コラム

被リンクによるペナルティとは?原因と対処法を解説

良質なサイトからの被リンクの獲得は、検索エンジンからの評価が上がりSEOにも好影響を与えます。ただし、誤った使い方をするとGoogleからペナルティを受ける可能性もあります。

そこで、本記事では被リンクが原因でペナルティを受ける例や、悪質な被リンクを受けないための予防法などを解説します。

本記事を最後まで読めば、効果的に被リンクを活用できるようになります。被リンクが原因でサイトの評価を下げたくない方は、ぜひ最後までご覧ください。

<SEO対策について詳しく知りたい方はこちら>SEO対策とは?SEO対策のメリット・デメリットと対策方法を詳しく解説

目次

被リンクとは

被リンクとは、外部サイトから自社サイトに向けて設置されるリンクです。「バックリンク」や「外部リンク」とも呼ばれます。

検索順位を左右する要素としても捉えられており、多くの企業が獲得に注力しています。被リンクが設置されるケースはさまざまですが、企業サイトであれば次のようなケースが挙げられるでしょう。

  • 外部サイトで自社のWebサイトやサービスが紹介される
  • 自社サイト内のコンテンツが引用・出典元として記載される
  • 顧客である企業や個人からリンクを受ける

被リンクがSEOにおいて効果的な理由

検索エンジンは各ページの情報を読み取ってSEO評価を与えますが、それだけでは良し悪しを完全に判断できません。そのため、検索順位を決定する要素の一つに被リンクが採用されています。

情報の網羅性が高く、良質なサイトほど他のサイトから参照されるため、必然的に被リンクが集まりやすくなります。その結果、検索エンジンは「被リンクが多いサイトはユーザーに有益な情報を与えている」と認識するため、SEO評価が高まります。

しかし、検索エンジンはすべての被リンクを評価するわけではありません。低品質なサイトから貼られた被リンクやスパムリンクなどは、対象外になります。闇雲に被リンクを獲得するだけでは、評価の向上は見込めないため注意しましょう。

被リンクを受ける3つのメリット

被リンクはSEOによい影響を与えるだけでなく、以下のようなメリットも持ち合わせています。

  • 検索上位を獲得しやすくなる
  • WebサイトのSEO評価が向上する
  • クローラーの巡回頻度が高まる

順番に見ていきましょう。

検索上位を獲得しやすくなる

被リンクが多く集まるサイトは、ユーザーに有益な情報を与えていると認識されるため、上位表示しやすくなります。

検索エンジン経由のアクセス数も向上するため、より多くのユーザーに自社コンテンツやサービスを見てもらえる機会が増えます。

WebサイトのSEO評価が向上する

被リンクを多く獲得しているサイトは、信頼性と専門性に優れたサイトと評価されるので、ドメインパワーが上がりやすくなります。

ドメインパワーとは、検索エンジンからの信頼度を数値化した指標です。数値が高いサイトほど、コンテンツが上位表示される傾向があります。

クローラーの巡回頻度が高まる

検索エンジンは、クローラーというプログラムを利用して、世界中のWebページの情報を収集しています。クローラーはページ内のリンクを辿ってサイトを巡回するため、多くのリンクが紐づいているものほど訪れやすいです。

つまり、被リンクの数が多いと複数のサイトに紐づいている状態のため、クローラーがサイトを訪れる頻度が高まります。クローラビリティが向上すると、ページを更新した際に認識・評価してもらえる速度が速くなるメリットがあります。

 

被リンクによるペナルティとは?

