コラム

共起語とは?関連語との違いやSEOにおいて重要な理由を解説

共起語はSEOライティングを進める上で重要な役割を持っており、検索上位を狙ううえで理解が必要不可欠です。共起語を正しい理解のもと記事に含めれば、より狙ったキーワードで上位表示できる可能性が高まります。

本記事ではSEOのおける共起語について、関連語やサジェストとの違い、記事作成時の注意点などを解説します。記事が上位表示されず悩んでいる方は、ぜひ最後までご覧ください。

<SEO対策について詳しく知りたい方はこちら>SEO対策とは?SEO対策のメリット・デメリットと対策方法を詳しく解説

共起語とは?関連語やサジェストとの違い

共起語(きょうきご)とは、特定のキーワードに対して同時に使用されやすいキーワードのことを指します。

たとえば、「Webライティング」というキーワードであれば、「文章・ライター・SEO・ユーザー」などの言葉がキーワードとともに多く使用されます。

上記のように、特定キーワードに対して一緒に使用されやすい言葉が共起語です。

共起語は、検索エンジンがコンテンツの内容を判断する基準の1つです。検索エンジンは人間のように文章全体を読むのではなく、コンテンツ内に頻出するキーワードや共起語を参考に内容を判断しています。

また、共起語の理解を進める上で重要なのが、関連語やサジェストとの違いです。いずれも共起語と混同しやすいですが、その用途や性質は大きく異なります。

共起語と関連語との違い

関連語は、検索ユーザーが入力したクエリに関連するキーワードのことです。関連キーワードと呼ばれることもあります。

共起語がキーワードとよく一緒に使われる言葉なのに対し、関連語はキーワードをもとにユーザーが連想するであろう言葉を表したものです。

たとえば、検索エンジンに「Webライティング」と入力すると、検索結果の画面下に「Webライティング 副業」「Webライティング 資格」といったクエリが表示されます。

上記のように、入力したキーワードに紐づくさまざまなニーズが関連語です。関連語は、検索頻度や関連サイトなどをもとに表示されます。関連語を深堀することで、キーワードに対するユーザーのニーズが見えてきます。

コンテンツ内で頻出するキーワードを指す共起語とは違い、クエリにもとづき連想されるキーワードが関連語です。

共起語とサジェストとの違い

サジェストは、特定の単語と組み合わせで検索されやすいキーワードを指します。

たとえば、検索窓に「Webマーケティング」と入力すると、「仕事内容・資格」といったキーワードとセットになるクエリが表示されます。このクエリがサジェストです。検索エンジンがユーザーに対し、「これについて知りたいのでは?」と提案を促すキーワードが、サジェストに該当します。

ページ内に頻出するキーワードを表す共起語とは違い、サジェストはキーワードとの組み合わせで検索されやすいクエリであるといった違いがあります。

共起語がSEOにおいて重要な理由

共起語がSEOにおいて重要な理由は、主に3つです。

  • 検索エンジンのアルゴリズムに影響する
  • コンテンツの質が上がる
  • コンテンツの方向性を決めるヒントになる

では、1つずつ詳しく解説します。

検索エンジンのアルゴリズムに影響する

検索エンジンは、Webページのテキスト情報を分析して内容を理解します。その分析材料の1つとなるのが、キーワードに対する共起語です。

たとえば、SEOを解説する記事であれば、「対策・Google・検索エンジン」といった共起語を本文に含めます。共起語を本文に適切に含めば、検索エンジンがSEOについての記事だと認識しやすくなります。

関連する共起語が含まれていないと、検索エンジンがコンテンツの内容を正しく理解しきれません。そのため、検索エンジンのアルゴリズムに悪影響を及ぼす可能性があります。

コンテンツの質が上がる

共起語を適切に含んだコンテンツは、読みやすさにもつながります。コンテンツ内に共起語があると、文章の論理性やつながりが明確になります。

たとえば、初心者に対しSEOを解説する記事であれば、Googleの検索エンジンやアルゴリズムについても触れる必要があるでしょう。共起語となる検索エンジンやアルゴリズムの解説も含めば、より論理的かつキーワードとつながりのあるコンテンツを作成できます。

その結果、検索エンジンだけではなくユーザーからの信頼性も向上します。

あわせてお読みください:EEATとは?

