コラム

コンテンツSEOとは?メリット・デメリットや効果的な施策を紹介

「Webサイトやブログの運用をしているけど成果が伸びないから、コンテンツSEOについて詳しく知りたい」

このようにお考えではありませんか?

コンテンツSEOで成果を出すためには、事前の下準備や継続的なコンテンツの作成が必要です。

この記事ではコンテンツSEOの概要やメリット・デメリット、効果的な施策をご紹介します。Webサイトやブログで成果が出ずに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

<SEO対策について詳しく知りたい方はこちら>SEO対策とは?SEO対策のメリット・デメリットと対策方法を詳しく解説

コンテンツSEOとは

コンテンツSEOとは、ユーザーの悩みを解決するためのページを作成し、SEO評価を高める手法を指します。検索エンジンから集客するために、上位表示させるのが目的です。

具体的には、下記のGoogleが掲げる方針に沿ってコンテンツを作成します。

  1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
  2. 1つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
  3. 遅いより速いほうがいい。
  4. ウェブ上の民主主義は機能します。
  5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
  6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。
  7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。
  8. 情報のニーズはすべての国境を越える。
  9. スーツがなくても真剣に仕事はできる。
  10. 「すばらしい」では足りない。
検索に対する Google のアプローチ

ユーザーが特定のキーワードで検索した際、検索上位にコンテンツが表示されれば、成約につながる可能性も高まるでしょう。

Googleの理念とは?SEO対策への活かし方を「10の事実」にもとづいて解説

コンテンツSEOとテクニカルSEOの違い

コンテンツを最適化することで検索エンジンからの評価を高めるのが、コンテンツSEOです。

それに対して、Webサイトの技術的な改善を図るのがテクニカルSEOです。具体的には、クローラ―やインデックスの最適化などを行います。

ページの読み込みを早くしたり、パンくずリストを設置したりといった施策がテクニカルSEOにあたります。

関連記事:テクニカルSEOとは?対策方法とおすすめツールを徹底解説

コンテンツマーケティングとコンテンツSEOの違い

コンテンツマーケティングとは、コンテンツを活用して集客を図る施策を指す言葉です。なお、コンテンツはテキストコンテンツ(ブログ・オウンドメディア)の他、SNSでの発信や動画配信などが該当します。

上記を活用し、資料請求やサービスの導入などのコンバージョン獲得を目指すのが、目的となります。

それに対して、ユーザーが訪れやすいようにコンテンツを最適化するのがコンテンツSEOです。そのためコンテンツSEOは、コンテンツマーケティングの一部ともいえます。

コンテンツSEOのメリット

コンテンツSEOを実施するメリットは、下記のとおりです。

  • コストパフォーマンスが高い
  • コンテンツが資産になる
  • 企業のブランディング形成につながる

それぞれのメリットを把握しておきましょう。

1.コストパフォーマンスが高い

コンテンツSEOのメリットは、コストパフォーマンスが高い点です。

サービスを告知する際、広告やCMを制作すると、高額費用がかかります。一方コンテンツSEOは、Webサイトと知識さえあれば始められます。

GoogleアナリティクスやGoogleサーチコンソールなどの分析ツールも、無料で導入が可能です。したがって、ユーザーを呼び込むためのコンテンツ制作は低予算から実施できるのです。

2.コンテンツが資産になる

公開したコンテンツはWebサイト上に蓄積されるため、資産になります。

広告の場合は、出稿期間が終わると流入がなくなり、それに伴い成約も減少してしまうのです。

それに対してコンテンツは、保有し続ける限り半永久的に顧客の流入が可能です。また、読者に長く読まれる良質なコンテンツを増やすことで、資産としての価値を高められます。

3.企業のブランディング形成につながる

コンテンツSEOを講じることで、企業のブランディング形成につながります。なぜなら、ページを訪れたユーザーに対して、サービスの訴求やブランドイメージの伝達ができるためです。

悩みや疑問を解消することで、顧客の愛着や信頼を高め、ロイヤリティ向上につながる可能性もあるでしょう。

コンテンツSEOのデメリット

メリットの多いコンテンツSEOですが、次のようなデメリットもあります。

  • 効果が出るまでに時間がかかる
  • 継続的にコンテンツの見直しが必要
  • コンテンツの作成には費用や労力がかかる

デメリットについても知っておきましょう。

1.効果が出るまでに時間がかかる

コンテンツSEOは即効性がなく、実施してもすぐに成果が得られません。ページが評価されて上位に表示されるようになるまでに、半年から1年ほどかかることも。

早く結果を出したい場合は、リスティング広告などでアクセスを増やす方法もあります。基本的には、長期間かかることを見越して進めていきましょう。

2.継続的にコンテンツの見直しが必要

作成したコンテンツは公開したら終わりではなく、見直しが必要です。

検索結果は変動するため、もし上位を獲得できた場合でも、放置すれば順位が低下するリスクがあります。競合記事の出現やアルゴリズムアップデートなどの影響を受けるため、定期的に改善しなければなりません。

