コラム

ドメイン年齢(ドメインエイジ)とは?調べる方法やSEOとの関係を解説

ドメイン年齢はドメインの存在をGoogleが認識してから現在までの期間のことで、高いほどSEOに有利になると言われています。そのため、SEO対策を行う上で詳細の理解が必要です。

しかし具体的な意味や、ドメインパワーとの違いがわからないという方も多いのではないでしょうか。

この記事ではドメイン年齢の概要や確認方法、SEOとの関係を解説していきます。

近年Googleが取り締まりに力を入れている、中古ドメインについても説明しているため、ぜひ参考にしてください。

    SEOにご興味がある方へ

    キーワード上位化までの期間を無料分析

    SEO専門業者として14年、4,200社を支援し続けて積み上げたノウハウをもとに、専門のコンサルタントが分析した効果予測シミュレーションを無料でお届けします!

    会社名

    必須

    名前

    必須

    電話番号

    必須

    メールアドレス

    必須

    ホームページのURL

    必須

    上位化したいキーワード
    ※最大3つ

    必須

    個人情報保護ポリシー


    ドメイン年齢(ドメインエイジ)とは?

    ドメイン年齢とは、ドメインが登録されてから現在までの期間のことです。取得日ではなく、Googleの検索エンジンにドメインがインデックスされてから経過した年月を表します。

    人間の年齢と同じで、年月と共に自然と高くなっていきます。一般的に、ドメイン年齢が高いサイトほど信頼性や権威性に優れているとされ、SEO評価も高くなる傾向にあります。

    ドメインレート・ドメインオーソリティとの違い

    ドメインレート・ドメインオーソリティは、ドメインに対するGoogleからの評価を数値化したものです。

    AhrefsやMajesticなどのSEOツールによって生まれた概念で、数値が高いほどSEOに強いとされています。ドメイン年齢と違い、被リンクやサイテーションの獲得により、運営期間に関係なく高められます。

    重要なSEO施策の1つとされているため、自社サイトのドメインパワーがわからない方は、対応しているSEOツールの導入をおすすめします。

    関連記事:エイチレフス(Ahrefs)とは?できることや料金について解説

    ドメイン年齢(ドメインエイジ)とSEOの関係

    一般的に「ドメイン年齢が高い=長期間運用されている」という考えから、ドメイン年齢が高いWebサイトはSEOに強いとされています。

    しかし、ドメイン年齢だけでSEO対策が成功することはなく、年齢が高いドメインを使うには、中古ドメインの使用以外に方法がありません。

    デメリットの方が大きいため、Webサイトは新規ドメインで開設するのが無難です。その理由を、以下で詳しく解説していきます。

    ドメイン年齢は高ければ良いというわけではない

    SEO評価は継続して良質なコンテンツを更新し、権威性と関連性の高いWebサイトから被リンクを集めることではじめて向上します。

    つまり、ドメイン年齢とSEO評価が比例するのは、真っ当に運営されてきたWebサイトのみです。そのため、公開当初から放置されていたドメインは、年齢ほどの評価は受けられません。

    たとえば10年前に公開されたドメインでも、現在までほとんど更新されていなければ新規のWebサイトと評価は変わらないでしょう。

    中古ドメインの使用は避けるべき

    中古ドメインとは、過去に第三者が使用していて、現在は放置されているドメインのことです。SEO評価の高い中古ドメインが手に入れば、検索エンジンに信頼されている状態でサイト運営を始められるます。

    それにより、過去には中古ドメインを使用したSEO対策が、アフィリエイターを中心に流行したこともありました。

    しかし当初よりGoogleは、検索エンジンの操作を目的とした中古ドメインの利用を問題視していました。そしてついに、2024年3月のスパムアップデートと同時に、以下のような記述をスパムに関するポリシーに追加したのです。

    期限切れのドメインの不正使用

    期限切れのドメインの不正使用とは、期限切れのドメイン名を主に検索ランキングを操作する目的で購入し、ユーザーにとってほとんどまたはまったく価値がないコンテンツをホストするために再利用することです。例としては次のものがありますが、これらに限定されません。

