コラム

歯科医院が取り組むべきSEOとは?ポイントや注意点について解説

「歯科の新患がなかなか増えない」とお悩みではありませんか?

歯科医院は全国でも事業所数が多く、競争力の高い業種です。そのため集患を効果的に行うことは、事業の継続には欠かせません。

本記事では、施策の1つである歯科医院のSEOについて解説します。

新患の来院を促し、事業を拡大したい歯科医院の関係者は、ぜひ参考にしてください。

<SEO対策について詳しく知りたい方はこちら>SEO対策とは?SEO対策のメリット・デメリットと対策方法を詳しく解説

そもそもSEOとは?

SEOとは、検索エンジン最適化を意味する施策です。Webサイトの評価を高め、検索結果の上位に表示させる取り組みを指します。

特定のキーワードで検索した際、どのような順序で表示されるかはGoogleによって決められます。SEO対策を実施することで、ユーザーがWebサイトを目にする機会が増え、歯科医院の認知度向上につながるのです。

したがって、来院促進やサービス利用頻度の向上が期待できます。

関連記事:SEOとは?SEO対策のメリット・デメリットと対策方法を詳しく解説

歯科医院がSEOに力を入れるべき理由

歯科医院がSEOに取り組むべき理由は、下記の通りです。

  • インターネット検索の需要が高い
  • 新患からの信頼性を高められる
  • 歯科のブランド価値が向上する

それぞれ詳しく解説します。

インターネット検索の需要が高い

現代人が調べものをする際、Googleをはじめとした検索エンジンが多く利用されています。

歯科の受診を希望する患者も、検索エンジンを経由して情報収集するケースが多く見られるのです。具体的には、受診前に歯科の口コミを見ておきたい、治療に関する知識を調べたいなどのニーズがあります。

そういったニーズに対してSEOを実施することで、自院のWebサイトを上位表示させ、Webサイトへの流入を促せます。

新患からの信頼性を高められる

SEO対策を目的にコンテンツの質を高めることは、新患からの信頼獲得にもつながります。

たとえば歯の健康に関する専門的なコンテンツを投稿すれば、歯科医院に対して信頼が生まれます。コンテンツへの流入をきっかけに、Webサイトを訪問した受診希望の患者から、信頼を獲得できるでしょう。

歯科のブランド価値が向上する

SEOを実施すれば、オンラインを通じて歯科のブランド価値を伝えられます。

歯科の技術力や信頼性の高い情報を伝えることで、好感的なブランドイメージが定着しやすくなるのです。歯科医院オリジナルのコンテンツを作成すれば、さらに自院サイトの価値が向上します。

他院にはない独自の内容を記載することで差別化につながり、自院のブランドを訴求できるでしょう。

SEO対策のためのポイント

SEOを実施する際は、下記のポイントを意識することで、効果的に成果をあげられます。

  • 適切なキーワードを盛り込む
  • 患者の検索意図を考慮した内容を掲載する
  • 良質なコンテンツを増やす
  • E-E-A-Tを充実させる
  • ポータルサイトに登録する
  • MEOに取り組む

それぞれのポイントを踏まえ、患者の目線に立ってSEOに取り組みましょう。

適切なキーワードを盛り込む

SEOにおいて、適切なキーワードの選定が重要です。キーワードのニーズや競合性を見極めて適切なものを選定しましょう。

歯科の場合は「地名+歯科医院」で検索されるケースが多い傾向にあります。所在地を含んだキーワードも候補に入れるとよいでしょう。虫歯治療の患者が多い場合は「虫歯」に関するキーワードを対策すると、ニーズに適合しやすくなります。

これら以外にも、強みとしている技術に関連するキーワードを増やすことで、患者の満足度が高まるサービスを提供できるでしょう。

関連記事:関連キーワードとは?仕組みや調べ方、SEOで重要な理由を解説

患者の意図を考慮した内容を掲載する

患者の検索意図を考えることも、SEOにおいて重要な要素です。検索意図とは、キーワードで調べたユーザーが抱えている悩みを意味します。

例えば「虫歯 症状」というキーワードで検索するユーザーは、歯に何かしらの違和感を感じている可能性があります。この問題を解決するために、虫歯の症状や原因について記載し、ユーザーの疑問や不安を取り除く内容にすることが重要です。