情報に変更があれば修正し、競合記事の動向を見ながらリライトを実施しましょう。

3.コンテンツの作成には費用や労力がかかる

良質なコンテンツを作成するには、時間と労力がかかります。

適切なキーワードを選定し、上位サイトの内容や周辺キーワードの傾向を見ながら構成案を作成。内容が執筆できたら校閲・校正し、ようやく入稿といった手順です。場合によっては、オリジナル画像の挿入も必要となります。

このように多くの工数がかかりますが、コンテンツを増やすことで徐々にアクセス数が増え、コンバージョン率も高められます。

コンテンツSEOで結果を出すための施策6ステップ

効果的なコンテンツSEOを実施するためには、入念な準備が必要です。ここからは、具体的なコンテンツSEOの施策を次の6ステップで紹介します。

  • 3C分析
  • ペルソナ設定
  • カスタマージャーニーマップ作成
  • キーワード選定
  • コンテンツの骨子づくり
  • ユーザーのニーズに合わせたコンテンツの作成

コンテンツSEOで結果を出したい方は、ぜひ参考にしてください。

STEP1.3C分析

3C分析は、コンテンツSEOを成功に導くための重要な工程です。

  • Customer(市場・顧客)
  • Competitor(競合)
  • Company(自社)

この3つの頭文字をとって3C分析と呼びます。

3C分析の目的は、自社が展開する商品やサービスのKSF(成功要因)を見つけ出すことです。ここで自社と競合他社との違いを明確にし、得られた結果をもとにプランを立てましょう。

最初にプランを綿密に練ることで、計画が滞りなく進みやすくなります。

STEP2.ペルソナ設定

3C分析で課題点や目標・プランなどを明確にしたら、次にペルソナを設定します。ペルソナとは、自社のターゲットとなる架空のユーザー像のことです。

コンテンツSEOにおいて、誰に何を伝えるかが重要なため、詳細に設定することが肝心です。年齢や価値観、職業、家族構成など、できる限り細かに作りましょう。

この際、「自社の商品やサービスを利用しそうな人」を想像で作りあげるのではなく、実際のデータをもとに作成するのがポイントです。

ペルソナを設定することで、ユーザーが抱えている問題や悩みが明確化され、コンテンツを作る際の方針を定めやすくなります。

STEP3.カスタマージャーニーマップの作成

ペルソナの設定だけでもコンテンツ制作は可能ですが、より詳細に顧客を把握するためにカスタマージャーニーマップを作成しましょう。

カスタマージャーニーマップとは、商品の購入やサービスの導入に至るまでの行動を時系列でまとめたものです。関心・情報収集・比較検討・購入までの各フェーズにおける心理状況やニーズ・行動を整理してマッピングします。

カスタマージャーニーマップを作成することで顧客のニーズを詳細に把握でき、より読者に寄り添ったコンテンツを企画できます。

STEP4.キーワード選定

検索ニーズのありそうなキーワードの中から、自社にとって最適なものを選びましょう。

狙いたい市場の単体・複合キーワードを抽出し、検索ボリュームの低いものからコンテンツを作成します。いきなりビッグキーワードを狙っても、上位表示は難しいためです。まずは小さなキーワードからWebサイトの評価を積み上げましょう。

キーワード選定の際は、Googleキーワードプランナーやラッコキーワードなどのツールを使用します。

STEP5.コンテンツの骨子づくり

記事を作成する際は、まず骨子となる構成を作ります。設計図となる骨組みを作らないと、内容が脱線したり、情報が抜け落ちたりする恐れがあるためです。

読者にとって必要な情報を洗い出し、適切な順序で見出しを設定します。事前に骨子を作ることで、伝えたい情報を漏れなく伝えられます。

STEP6.ユーザーのニーズに合わせたコンテンツの作成

ここまで準備が整ったら、コンテンツの内容を充足していきます。

ペルソナやカスタマージャーニーマップ、上位記事の傾向を参考にしながら、検索ユーザーの悩みや疑問を解消できる記事を作成しましょう。

検索結果で上位を獲得している記事は、Googleから評価されている記事といえます。そのため、競合がどんな内容で対策しているのか調査を行うことが重要なのです。

ただ情報を並べるだけでなく、ユーザーはどのような状態を求めているのかを考えることが大切です。

また、誤りがないように情報の正誤確認を行い、冗長表現や同じ語尾の繰り返しは避けるなど、読者が読みやすいコンテンツを作りましょう。

関連記事:コンテンツSEOとは?現役SEOコンサルタントが徹底解説

コンテンツSEOに使えるツール5選

コンテンツSEOに使えるツールを5つ紹介します。

  • EmmaTools™(エマツールズ)
  • SEARCH WRITE(サーチライト)
  • MIERUCA(ミエルカ)
  • CopyContentDetector
  • リンクチェッカー

