コラム

SEOにおけるYMYLとは?具体的なジャンルと対策のポイントを解説

SEO対策を検討されている方のなかには“YMYL”というジャンルを目にしたことがある方もいらっしゃるでしょう。
あまり一般的な用語ではありませんが、記事を上位化させるには、ぜひとも覚えておきたい用語の1つです。

そこで本記事では、YMYLの概要ならびに具体的なジャンルを解説するとともに、SEO対策を成功に導くうえで押さえておきたいポイントを解説します。
SEO対策の実施にあたり、情報を収集されている方は、最後までご覧ください。

<SEO対策について詳しく知りたい方はこちら>SEO対策とは?SEO対策のメリット・デメリットと対策方法を詳しく解説

YMYLとは?

YMYLとは「ユア・マネー・オア・ユア・ライフ(Your Money or Your Life)」の頭文字をとった略称です。
「あなたのお金、あなたの生活(人生)」という直訳どおり、お金や健康、ショッピングなど、人々の生活に深く関わるテーマやトピックを扱うWebサイトを意味します。
これは、Googleによって定められている項目であり、検索品質評価ガイドライン(General Guidelines)では以下のように定義されています。

Webページに掲載されるトピックは多種多様であり、一部には、危害を及ぼすリスクが高い内容も含まれています。人々の将来の幸福や健康、経済的安定・安全などに影響を与える可能性があります。当社は、このようなトピックを「Your Money or Your Life」、またはYMYLとよびます。(Pages on the World Wide Web are about a vast variety of topics. Some topics have a high risk of harm because content about these topics could significantly impact the health, financial stability, or safety of people, or the welfare or well-being of society. We call these topics

引用元:Google検索品質評価ガイドライン(General Guidelines)

YMYLに該当する7つのジャンル

具体的に、どのようなジャンルがYMYLに含まれるのでしょうか。
Googleの検索品質評価ガイドラインでは、以下で挙げる7つの項目がYMYLに該当すると定めています。

ジャンル①ニュース・時事問題

災害や政治などの国際的なニュースや、時事・社会問題などはYMYLに含まれます。
人々に与える影響が大きいジャンルであり、誤った情報や、客観性を欠いた情報を発信すると混乱を招く可能性があるため、厳しい評価基準が設けられています。

ただし、すべてのニュースや時事問題がYMYLに該当するわけではありません。
たとえば、スポーツや芸能・エンタメ、ライフスタイルなどのトピックは、人々に影響をおよぼす可能性が低くYMYLジャンルではない」と判断されることもあります。

ニュースと時事問題:国際的なイベント、ビジネス、政治、科学、技術などの重要なトピックに関するニュースを指します。すべてのニュース記事がYMYLのトピックと該当するわけではありません。例を挙げると、スポーツやエンタメ、日常のライフスタイルに関するものは、YMYLに含まれません。(News and current events: news about important topics such as international events, business, politics, science, technology, etc. Keep in mind that not all news articles are necessarily considered YMYL (e.g., sports, entertainment, and everyday lifestyle topics are generally not YMYL.).)

引用元:Google検索品質評価ガイドライン(General Guidelines)

ジャンル②政府・法律・市民権・社会サービス

政府や法律、市民権や社会サービスなど、人々の人生や国の将来に影響を与えるジャンルもYMYLに含まれます。
万が一誤った情報が流れてしまうと、行政サービスを受けられなくなるだけでなく、政府支持率の低下や経済悪化などの混乱を招いたりすることも起こりえるでしょう。

このような背景から、ニュース・時事問題同様に、こちらにも厳しい評価基準が設定されています。

公民、政府、ならびに法律:投票、政府機関、公的機関、社会福祉、ならびに法的問題(離婚、監護権、養子縁組、遺言の作成など)などの重要な情報を、国民に提供するためのページを指します。(Civics, government, and law: information important to maintaining an informed citizenry, such as information about voting, government agencies, public institutions, social services, and legal issues (e.g., divorce, child custody, adoption, creating a will, etc.)

