コラム

コンテンツSEOで効果が出るまでの期間は?成果を出すコツも解説

コンテンツSEOの外注を検討されている方のなかには、効果が出るまでの期間を知りたいとお考えの方もいらっしゃるかと思います。 
どのような効果を得られるのかも把握しておきたいですよね。 

本記事では、コンテンツSEOを行った場合に期待できる効果や期間の目安、外注する際のポイントなどを紹介します。これからコンテンツSEOを外注に依頼しようと考えている方は、ぜひご覧ください。 

コンテンツSEOにより期待できる効果

まずは、コンテンツSEOにより期待できる5つの効果を紹介します。 

効果1.検索エンジン経由の流入増加

コンテンツSEOによって得られる1つ目の効果は、自社のWebサイトにおける検索エンジン経由でのアクセスが増える可能性があるという点です。 

コンテンツSEOでは、ユーザーが検索する特定キーワードのニーズを正確に把握し、そのキーワードに一致ないしは関連する記事コンテンツを提供します。 
そうすることで、検索エンジンから「ユーザーの求めるものに対して正確なアンサーを提供している記事」だと評価してもらい、検索順位の向上を目指します。 

実際に、検索順位が向上すると多くのユーザーが対象記事を閲覧する機会も増えるため、結果として検索エンジン経由での流入増加を期待することができます。 

効果2.潜在顧客に対してのナーチャリング

コンテンツSEOによって得られる2つ目の効果は、潜在顧客のナーチャリング(=既存顧客への育成)ができるという点です。 

コンテンツSEOには、特定の悩みや関心を持った潜在顧客を惹きつけるキーワードを設定し、解決策や商品を訴求する内容を記事コンテンツにして提供することで、ユーザーの行動を喚起させるという狙いもあります。 

その際、ユーザー心理を加味した情報を発信することで、記事閲覧後のユーザーの購買行動に対する熱量が増加し、製品やサービスの購入・利用に繋がる可能性が高まります。 

効果3.SNS拡散による新規ユーザーへのリーチ

SNSで拡散される機会が増えやすく、結果として新規ユーザーを獲得できるという点も、コンテンツSEOの効果の一つといえるでしょう。 
昨今では多様なSNSツールが頻繁に利用されるようになり、情報発信源としてのSNSの影響力は非常に大きくなっています。 

そのため、コンテンツSEOで記事を上位化させることで、「SNSを通じて今まで出会わなかった新規ユーザーにリーチできるようになる」といった副次的な恩恵を受けることができます。 

効果4.知名度向上

コンテンツSEOは、企業の知名度向上にも効果的です。 
当然、特定のキーワードで検索結果1位を獲得することが出来れば、そのキーワードに対しての検索ユーザーからの第一想起を得ることにもつながり、知名度向上に繋がります。 

加えて、情報の網羅性や独自性を加味した付加価値の高いコンテンツを提供できれば、検索ユーザーの体験価値を向上させるサイトとして安心感・信頼性を獲得することが出来ます。 

検索順位を上げるという点でコンテンツSEOが重要になることはもちろんのこと、コンテンツを通じて価値ある情報を検索ユーザーに提供すること自体が知名度向上に繋がるという側面もあります。 

効果5.コンテンツ自体が持つ資産価値の向上

コンテンツSEOの5つ目の効果は、自社のWebコンテンツが持つ資産価値を高めることができるという点です。 

コンテンツSEOは新規コンテンツ作成のみに限定されているわけではありません。 
例えば、既にサイト内に入っている“成果が上手く出ていない”記事コンテンツに対しての記事品質向上のためのリライト作業も、コンテンツSEOに含まれます。 

そのため、既存のコンテンツを無駄にすることなく、集客力を資産のように大きく成長させることもできます。 

コンテンツSEOの効果が出るまでの期間

Googleは、SEOの効果が出るまでの期間に関して、下記のように言及しています。 

成果が出るまで時間がかかることを忘れないでください。変更に着手してからメリットが得られるようになるまで、通常は 4ヵ月から 1 年かかります。 

引用元:SEO業者(代理店、コンサルタント)とは| Google 検索セントラル

言及しているのは、あくまでSEO全般についてですが、コンテンツSEOにも同等の時間がかかると考えて頂いて問題ありません。 

Googleが言及している4か月~1年という期間は、現時点で自社のドメインがGoogleに評価されているかどうかによっても変わります。 
例えば、新しいドメインを取得して間もない頃は、まだGoogleがそのドメインを評価できていません。 
そのため、検索順位が上がるまでには1年以上かかる可能性もあります。 

また、競合が多いキーワードでWebコンテンツを制作する場合も、入念なSEO対策を行う必要があるため、効果が出るまでに相応の時間がかかる場合があります。 

このように、自社のWebサイトのドメインを取得した時期や、選定するキーワードなどにより、コンテンツSEOの効果が出るまでの期間は異なるという点は抑えておくべきポイントです。 

コンテンツSEOでより早く成果を出すためのポイント

ここからは、コンテンツSEOにおいて、より早く成果を上げるための6つのポイントを紹介します。 

ポイント1.ペルソナ・カスタマージャーニーの作成

コンテンツSEOにおいて、より早く成果を上げるための1つ目のポイントは、「ターゲットにしたいペルソナ・カスタマージャーニーの作成」です。 

ペルソナとは、自社の商品やサービスを購入・利用してくれる「最も理想的な架空の顧客像」を描いたものです。 

一方、カスタマージャーニーとは、上記のペルソナが商品やサービスを認知してから購入に至るまでの一連の行動や体験を、AIDMA(アイドマ)と呼ばれる消費者の購買行動プロセスに照らし合わせて時系列に図式化したものです。 