コンテンツの方向性を決めるヒントになる

コンテンツを作成する際は、タイトルや見出しなど全体の構成を定めてから中身となる文章を執筆します。

構成作成の時点で対策キーワードと関連のある共起語を調べておけば、伝えるべきポイントや流れ、ユーザーの導き方をイメージしやすくなります。

また、共起語は既存コンテンツをリライトする際にも役立ちます。上位表示されているコンテンツと比較し、不足する共起語を補うことで、品質や情報の網羅性を高められるでしょう。

共起語を調べる方法

共起語を調べる方法は、主に2つあります。

  • 上位コンテンツから調べる
  • ツールで調べる

上位コンテンツはGoogleの検索エンジン、ツールは「ラッコキーワード」などの無料分析ツールをもとに調べる方法です。それぞれ詳しく解説します。

上位コンテンツから調べる

検索上位に表示されているコンテンツから、頻出する単語や語句を目視で確認することで、共起語を調べられます。

たとえば、「Webライティング 初心者」のキーワードであれば、「ライター・案件・ブログ」といった共起語が各コンテンツの中に頻出しているのがわかります。

検索結果で上位されているコンテンツは、検索キーワードに対して見本となるコンテンツです。上位コンテンツの中身を分析すれば、必要となる共起語も見えてきます。

しかし、一つ一つのページを目視で確認しなければならないため、多くの時間と手間がかかります。また、抽出すべき共起語の抜けや漏れが発生する恐れもあります。そのため、基本的にはツールを用いる方法を推奨します。

ツールで調べる

上位コンテンツを直接調べるのではなく、「ラッコキーワード」や「共起語検索」といった、無料分析ツールを使って調べる方法もあります。

上位コンテンツを手作業で分析すると、時間がかかる上にキーワードの確認漏れも懸念されます。その点、分析ツールを使えば、短時間かつミスなく共起語を調査できます。

無料で使える共起語分析ツール4選

ここからは、共起語を効率よく調査できるツールを4つ紹介します。

どれも無料で使用できるため、気になるものがあれば試してみるとよいでしょう。

ツール名 特徴 利用制限
ラッコキーワード ・検索上位20サイトで使用される共起語を一覧で確認できる 会員登録なし:1日5回まで
無料会員:1日15回まで
有料会員:1日500回~
共起語検索 ・Googleの上位30サイトをもとに共起語が抽出される
・シンプルで使いやすい
なし
サクラサクラボ共起語調査ツール ・GoogleやYahoo!の検索上位で頻出する語句を共起語として取得する
・CSVダウンロードが可能
利用には会員登録が必要
共起語調査ツール ・スマートフォンとPCのプラットフォーム別に共起語を調査できる
・会員登録不要で利用可能
なし

それぞれ解説します。

ラッコキーワード

ラッコキーワード」は、共起語を無料で調査できるツールです。指定のキーワードを入力するだけで、検索上位20サイトで使用される共起語を一覧で確認できます。

また、GoogleやBingのサジェストキーワードや月間検索数、見出しを抽出する機能も搭載されています。SEO対策に活用できる情報を幅広く収集したい場合にも最適です。

ただし、会員登録をしないと1日5回までの利用制限がかかるので注意が必要です。無料会員登録や有料プランを契約すれば調査できる回数が増えるため、1日に複数回利用したい場合は、有料プランへの加入を検討しましょう。

共起語検索

共起語検索」では、Googleの上位30サイトで使用される共起語を取得できます。

指定のキーワードを検索窓に入れるだけで共起語と使用回数が表示されるので、初心者でも容易に使いこなせるでしょう。

また、コピペ用に共起語だけを抽出したデータも一覧で表示されるため、エクセルやメモ帳にデータを保存しておきたい場合にも重宝します。

使用する際に会員登録や利用制限がないのも特徴です。共起語と使用回数だけ調査できればよい場合に適しています。

サクラサクラボ共起語調査ツール

サクラサクラボ共起語調査ツール」では、GoogleやYahoo!の検索上位コンテンツで形態素解析をおこない、頻出する語句を共起語として取得する仕組みを採用しています。