引用元:Google検索品質評価ガイドライン(General Guidelines)

ジャンル③金融

投資や税金、保険やローンといった、金融や財産に関わるコンテンツも、YMYLに該当します。
お金に関連する間違った情報や、不明瞭な投資アドバイスを発信すると、個人もしくは企業の資産に損失を与えるおそれがあるからです。

退職後の生活設計や保険、オンライン購入が可能なWebサイトなどもこのジャンルに含まれるので、扱うコンテンツの内容がこれに含まれるかどうかを確認しましょう。

金融:投資、税金、退職後の計画、ローン、銀行、保険などに関するアドバイスや情報を提供するページほか、オンライン上で購入や送金できるページも指します。(Finance: financial advice or information regarding investments, taxes, retirement planning, loans, banking, or insurance, particularly web pages that allow people to make purchases or transfer money online.)

引用元:Google検索品質評価ガイドライン(General Guidelines)

ジャンル④ショッピング

インターネット上で商品の購入および決済ができるWebサイトも、YMYLジャンルに当てはまります。
オンラインで金銭の取引をするECサイトが代表的なものであり、とりわけ規模が大きいWebサイトや、高額の商品・サービスなどは厳しく評価される傾向にあります。

ショッピング:商品やサービスを調べる、もしくは購入するページであり、特にオンラインで購入できるページを指します。(Shopping: information about or services related to research or purchase of goods/services, particularly web pages that allow people to make purchases online.)

引用元:Google検索品質評価ガイドライン(General Guidelines)

ジャンル⑤健康と安全

医療問題や薬品、病院や緊急時の準備など、医療関係を扱うトピックもYMYLに含まれます。
これらは、健康に密接する領域であり、もし誤った情報を発信してしまうと、ユーザーの健康を損ねる、もしくは生命に関わる問題を引き起こす可能性があります。

医学的根拠や症例のデータを用意したり、禁止されている表現があったりするなど、YMYLのなかでも特に厳しく評価されるジャンルです。

健康と安全:医療問題や薬、病院、緊急時の準備、活動の危険性などの情報もしくはアドバイスに関するページを指します。(Health and safety: advice or information about medical issues, drugs, hospitals, emergency preparedness, how dangerous an activity is, etc.)

引用元:Google検索品質評価ガイドライン(General Guidelines)

ジャンル⑥人々のグループ

人種や性別、宗教、国籍、民族的出身に関わる情報を扱うWebサイトもYMYLに含まれます。
なかでも人種や宗教、ジェンダーやLGBTなどはデリケートな問題です。
客観性や整合性に欠ける情報を発信すると、差別の助長や争いに発展する可能性があるため、こちらも厳しく評価されます。

人々のグループ:人種、民族的出身、宗教、生涯、年齢、国籍、退役軍人の地位、性的指向、性別または性同一性といった人々のグループに関する情報や主張を提供しているページです。記載されているグループはこれら限りません。(Groups of people: information about or claims related to groups of people, including but not limited to those grouped on the basis of age, caste, disability, ethnicity, gender identity and expression, immigration status, nationality, race, religion, sex/gender, sexual orientation, veteran status, victims of a major violent event and their kin, or any other characteristic that is associated with systemic discrimination or marginalization.)

引用元:Google検索品質評価ガイドライン(General Guidelines)

ジャンル⑦その他

上記には該当しないものの「人々の生活や将来、財産や健康に影響する」と見なされるコンテンツも、YMYLジャンルに当てはまります。
Google検索品質評価ガイドラインでは、以下で挙げるジャンルもYMYLに該当する可能性があると定めているので、確認してみましょう。

【YMYLに該当する可能性があるジャンルの一例】

  • フィットネス
  • 栄養学
  • 美容
  • 住宅情報
  • 大学の選択
  • 職探し

フィットネスや栄養学、美容などは、医療ほどの専門性はないものの、人々の健康に影響を与えます
また、住宅情報、大学や職業の選択などは、今後の人生を大きく左右するトピックであるため、YMYLジャンルに含まれる可能性があります。

人々の人生や健康、財産などへの影響力があり、なおかつ情報の正確性や客観性が求められるコンテンツ」は、原則としてYMYLに該当すると判断するとよいでしょう。

その他:フィットネスや栄養、住宅情報、大学の選択、仕事の探し方などはYMYLと判断されることがあります。これらだけでなく、YMYLと見なされる可能性のある、生活の大きな決定や重要な局面に関連するトピックがあります。(Other: there are many other topics related to big decisions or important aspects of people’s lives which thus may be considered YMYL, such as fitness and nutrition, housing information, choosing a college, finding a job, etc. Please use your judgment.)

