト成長期はミドルキーワードに取り組む
    • 軌道に乗り始めたらビッグキーワードを狙う
    • トピッククラスターモデルを意識する
    • キーワードを検索クエリごとに分類しておく

    それぞれのポイントを押さえて、SEOに活かしてください。

    初期はロングテールキーワードをメインに対策する

    Webサイトを運営して間もないころは、ロングテールキーワードから対策していきましょう。検索ボリュームが1,000未満のロングテールキーワードは、競合性が低いことや、ニーズが具体的かつ明確な面で優れています。

    そのため検索上位を狙いながら、効率的にWebサイトを成長させることが可能です。

    サイト成長期はミドルキーワードに取り組む

    サイト内にコンテンツが充実すると、アクセス数が徐々に増えてくる成長期に入ります。ロングテールキーワードで順調に検索上位が獲得できている場合は、ミドルキーワードにも挑戦してみましょう。

    ミドルキーワードもニーズが明確なものが多く、検索ボリュームが中程度であることから、上位化できれば安定した流入が見込めます。ただし難易度は上がるため、まずは検索ボリュームが低いコンテンツの評価が高まってから作成するのがポイントです。

    サイト全体の評価が上がっていない時期は信頼性や権威性が乏しいため、いきなりミドルキーワードで検索上位を獲るのは難しいでしょう。キーワードごとに優先順位を決めて、段階的に取り組んでください。

    軌道に乗り始めたらビッグキーワードを狙う

    Webサイトのアクセス数が増え、軌道に載り始めたらビッグキーワードを狙いましょう。ビッグキーワードで上位表示できれば、さらにインプレッションが伸び、サイトの認知度が向上します。

    ビッグワードで検索上位を獲得するためには、高品質で網羅性が高いコンテンツであることが重要です。ニーズが広範囲である場合は、必要に応じて記事内に内部リンクを張り、関連性のある情報を充実させましょう。

    ただし、信頼性の乏しい情報を載せたり、関係のないリンクを張ったりすると逆効果です。キーワードのニーズを深掘りし、ユーザーのニーズを満たすコンテンツを作成してください。

    関連記事:SEOビッグキーワードとは?SEO初心者の疑問を本気で解説!

    トピッククラスターモデルを意識する

    重複コンテンツを防ぎ、ページ同士の関係を明確にするためには、トピッククラスターモデルを意識するのがおすすめです。

    トピッククラスターモデルとは、トピックを重点に置いたサイト構造を構築する手法を指します。次の3つの要素によって、トピッククラスターを構築していきます。

    ピラーページ 全体のテーマを網羅的に解説したコンテンツ
    クラスターページ コンテンツで扱いきれなかった細部を掘り下げたトピック
    内部リンク ピラーコンテンツとサブトピックをつなぐリンク

    ピラーページには「SEO対策」のような大きなテーマを割り振ります。

    そして「内部対策」「外部対策」「ライティング」「費用」のようなサブトピックを扱うクラスターページを作成しましょう。さらにコンテンツ同士を内部リンクでつなぐことで、サイト全体のテーマや情報網を包括できます。

    これにより、コンテンツの重複を防止でき、キーワードごとに対策しやすくなります。トピッククラスター全体の評価を効率的に高められるため、意識しながら実践してみてください。

    関連記事:トピッククラスターとは?メリットやSEO効果・作り方を解説

    キーワードを検索クエリごとに分類しておく

    キーワードは検索クエリごとに分類しましょう。検索クエリは、それぞれ意図によって下記のように分類できます。

    検索クエリの種類 意味
    Buyクエリ ~を購入したい
    Knowクエリ ~を知りたい
    Doクエリ ~をしたい
    Goクエリ ~のサイト(または場所)に行きたい

    検索クエリを分類しておくことで、読者ニーズや成果に近いキーワードかどうかを即座に把握できます。たとえばBuyクエリは「購入したい」という明確なニーズがあるユーザーが対象であるため、コンバージョンにつながりやすいといえます。

    それに対して、Knowクエリは直接コンバージョンにつながりにくいですが、深いニーズが隠されているキーワードです。Knowクエリに応えるコンテンツを作成することで、潜在顧客との信頼関係を築き、将来的なコンバージョンに期待できます。

