コラム

SEOにおけるリライトとは?効果を高める方法やコツを解説

「SEOに効果的なリライト方法が知りたい。具体的な方法は?」

このような疑問をお持ちではないでしょうか。

今回は、SEO評価を向上させるリライト方法を解説します。

改善すべき記事の選び方やコツを知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

<SEO対策について詳しく知りたい方はこちら>SEO対策とは?SEO対策のメリット・デメリットと対策方法を詳しく解説

SEOにおけるリライトとは?

リライトとは、「文章を書き直す」という意味で、完成した原稿などを読みやすく改善する目的で使われます。

ただしSEOにおいては、少し意味合いが異なります。SEOにおけるリライトは、検索エンジンからの評価を高めることが目的です。既存のコンテンツを改めて編集し、読みやすさだけでなく、検索順位の向上を目指します。

SEO対策を実施するうえで、リライトは欠かせない要素といえます。

リライトの重要性

リライトが重要視される理由は、コンテンツの公開後も流動的に検索順位が変化するためです。仮に検索結果で1位を獲得できたとしても、それが永久に続くわけではありません。

Googleはユーザーに役立つコンテンツを優先的に表示するため、ページを順位付けしています。そのためにアルゴリズムを日々改良しており、アップデートに伴って順位の変動が起こっているのです。

また、SEO効果を見込んで作成したコンテンツが、想定より評価されないことも起こり得ます。したがってコンテンツを増やすだけでなく、公開後も適宜メンテナンスを行い、改善する必要が出てくるのです。

関連記事:コンテンツSEOとは?導入のメリットや手順、成功事例を解説

リライトする記事の選び方

リライトする際は、改善すべき記事の選定から始めます。下記に該当するような記事は、リライトで改善の余地があります。

  • 順位が伸び悩んでいる
  • CTRが低い
  • 低品質と判断されそう

それぞれの特徴や、リライトすべき理由を詳しく解説します。

順位が伸び悩んでいる

順位が伸びない記事は、コンテンツの内容が乏しく、読者のニーズに合致していない可能性があります。

なぜならGoogleは、ユーザーの満足が高い高品質な記事を上位に表示させるためです。順位が上がらない場合は、全体的に内容を見直してリライトを実施しましょう。

また、Googleのアルゴリズム変更や競合コンテンツの増加などによって、順位が低下することもあります。このような場合も、アップデート内容や競合コンテンツの傾向に則ったリライトが必要です。

関連記事:Googleの検索順位が下がったときに考えられる原因と対処法

CTRが低い

CTR(Click Through Rate)とは、検索やネット広告でクリックされた割合を意味します。検索結果で上位にもかかわらず、CTRが低い記事はユーザーへの訴求が弱いと考えられます。

内容が優れていたとしても、タイトルやその下のディスクリプションが魅力的でないと、ユーザーはクリックしません。

この場合、ユーザーのクリックを促すような文章に改善することで、CTRの向上が見込めます。

低品質と判断されそう

サイト内に低品質なコンテンツと判断されそうな記事がある場合、優先的にリライトしましょう。低品質コンテンツとは、ユーザーに価値を与えないとGoogleから判断されたコンテンツのことです。

インデックスの対象にならず、サイト全体の評価も落としかねないため、改善が求められます。

関連記事:コンテンツ品質はSEOに影響する?低品質ページの影響や見分け方を解説

SEO対策でリライトする際の手順

記事を改善して順位を上げたいときは、下記の手順でリライトを行います。

  • リライトする記事の分析
  • 改善点の洗い出し
  • リライトの実施

それぞれ詳しく解説します。

リライトする記事の分析

リライトが必要な記事をピックアップしたら改めて読み返し、全体を分析しましょう。具体的には、次の箇所を確認していきます。

  • タイトル
  • ディスクリプション
  • リード文
  • 本文や装飾
  • リンク

その際、競合サイトのリサーチやキーワード分析なども並行して実施します。

改善点の洗い出し

記事を分析すると、次のような課題点が浮き彫りになります。

  • ターゲットの心理に訴えかけられていない
  • ユーザーが求める情報が足りていない
  • 信頼性が担保できていない

Googleサーチコンソールやアナリティクスなどのツールを活用することで、より多くの課題点を見つけられます。訪問したユーザーの属性や滞在時間などが確認できるため、改善すべき項目が見つかりやすくなるのです。

