サービス

【連載第9回】内部対策③内部対策に関する改善レポーティング

経営者・マーケターのみなさま

ランクエストの特別コンテンツをご覧いただきありがとうございます。
サービスデリバリー課長の岡村です。

全15回でお届けする、ランクエストのサービス説明をする特別コンテンツのうち、今回は、前回まで2回に渡ってお届けした内部対策に関係して、内部対策の改善レポーティングについて解説します。

具体例を交えながら、一体どのような内容をレポートしているのかご紹介します!

内部対策改善レポーティングとは

ランクエストでは、サイトの構造の分析やページごとの情報を確認し、SEO上影響のあるタグの設定など合計31項目を基本として内部対策を実施します。
内部対策はSEOの効果を下支えする大切な施策で、サイトの状況によってはこれだけで着実に上位化を実現することもあります。

そんな重要性の高い内部対策について、現状分析を踏まえながらどのように進めていけばいいのかをお伝えするのが内部対策改善レポートなのです。

ランクエストのSEOにおいても、コンテンツ制作とならぶ主要な施策なので、現状を理解していただくためにも丁寧に説明するようにしています。

内部対策改善レポーティングの流れ

内部対策改善レポーティングは資料のご提出と説明のための会議がセットになっています。
多くは初回ヒアリングの後のSEO実施状況レポートと併せて行うのですが、状況によっては内部対策改善レポーティングを抜き出して個別にご説明するケースもあります。
具体的なレポーティングの流れについて、事前準備も含めていくつかのステップに分けてご説明します。

対策項目の特定

まずはSEOコンサルタントがWebサイトの分析を行い、対策の必要性が高い項目を特定していきます。
ランクエストでは内部対策チェックリストを用意しており、SEOで重要な31項目を厳選してチェックしていきます。

具体的なチェック項目については次の2記事で詳細に説明しているので、今回の記事と併せてご確認ください。

このチェック項目をくまなく調査・分析していくことで、Webサイト全体の課題が見えてきます。

レポート作成

課題を特定できたら、クライアントに分かりやすく説明するためにレポートを作成します。
所定の項目に沿って対策の必要性の有無を明記し、どなたにも分かりやすい表現に努めます。

内部対策チェックリストに沿ってご説明することになるので、レポートに記載するのは基本的には31項目なのですが、特殊な事情がある場合は専用の資料を作成することもあります。

テレワークのクライアントが増えているためWeb会議を前提にレポートを作成しますが、訪問会議を行う場合は事前に印刷をして準備します。

課題認識のすり合わせ

会議当日、事前に準備したレポートを用いながら内部対策の現状と改善策について説明を行います。

説明をする際には用語の説明も交えながら、「どのような問題点があるのか」そして「なぜこの項目が重要なのか」をお伝えします。
これまでSEOに馴染みのなかったクライアントについては少し時間を多めにとって「プチSEOセミナー」のような詳細なレクチャーとなることもあります。

ごく標準的なサイト運営を行っていた場合、問題がある項目は多くても6~7個程度に留まります。
一方で、間違ったSEO知識に基づいて施策を行った場合や、何らかの原因でサイトに不具合が発生している場合には、問題がある項目が10個を超えるケースもあります。

実装までのスケジュールチェック

以上の説明を行ったうえで、実装までのスケジュールについてもご案内します。
コンテンツ制作など他の施策との兼ね合いを図りながら、より高い効果が期待できる施策を優先的に実施します。

また、実装までに準備期間がかかるものは先行して準備するなど、効果が表れるまでの期間ができるだけ短縮できるように段取りします。

このような流れに沿って改善レポーティングは行っています。内部対策改善レポーティングは、クライアントに内部対策の方針をご理解いただくための重要なコミュニケーションの機会なのです。

ランクエスト内部対策改善レポートのサンプルを公開!

こちらは、実際の内部対策改善レポートから作成したサンプル画像です。社名等の守秘義務に関する項目は削除していますがほぼ実際のレポートと同様の内容です。

こちらのクライアントの場合はごく標準的な運営を行っていたため、内部対策が必要な項目も4個と少ないものでした。
一方で、meta description、hタグなど上位化や流入数アップに関係する項目に改善の余地が多くありました。

実をいうと、このmeta titleやmeta description、hタグに関する修正はランクエストの内部対策においてほぼ必ずといっていいほど修正することになる箇所です。
この修正を行うだけで流入数が20%近くアップすることもあり、決しておろそかにしてはいけない内容です。

終わりに

今回は内部対策に関する改善レポーティングについてご説明しました。

内部対策はSEOの土台となる大切な施策ですが、クライアントのみなさまが置き去りになることなく納得感を得ていただくことが大切だと考えています。
「SEOは何をやっているのかが見えにくい」とも言われていますが、その一端は説明不足にあるのではないでしょうか?

ランクエストでは、クライアントのみなさまにSEOへの理解を深めてもらい安心して任せていただけるようコミュニケーションを大切にしております。

信頼できるパートナーと腰を据えてSEOに取り組みたいという方は、ぜひ一度ランクエストにお問い合わせください。
どのような施策を行うのか、ご納得いただくまでとことん丁寧に担当からご案内いたします。

【ランクエストサービス紹介特別コンテンツ】
【連載第1回】はじめに:ランクエストの譲れない『こだわり』とは
【連載第2回】SEO実施実況レポート①初回ヒアリング・既存サイト分析編
【連載第3回】SEO実施実況レポート②キーワード調査
【連載第4回】SEO実施実況レポート③競合調査編
【連載第5回】SEO実施実況レポート④レポーティングと改善策の提案
【連載第6回】SEO効果測定業務とは
【連載第7回】内部対策①サイト全体に関する22個の内部対策項目
【連載第8回】内部対策②サイトの各ページごとにチェックする内部対策9項目
【連載第9回】内部対策③内部対策に関する改善レポーティング
【連載第10回】インデックス状況モニタリング
【連載第11回】SEOコンテンツ制作における構成作りの流れ
【連載第12回】SEOコンテンツ作成後のチェック体制
【連載第13回】記事アップ作業代行について
【連載第14回】コンテンツのメンテナンス作業
【連載第15回】ランクエストSEO定例レポート

関連記事

最新記事

TOP

【フリーワード検索】