    このようにキーワードごとの検索クエリを分類することで、ユーザーの意図が明確になり、コンテンツ作成の効率化につながります。

    検索ボリューム調査ツール8選

    検索ボリュームを調べる際は、ツールを使うとスムーズに取得できて便利です。ここから、検索ボリュームを調べるのに便利な次の8つのツールを紹介します。

    ツールの名称 特徴
    Googleキーワードプランナー 正確なデータが測定できる

    詳細な検索ボリュームを知るには広告を出稿する必要がある

    Ubersuggest 検索ボリューム取得やキーワード調査、競合サイト分析など幅広い機能が使用可能

    無料版は1日3回までの使用

    ruri-co(ルリコ) 検索ボリュームとキーワードの類似率がチェックできる
    aramakijake.jp シンプルで使いやすい検索ボリューム調査ツール
    ネコノテツール 検索ボリュームを20ワードまで一括で取得できる
    Keyword Surfer Google Chromeの拡張機能として使用できるツール

    Google検索で手軽に調べられる

    ラッコキーワード(有料) サジェストや共起語などのキーワードを調査するツール

    有料プランに加入すれば検索ボリュームが取得可能

    キーワードファインダー(有料) キーワード選定を効率化できるツール

    サイト登録によりページごとの順位やSEOチェックができる

    それぞれの特徴を理解し、適切なツールを選んで活用してください。

    Googleキーワードプランナー

    検索ボリュームを調べる際は、Googleキーワードプランナーを活用する方法が最も一般的です。

    検索ボリュームを調べる際は、次の手順で行いましょう。

    • Googleキーワードプランナーにアクセスする
    • Googleアカウントでログイン
    • 「検索のボリュームと予測のデータを確認する」をクリック
    • 調べたいキーワードを入力する
    • 「保存したキーワード」から検索ボリュームを確認

    詳細な検索ボリュームを知りたい場合は、「キャンペーン」から広告を出稿する必要があります。SEOと広告の出稿をセットで行う際は、正確なデータが取得できるGoogleキーワードプランナーを使うとよいでしょう。

    Ubersuggest

    Ubersuggestは、SEOに関するさまざまなデータを取得できるツールです。検索ボリュームのほか、下記の機能が使えます。

    • キーワードの抽出
    • クリック単価の確認
    • サイトの改善点の提案
    • サイトのトラフィック調査
    • 被リンク調査
    • 競合サイト分析

    無料版と有料版があり、使える機能はほぼ同じです。ただし、無料版は1日3回までしか利用できません。使用頻度が高い場合や、さまざまなデータを得たいときは有料版の導入を検討してみましょう。

    ruri-co(ルリコ)

    ruri-coは、CROCO株式会社が提供するキーワード調査ツールです。キーワードの類似率や検索ボリュームを取得できます。

    会員登録は不要で、誰でも無料で使用可能。検索窓にキーワードを打ち込むだけで、簡単に検索ボリュームが調べられます。類似率の高いキーワードを確認できるため、ユーザーの深いニーズの把握に役立ちます。

    aramakijake.jp

    aramakijake.jpは、検索ボリュームを調べるためのツールです。キーワードを入れて調べるだけのシンプルな機能が備わっています。GoogleとYahoo!JAPANそれぞれの検索ボリュームを取得できます。

    またタブを切り替えれば競合検索数予測ツールが利用でき、URLとキーワードを入力すれば「月間推定検索数」「現在の順位」「月間検索アクセス予測数」が取得可能です。

    ネコノテツール

    ネコノテツールは、株式会社ブランディングワークスが提供するツールです。最大20ワードまでの検索ボリュームとクリック単価を一度に調べられます。

    無料で回数制限もないため、効率的に検索ボリュームを調べられるのがメリットです。調べたいキーワードをテキストボックスに入力し、「チェック」を押すだけで簡単に取得できます。

    なお調査したいキーワードが複数ある場合は、一つずつ改行して入力しましょう。また「検索Vol.の月間推移グラフを見る」をクリックすると、1年間の検索ボリュームの推移が確認できます。

    これにより、キーワードの検索回数が1年間のどの時期に多くなるかの調査にも役立ちます。

    Keyword Surfer

    Keyword Surferは、Google Chromeの拡張機能として使えるツールです。ChromeのウェブストアからKeyword Surferのページにアクセスし、機能を追加することで使えるようになります。

    そのため、普段からChromeのブラウザを使っている人におすすめです。拡張機能を追加するだけで、Googleから簡単に検索ボリュームを調べられます。

    検索結果画面のキーワード入力部分を確認すると、検索ボリュームが確認できます。さらに検索結果の左側には、類似率の高いキーワードとその検索ボリュームも記載されており、効率的にSEOに活かすことが可能です。

    競合サイトのドメイン全体でのアクセス数も確認できる多機能なツールです。キーワード調査や競合分析の際に活躍するでしょう。

    ラッコキーワード(有料)