一度に複数のキーワードを調査できるのはもちろん、「共起語 SEO」など2語以上のキーワードの共起語も抽出可能です。

取得したデータはCSV形式でダウンロードもできるので、分析や管理の際も重宝します。なお、利用するには会員登録が必要です。一度会員登録をすれば、関連語調査や上位サイト分析など、その他のSEOツールも利用できます。

共起語調査ツール

共起語調査ツール」は、スマートフォンとPCのプラットフォーム別に共起語を調査できるツールです。モバイルフレンドリーを強化したい場合に適しています。

調査する範囲を1Pまたは2Pから選択できるのも特徴です。2Pを選択すると、より多くのサイトを対象に共起語を抽出できます。ただし、その分負荷が大きくなるため注意が必要です。

会員登録は不要で、利用制限なしに何度でも使用できます。使用する際には、開発者のTwitterから毎週更新されるパスワードを取得する必要があります。

ラッコキーワードを例に共起語ツールの使い方を解説

無料分析ツール「ラッコキーワード」を例に、使い方を解説します。

  • ステップ1:ターゲットKWを検索窓に入力する
  • ステップ2:検索結果が表示される
  • ステップ3:検索結果をもとに記事に含む共起語を決める

注意点として、ラッコキーワードは非会員(ゲストユーザー)の場合利用上限が1日5回に制限されています。

しかし無料会員になれば、下記まで回数制限が延長されます。

検索内容 1日あたりの使用回数
見出し抽出・共起語検索 合計15回
各種キーワード調査 合計50回
無料機能の利用 合計65回(IP単位)

上記の回数を超えて利用したい場合は、有料会員への登録が必要です。

ステップ1:ターゲットキーワードを検索窓に入力する

ラッコキーワードにアクセスし、コンテンツのターゲットキーワードを検索窓に入力します。

キーワードを入力したら、検索内容を「共起語」に設定して検索しましょう。10秒ほどで上位20サイトの検索結果が表示されます。

ステップ2:検索結果が表示される

検索結果では、以下の項目別に共起語の出現回数が表示されます。

  • 共起回数(ページ全体/タイトル/見出し)
  • 出現サイト数(ページ全体/見出し)

また、検索結果はソートでの並べ替えや単語ごとのコピー、CSV出力などが可能です。

ステップ3:検索結果をもとに記事に含む共起語を決める

検索結果をもとに、記事に含める共起語を選定しましょう。共起語はあれもこれも記事に含めれば良い訳ではありません。検索結果の中には、ターゲットKWと関連性の低いワードが含まれることもあります。

記事の内容やペルソナをもとに、ターゲットキーワードと関連する共起語を選定しましょう。

SEO対策における共起語の活用シーン

ここからは、SEO対策における共起語の活用シーンを紹介します。

  • 新規コンテンツ作成時
  • 既存記事のリライト

なお、SEOを意識したコンテンツ作成において、共起語を闇雲に用いるのは控えましょう。文章がわかりにくくなるだけでなく、ユーザーが知りたい情報もぼやけてしまいます。あくまでも、ユーザーの検索意図を満たすことを意識しましょう。

それぞれ解説します。

新規コンテンツ作成時

新規コンテンツを作成する際は、共起語分析ツールを用いて、検索上位に頻繁に含まれる共起語を確認します。

抽出した共起語から、ユーザーの検索意図を満たすために必要な情報を精査し、タイトルや見出し、本文に含めます。対策キーワードと関連のある共起語を含めることで、ユーザーにとって有益なコンテンツを作成できるでしょう。

既存記事のリライト

コンテンツを作成したものの、検索上位を獲得できないケースもあるでしょう。そのような場合は、検索上位と自社コンテンツで使用されている共起語を比較します。

欠けている要素をコンテンツ内に盛り込むことで、情報の網羅性が高いページへリライトできます。ユーザーニーズに応えられるようになるため、検索順位の上昇が狙えるでしょう。