    • 以前に政府機関が使用していたサイトで、アフィリエイト コンテンツを掲載する
    • 以前に非営利の医療団体が使用していたサイトで、医療関連の商品を営利目的で販売する
    • 以前に小学校が使用していたサイトで、カジノ関連のコンテンツを掲載する

    引用:Google ウェブ検索のスパムに関するポリシー|Google検索セントラル

    つまり、今後は中古ドメインの使用が手動による対策(ペナルティ)の対象になるということです。手動による対策を受けると、順位が大きく低下する、インデックスから除外されるなどの不利益が起こり、その後の改善も難しくなります。

    また、購入した中古ドメインが過去にペナルティを受けている可能性もあり、施策が逆効果になるおそれもあります。SEOに有利な側面があるのは事実ですが、大きなリスクを孕んでいるため、中古ドメインの使用は断固として避けましょう。

    ドメインエイジの確認方法

    ドメイン年齢は、無料ツールを使って簡単に調べられます。さまざまなツールがありますが、ohotuku.jpが使いやすくておすすめです。調査したいドメインのURLを貼り付けて調査ボタンを押せば、ドメイン年齢が表示されます。

    ドメイン年齢が若いWebサイトのSEO対策のポイント

    ドメイン年齢が若いWebサイトでSEO対策を行う際は、以下の3つのポイントを意識しましょう。

    • 成果を急がない
    • スモールキーワードやロングテールキーワードを狙う
    • 良質なコンテンツを作成する

    それぞれ詳しく解説していきます。

    成果を急がない

    SEO対策の性質上、新規のドメインは成果が表れはじめるまでに、早くとも3〜6ヶ月程度かかります。

    理解しないまま対策を始めると、施策が失敗したと勘違いしてお金と労力を無駄にするおそれがあります。諦めずに運営していれば、徐々に成果が上がり始めるため、焦らないようにしましょう。

    スモールキーワードやロングテールキーワードを狙う

    検索ボリュームや競合が少ないスモールキーワードやロングテールキーワードであれば、ドメイン年齢に関係なく上位表示が期待できます。

    反対にビッグキーワードやミドルキーワードなどで、ドメイン年齢が高いWebサイトに勝つのは不可能に近いです。そのため、成果が出やすいキーワードから対策を行い、徐々にアクセスや被リンクを集めることが重要です。

    地道に評価を高めていけば、将来的にドメイン年齢が上のWebサイトにも勝てるようになります。

    関連記事:ロングテールキーワードの選び方とは?SEOへの影響とツールを紹介

    良質なコンテンツを作成する

    SEO対策で最も重要なのは、コンテンツの品質です。そのためドメイン年齢に関係なく、ユーザーに利益をもたらす有益な情報を含んだコンテンツの作成が必須です。

    内容が良ければ、ドメイン年齢が高いWebサイトのページより上位に表示される可能性も0ではありません。仮に上位表示できなくてもドメイン年齢の向上に伴って、初期に作成したコンテンツの順位が上がることもあります。

    ドメイン年齢をカバーするための外部対策なども大事ですが、基本を忘れないようにしましょう。

    まとめ:ドメイン年齢(ドメインエイジ)を理解して適切なSEO戦略を立てよう!

    ドメイン年齢が高いとSEOで有利になりやすいですが、ドメイン年齢を向上させる施策などは存在しません。中古ドメインを使えば、評価が高い状態でサイト運営をスタートできるもののデメリットが大きいため、控えたほうが良いでしょう。

    したがってSEOで成果を上げるには、時間の経過を待ちながら地道な施策を繰り返し、良質なコンテンツを継続して作成する他ありません。この記事を参考に基本を押さえ、適切なSEO戦略を立ててみてください。

    関連したコンテンツ
    最新のコンテンツ
    丸投げできるSEO

    最近のコンテンツ

    徹底的に、
    SEOで
    集客するなら。

    Copyright © 2024 eclore Co., Ltd