コラム

リンク否認ツールとは?使う時の注意点や得られる効果を解説

リンク否認ツールを使えば、評価に含めて欲しくない被リンクをGoogleに伝えられます。良質な被リンクだけを残せるため、適切に使用すれば順位の向上も期待できます。

しかし、否認の意味やツールの使い方がわからず困っている方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、リンクの否認が必要な理由やツールの使い方を解説していきます。

スパムリンクに悩んでいる、SEO評価を向上させたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

    SEOにご興味がある方へ

    キーワード上位化までの期間を無料分析

    SEO専門業者として14年、4,200社を支援し続けて積み上げたノウハウをもとに、専門のコンサルタントが分析した効果予測シミュレーションを無料でお届けします!

    会社名

    必須

    名前

    必須

    電話番号

    必須

    メールアドレス

    必須

    ホームページのURL

    必須

    上位化したいキーワード
    ※最大3つ

    必須

    個人情報保護ポリシー


    <SEO対策について詳しく知りたい方はこちら>SEO対策とは?SEO対策のメリット・デメリットと対策方法を詳しく解説

    リンク否認ツールとは?

    リンク否認ツールは、否認したい低品質な被リンクをGoogleに伝えるためのツールです。

    SEOに悪影響を及ぼす可能性があるスパムリンクなどを、否認ツールで申請することで検索順位の低下リスクを軽減できます。

    低品質コンテンツについてはこちら>>>低品質コンテンツとは?SEOへの影響や対処法を解説

    リンクの否認が必要な理由

    権威性や信頼性の高い関連があるサイトからの被リンクはSEOに有効です。一方で以下のようなページからの被リンクは、検索順位を落とす可能性があります。

    • 関連がない
    • サイトの質が低い
    • スパムリンク

    悪意のあるユーザーから低品質なリンクが貼られる可能性もゼロではありません。

    しかしリンク否認を行えば、Googleに評価して欲しくない被リンクを伝えられるため、サイト評価の下落を防止できます。

    現在はリンクスパムアップデートにより、スパムリンクの評価は自動的に無効化されますが、確実性のあるものではありません。万が一に備えて、低品質なリンクは見つけ次第否認の申請をしましょう。

    否認した方がいいスパムリンクの種類

    検索順位の操作を目的として、作為的に設置されたリンクが否認の対象です。たとえば、以下のようなものがあります。

    • 金銭や商品と引き換えに取得したリンク
    • 過剰な相互リンク
    • プログラムやサービスで自動生成されたリンク
    • ランキングクレジットをブロックしないテキストリンク
    • ウィジェットリンク
    Google ウェブ検索のスパムに関するポリシー|Google検索セントラル

    スパムリンクを無視すると、検索順位の低下を招く恐れがあります。また、Googleから悪質だと判断されるとペナルティの対象になるため、必ず否認しましょう。

    その他の被リンク削除方法についてはこちら>>> 被リンクの削除とは?スパムの種類やおすすめの調査ツールも紹介

    リンク否認ツールの効果

    リンク否認ツールには、次のような効果があります。

    • 悪質な被リンクによるSEOペナルティを無効化できる
    • 被リンクの最適化によりGoogleからの評価が上がる

    それぞれ解説します。

    悪質な被リンクによるSEOペナルティを無効化できる

    悪質な被リンクがあると、Webサイト全体の評価が下がりかねません。スパムサイトや低品質なサイトからの被リンクがあると、SEOペナルティを受ける可能性があります。

    SEOペナルティを受けると、次のような事態に陥ります。

    • コンテンツの検索順位が急落する
    • コンテンツがインデックス登録から削除される

    コンテンツの検索順位が急激に下がったり、何の前触れもなく検索順位が圏外に飛ばされたりしたときは、SEOペナルティを疑いましょう。

    原因が悪質な被リンクである場合、リンク否認ツールの活用により、SEOペナルティを解除できます。

    被リンクの最適化によりGoogleからの評価が上がる

    被リンクには、SEOで良い影響と悪い影響を及ぼすものがあります。

    Googleからの評価を上げるためには、良質な被リンクだけ残しつつ、悪質な被リンクを削除することが大切です。

    リンク否認ツールを使うと、不要な被リンクだけをピックアップして否認申請ができます。良質な被リンクだけを残すことで、Googleからの評価につながり、コンテンツの検索順位も上昇するでしょう。

