コラム

サテライトサイトのSEO効果とは?ペナルティのリスクも解説

メインサイトとは別で立ち上げられるサテライトサイト。被リンクや新規ユーザーの獲得を目的として、サテライトサイトを作成する企業も少なくありません。

この記事では、サテライトサイトの作り方やGoogleペナルティのリスクについて解説します。

「サテライトサイトによる被リンクを増やして、SEO評価を高めたい」という方は、ぜひ参考にしてください。

<SEO対策について詳しく知りたい方はこちら>SEO対策とは?SEO対策のメリット・デメリットと対策方法を詳しく解説

サテライトサイトとは

サテライトサイトとは、メインで運営しているサイトとは別で立ち上げられたサブサイトです。別ドメインで開設され、メインサイトとの関係性は明確にしないまま運営されるのが一般的です。

メインサイトのまわりに配置して被リンクを集めたり、新規ユーザーを流入させたりする役割があります。

サテライトサイトのSEO効果

サテライトサイトのSEO効果は次のとおりです。

  • 被リンクを獲得できる
  • 新規ユーザーを獲得できる

それぞれ解説します。

被リンクを獲得できる

サテライトサイトを作る目的の1つは、メインサイトの被リンクを増やすことです。

被リンクが多いサイトは「よく参照される良質なサイト」としてGoogleからの評価が高まります。SEO評価が上がって上位表示されやすくなると、集客数や収益の増加につながるでしょう。

サテライトサイトはドメインを取得するだけで簡単に作成できるため、比較的手軽なSEO対策です。自力でサイトを作成して、サテライトサイトによるSEO効果を狙う企業も一定数存在します。

新規ユーザーを獲得できる

新規ユーザーを獲得できるのも、サテライトサイトによる効果の1つです。

メインサイトとは違った切り口で情報発信することで、それまで届かなかったユーザー層にアプローチできるでしょう。メインサイトだけで新規ユーザーを増やすには、発信内容を変えたりカテゴリを増やしたりする必要があります。

しかし、その役割をサテライトサイトに任せることで、メインサイトの方向性を大きく変えずに運用を続けられます。既存ユーザーのニーズを満たしつつ、新規ユーザーを獲得するには、サテライトサイトを活用するのも選択肢の1つです。

サテライトサイトの作り方

サテライトサイトの作り方は、次の4ステップです。

  1. 目的を明確化する
  2. 独自ドメインを取得する
  3. コンテンツを作成する
  4. PDCAを回し続ける

各ステップの具体的な方法を説明します。

目的を明確化する

サテライトサイトを作る際に大切なのが、ゴールを明確にすることです。

サテライトサイトの目的はメインサイトのSEO評価を上げることであり、そのために必要な集客数・成約率・売上高などを算出する必要があります。

具体的な目標数値が決まったら、発信内容を検討します。良質な見込み客をメインサイトへ誘導するためには、単体でも価値のあるサテライトサイトを作らなければなりません。

メインサイトと関連性のある内容で、なおかつ多くの人々に価値提供できるサイト設計をしましょう。

独自ドメインを取得する

サテライトサイトは、独自ドメインを取得して作ります。

メインサイトと同じドメインを使用すると、外部サイトとして認識されず被リンク効果が得られません。

独自ドメインを取得する際は、IPアドレスもクラスC以上で分散させるのがポイントです。IPアドレスは「111.222.333.444」のように12個の数字で構成されています。

クラスC以上で分散するとは、「555.666.777.888.444」のように前半9個の数字が異なるIPアドレスを使用するということです。

取得した独自ドメインを、メインサイトと同じサーバーに格納すると同じIPアドレスになるため、別のサーバーが必要です。

コンテンツを作成する

サテライトサイトのコンテンツ作成方法には、次の2パターンがあります。

方針 具体例
メインサイトで扱うテーマの一部分にフォーカスして特化する 人材系のオウンドメディアを運営している場合に、サテライトサイトでは面接に関する情報を発信する
メインサイトで扱うテーマを拡大して、ターゲット層を広げる 業務効率化ツールを紹介するメインサイトに対して、サテライトサイトでは経理全般の基礎知識を発信する