被リンクによるペナルティとは、Googleが不自然な被リンクと判断した場合に、与えられるペナルティのことです。例えば、下記のような被リンクが該当します。

  • 作為的なリンクを設置する
  • スパムサイトにリンクが設置される

Googleからペナルティを受けてしまうと掲載順位が下落し、サイトが検索結果に表示されなくなることもあります。

被リンクが原因でペナルティを受けるサイト

被リンクが原因でペナルティを受けるサイトは、主に下記の5つです。

  • スパムサイトや違法コンテンツ
  • リンクファームやリンクスパムサイト
  • コピーコンテンツのサイト
  • 有料リンクが貼られたサイト
  • 関連性の低いページから被リンクを受けているサイト

では、1つずつ詳しく解説します。

スパムサイトや違法コンテンツ

スパムサイトは広告収入の増加を目的に、Googleのガイドラインから外れた不正な手段でSEOによる集客を図るサイトです。また違法コンテンツは、違法薬物や児童ポルノ販売といった違法な情報が該当します。

Googleは上記のようなサイトを認めていません。そのため、スパムサイトや違法コンテンツに被リンクが設置されると、ペナルティを受ける恐れがあります。

リンクファームやリンクスパムサイト

リンクファームとは、検索エンジンから評価を上げるために、多数のサイトから相互リンクを集めて設置するサイトを指します。またリンクスパムサイトも同様に、低品質なコンテンツに大量のリンクを貼り、検索エンジンからの評価を上げようとするサイトです。

いずれもパンダアップデートやペンギンアップデートといった検索エンジンのアップデートにより、近年では見かけなくなりました。

とはいえ、完全にサイトが消えた訳ではありません。引き続きリンクスパムサイトやリンクファームサイトへの被リンク対策は必須です。

コピーコンテンツなどの低品質なサイト

オリジナルコンテンツが存在しない、コピーコンテンツだらけのサイトは、Googleのガイドラインでも不正行為として扱われています。

不正行為に該当するサイトに被リンクが設置されれば、リンク先のサイトにも悪影響を受けるため、ペナルティの対象となる恐れがあります。

有料リンクが貼られたサイト

有料リンクとは、検索順位をコントロールする目的で売買されるリンクです。購入したリンクをWebサイトに設置する行為は、Googleのガイドライン違反となるため注意してください。

以前は有料リンクを利用して検索順位を上げる手法が蔓延していましたが、現在はアルゴリズムが改良されて効力がなくなりました。それどころか、ペナルティを受けて検索圏外に飛ばされる恐れがあるため、有料リンクを設置する行為はやめましょう。

関連性の低いページから被リンクを受けているサイト

関連性の低いページから受ける被リンクは、SEO評価によい影響を与えないため注意が必要です。

検索エンジンは、関連性のあるページから受けた被リンクを高く評価する傾向があります。そのため、ディレクトリサイトなどSEO目的でリンクを羅列しただけのページから獲得した被リンクでは、よい評価は見込めません。

WebサイトのSEO評価向上を目指すなら、関連性の高いページから被リンクを受けるようにしましょう。

被リンクの確認方法

サイトへの被リンクを確認する方法は、主に以下の3つです。

  • Google Search Console
  • Google Analytics
  • チェックツール

Google Search ConsoleとGoogle Analyticsは、Googleが公式に提供しているサイト分析ツールです。チェックツールは、企業や個人が提供しているツールを使います。

では、それぞれの確認方法を詳しく解説します。

Google Search Console

Google Search Consoleで被リンクを確認する方法は、以下の通りです。

  1. Google Search Consoleにログインする
  2. セキュリティと手動による対策→手動による対策を選択する
  3. ペナルティの内容を確認する

ペナルティを受けていると、「人為的または不自然なリンクのパターンが検出された」という旨の警告文が届きます。問題がない場合は、「問題は検出されませんでした」と表示されます。

Google Analytics

Google Analyticsでも、下記の手順で被リンクを確認できます。

  1. Google Analyticsにログインする
  2. レポート→ライフサイクル→集客を選択
  3. ユーザー獲得→ユーザーの参照元/メディアを選択

なお、Google Analyticsでは被リンク元の質までは確認できません。また、アンカーテキストも調べられないため注意が必要です。

チェックツール

企業や個人が提供している、サイト分析ツールを使って被リンクを確認する方法です。無料ツールと有料ツールがあり、無料ツールの場合は使用回数や機能に制限がかかっている場合もあります。