    ラッコキーワードとは、サジェストや共起語などのキーワードを取得できるツールです。有料プランに加入することで、検索ボリュームを含めた下記の機能が使えます。

    • 月間検索数(検索ボリューム)
    • 他のキーワード/質問
    • サジェストプラス

    また、サジェストやAIによる提案機能などの使用回数も増えるため、有料プランを導入すればキーワード調査の利便性が向上します。

    機能が多くて使いやすいため、効率的にキーワード調査を行いたい場合は活用してみるとよいでしょう。

    関連記事:ラッコキーワードはSEOに欠かせないツール!使い方や仕組みを解説

    キーワードファインダー(有料)

    キーワードファインダーとは、キーワード選定を効率化するためのツールです。主な機能は次の通りです。

    • 検索ボリュームの取得
    • キーワードの取得・分類
    • 順位取得・競合比較
    • SEOスコアのチェック
    • キーワードマップ
    • ページごとの順位チェック

    Webサイトとの連携ができ、取得した情報から最適なキーワードを提案してくれるのが魅力です。視覚的に捉えるキーワードマップやページごとの順位チェックなど、さまざまな機能が備わっています。

    検索ボリュームを活用する際の注意点

    検索ボリュームを活用する際は、下記の注意点を押さえてください。

    • 検索ボリュームだけでキーワードを選定しない
    • 季節やトレンドに注意する
    • キーワードの性質を理解する
    • 定期的に分析する

    それぞれ詳しく解説します。

    検索ボリュームだけでキーワードを選定しない

    検索ボリュームが多いキーワードで上位化できれば、アクセス数を大きく伸ばすことに期待できるでしょう。ただし仮に上位を獲得できたとしても、ターゲットにずれがあると、サイトの目的や成果には結びつきません。

    検索ボリュームはあくまで指標の一つであり、サイトの質やターゲットとマッチしているかの方が重要です。ターゲット層が求めている情報やニーズを理解し、それに合致したキーワードを選ぶようにしてください。

    季節やトレンドに注意する

    検索ボリュームは、季節やトレンドによって大きく変動することを念頭に置きましょう。

    たとえば「空気清浄機」を例に挙げると、風邪が流行しやすい冬から、花粉症の時期である春先に需要が高まる傾向があります。もし仮に、空気清浄機の販売台数を増やす目的で季節性の高いコンテンツを作成した場合、夏にはアクセス数が減少するかもしれません。

    また検索エンジンに評価されるまでに時間がかかるため、季節性の高いキーワードを対策する場合は、前もって対策しておく必要があります。

    なお、要因が特定できるキーワードばかりではなく、時期によって変動する原因が不明なものもあります。年間を通して安定的にアクセス数を増やしたい場合は、検索ボリュームの推移を定期的に分析することが重要です。

    その時期のトレンドやニーズに合わせたコンテンツを作成しましょう。

    キーワードの性質を理解する

    SEOを実施する際は、検索ボリュームを含めたキーワードの性質を理解するように心がけましょう。

    ユーザーが入力するキーワードには、潜在的なニーズや意図が含まれているため、綿密な調査のうえ、適切な施策を講じる必要があります。

    なお潜在的なニーズとは、ユーザーが自覚していない課題や悩みのことです。検索ユーザーが「最終的にどのような状態になりたいか」までイメージすることで、深い部分のニーズを満たせるコンテンツを作成できます。

    サジェストや関連キーワード、よくある質問などの多くのデータを参考にすることで、仮説を立てるのに役立つでしょう。これらを踏まえ、キーワードの性質を理解した上で、ユーザーのニーズに合ったコンテンツを作成してください。

    定期的に分析する

    検索ボリュームに応じてコンテンツを作成したら、定期的な分析を行いましょう。コンテンツのアクセス数やコンバージョン率などを分析することで、コンテンツの効果を把握できます。

    検索ボリュームだけでなく、Googleアナリティクスのようなアクセス解析ツールも活用し、幅広くデータ収集することが重要です。分析結果を踏まえて改善を実施し、コンテンツの品質を高めましょう。

    まとめ:検索ボリュームを意識してSEOに役立てよう

    SEOで成果を出すためには、検索ボリュームを意識しながらキーワードを選ぶことが重要です。検索ボリュームの大きいキーワードは競合性が高く、上位化の難易度が高い傾向にあります。

    アクセス数を伸ばしていくには、競合性の低いロングテールキーワードから着手し、段階的に実践していく必要があるでしょう。適切なキーワードを選定し、ユーザーのニーズを正しく理解することで、Webサイトの評価を高められます。

    検索ボリュームの指標を活用し、Webサイトの成果につなげてください。

    関連したコンテンツ
    最新のコンテンツ
    丸投げできるSEO

    最近のコンテンツ

    徹底的に、
    SEOで
    集客するなら。

    Copyright © 2024 eclore Co., Ltd