具体化・抽象化をうまく使い分けながら、ターゲット層をずらすことがポイントです。

PDCAを回し続ける

サテライトサイトのコンテンツを作成したあとは、定期的に見直してPDCAを回し続けましょう。

サテライトサイト自体のSEO評価が上がると、より多くの見込み客をメインサイトへと送客できます。新規コンテンツ追加、既存記事のリライトなど、やるべきことはメインサイトと変わりません。

最新情報も取り入れつつ、ユーザーに価値を提供できるサテライトサイトにすることで、中長期的に大きなメリットが期待できます。

サテライトサイトのペナルティ

SEO対策の一環として行われるサテライトサイト運営ですが、近年はGoogleからの評価が厳しくなっているのも事実です

悪質なサテライトサイトや低品質なコンテンツは、Googleからのペナルティを受ける可能性があります。ペナルティを受けると検索順位が大きく下落したり、圏外に飛ばされたりする場合も少なくありません。

ペナルティのリスクがあるサテライトサイトの特徴4つ

Googleペナルティのリスクがあるサテライトサイトの特徴は次のとおりです。

  • 不自然なリンクが貼られている
  • オリジナリティがない
  • 更新頻度が低い
  • コンテンツの質が低い

それぞれの特徴と、ペナルティリスクを下げるためのポイントを紹介します。

不自然なリンクが貼られている

サテライトサイトからメインサイトへのリンクが不自然だと判断されると、ペナルティ対象となります。

近年のSEOでは、被リンクの数よりも質が重視される傾向にあるため、被リンクを増やすだけでは不十分です。サテライトサイトを量産して被リンクを大量に増やしても、SEO効果は期待できません。

悪質なSEO対策と判断されて、検索結果に表示されなくなる恐れもあるため注意が必要です。

オリジナリティがない

サテライトサイトのコンテンツにオリジナリティがない場合も、ペナルティのリスクがあります。

他サイトからのコピペはもちろんのこと、メインサイトとの内容の重複にも気をつけなければなりません。メインサイトと内容が酷似した重複コンテンツの作成を防ぐためには、ターゲット層をずらすことが大切です。

それぞれのサイトの役割分担を明確にして、異なるユーザーへのアプローチを心がけましょう。

更新頻度が低い

サイトの更新頻度を高めることは、SEO評価を上げるうえで重要です。

定期的に新規コンテンツを追加して、アクティブな状態を維持しましょう。ビジネス系やエンタメ系など、扱うテーマによっては情報の移り変わりが激しいものもあります。

情報収集を怠らず、重要なトレンドをコンテンツに反映させててユーザーに届ける姿勢が大切です。

コンテンツの質が低い

低品質なサテライトサイトと判定されると、メインサイトにまで悪影響を及ぼす可能性があります。

以下のようなコンテンツはペナルティリスクを高める原因になるため気をつけましょう。

  • 情報量が少ない
  • 内容が重複している
  • アフィリエイトリンクが多い

成功すれば2つのサイトで相乗効果が期待できるサテライトサイトですが、ペナルティを受けると共倒れするリスクもあります。

ボリュームが小さいサテライトサイトでは、一つひとつのコンテンツの質をメインサイト以上に高めるように意識しましょう。

まとめ:品質重視でサテライトサイトを運営しよう

サテライトサイトとは、メインとは別で立ち上げられたサブサイトです。メインサイトの被リンク獲得、新規ユーザー増加を目的として運用されます。

近年は被リンクの質が重視されるようになり、サテライトサイト自体も高品質に仕上げることが求められています。Googleペナルティを受けないように注意しながら、ユーザーの役に立つサテライトサイトを作成しましょう。

弊社のSEOサービス「ランクエスト」では、お客様ごとに専任のコンサルタントがつき、戦略立案からコンテンツ制作、効果測定まで、すべて対応いたします。SEO対策にお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

SEO対策とは

関連したコンテンツ

最新のコンテンツ

TOP

SEO無料相談

受付時間 平日9:00~18:30

0120-790-671