無料チェックツールの例 有料チェックツールの例
Ahrefs(無料版)
SmallSeoTools など
Majestic.com
MOZ など

悪質な被リンクを受けた場合の対処法

悪質な被リンクを受けてしまった場合、以下の対処法にて被リンクの無効化ができます。

  • Google Search Consoleで被リンクを確認する
  • 否認するリンクのリストを作成する
  • リストをアップロードする

悪質なサイトの被リンクは、削除依頼に応じてくれないことがあります。そのため、Google Search Consoleの否認ツールを利用し、リンクを無効化するのが有効です。

Google Search Consoleで被リンクを確認する

まずはGoogle Search Consoleにログインし、否認の候補となる被リンクを確認しましょう。否認の候補となる被リンクには、以下のようなものがあります。

  • 低品質のサイト
  • スパムサイト
  • 作為的なリンクが多いサイト

誤って良質なサイトからの被リンクを選ばないよう、Googleのガイドラインにもとづき否認する被リンクをピックアップしましょう。

否認するリンクのリストを作成する

否認する被リンクをピックアップしたら、テキストファイルにてリスト化します。なお、テキストファイルを作成する際は以下の点に注意が必要です。

  • 否認するURLまたはドメインを1行につき1つ指定する
  • 無効化するドメインには「domain:」のプレフィックスを付ける
  • 「UTF-8」または「7-bit ASCII 」でエンコードされたテキストファイルを使う
  • ファイル名の末尾は「.txt」に統一する
  • URLの長さは2,048文字まで
  • 最大ファイルサイズは 「100,000行」および2MBまで

また、先頭に「#」をつければコメントを追記できます。

リストをアップロードする

否認したい被リンクのリストが完成したら、下記の手順でリストをアップロードします。

  • リンク否認ツールページを開く
  • プロパティを選択し、対象サイトを選択する
  • ローカル コンピュータ上の否認リストファイルを選択する
  • リストに間違いがないか確認し、送信する

もしアップロードしたファイルにエラーがある場合は、その一覧が表示されます。前項で解説した注意点を参考に、リストを修正し再アップロードしましょう。

悪質な被リンクを受けないための防止策

悪質な被リンクを受けないための防止策は、主に3つあります。

  • 定期的に被リンクをチェックする
  • 被リンク先を厳選する
  • 被リンクに頼りすぎない

では、それぞれ詳しく解説します。

定期的に被リンクをチェックする

不自然な被リンクが設置されていないか、定期的にGoogleSearch Consoleなどでチェックしましょう。また被リンクだけではなく、SEOで集客を伸ばすためには、こまめなサイト分析が欠かせません。

サイト分析の際に、被リンクもあわせてチェックすると効率的です。

被リンク先を厳選する

良質な被リンクは、SEOにも好影響をもたらします。検索エンジンから評価されるためには、被リンク先の厳選も重要です。低品質なサイトの被リンクを獲得しても、検索エンジンからの評価が上がらないばかりか、反対にサイトの評価を落とす可能性もあります。