引用元:Google検索品質評価ガイドライン(General Guidelines)

YMYLとSEOの関係

「医療や健康など、YMYLジャンルのWebサイトはSEO対策を実施しても効果がない」という話を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、この情報は誤りです。

YMYLは、ユーザーの日常生活に密接な関わりがあるジャンルであると同時に、人々の暮らしや人生に大きな影響を与える「間違いが許されない分野」だといえます。
このような背景から、Googleの評価基準も厳しく設定されており、検索順位が上がりにくい傾向にあることは事実です。

しかし、専門的知見ならびに権威性のあるデータをもとに、コンテンツの品質を高めて、クローラビリティ(※1)を向上させれば、SEO効果が期待できます。
YMYLジャンルのWebサイトに求められる要素を理解したうえで、適切な対策を講じれば、検索順位の上位化、さらにはCV数の向上も目指せるでしょう。
具体的な対策方法は後述します。

※1 クローラビリティ:検索エンジンのクローラー(Googlebot)が「巡回しやすいWebサイトであるか」「コンテンツの内容に問題はないなどか」などをチェックする、SEO対策における指標の1つ

SEO無料相談

YMYLとあわせて覚えておきたい“E-E-A-T”とは?

YMYLジャンルに含まれる記事を上位化させるには「E-E-A-T」という指標も押さえておかなければなりません。
これは、GoogleがWebサイトの品質を評価・判断する際の評価基準の1つであり、以下で挙げる項目の頭文字の略語からきています。

【E-E-A-Tを構成する項目】

  • 経験(Experience)
  • 専門性(Expertise)
  • 権威性(Authoritativeness)
  • 信頼性(Trustworthiness)

上記の項目を高い水準で満たさなければ、YMYLを扱うコンテンツで上位化を目指すことは難しいでしょう。
そのため、事実に基づかない情報を記載したり、出展元を表記せずに情報を発信したりすると「品質が低いサイトである」と評価され、検索順位に悪影響をおよぼします。
高い評価を得るために、押さえておきたいポイントは後述します。

SEOにおいてYMYLが重要視されるようになった背景

YMYLがガイドラインに追加された背景には「WELQ(ウェルク)問題」があります。
Googleはユーザーの利便性を向上させるべく、品質の高い記事のみが検索結果の上位に表示されるように、定期的にアップデートを実施しています。

Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。

引用元: Googleが掲げる10の真実

しかし、かつては誤った情報や客観性に欠ける記事でも、検索エンジンのアルゴリズムを分析・予測することで、SEOで上位を獲得できる時期がありました。

このとき、医療や健康にまつわる情報をまとめた“WELQ”というキュレーションサイトで、大量の記事が量産および上位化されます。
このサイトは医学的知見からの監修がないだけでなく、倫理的にも問題がある内容が散見され、記事を閲覧したユーザーに健康被害が生じる事態にまで発展しました。
これが、先述した「WELQ問題」です。

この問題をきっかけに、Googleは「誤った情報や、ユーザーに危害を与えるおそれがある記事を上位化させてはいけない」と判断し、YMYLジャンルの評価基準を厳しくします。
その結果、信ぴょう性や正確性に欠けるWebサイトの検索順位は下がり、十分な品質が担保されている記事のみが上位表示されるようになったというわけです。

YMYLを扱う記事におけるSEO対策のポイント

YMYLジャンルに該当する記事は上位化が難しい傾向にあります。
SEOで効果を出すには、一般的なジャンルの記事との差別化ならびに効果的な対策を実施することが必須です。

ここからは、YMYLジャンルを扱う記事における、SEO対策で押さえておきたいポイントを紹介します。

ポイント①裏付けとなる情報を明記する

コンテンツの信頼性を担保するには、情報の正確性を裏付けする情報を明記しなければなりません。
たとえば、法律に関連する記事を発信するのであれば、個人ブログの情報を参考にしたのか、あるいは弁護士が発信したデータに基づいているのかでは、信頼性が大きく異なります。