共起語を使って記事を書く際の注意点

共起語を使って記事を書く際のポイントは3つあります。

  • キーワードと関連性の高い共起語を使う
  • 文章の流れに合わせて自然に盛り込む
  • 共起語を重視しすぎない

共起語を記事に含めるだけでは不十分です。適切に文中に含め、よりユーザーニーズに応えられる記事を作成しなければなりません。

では、1つずつポイントを解説します。

キーワードと関連性の高い共起語を使う

本文に含む共起語は、ターゲットキーワードと関連性の高いものを使いましょう。目的のキーワードと関連性の高い共起語を抽出すれば、Googleの検索エンジンから関連性の高い記事だと認識されやすくなります。

キーワードと関連性の高い共起語を選定し、上位表示を狙いましょう。

文章の流れに合わせて自然に盛り込む

記事に共起語を含める際は、文章の流れに合わせて自然に盛り込むのがポイントです。共起語の挿入にこだわりすぎ、文章が不自然になるのは本末転倒です。

Googleは何よりも「ユーザーの利便性」を第一に考えています。Googleの検索画面がシンプルなのも、ユーザーの使いやすさを重視した結果によるものです。

常にユーザーファーストを意識し、ユーザー満足度の高いコンテンツを作成しましょう。

共起語を重視しすぎない

共起語は上位コンテンツに多く含まれるキーワードで、ユーザーの検索意図を汲み取る重要な要素です。

しかし、コンテンツに多く含んだからといって、必ずしもSEOに有利に働くわけではありません。現状、共起語のSEO効果は以前に比べて薄まっています。

初期の検索エンジンはテキストの分析能力が低かったため、共起語を順位決定の要素に活用していました。ただ、アップデートによって検索エンジンの性能が高まったことを受けて、SEOにおける共起語の重要性は低くなりました。

もちろん、検索意図の把握においては重要な役割を果たすため、全く役に立たないわけではありません。共起語をコンテンツ作成の中心にするのは控え、あくまでも参考程度に使用しましょう。

共起語についてよくある質問

最後に、共起語についてよくある質問に回答します。

共起語にSEO効果はありますか?

共起語のSEO効果は薄まっています。

初期の検索エンジンでは、テキストを読み取る能力が低かったため、共起語を順位決定の要素として使用していました。しかし、検索エンジンの性能が進化するにつれ、共起語は徐々に重視されなくなりました。

現在ではコンテンツ内に共起語を盛り込むような施策を講じても、検索順位の上昇にはつながりません。

ただし、ユーザーの検索意図を把握するという点では、SEOに有利に働きます。共起語からユーザーが知りたい情報を汲み取ってコンテンツに活かすことで、間接的なSEO効果を得られるでしょう。

共起語の多用によるペナルティはありますか?

コンテンツ内に共起語を含めすぎた場合、Googleのペナルティを受ける可能性があります。

Googleでも、検索順位を操作する目的で、ページ内に同じ単語や語句を不自然なほど繰り返す行為はスパムと判断すると注意を促しています。
(参考:Google ウェブ検索のスパムに関するポリシー|Google検索セントラル

まとめ:共起語を正しく使ってコンテンツの質を高めよう

共起語は検索エンジンに対して、コンテンツの中身を理解させるのに重要な役割を担っています。

共起語をコンテンツに適切に挿入すれば、結果としてユーザーに論理的かつ説得力のある情報を提示できるため、検索結果でも上位表示される可能性が上がります。

共起語が持つ特性や役割を正しく認識し、専門性の高いコンテンツを提供しましょう。

SEO対策を外注する際の注意点について知りたい方は、以下の記事をご覧ください。
SEO対策を外注する前に、注意すべきポイントや外注先の選び方について詳しく解説しています。
外注先を探している、既にSEO対策を外注しているが効果が出ないとお悩みの方必見です。

SEO対策を外注しようとお考えの方はこちら>>>【失敗しない】SEO対策を外注へ依頼する前にぜひ知ってほしい内容を徹底解説
SEO対策を外注する場合の費用相場について知りたい方はこちら>>>SEO対策を代行業者へ依頼する場合の料金の相場は?

ランクエストのSEO施策では、共起語への対策も含め、SEOに必要な「事前準備・施策実施・レポーティング」のすべてをサポートしています。SEO施策でお困りの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

SEO対策とは

関連したコンテンツ

最新のコンテンツ

TOP

SEO無料相談

受付時間 平日9:00~18:30

0120-790-671