コラム

SEOライターに記事を外注するメリットとは?依頼方法や注意点も紹介

SEOライターは、SEO対策に必要なコンテンツ制作に特化したライターです。文章作成以外に検索エンジンやマーケティングについての幅広い知識を持ち合わせています。

スキルの高いライターに依頼すれば、社内リソースを削減しながら、効率的にSEO対策を進められます。しかし、外注先の探し方や方法がわからず困っている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、SEOライターの概要や記事制作を外注するメリット・デメリットを解説していきます。

SEO対策のリソース不足に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

SEOライターとは?

SEOライターとは、Googleで検索上位を獲得できる記事作成(SEOライティング)に特化したライターです。

SEOライティングで重要なのは、ユーザーと検索エンジン双方に理解しやすい文章の作成です。そのため、SEOライターはGoogleの検索エンジンやWebマーケティングなど、幅広い分野の知識が求められます。

また、ユーザーニーズを十分に満たせる、優れた文章能力も必須です。Googleは、ユーザーメリットを第一に考えて検索順位を決定していると公言しているためです。

スキルの高いSEOライターは、検索上位の獲得はもちろん、集客や売上を向上させる記事を作成してくれます。

SEOライターとWebライターの違い

Webライターとは、Web媒体で記事を執筆するライターの総称で、SEOライターもその一部です。

しかし、すべてのWeb媒体でSEO対策が必要なわけではありません。Webライターの中には、SEOライティングができない人もいます。

優れた文章が書けるライターでも、ノウハウがなければ検索上位を獲得するのは難しいです。そのためSEOライターを探す際は、SEOの理解度も必ず確認しましょう。

SEOライターを探す方法

SEOライターは、主に以下3つの方法で探せます。

  • 検索エンジン
  • SNS
  • クラウドソーシング

それぞれ詳しく解説していきます。

検索エンジン

検索エンジンで以下のようなキーワードで検索をかけると、SEOライターの情報が出てきます。

  • SEOライター 依頼
  • SEOライター 外注

検索エンジンでは主に、記事作成の代行やSEOライターの紹介など、企業が運営しているサービスが多く出てきます。

SNS

フリーランスや副業で活動しているSEOライターは、SNSアカウントを運営していることが多いです。

特にX(旧Twitter)を案件獲得に使っている人が多いため、検索をして探してみましょう。気になるライターを見つけたら、DMやリプライでコンタクトを取ってみてください。

クラウドソーシング

クラウドソーシングは、フリーランスで活動しているSEOライターの主戦場です。

特にCroudWorks(クラウドワークス)やLancers(ランサーズ)には多くの人材が登録しており、いずれも以下2つの方法でSEOライターを探せます。

  • 登録しているライターにコンタクトを取る
  • 案件の概要を公開して応募を待つ

無料で使えて、効率的にSEOライターを探せるため、一度使ってみましょう。

SEOで記事制作を外注するメリット

SEO記事の制作を外注すると、以下4つのメリットが得られます。

  • 社内にノウハウが必要ない
  • リソースを削減できる
  • 社内にノウハウを蓄積できる
  • コンテンツを定期的に増やせる

それぞれ詳しく解説していきます。

社内にノウハウが必要ない

SEOライターは、SEO対策に必要な知識やスキルを持ち合わせています。そのため、社内にSEOのノウハウが無くても、高品質な記事を制作してもらえます。

またSEOライターの中には、キーワード選定や記事の監修など、ディレクション業務を行える人材もいます。そのような人材やサービスを見つければ、記事制作に関する業務は一貫して任せられるでしょう。

リソースを削減できる

通常、SEO記事の制作には1記事あたり8〜10時間ほどの工数が必要です。

しかし外注すれば、対策キーワードや方針、ターゲットなどを伝えるだけで、構成から記事の作成まで一貫して対応してくれます。

リソースを大幅に削減でき、浮いた時間を内部対策やコンバージョンの改善など、別の施策に当てられます。ただし任せきりにしていると、自社の方針と異なる記事が納品されることもあるため注意が必要です。

ライターとコミュニケーションをとり、適宜確認しながら業務に当たってもらうようにしましょう。

社内にノウハウを蓄積できる

SEOライターが作成した記事の効果測定を行えば、社内にノウハウを蓄積できます。以下のような情報を集めることで、上位表示に必要なスキルやSEOライティングのポイントがわかってきます。

  • 上位表示されている記事の構成や文章の傾向
  • クリック率が高い記事のタイトルやディスクリプションの特徴
  • コンバージョンに繋がっている記事のCTAの設置場所