ユーザーから評価されるコンテンツを作成することで、検索上位を獲得できます。さらに、自院で治療が可能である事実や、強みなども盛り込むと集患を促しやすいでしょう。

関連記事:検索意図とは?SEO対策で知っておきたい分類や重要性を解説

良質なコンテンツを増やす

SEOにおいて良質なコンテンツを作成することが、検索エンジンからの評価の向上につながります。

コンテンツの質を高めるためには情報の根拠を提示し、分かりやすい内容を心がけましょう。ユーザーにとって付加価値が高く、かつ信頼できるコンテンツを盛り込むことで、SEOの評価が向上します。

関連記事:コンテンツ品質はSEOに影響する?低品質ページの影響や見分け方を解説

E-E-A-Tを充実させる

良質なコンテンツの作成に関連して、E-E-A-Tを意識するとより効果的に品質を高められます。E-E-A-Tとは、コンテンツの質を高めるための下記の評価基準のことです。

  • Experience:経験
  • Expertise:専門性
  • AutHoritativeness:権威性
  • TrustwortHiness:信頼性

E-E-A-Tは、公式でGoogleにより定められているものの、スコアなどの整備はされておらず、コンテンツ作成における指標のような立ち位置です。

これらの基準を満たすためには、専門的で信頼できるコンテンツを作成することが大切です。良質なコンテンツを増やしながら、外部からの評価を高めることでさらにSEO効果の向上につながるでしょう。

またセキュリティ対策やプライバシーポリシーを明記し、コンテンツの独自性を担保すれば、Webサイトの信頼性の向上にもつながります。

関連記事:E-E-A-Tとは?Googleで重視される理由とSEOにおける対策方法を解説

ポータルサイトに登録する

ポータルサイトとは、Webサイトの入口を指すサイトのことです。

たとえば「EPARK歯科」や「歯科タウン」などがポータルサイトに該当します。その分野に関心のあるユーザーは、ポータルサイトへ訪問した後、歯科にアクセスします。

ポータルサイトに登録することで、多くのユーザーの目に止まる可能性が高まり、信頼性の高い医院であると印象づけられるメリットがあるのです。

MEOに取り組む

MEO(マップエンジン最適化)とは、マップアプリ上で評価を高める施策のことです。

Googleマップなどのアプリでユーザーが検索をする際、MEO評価の高いWebサイトが上位に表示されます。そのため、MEOに取り組めば地域の集患を強化することができ、新患獲得につながります。

MEOを行う際は、主に下記2つを意識しましょう。

  • ビジネスプロフィールを充実させる
  • 好意的な口コミを増やす

それぞれについて解説します。

【関連記事】
MEO対策とは?上位表示のポイントやメリット・デメリットを解説
[SEO MEO]についてSEO専門業者に詳しく聞いてみた

ビジネスプロフィールを充実させる

MEO対策のために、ビジネスプロフィールを充実させることが重要です。具体的な項目は、医院名や所在地などの基本情報や、院内の画像などが挙げられます。

また、古い情報を掲載していると信頼性の低下につながります。そのため、常に最新情報にアップデートすることを心がけましょう。

好意的な口コミを増やす

MEOにおいて、好意的な口コミを増やすことは極めて重要です。

マップアプリでは口コミを簡単に確認できるため、患者が来院するかを決定する際の評価基準にもなりえます。患者の満足度を高める取り組みを実施し、口コミ投稿を依頼するなどして、MEOの最適化につなげましょう。

関連記事:SNSの口コミ活用でCVRを向上「EmbedSocial」

歯科医院におけるSEO対策の注意点

計画的にSEOを実施するためには、下記の点に注意しましょう。

  • 成果が出るまでに時間がかかる
  • 定期的な分析やアップデートが必要
  • 不正な方法を使わずに運用する

注意点を参考に、SEOへの理解を深めてください。

成果が出るまでに時間がかかる

SEOは、成果が出るまでに時間がかかります。

既存のWebサイトをアップデートしても、効果が出るまでに半年かかるという事例もあります。そのため、あくまで長期的な投資という観点で、計画的に進めていきましょう。

関連記事:SEO対策の効果が出る期間は?検索順位を早く上げるための対処法を解説

定期的な分析やアップデートが必要

SEO対策のためには、コンテンツを常に新しい情報にアップデートする必要があります。

古い情報が記載されている場合や、患者のニーズ変化に対応できていないと、SEO評価の低下につながります。また、不定期で実施されるアルゴリズムのアップデートによって、検索順位が大きく変化することもあります。