    リンクの否認を行う際のポイント

    リンクの否認を行う際は以下の2点に注意しましょう。

    • 本当に否認が必要か確認する
    • 否認するリンクのリストを作成する

    それぞれ詳しく解説していきます。

    本当に否認が必要か確認する

    否認ツールは使い方を誤ると、逆効果になります。

    たとえば、送信した否認リストの中に必要な被リンクが含まれていると、評価が下がる可能性があります。なお、否認ツールのマニュアルには以下のような記載もあります。

    否認ツールは複雑な機能であるため、慎重に使用する必要があります。使い方を間違えると、Google 検索結果でのサイトのパフォーマンスに影響が及ぶ可能性があります。

    サイトへのリンクを否認する|Search Console ヘルプ

    被リンク元のサイト運営者と連絡が取れる場合は直接削除を依頼するなど、否認ツールを使う前にできることがないか確認しましょう。

    否認するリンクのリストを作成する

    否認ツールを行う際は、必ず被リンクの精査を行います。

    被リンクの数が多くなるほど確認が大変になるため、否認するURLのリストを作成して仕分けをしましょう。リストで整理しながら作業を行えば、間違えて必要な被リンクを否認するリスクも下がります。

    リンク否認ツールの使い方

    リンク否認ツールは、以下の手順で利用します。

    1. 被リンク一覧を作成する
    2. 被リンクを精査して否認リストを作成する
    3. 否認リストを「リンク否認ツール」にアップロードする

    それぞれ詳しく解説していきます。

    被リンクの一覧を作成する

    まずは自社サイトの被リンク一覧を作成します。被リンクのデータは、Googleサーチコンソールから以下の流れで取得できます。

    1. サーチコンソールを開く
    2. サイドメニューの「リンク」をクリック
    3. 「上位のリンク元サイト」項目の「詳細」をクリック
    4. 右上の「エクスポート」をクリック
    5. 「Googleスプレッドシート」「Excel」「CSV」の中から好きな形式でダウンロード

    被リンクを精査して否認リストを作成する

    作成した被リンク一覧から、参照元サイトを一つずつ確認しましょう。否認するリンクをピックアップして、Googleに送信する否認リストを作成します。

    なお、否認リストは以下の条件に従って作る必要があります。

    • 否認するURLまたはドメインは、1行につき1つまで
    • サブパス全体での否認はできない
    • ドメインやサブドメインを無効にするときは、URLの冒頭に「domain:」を付ける
    • テキストファイル(.txt)で作成する
    • URLは最大2,048文字まで
    • 最大ファイルサイズは100,000行(空白、コメント含む)および2MBまで
    • 行の先頭に#を付けるとコメント扱いとなり、無視される

    「.txt」ファイルは、PCに備え付けのメモ帳で作成可能です。良質な被リンクを削除すると、検索順位が落ちる可能性があるため、精査は慎重に行いましょう。

    また、誤って作られた否認リストを送信すると、どのようなエラーが起こるかわかりません。作成時にわからないことがあれば作業を中断し、制作会社や専門家に必ず相談してください。

    否認リストを「リンク否認ツール」にアップロードする

    作成した否認リストをアップロードします。手順は以下の通りです。

    1. リンク否認ツールにアクセス
    2. 「プロパティの選択」から否認を行うサイトを選択
    3. 「否認リストをアップロード」をクリック
    4. 作成した否認リストをアップロード

    エラーが表示されなければ、順次クロールが開始されます。なお、反映はクロール後となるため、すぐには否認されません。数週間かかることもあるため、焦らず待ちましょう。

    リンク否認ツール使用時の注意点

    リンク否認ツールを使用する際は、以下の2つに注意しましょう。

    • 被リンクの精査を誤ると順位が落ちることがある
    • リンクを否認しても順位が上がるとは限らない

    それぞれ詳しく解説していきます。

    被リンクの精査を誤ると順位が落ちることがある

    被リンクの精査を誤り良質な被リンクまで否認すると、順位を落としかねません。被リンクによって得られていたSEO評価がなくなるためです。

    しかし否認を取り消しても、一度低下した順位が元に戻るとは限らないので、精査は慎重に行いましょう。

    良質な被リンクについて詳しく知りたい方はこちら>>>SEOにおける被リンクとは?獲得する5つのポイントを解説

    リンクを否認しても順位が上がるとは限らない

    被リンクは順位決定の指標の一つでしかないため、否認しても順位が上がるわけではありません。Googleは、検索ユーザーにとって有益な情報を提供している良質なサイトを、上位表示しようと考えています。