掲載する情報の正しさを証明できるように、公的機関や専門機関などが公表するデータを引用もしくは出典元を明記し、信頼できるソースがあることを明記しましょう

引用タグの正しい設置方法については以下をご覧ください。

ポイント②品質を高める

YMYLを扱う記事でSEO効果を出すには、コンテンツの品質を高めると同時に、情報も充実させなければなりません。
この場合の“品質”は、情報の正確性だけでなく、記事全体の構成やレイアウト、ボリュームや視認性なども含まれます。
また、「難しい言葉や専門用語を使わない」「わかりにくい表現は噛み砕く」などの工夫を取り入れることも重要です。

ユーザーが読みやすいと感じられるレイアウトやボリュームを担保し、なおかつオリジナリティのあるコンテンツを作成すれば、記事の上位化を目指せます。

ポイント③専門知識を持つ人が執筆・専門家に監修してもらう

YMYLに該当する記事において、コンテンツの専門性が高い水準で満たされることは、SEOの評価向上にもつながります。
記事の専門性を高めるには、専門分野の知識を持つ人が執筆する、もしくは専門家に監修を依頼するなどの方法が有効です。
法律に関する記事であれば弁護士、医療に関連するコンテンツであれば医師に監修してもらうなどの施策を講じましょう。

ポイント④ユーザーの検索ニーズを満たす

SEO全般にいえることですが、特にYMYLを扱う記事ではユーザーの検索ニーズを満たす記事を作成しなければなりません。
検索ニーズの定義はさまざまですが、代表的な例として「記事のタイトルと、内容に書かれていることが一貫している」ことが挙げられます。

たとえば、ユーザーが「風邪 治し方」というキーワードで検索することを想定して「風邪が治らないときに試してほしいこと」というタイトルの記事を作成するとします。
しかし、記事の内容が「風邪をひく理由」「風邪の症状の種類」などのトピックで占められていて、肝心の風邪の治療に効果的な方法が記載されていないとどうなるでしょうか。
当然のことながら、ユーザーやクローラーから「求めている情報が記載されていない」と判断され、上位化を目指すことは難しくなります。

記事の作成時はユーザーの目線に立ち、検索キーワードならびにタイトルに合った情報を盛り込むことを意識してください。

ポイント⑤定期的に情報を更新する

YMYLジャンルで高い評価を得るには、記事のアップロード後に定期的に情報を更新することも重要です。
古い情報を放置し続けると、情報がアップデートされた際に「古いデータが掲載されたままになっている」と判断され、SEOに悪い影響を与えるおそれがあります。

YMYLを扱う記事では、常に新しい情報が発信されていないかアンテナを張り巡らせて、コンテンツの鮮度を保つよう心がけてください。

ポイント⑥運営元の情報を記載する

Webサイトの信頼性を保つには、企業概要や責任者などの運営元情報を記載することも重要な要素です。
運営元情報を明記することにより、責任の所在がわかり、閲覧しているユーザーに安心感や信頼感を与えられます。

ポイント⑦外部サイトからの被リンクを獲得する

被リンク」という用語をご存じでしょうか。
これは、外部サイトに自社サイトへジャンプできるリンクを貼ってもらう施策であり、被リンクが多い記事は、SEO対策においてよい評価を得やすい傾向にあります。

しかし、無作為に被リンクを獲得するだけでは意味がありません。
YMYLジャンルにおいてSEO評価を向上させるには、サイト同士の関連性が高く、Googleからの評価が高いサイト(ドメイン)から被リンクを獲得する必要があります。

被リンクが多い記事を作成するためにも、これまでに挙げたポイントを意識した記事を作成し、品質に優れるコンテンツを作成しましょう。
ナチュラルリンクを獲得するために、独自の調査結果をまとめたり、自社オリジナルの情報を発信したりするなどの対策を講じてみてください。

前述したように無作為に被リンクを獲得するだけでは効果は期待できません。とはいえ、検索順位を上げることを目的としたリンクの売買などはスパムとみなされる場合があります。
被リンク獲得施策を実施しよう考えている方は以下の記事をご覧ください。