これらの変化に対応するため、定期的にWebサイトを管理する習慣を作り、Webサイトの改善を心がけましょう。

不正な方法を使わずに運用する

SEO評価を高めるために、不正な方法を使うことは禁止されています。

たとえば、重要キーワードを盛り込むために、文脈に合わない文章を記載すると、悪質なコンテンツとして認識されます。

また外部施策を実施する際、自作自演の被リンクはNGです。正攻法で評価を高め、ナチュラルな被リンクを獲得しましょう。Googleの掲げているガイドラインを参照し、ユーザーの利便性を第一に考えたコンテンツを作成することが大切です。

【関連記事】
SEOにおける被リンクとは?獲得する5つのポイントを解説
低品質コンテンツとは?SEOへの影響や対処法を解説

歯科医院のSEOは外部に委託できる

さまざまなメリットがあるSEOですが、実施には手間や工数がかかります。本業で忙しい歯科のSEOは、外部への委託が効果的です。

SEO会社は、集客や付加価値向上のノウハウが豊富にあります。したがって、効率的に成果へとつなげられるのです。

内部での運営に限界があると感じる場合は、委託することも選択肢に入れてみましょう。

歯科医院がSEOを委託するメリット

SEOを外部に委託することで、下記のようなメリットが得られます。

  • 自院で運用する手間が省ける
  • スピーディかつ確実に成果が得られる
  • 最新のアルゴリズムに合わせて対応できる

自院の状況と照らし合わせて、最適な選択ができるようにしましょう。

関連記事:失敗しない!コンテンツSEOを外注するメリットと業者の選び方

自院で運用する手間が省ける

SEOを外注すれば自院でWebサイトを運営する手間が省けるため、本業へ人材を投入できるメリットがあります。

またSEOは専門的な分野であるため、成果を出すためには多くの時間と労力を必要とします。ノウハウがない状態で実施しても、成果につながらない可能性も考えられるのです。

自院だけでは費用対効果が得られないと判断される場合は、外部委託が有効な選択となるでしょう。

スピーディかつ確実に成果が得られる

SEO対策会社は、一般的な医院が得られないようなノウハウが豊富です。そのため、最短で確実に成果を出すための施策が講じられます。

また、歯科医院のSEO施策に関するノウハウを持っている会社に委託すれば、来院数向上などの成果を高められるでしょう。

自院のリソースが足りない場合や、成果を出すノウハウが備わっていないのであれば、外部へ委託してみる価値はあるでしょう。

最新のアルゴリズムに合わせて対応できる

アルゴリズムのアップデートへの対応も、外部委託であれば安心して任せることができます。

アップデートにより検索順位が下がった場合、自然と順位が戻ることには期待できません。そのため、アップデートの内容を把握し、Webサイトの改善やコンテンツ修正などのあらゆる対応が必要となるのです。

そうした場合でも、SEO対策会社であれば適格に対処してもらえるメリットがあります。定期的なアップデート対応が困難な場合は、外部委託を検討してみましょう。

歯科SEOの事例:ビッグキーワードで5位以内を獲得

ランクエストSEOが実施した「きぬた歯科」様の事例では、「インプラント」のビッグキーワードで5位以内を獲得した実績があります。

ただ検索上位を獲得するだけではなく、歯科医院の集患・売上アップを目的としたプランニングを実施。成果につながるキーワードの選定やコンサルティングを行いました。

その結果、ほぼすべての「インプラント×地域」のキーワードで3位以内に入ることができ、大幅な売上アップにつなげられました。

その他の地域キーワードでも上位化を実現。SEO施策の実施によって、成果を上げられた事例です。

ランクエストのSEO対策は、掲載順位を上位化するだけではなく、クライアントのビジネス全体を見据えた総合的なサポートを強みとしています。

まとめ:歯科医院はSEOを実施して集患やブランディングにつなげよう

歯科医院がSEOを実践することで、集患やブランド価値が向上し、事業拡大につながります。

競争力の高い歯科業界では、他者との差別化が課題となるため、Webサイトの付加価値向上により優位性を確保できるでしょう。

継続的な事業運営に欠かせない要素の一つであるため、ぜひ実践してみてはいかがでしょうか。

SEO対策とは

関連したコンテンツ
最新のコンテンツ
TOP

SEO無料相談

受付時間 平日9:00~18:30

0120-790-671