コラム

専用サーバーを安価で利用できるレンタルサーバー「KAGOYA」

KAGOYAのレンタルサーバーはよくある共用サーバーではなく、全プランがサーバーを専有利用できる専用サーバーを提供しています。

サイトやブログ運営にはサーバーが必要ですが、一般的には1つのサーバーを複数のユーザーで利用します。しかしKAGOYAのサービスでは、契約者ごとに専用のサーバーを安価に利用可能です。

この記事では、レンタルサーバーのKAGOYAについて、魅力や特徴を解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

KAGOYAの事業運営者 カゴヤ・ジャパン株式会社
公式サイト https://www.kagoya.jp/kir/rentalserver/

KAGOYAの魅力と特徴

KAGOYAは、サーバーのレンタルができるサービスです。KAGOYAについて以下4つの特徴を解説します。

  • 安心安全の専用サーバーを利用可能
  • WordPressの高速表示に対応
  • 充実のサポートでサーバー移行も簡単
  • 全てのプランで専用サーバーを搭載

安心安全の専用サーバーを利用可能

専用サーバーを利用するメリットは以下の通りです。

  • 他サイトのアクセス集中による回線遅延がない
  • 他サイト起因のサーバーダウンがない

専用サーバーには、ユーザーの利便性と、サイト運営の安全性のどちらにもメリットがあります。しかし、利用には莫大なコストが発生することが多いです。

その点KAGOYAは、仮想環境で専用サーバーを構築することで、専用サーバーを安価に提供しています。また、仮想化していない物理専用のプラン(ベーシック/ハイエンド)もあります。

WordPressの高速表示に対応

サイトやブログを運営する際、Googleの検索順位は大切です。

上位表示のために、サイトの表示速度が重要なことをご存知でしょうか。KAGOYAはNginx技術を利用することで、Wordpressで作成したサイトやブログの表示速度を高速化しています

通常はさまざまな施策が必要ですが、KAGOYAでは初心者でも簡単に高速化できます。

充実のサポートでサーバー移行も簡単

専用サーバーを求める人の中には、すでにサイトやブログを共有サーバーで運営し、不便に感じている人も多いでしょう。

サーバーの移行は以下の理由から、難易度が高い作業です。

  • 実施する機会がほとんどなく、経験が少ない
  • 失敗した際にデータが消えるリスクがある

KAGOYAでは、サーバーを移行する人に向けたサポートも充実しています。共有サーバーのデメリットに悩まされつつも移行のリスクを理由に迷っている人は、ぜひサポートプランもご検討ください。

全てのプランで専用サーバーを搭載

KAGOYAにはライトプランからハイエンドプランまで、幅広い料金プランが用意されています。

KAGOYAの最大の特徴は、全てのプランで専用サーバーの利用ができる点です。各プランの中でも細かく料金が分かれていますが、ここでは代表的な3プランを紹介します。

【KAGOYAレンタルサーバー料金表】

ライトプラン ベーシックプラン ハイエンドプラン
初期費用 無料 44,000円〜 165,000円
月額

基本料金

初月 0円 0円 0円
1ヶ月毎月支払い 1,650円〜 18,150円〜 44,000円
12ヶ月一括支払い

(1ヶ月あたり)

17,820円〜

(1,485円〜)

196,020円〜

(16,335円〜)

475,200円

(39,600円)

24年1月時点の料金のため、最新情報や機能一覧はこちらからご確認ください。

2週間テスト環境を利用できる無料トライアルも準備されているため、お試し利用もできます。本番環境で利用をご希望の方は、初期費用が無料のライトプランからスモールスタートがおすすめです。

KAGOYAを利用して、安心安全でストレスフリーなサイトを運営しよう

サイトやブログ運営が軌道に乗ると、安全面や利便性から専用サーバーが必要になる方が多いです。サーバー移行の手間やリスクを考慮すると、初めから専用サーバーを利用した方がいいでしょう。

KAGOYAを利用して、将来性のあるサイトやブログ運営をスタートしましょう。

関連したコンテンツ

最新のコンテンツ

TOP

SEO無料相談

受付時間 平日9:00~18:30

0120-790-671