コラム

SEOと文字数の関係とは?評価を上げる5つのポイント

SEOと記事の文字数の関係性については、様々な見解があります。SEOの評価を上げるために、必要な文字数を知りたい方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、SEOと文字数の関係性を詳しく紹介します。

文字数で意識すべき5つのポイントも解説するので、SEOの評価を上げたいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

<SEO対策について詳しく知りたい方はこちら>SEO対策とは?SEO対策のメリット・デメリットと対策方法を詳しく解説

SEOと記事の文字数の関係性について

文字数が多い記事がSEOで評価が高くなるという見解もありますが、実は直接的には関係ありません。

これはGoogleのジョン・ミュラー氏が「ページ上の単語数は品質要因やランキング要因には関係ない。やみくもにページにテキストを追加してもページは改善されない」と回答していることからも明らかです。

SEOは「読者のニーズを満たしているか」が重要な要素です。そのため、記事を作成する際は文字数ではなく、いかに読者にとって有益になるかを重視して執筆しましょう。

SEO記事で文字数を意識すべき箇所

SEO記事で文字数を意識すべき箇所は以下の3つです。

  • タイトル
  • ディスクリプション
  • 本文

それぞれの箇所において文字数に関して注意すべきポイントを解説していきます。

タイトル

タイトルの文字数は「30文字前後」が好ましいです。

PC・スマートフォンでそれぞれタイトルに表示できる文字数の上限は決まっており、現在はPCでは30〜35文字、スマートフォンでは36〜41文字のタイトルが表示されます。

そのため、どちらの端末で閲覧しても見切れない30文字前後のタイトルをつけるのがおすすめです。

SEO効果を高めるタイトルの付け方とポイントを解説

ディスクリプション

ディスクリプションの文字数は「100文字前後」がよいでしょう。ディスクリプションとは、検索ページのタイトル下に表示される記事内容の要約や概要を記載したテキストのことです。

ディスクリプションはPCでは100〜120文字前後、スマートフォンでは60〜80文字前後で表示されます。そのため、両方の端末で見やすい100文字前後に設定するのが良いでしょう。

100文字を越える場合はスマートフォンで閲覧することも考えて、記事内容の重要な要素やキーワードは前半に組み込むのがおすすめです。

ディスクリプションとは?SEOに効果的な書き方と設定方法を解説

本文

本文の最適な文字数は検索キーワードやニーズによって異なります。SEOの評価は文字数ではなく「読者のニーズを満たしているか」が重要なので、記事のターゲットの読者にとって読みやすい文字数である必要があります。

そのため、検索ニーズを満たすために最適な情報量に応じた文字数を記載しましょう。情報量が増えれば文字数は増えますし、簡明に回答できる内容であれば文字数は少なくなります。

SEO評価を上げるために文字数で意識すべき5つのポイント

SEO評価を上げるために文字数で意識すべきポイントは以下の5つです。

  1. 文字数よりも情報量が多くなることを意識する
  2. 文字数よりもオリジナリティを重視する
  3. 文字数稼ぎのための冗長な表現や結論の遠回しはしない
  4. キーワードによって最適な文字数を決める
  5. 競合記事の文字数をチェックする

それぞれのポイントを詳しく解説していきます。

文字数よりも情報量が多くなることを意識する

SEOの評価を上げるために、文字数よりも情報量を増やすことに注力しましょう。

文字数が多くても、本文内に有益な情報が少なければ読者の検索ニーズを満たすことはできません。読者の悩みや疑問を解決する以外の情報をむやみに記載すると、記事が読みづらくなります。また、記事に有益な情報が書かれていないと判断した読者はすぐに離脱してしまうため、SEOの評価は上がりません。

また、読者に納得感を持たすことができなければ商品・サービスの注文や問い合わせなどアクションも期待できません。そのため、記事内には文字数よりも読者の悩みや疑問を解決する情報を増やすことを意識しましょう。

文字数よりもオリジナリティを重視する

SEOの評価を上げるためには、文字数よりもオリジナリティを重視しましょう。

文字数を稼ぐために競合サイトの記事をコピーをすると、SEOの評価が下がってしまいます。また、著作権侵害の可能性もあるので、他サイトの明らかな模倣は止めましょう。

また、最近のSEOではオリジナリティが評価の大きな要素として重視されています。実体験を入れ込んだ文章や取材で得た一時情報、撮り下ろしの写真・動画などがあれば積極的に盛り込んでいくようにしましょう。

文字数稼ぎのための冗長な表現や結論の遠回しはしない

文字数を増やすために、冗長な表現をしたり結論の遠回しをしたりするのは控えましょう。

読者は検索ニーズを満たすための結論を早く知りたいので、文章内に不必要な語句や表現があると離脱率が上がってしまいます。 結論を遠回しにすると意図も伝わりにくくなるため、文章は結論ファーストで簡潔に伝えましょう。

キーワードによって最適な文字数を決める

検索キーワードやニーズによって最適な文字数を決めましょう。

たとえば「ブログ 始め方」のようなキーワードであれば、ブログの立ち上げ方から収入を得るまでの詳細な解説が必要になるので必然的に文字数も多くなるでしょう。一方で「Word 保存 やり方」のようなキーワードであれば端的に回答できるので、文字数も少なくなるはずです。

キーワードによって読者がなにを求めているかを明確にし、検索ニーズを満たすための最適な情報量を入れることによって文字数を調整しましょう。

競合記事の文字数をチェックする

競合記事の文字数をチェックすることも重要です。

競合記事と比較して極端に文字数が少なければ、情報が足りていない可能性があります。反対に文字数が多い場合は、冗長な表現や無関係な情報を入れ込んでいることも考えられるます。

競合記事の文字数を参考に自社サイトの文字数を見直すようにしましょう。

関連記事:コンテンツSEOとは?現役SEOコンサルタントが徹底解説

まとめ:SEO評価を高めるために有益な情報を提供しよう

記事の文字数はタイトル・ディスクリプション・本文で、それぞれ注意すべきポイントが異なります。

SEOの評価には文字数は直接的に関係しません。SEOの評価を上げるためには、文字数よりも有益な情報を組み込むことを意識しましょう。

SEO対策を外注する際の注意点について知りたい方は、以下の記事をご覧ください。
SEO対策を外注する前に、注意すべきポイントや外注先の選び方について詳しく解説しています。
外注先を探している、既にSEO対策を外注しているが効果が出ないとお悩みの方必見です。

SEO対策を外注しようとお考えの方はこちら>>>【失敗しない】SEO対策を外注へ依頼する前にぜひ知ってほしい内容を徹底解説
SEO対策を外注する場合の費用相場について知りたい方はこちら>>>SEO対策を代行業者へ依頼する場合の料金の相場は?

弊社のSEOサービス「ランクエスト」では、お客様ごとに専任のコンサルタントがつき、戦略立案からコンテンツ制作、効果測定まで、すべて対応いたします。SEO対策にお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

SEO対策とは

関連したコンテンツ

最新のコンテンツ

TOP

SEO無料相談

受付時間 平日9:00~18:30

0120-790-671