ドメインパワーが強く良質なサイトから被リンクを獲得できるよう、リンク先となるサイトは厳選しましょう。

関連記事:ドメインパワーとは?SEOへの影響や計測ツールを紹介

被リンクに頼りすぎない

検索エンジンからの評価を上げる方法は、被リンクの獲得だけではありません。コンテンツの質を上げ、ユーザビリティを高めるのも大切なSEO施策です。

被リンクに頼りすぎないSEO施策を意識し、ユーザー満足度が高くなるコンテンツを作りましょう。

良質な被リンクの特徴

質の高い被リンクを受けたWebサイトは、検索エンジンからの評価も高くなります。

WebサイトのSEO評価を上げるために、良質な被リンクの特徴を押さえておきましょう。

自然にされた被リンク

自然にされた被リンクとは、Webサイトに訪れたユーザーが自発的に設置したリンクのことです。

Webサイトを見たユーザーが「他のユーザーにも見てもらいたい」という気持ちになることで、自然に発生します。

そのため、コンテンツの内容が多くのユーザーにとって有益であると検索エンジンから評価されます。

自然にされた被リンクの数が多いほど検索順位も上がるため、Webサイトに訪れたユーザーからリンクをもらえるようにコンテンツの質を高めることが大切です。

複数サイトから得た被リンク

同一サイトからの被リンクよりも、複数のサイトから得た被リンクの方が検索エンジンからの評価は上がります。

被リンクの質にはドメインの数も影響します。複数のサイトから被リンクを受けているということは、複数のサイトが自社コンテンツを高く評価していると考えられるため、検索順位も上がりやすいです。

同じドメインのサイトから複数の被リンクを獲得しても、スパム行為と判断される可能性があるため要注意です。

関連性の高いサイトからの被リンク

関連性の高いサイトからの被リンクは、質の高い被リンクとして検索エンジンから高い評価を得やすくなります。

関連性の高いサイトとは、自社のコンテンツに関係の深い情報を発信しているサイトのことです。 

例えば、自社のコンテンツでWeb広告に関する記事がある場合、Web広告の情報を発信しているサイトから被リンクを受ければ、関連性の高いサイトからの被リンクを受けていると言えます。  

関連性の高いサイトからの被リンクは、検索エンジンから高い評価を得やすくなります。

悪質な被リンクの特徴

悪質な被リンクは、WebサイトのSEO対策に逆効果です。ここでは、悪質な被リンクの特徴を確認していきましょう。

購入した被リンク

お金を支払って購入したリンクは、Googleのガイドラインに違反しており、ペナルティの対象となります。

良質な被リンクとして評価されるのは、あくまで自然に受けた被リンクであり、意図して増やしたリンクは検索エンジンに評価されません。

以前は業者から購入して被リンクを増やす手段が横行していましたが、現在ではGoogleの検索も進化しており、不自然に増えたリンクはすぐに見抜かれます。

サイトの中に隠した被リンク

Webサイトの中にリンクを隠す手法は「隠しリンク」と呼ばれ、悪質な被リンクとしてペナルティの対象になります。

隠しリンクは、リンクテキストを通常テキストと同じ色に設定しているため、サイトを訪問するユーザーにはリンクがあるのかわかりません。

他にも、背景色と同じ文字色にしたり、目に見えないサイズまで文字を小さくしてリンクを貼ったりするなど、隠しリンクの手法はさまざまです。

以前は隠しリンクで簡単に被リンク数を稼げていましたが、近年の検索エンジンではスパム行為として厳しくチェックされます。

関連性の低いサイトからの被リンク

関連性の低いサイトからのリンクは、質の悪いリンクとみなされます。関連性の低いサイトとは、自社コンテンツとはジャンルなどが大きく異なるサイトのことです。

現在は検索エンジンのクロール技術が進化しており、リンクされた文脈まで理解して評価をします。 

関連性の低いサイトから被リンクを受けていても、SEOの効果はありません。それどころか、悪質なリンクとしてSEO上の評価を落とすため注意が必要です。

良質な被リンクの獲得方法

SEO評価を向上するためには、良質な被リンクを受ける必要があります。ここからは、良質な被リンクの獲得方法を7つ紹介します。

  • 質の高いコンテンツを発信する
  • ユーザーの検索ニーズを把握する
  • コンテンツの専門性を高める
  • 独自性のあるコンテンツを作成する
  • SNSで認知の拡大を図る
  • 関連のあるサイトに相互リンクを依頼する
  • コンテンツを視覚的わかりやすくする

順番に見ていきましょう。

質の高いコンテンツを発信する

ユーザーが価値を感じるコンテンツを作成することが、被リンク獲得の近道です。

検索順位が上がらないと、SEO対策ばかりに注力するサイトが多いです。しかし本来、検索エンジンはユーザーにとって有益なサイトほど高く評価します。

ユーザーがコンテンツに魅力を感じ、共有したくなるような情報を発信することで、外部サイトから自然な形で被リンクを獲得できます。情報の正確性や伝わりやすさも意識したうえで、ユーザーにとって役に立つ質の高いコンテンツを発信しましょう。