    そのため、内容が薄いページはリンクを否認しても上位表示される可能性は低いです。リンク否認は、より適切な評価を受けるための手段であることを理解し、有益なコンテンツの作成に努めましょう。

    検索順位の改善方法について詳しく知りたい方はこちら>>>Googleの検索順位が下がったときに考えられる原因と対処法

    リンクの否認をキャンセルする方法

    リンク否認を間違えて申請してしまった場合、以下の流れで取り消せます。

    1. リンク否認ツールにアクセス
    2. 「プロパティの一覧」から否認をキャンセルしたいサイトを選択
    3. 「否認をキャンセル」をクリック

    否認リストを新しいものに置き換えたい場合は、再度アップロードするだけで自動的に置換されます。

    なお、キャンセル処理を行ってからGoogleは改めてサイトをクロールするため、すぐには反映されず、数週間かかることもあります。

    リンク否認ツールについてよくある質問

    リンク否認ツールついて、よくある質問に回答します。

    Googleからの否認完了連絡がないときの解決法は?

    リンク否認ツールは、Googleに対して否認対象のリンクを伝えるためのツールです。

    リンクが無効化されたことを知らせる機能はないため、Googleからの完了連絡は届きません。リンク否認処理が完了したかどうかは、サーチコンソール等を使って手動で確認する必要があります。

    サーチコンソールの被リンク一覧から表示が消去されないときの対処法は?

    リンク否認ツールには、否認申請されたリンクを無効化する働きがあります。

    しかし、被リンクの存在自体を消去するわけではないため、否認申請後もサーチコンソールの一覧に表示が残る場合があります。否認処理が完了していれば、サーチコンソールの被リンク一覧に表示されていても問題はありません。

    特定のサイトからのリンクを拒否するにはどうすればいい?

    特定のサイトからのリンクをすべて拒否するためには、リンク否認ツールではなく、ブロック機能を使います。ブロック機能の使い方は次の通りです。

    1. Google管理コンソールにログインする
    2. 管理コンソールのホームページで、[デバイス] > [Chrome 管理] に移動する
    3. [設定] > [ユーザーとブラウザ] をクリックする
    4. [URL のブロック] までスクロールし、必要に応じて URL を入力
    5. [保存] をクリックする

    上記の手順に沿って進めることで、ページURLを一つひとつ指定しなくても、特定のサイト全体をブロックできます。特定のサイトから悪質な被リンクが集中している場合には、リンク否認ツールではなくブロック機能を活用しましょう。

    スパムリンクが無効化される現在、リンク否認ツールを使う意味とは?

    Googleのコアアルゴリズムアップデートにより、現在はスパムリンクが自動的に無効化されるようになっています。

    しかし、無効化されたリンクをそのまま放置していると、Googleから手動対策の通知が送られてくる可能性があることは覚えておきましょう。リンク否認ツールを使うと、手動対策される前に、無効リンクを自ら処理することができます。

    まとめ:否認ツールは慎重に扱おう

    リンク否認ツールを使えば、検索順位に悪影響を及ぼす被リンクの評価を無効化できます。

    しかし必要な被リンクを否認すると、SEO評価が下がることもあるため注意が必要です。事前に被リンクのリストを作成し、スパムリンクや低品質なリンクを見極め、慎重に否認するリンクを選びましょう。

    SEO対策を外注しようとお考えの方はこちら>>>【失敗しない】SEO対策を外注へ依頼する前にぜひ知ってほしい内容を徹底解説
    SEO対策を外注する場合の費用相場について知りたい方はこちら>>>SEO対策を代行業者へ依頼する場合の料金の相場は?

    弊社SEOサービスランクエストではどんなお客様に対しても、予算状況に応じてSEOサービスを提供ができるように、「オーダーメイド型プラン」もご用意しております。お客様の課題や状況に合わせた最適なプランをご提案いたしますので、今後SEO代行業者をお探しになられる方は、ぜひ弊社サービスの内容をご覧ください。

    SEO対策とは

    関連したコンテンツ
    最新のコンテンツ
    丸投げできるSEO

    最近のコンテンツ

    徹底的に、
    SEOで
    集客するなら。

    Copyright © 2024 eclore Co., Ltd