競合サイト・キーワードの分析結果や、アクセス解析から抽出した課題点をもとに、リライトの方針を決めていきましょう。

関連記事: Googleアナリティクスとは?設定方法や導入手順・使い方を解説

リライトの実施

リライトするポイントが定まったら、実際に手を加えていきます。この際、全体的に手直しをするのではく、部分を決めてリライトすることが大切です。

たとえば情報の追加や削除を行う場合は、タイトルやディスクリプションに手を加えないでおきます。一度に修正すると、何が結果に結びついたのか検証しにくくなるためです。

リライトのノウハウを貯めるためにも、優先度の高いポイントに絞って実施しましょう。

記事をリライトするコツ

記事をリライトする際のコツは、下記の4つです。

  • 情報の過不足を補う
  • 上位記事に共通する要素を網羅する
  • 競合と差別化した内容にする
  • タイトルやディスクリプションを見直す

これらのポイントを踏まえて、リライトを実践してください。

情報の過不足を補う

ユーザーの検索意図から逸れた内容を増やしても、リライトの効果は得られません。検索結果やキーワードを分析し、検索したユーザーが求めていることは何かを考え、記事に足りない情報をプラスしましょう。

また、Googleが公開しているSEOスターターガイドでは、「テーマに応じた適切な量のコンテンツを提供する」ことが推奨されています。

”テーマに応じた適切な量のコンテンツを提供する

高品質のコンテンツを作成するには、時間、労力、専門知識、才能 / スキルのうち少なくとも 1 つが十分にあることが必要です。コンテンツが事実として正確で、記述が明確で、内容が包括的であることを確認してください。したがって、たとえばページでレシピを紹介する場合は、食材のリストや料理の基本的な説明だけでなく、手順がよくわかる詳細な料理方法を説明します。

引用元:Google検索セントラル

つまり、正確性の高い情報を過不足なく伝えることが求められています。

不要な情報を詰め込んでいる場合はカットし、適切な量のコンテンツになるようにリライトすることが重要です。

上位記事に共通する要素を網羅する

リライトでSEOの効果を高めるためには、上位表示されている記事を参考に、共通する要素を網羅することが重要です。

上位記事に共通している部分は、検索エンジンから評価されており、ユーザーのニーズを満たすものと予測できます。コンテンツ内で言及できていない内容がないかを確認し、網羅性を高めましょう。

競合と差別化した内容にする

網羅性を高めるだけでなく、競合と差別化することも欠かせません。

なぜなら、Googleはコンテンツの独自性を評価することを明言しているためです。

オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。

引用元:Googleセントラルブログ

また、上位記事の内容と類似しすぎているとコピーコンテンツと判断される可能性もあります。したがって、コンテンツにオリジナル要素が十分に含まれているかも検討しましょう。

タイトルやディスクリプションを見直す

タイトルやディスクリプションは、リライトの際に見直したい箇所です。検索流入の入口となる部分であるため、クリック率に影響する重要な部分です。

見直す際は、下記の点を確認しましょう。

  • 検索クエリと一致しているか
  • ユーザーにメリットが伝わるか
  • コンテンツの内容を適切に表しているか

ユーザーは自分が求めている情報がありそうだと思ったときに、そのタイトルをクリックします。

そのため、ページの内容を簡潔に伝えるとともに、メリットを明示することで、クリック率の向上が見込めるのです。

【関連記事】

SEO効果を高めるタイトルの付け方とポイントを解説
ディスクリプションとは?SEOに効果的な書き方と設定方法を解説

リライトする際の注意点

リライトする際の注意点は下記の5つです。

  • サーチコンソールでリクエストを送信する
  • 効果検証を行う
  • 上位を獲得できている記事をリライトしすぎない
  • 内部リンクを適切に配置する
  • E-E-A-Tを満たせるコンテンツにする