ユーザーの検索ニーズを把握する

コンテンツの数が多くても、検索ニーズを満たせなければ、ユーザーは満足しないでしょう。

Webサイトでは、自社の商品やサービスを紹介することに意識が向きがちになります。そのためコンテンツを作成する際は、ユーザーの悩みに寄り添っているか、検索意図を満たせるかを確認する必要があるでしょう。

ユーザーの検索ニーズは、関連キーワードやサジェストキーワードから読み取れます。SNSを活用して、自社サービスに関連するユーザーの悩みや意見を把握しておくのも効果的です。

コンテンツの専門性を高める

多くの分野を取り扱うより、一つに絞って発信するほうが、情報の専門性や網羅性が高まります。結果として、ユーザーに引用・参照されやすくなり、被リンクの獲得につながるでしょう。

なおYMYLに該当する分野は、情報の専門性や網羅性だけでなく、誰が発信しているのかも重視されます。YMYLとは、人々のお金や健康、生活に大きく影響を与える分野を指します。

医療に関するテーマなら医者や看護師、法律関連なら弁護士が記事の執筆・監修を務めることで、より専門性を高められるでしょう。

独自性のあるコンテンツを作成する

コンテンツ内にオリジナルの調査結果やインタビュー記事、専門知識を盛り込む方法も効果的です。独自性のあるコンテンツを作成することで、被リンクだけでなくユーザーの関心や信頼も獲得できます。

とくに独自の調査結果やアンケートなどは、情報の正確性を担保するものになるため、他サイトから参照されやすくなります。

SNSで認知の拡大を図る

自社サイトのコンテンツをSNSでシェアしてユーザーの目に触れる機会を広げることで、被リンクの獲得につながります。

定期的な情報発信や共有、コメントへの返信など、積極的に活用すればよりよい効果が得られるでしょう。コンテンツにシェアボタンを設置する方法も有効です。ボタン一つで簡単に共有できるようになるため、多くのユーザーへ認知の拡大を図れます。

関連のあるサイトに相互リンクを依頼する

検索エンジンは、関連性のあるページ同士の被リンクを高く評価する傾向があります。そのため、被リンク元が自社サイトと似たテーマを扱う場合、一般的な被リンクより高い評価を得られる可能性が高まります。

関連性のあるサイトに相互リンクを依頼することで、効率よく質の高い被リンクを獲得できるでしょう。

ただし、過剰なリンク交換や相互リンクだけを目的としたパートナーページの作成には注意が必要です。検索エンジンに悪質な被リンクと判断される可能性が高いため、設置を控えましょう。(参考:リンクスパム|Google検索セントラル

コンテンツを視覚的わかりやすくする

視覚的にわかりやすいコンテンツほど、被リンクを獲得できる可能性が高まります。

ユーザーにとって有益な情報が含まれていたとしても、テキストばかりでは読みづらく、ページを離脱しかねません。

表や画像、図解を適度に用いることで、視覚的にわかりやすくなります。他サイトに紹介したいと思うユーザーが増え、結果的に被リンクの獲得につながるでしょう。自身が読み手だったらどう感じるかを念頭に置いて、コンテンツを作成することが重要です。