ペルソナ像を洗い出したあと、そこに沿ったカスタマージャーニーの作成をすることで、より具体的にユーザーの思考・ニーズを理解することが出来るため、「どんなユーザーに対してどんなコンテンツを提供するべきか」が明確化され、施策精度を向上させることが出来ます。 

ポイント2.正確なキーワード選定

早く成果を上げるための2つ目のポイントは、キーワードの選定を正確に行うということです。 

SEO対策においては、自社のサービス展開や、ターゲットとして想定している顧客層を把握したうえで、最適なキーワードを選定しなければ、狙った効果は得られません。 
そのため、多角的な視点からキーワードを選定する必要があります。 

ペルソナ・カスタマージャーニーで洗いだした想定キーワードに対しても、それらのキーワードがどんなニーズをもとに検索されるのかを、実際の検索結果をもとに調査することが必要です。 
例えば、「知りたい」というニーズなのか「買いたい」というニーズなのかで、ユーザーの購買に対しての熱量は異なります。 

そのため、このような細かなニーズを加味して、正しいキーワードを選んで対策をする必要があります。 

ポイント3.ユーザーニーズの網羅 

コンテンツSEOの成果を上げるためには、特定のキーワードの派生語を含めた網羅的な対策を行うことも大切なポイントです。 

Googleの検索品質評価ガイドラインでも、Needs Metとよばれる指標が存在しており、「どれだけ網羅的に検索ニーズにたいして回答できているか」を重視していることが記載されています。 

>>>参考資料:General Guidelines (Google Search Quality Rating Guidelines) 

ただし、ユーザーのニーズを掴んでいなければ成果は上がりません。 
いたずらに記事の文字数を増やしたとしても、検索ニーズから外れていたり、網羅性に欠けている記事では高い評価を受けることは難しくなります。 

ポイント4.E-A-Tの強化

コンテンツSEOの成果を上げるためのポイントとして、E-A-Tの強化も欠かせません。 
すなわち、自社コンテンツの専門性(Expertise)と権威性(Authoritativeness)、信頼性(Trustworthiness)を強化することが重要です。 

昨今のGoogleは、Webサイトに求める品質としてE-A-Tを重要視しており、この3つの項目を網羅したコンテンツを高品質なコンテンツとして評価する傾向があります。 

E-A-Tの各項目を強化し情報の価値を向上させることができれば、コンテンツSEOの成果が上がる可能性も高まります。 

ポイント5.内部リンクによる紐づけ

最後のコンテンツSEOにおいて成果を上げるためのポイントは、内部リンクによる紐づけを効果的に利用することです。 

たとえば「SEO対策の効果」という記事に、ユーザーにとって有益だと判断される関連記事のリンクを貼ることにより、ユーザーの導線を確保しサイト内の滞在時間を増やすことが出来ます。 
これはユーザーだけではなく、記事コンテンツを評価する検索エンジンの回遊性の強化にも繋がります。 

このように、検索ユーザーと検索エンジンの両者の目線に立って自社のサイト内の回遊性を強化し、サイト全体の評価の獲得を目指すことが重要です。 

コンテンツSEOを外注する際のチェックポイント

ここまではコンテンツSEOによって得られるさまざまな効果や、効果が出るまでの期間、成果を出すためのポイントを紹介しました。 

ここからは、実際にコンテンツSEOの外注を検討している方に向けて、ランクエストが推奨する業者選びのチェックポイントを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。 

コンテンツの投稿やメンテナンスも代行してくれる?

コンテンツSEOを外注する会社を選ぶ際にまずチェックすべきポイントは、その会社が「コンテンツの投稿やメンテナンスまで代行してくれる会社であるかどうか」という点です。 

SEOの代行業者のなかには、コンテンツ作成のみを代行して、それ以外は請け負っていない会社も多くあります。 

もしそのような会社に外注した場合、記事の投稿やメンテナンス作業にかかる時間や人員、SEOの知識などは自社で用意する必要があるため、注意が必要です。 

効果測定からPDCAサイクルまで回してくれる?

コンテンツSEOを外注する会社を選ぶ際にチェックするもう一つのポイントは、「記事コンテンツを制作してから、効果測定まで行ってくれるかどうか」という点です。 

コンテンツSEOでは、作成した記事がきちんと成果を出しているのかどうかを定期的にモニタリング・分析した上で、必要に応じた情報のアップデートや記事内容の見直しなどのPDCAサイクルを回していくことが肝になります。 

そのため、こうした納品後のケアに対しても責任を持って対応してくれるのかどうかは、ぜひチェックしておきたいポイントです。 

コンテンツSEOにお悩みの方は適切な外注選定から始めましょう

本記事では、コンテンツSEOによって得られる効果や、効果が表れ始めるまでの期間、成果を早く出すためのポイント、またSEOを外注する際にチェックすることを紹介しました。 

記事を読まれた方の中には、外注を使って本格的にコンテンツSEOに取り組んでいこうとお考えの方もいらっしゃるかと思います。 
しかし、ただ記事を作ることに終始してしまっては、コンテンツSEOの成果を追い求めることはできません。 
そのため、外注先の施策内容や施策範囲は、きちんと事前に把握しておきましょう。 

弊社SEOサービス「ランクエスト」では、お客様毎に専任のコンサルタントが付き、お客様にとっての最適なコンテンツSEO戦略を練ったうえで、記事作成から記事アップ代行、そして効果測定までマルっと一気通貫でコンテンツSEOを提供し、お客様の手を煩わせることなくスピード感のある施策を実現します。 

関連したコンテンツ

最新のコンテンツ

TOP

SEO無料相談

受付時間 平日9:00~18:30

0120-790-671