それぞれ詳しく見ていきましょう。

サーチコンソールでリクエストを送信する

リライト後は、サーチコンソールでクローラーのリクエストを送信しましょう。クローラーとは、検索エンジンのロボットのことです。

サイト内を巡回し、検索順位を決めるための情報を収集します。リライトしただけでは、Googleから再度評価されない限り、検索結果に影響されません。

クローラーの訪問を促すことで、インデックスに反映されやすくなります。

関連記事:Googleサーチコンソールとは?使い方・導入方法を解説

効果検証を行う

リライトを実施したら、効果検証を行いましょう。早ければ数週間ほどで効果が表れます。

確認しておきたい項目は、順位やクリック数の変動です。2週間ごと、1ヵ月ごとのように定期的に計測することで、効果があったのか検証しやすくなります。

また検索順位が向上すると、サイト全体のPVも伸びるため、あわせて計測するとよいでしょう。なお、一度のリライトで効果が出るとは限らないため、結果を振り返り、改善を繰り返すことが重要です。

上位を獲得できている記事をリライトしすぎない

上位の記事は、Googleから有益なコンテンツであると評価されています。したがってリライトすると、かえって順位低下を招くリスクがあります。

上記の点から、検索順位が5位圏内の記事のリライトは慎重に行いましょう。

内部リンクを適切に配置する

コンテンツの内容だけでなく、内部リンクを適切に設置することも重要なポイントです。内部リンクは、ユーザビリティの向上に役立ちます。

関連性の高いページをつなげることで、ユーザーが知りたい情報にたどり着きやすくなり、ユーザーの利便性が高まるためです。

また、クローラーが訪れた際にサイト内を巡回しやすくなるため、スムーズなインデックスを促せます。

上記の点から、内部リンクを適切に設置することも忘れずに行いましょう。

関連記事:クローラー(Crawler)とは?上位化のための対策を紹介

E-E-A-Tを満たせるコンテンツにする

E-E-A-Tとは、Googleの品質ガイドラインの評価指標のことです。

Experience(経験)・Expertise(専門性)・Authoritativeness(権威性)・Trustworthiness(信頼性)の4つの指標があります。

E-E-A-Tを満たすことで、高品質かつ信頼できるコンテンツとなります。専門的なテーマを扱う場合は、その分野に精通した人物や機関が発信したと明示することで、信頼性を高められます。

上記を踏まえ、正確な情報に基づいて記事を制作しましょう。

関連記事:E-E-A-Tとは?SEOで重視される理由と対策方法を解説

まとめ:検索意図を理解しユーザーの満足度を高めよう

リライトでSEOの効果を高めるためには、検索したユーザーの心理を理解し、適切な情報を呈示することが重要です。

その際、上位記事を参考にしながら情報の過不足を補い、競合と差別化した内容を提供しましょう。ユーザーの満足度を高めることを重視すると、リライトの精度を高められます。

記事で挙げたポイントを参考にしながら、改善につなげてください。

【関連記事】

【失敗しない】SEO対策を外注へ依頼する前にぜひ知ってほしい内容を徹底解説
SEO対策を代行業者へ依頼する場合の料金の相場は?

弊社SEOサービスランクエストではどんなお客様に対しても、予算状況に応じてSEOサービスを提供ができるように、「オーダーメイド型プラン」もご用意しております。お客様の課題や状況に合わせた最適なプランをご提案いたしますので、今後SEO代行業者をお探しになられる方は、ぜひ弊社サービスの内容をご覧ください。

SEO対策とは

関連したコンテンツ
最新のコンテンツ
TOP

SEO無料相談

受付時間 平日9:00~18:30

0120-790-671