ポイント⑧YMYLと非YMYLコンテンツを混同しない

YMYLジャンルのコンテンツの作成時は、非YMYL コンテンツと混同させてはいけません。
情報量を充実させたいと思うあまり、同記事内にYMYLと非YMYLコンテンツの両方を取り入れると、内容に一貫性がなくなり、記事のテーマがわかりづらくなります。
視認性が損なわれるだけでなく、Googleからも「品質の低いサイト」と評価されやすくなり、検索順位が低下するおそれがあります。

SEO効果を出せるように、コンテンツのテーマには一貫性をもたせましょう。

SEO無料相談

YMYLジャンルにおけるSEO対策の実施例

ここからは、実際に弊社で実施したYMYLジャンルのSEO対策の実施例を紹介します。

実施例①YSこころのクリニック(心療内科)

YSこころのクリニック様”は、東京都江東区に拠点をおく、うつ病治療の専門クリニックです。
自社サイトへのアクセス数ならびに来院数の増加を目的として、内部修正やキーワード分析、コンテンツの作成・反映作業やリンク調整などを実施しました。
対策キーワードの一例ならびに施策結果は以下のとおりです。

【対策キーワードと施策結果】

対策キーワード 施策開始前の順位 施策後の順位
うつ治療 東京 12位 1位
うつ治療 門前仲町 10位 1位
電車 乗れない 圏外 2位
人が怖い 圏外 9位

※2023年1月時点データ・一部キーワード抜粋

施策前と比べると、自社サイトへのアクセス数が約8倍まで増え、予約件数も大幅に増加しました。

SEO対策において注力したポイント

心療内科やメンタルクリニックなどの医療ジャンルは、YMYLにおける“健康と安全”に該当します。
SEO対策では、情報の正確性や信頼性が求められるため、コンテンツ作成時には、厚生労働省などの公的機関の情報から引用したデータや顧客の実績や経験・見解を反映しました。

また、「電車 乗れない」や「人が怖い」といった、“自覚症状はないが、身体・メンタル面の不調が起きているユーザー”に向けても情報を発信し、ユーザーの検索ニーズを満たす原因や症状、対処法の解説コンテンツを作成しました。

実施例②ほけんスマイル(保険代理店)


兵庫県を中心に保険代理店事業を展開する“ほけんスマイル様”は、保険から将来のお金の相談まで幅広く対応しています。
「より多くの方をサポートするために、自社サイトへの流入数を増やしたい」という目的を達成すべく、内部修正やキーワード分析、新コンテンツの作成などを実施しました。
対策キーワードの一例と施策結果は以下のとおりです。

【対策キーワードと施策結果】

対策キーワード 施策開始前の順位 施策後の順位
生命保険 何歳から 圏外 8位
生命保険 何歳まで 圏外 3位
保険 複数加入 圏外 6位
生命保険 毎月いくら払っている 圏外 10位

※2023年6月時点データ・一部キーワード抜粋

施策後は、自社サイトへのアクセス数は約3倍、相談予約数も増加し、お喜びの声をいただけました。

SEO対策において注力したポイント

保険やお金を扱うジャンルは、YMYLの“金融”に該当します。
信頼性の高い情報を盛り込むべく、生命保険文化センターをはじめとした権威性のある機関が発信する情報を記載、ならびに出典元としてコンテンツを作成しました。
あわせて、定期的にコンテンツの内容を更新するアップデート作業も実施し、情報の鮮度ならびに検索順位が落ちないようにしました。

YMYLジャンルでSEO効果を出すにはコンテンツの品質向上に注力しましょう

YMYLは、人々のお金や健康、生活などに影響を与えるジャンルであるため、Googleにより厳しい評価基準が設けられています。
一般的なジャンルよりもSEOの難易度は高く、E-E-A-Tを高い水準で満たさなければ、上位表示を狙うことは困難です。

事実とは異なる情報や、客観性を欠いた情報を発信すると「低品質なコンテンツ」と認識され、検索順位が低下するおそれがあります。
裏付けとなる情報を明記したり、専門知識を持つ人に執筆や監修を依頼したりするなどの対策を講じて、コンテンツの品質を高めることが、SEO対策の成功につながります。

徹底的にSEO・コンテンツマーケティングするならランクエスト

SEO対策とは
関連したコンテンツ
最新のコンテンツ
TOP

SEO無料相談

受付時間 平日9:00~18:30

0120-790-671