データが集まれば、将来的に記事制作を内製化することも可能です。コストの削減にもつながるため、積極的に分析を行ってデータを集めておきましょう。

コンテンツを定期的に増やせる

外部のSEOライターに依頼すれば、社内のリソースに関係なく作業を進めてもらえます。そのため、定期的な記事作成の契約を結べば、安定してコンテンツを増やせます。

良質な記事を継続的に公開すれば、SEOに良い影響を与える可能性があるため、外注を上手く利用しましょう。

SEOで記事制作を外注するデメリット

SEO対策の外注には、以下のようなデメリットも存在します。

  • コストがかかる
  • 記事の品質が低い恐れがある
  • ライターとの連携が取りづらい

いずれも理解が甘いと、施策に失敗する恐れがあるため注意しましょう。それぞれ詳しく解説していきます。

コストがかかる

SEO記事の外注にはコストがかかります。依頼方法により費用感は異なりますが、フリーランスのSEOライターに頼む方がコストが低くなる傾向にあります。フリーランスのSEOライターは単価交渉が可能なため、柔軟に価格を変更できるからです。

ただし、あまりに低単価で引き受けてくれるSEOライターに依頼すると、記事の品質が低いこともあるので注意が必要です。スキルの高いSEOライターに頼むなら、最低でも文字単価2円ほどは必要だと考えておきましょう。

記事の品質が低い恐れがある

SEOライターには、専門企業で下積みを積んだ人、自身でブログを運営して収益を上げている人など、さまざまな経歴を持った人がいます。

しかし、中には専門的なスキルを持たずにSEOライターを名乗っている人もいるため、注意が必要です。ライター選びを間違えると、低品質な記事が納品されて上位表示も叶わず、予算が無駄になる可能性があります。

失敗を防ぐには、依頼前に実績やSEOの理解度などを注意深く確認しましょう。不安な人はSEO業者が提供している記事作成代行サービスを利用するのも1つの手です。

ライターとの連携が取りづらい

SEO記事の外注は、基本的にメールやチャットツールで原稿をやり取りします。そのため、社内での記事制作に比べて、コミュニケーション不足になりやすいです。

上手く連携が取れていないと、方向性が異なる記事が納品されたり、納期に間に合わなかったりと、不都合が起きやすくなります。

事前にオンライン面談をする、適度に確認の連絡を入れるなど、外注先と連携が取りやすい体制を整えておきましょう。

SEOライターを探すときの注意点

SEOライターを探す際は、以下6つのポイントを意識しましょう。

  • 円滑なコミュニケーションが取れるライターを選ぶ
  • Googleの動向に詳しいか確認する
  • 実績は複数見せてもらう
  • 記事のテーマに精通したライターを選ぶ
  • 単価だけで外注先を選ばない
  • 依頼内容を明確にしておく

それぞれ詳しく解説していきます。

円滑なコミュニケーションが取れるライターを選ぶ

連絡が返ってこない、会話が噛み合わないなど、連携が取れないライターに外注すると、失敗のリスクが上がります。

そのため、契約前のやり取りで円滑なコミュニケーションが図れるか必ず確認しましょう。

Googleの動向に詳しいか確認する

Googleは、検索エンジンの仕組みを日々アップデートしているため、SEOライターは常に学習が必要です。

トレンドについていけていないライターに依頼すると、失敗の可能性も上がります。依頼前に簡単な質問を投げるなど、適切な知識を持っているライターか確認しましょう。

実績は複数見せてもらう

実績は必ず複数提出してもらいましょう。1記事だけではSEOライターの実力が測れないためです。

また自社と同業種を含めた、多様なジャンルやテイストの実績を提示してもらいましょう。ライターごとに得意な分野は異なるため、自社の雰囲気に適した文章を得意とする人に依頼することが大切です。

記事のテーマに精通したライターを選ぶ

自社のテーマに精通した知識や経験があるかも、SEOライター選びの重要な要素です。

たとえば、Web制作と関わりのない人が、プログラミング関連の記事を書くのは困難です。もし、依頼要件が苦手ジャンルだった場合、記事のクオリティが低くなる可能性があります。

経歴なども含めて、自社のテーマに対して深い知識を持ち合わせているか確認しましょう。

単価だけで外注先を選ばない

SEOライターを発注単価だけで決めるのは、絶対にやめましょう。安く外注できるのは魅力的ですが、十分な実力を持ち合わせていない可能性があります。

ライターは、文章が書ければ誰でも始められる仕事です。スキル不足のSEOライターも多いため、文字単価2円以上など、一定以上の価格を設定しているライターに依頼するのがおすすめです。

依頼内容を明確にしておく

SEOライターを探す際、依頼内容は明確にしておきましょう。不透明な場合、ライター側も自身で対応できる仕事かどうか、判断に困ります。

契約後のミスマッチにつながる可能性もあるため、事前に依頼内容を簡潔にまとめておきましょう。

まとめ:最適な外注先を見つけてSEO対策を効率化しよう

SEOライターは、検索上位を獲得する記事の制作に特化したライターです。外注すれば、社内リソースを削減しながら、効率よくSEO対策を進められます。

しかし、外注先選びに失敗すると予算が無駄になることもあるため、注意が必要です。この記事を参考に、自社に合うSEOライターを探してみてください。

関連したコンテンツ

最新のコンテンツ

TOP

SEO無料相談

受付時間 平日9:00~18:30

0120-790-671