広報活動で良質な被リンクを増やす方法

自社の広報活動で良質な被リンクを増やす方法を4つご紹介します。

プレスリリース

自社のWebサイトにプレスリリースを掲載し、配信サービスに掲載されれば、被リンク数を増やせます。

事前に登録しておけば、さまざまなジャンルのメディアに一括配信できます。

多方面のメディアにプレスリリースが転載されれば、多くのユーザーの目に留まる機会が増えます。

さらにそのメディアを見たユーザーが、自分のサイトやSNSからリンクを張ってくれることもあるため、利用するメリットは大きいです。

寄稿記事

他社が運営するメディアがあれば記事を寄稿させてもらう方法もあります。

自社の専門性や独自性を活かせるサイトに記事を寄稿し、その記事から自社サイトに直接リンクを貼ってもらえば、良質な被リンクを獲得できます。

インタビュー記事

PRメディアからのインタビュー記事に、自社サイトのリンクを掲載してもらうのも一つの方法です。

インタビュー記事では被リンクを獲得できるだけでなく、自社サービスの内容をしっかり伝えやすいメリットもあります。

集客力の高いメディアに掲載されればインプレッションも増えるため、マーケティング施策として効果的です。

テレビ・雑誌

TVや雑誌などマスメディアへの露出も、被リンクの獲得に有効です。

自社の製品やサービスが情報番組や専門誌に取り上げられれば、多くの人の目に触れて話題になります。

そうすると、ニュースサイトやPRサイトなどのWebメディアも話題を取り上げるようになり、そこから被リンクが生まれるのです。

Webメディアに取り上げられるには話題性が必要になるため、簡単な事ではありませんが、PR施策の一環としてチャレンジする価値はあります。

被リンクの購入が意味ないとされる理由

被リンクの購入が意味ないと言われる理由は、主に4つあります。

検索順位が下がる

被リンクを購入すると、Googleからペナルティを受けて検索順位が大幅に下がることがあります。

 

Googleには検索順位を決めるルールである、アルゴリズムが存在します。

アルゴリズムは日々更新され続けており、これに反したコンテンツを作ると、ペナルティを受けて検索上位表示が難しくなります。

 

大量の被リンクを購入すると、Googleから「低品質なサイト」とみなされるため注意が必要です。 

サイトの閉鎖に追い込まれる

購入した被リンクが大量にある場合、Googleからペナルティを受けてサイトが排除されることがあります。 

一度悪い評価がつくと、信頼を回復するのは大変です。上位に表示されないどころか、検索結果にも表示されない可能性があります。最悪の場合は、サイトの閉鎖に追い込まれるでしょう。

被リンクの購入には大きなリスクがあるため、やるべきではありません。

ペナルティリスクがつきまとう

被リンクを購入したサイトは、ペナルティリスクを抱えながら運営をし続けることになります。

いつGoogleからペナルティを受けるか分からないため、精神的な苦痛を強いられます。

一度ペナルティを受けてしまうと上位表示が難しくなるため、サイト制作にかけた努力も水の泡です。

リスクを抱えながらサイトを運営するよりも、良質な被リンクの獲得を目指して努力をした方がメリットは大きいといえます。

悪質な業者が存在する

SEO対策業者の中には、大量の被リンク取引を行う悪質な業者が存在します。

悪質な業者に依頼すると、自社サイトがペナルティを受けたり、法外な費用を請求されたりするため注意が必要です。

低品質なリンクを購入した場合、あとでリンクの削除依頼に応じてもらえないケースもあります。

悪質な業者によるトラブルに巻き込まれないためにも、被リンクの購入は避けた方が無難です。

悪質なSEO業者と関わらないよう、自社でもSEOに関する知識をある程度身につけておきましょう。

まとめ:被リンクをチェックしてサイトの質を高めよう

被リンクが原因でGoogleからペナルティを受けると、検索結果に悪影響を及ぼします。スパムサイトや違法コンテンツを扱うサイトはもちろん、オリジナリティのない低品質なサイトからの被リンクも、ペナルティの対象となり得ます。

万が一スパムサイトなどから被リンクを貼られた場合は、本記事の内容を参考に被リンクを無効化しましょう。

ランクエストのSEOでは、被リンク対策はもちろん、SEOに必要なすべての施策を一括でサポート可能です。自社サイトのSEO施策にお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

SEO対策とは

関連したコンテンツ
最新のコンテンツ
TOP

SEO無料相談

受付時間 平日9:00~18:30

0120-790-671