それぞれの特徴を詳しく解説します。

EmmaTools™(エマツールズ)

EmmaTools™は、SEOライティングをサポートするツールです。

コンテンツの品質を総合的に評価して「コンテンツスコア」として算出するため、未経験の方でもSEO対策がしやすいという特徴があります。EmmaTools™には、コンテンツスコア以外にも、以下の機能が搭載されています。

  • 上位表示サイト見出し分析
  • 関連ワードマップ
  • 検索順位計測
  • コピー率チェック
  • 外部ライター管理機能

業界・業種を問わず多くの企業が導入しており、自社でSEO対策を完結させたいときは必須級のツールともいえるでしょう。

SEARCH WRITE(サーチライト)

SEARCH WRITEは、SEO対策をインハウス化したい会社におすすめのツールです。

「運用特化型のSEOツール」とも呼ばれており、コンテンツSEOのPDCAを回すための道標になります。SEARCH WRITEの主な機能は、以下の通りです。

  • 対策すべきキーワードと施策案の提案
  • SEOの課題点の自動抽出
  • 上位競合サイトのコンテンツ要素比較
  • タスク管理機能
  • 施策の効果検証機能

基本に忠実なSEO対策を、自社内で完結させたいときに導入したいツールです。

MIERUCA(ミエルカ)

MIERUCAは、「コンテンツの課題を見える化する」というテーマのもと開発されたツールです。

「記事数を増やしたのに成果が出ない」「何から手をつけるべきか分からない」という悩みを解決してくれます。MIERUCAには、以下の機能が搭載されています。

  • 競合サイト分析機能
  • コンテンツの方向性・内容の提案機能
  • 競合サイトとの検索順位比較
  • AIによる改善案の提案
  • ユーザー動向の視覚的な把握

MIERUCA公式サイトでは無料トライアルも実施しているので、興味がある方は試してみると良いでしょう。

CopyContentDetector

CopyContentDetectorは、Web上の文章との類似率や一致率を測定できるツールです。

コンテンツのコピペ率が高いと、Googleからペナルティを受ける可能性があるため、コピペ率の改善は重要な施策の1つといえます。CopyContentDetectorには、以下のような機能があります。

  • 類似度判定
  • 一致率判定
  • テキスト判定
  • 簡易文章校正機能
  • CSVダウンロード機能

無料版は4,000文字以下、有料版は8,000文字以下のコンテンツをチェックできるので、まずは無料版を使ってみると良いでしょう。

リンクチェッカー

リンクチェッカーは、WebサイトのURLを入力するだけで、サイト全体のリンク切れをチェックできるツールです。

リンク切れがある場合は、どのリンクが切れているのかまで示してくれるため、すぐに改善できます。リンク切れのチェックには5分ほどかかるものの、精度が高いと良い評判のツールです。

無料で利用できるので、コンテンツSEO施策の一環として利用してみると良いでしょう。

コンテンツSEOの事例を紹介

コンテンツSEOの事例として、4つの会社を紹介します。

  • 株式会社ベネフィット・ワン
  • スマートキャンプ株式会社
  • イーベイ・ジャパン株式会社
  • クックパッド株式会社

それぞれの会社の事例を詳しく解説します。

株式会社ベネフィット・ワン

株式会社ベネフィット・ワンは、人事に必要なあらゆるサービスを提供している会社です。広告費の高騰により。自社へのリード獲得が伸び悩んでいましたが、コンテンツSEOに取り組むことで状況を改善してきました。

株式会社ベネフィット・ワンは2017年にオウンドメディアを立ち上げて、コンテンツSEOを中心とした施策を実行。「働き方改革」「福利厚生」「健康経営」など、複数の主要キーワードで検索上位を獲得しました。

コンテンツSEOを実施した結果、株式会社ベネフィット・ワンのリード獲得数は1日1件前後にまで増加しました。オウンドメディア立ち上げからわずか3ヶ月で結果が出た、代表的な成功事例です。

スマートキャンプ株式会社

スマートキャンプ株式会社は、SaaSやインサイドセールスの普及を通じて、生産性の高い働き方を提供している会社です。SaaS情報メディアの「BOXIL Magazine」にてコンテンツSEOに取り組み、成功を収めました。

対策前のBOXIL Magazineは独学で運営されており、コンテンツを量産するも、思うようにリード獲得数が伸びない状況が続いていました。

メディアを成長させるために戦略的にコンテンツSEOに着手したところ、わずか3ヶ月で月間ユニークユーザー数70万人、リード獲得数4,000件まで成長しました。

イーベイ・ジャパン株式会社

イーベイ・ジャパン株式会社は、世界最大のインターネットオークション会社であるイーベイの日本法人です。

イーベイ・ジャパン株式会社は自社で運営するWebサイトのアクセスが伸び悩んでいたことに課題を感じ、コンテンツSEOに着手しました。改善施策の実施後は、アクセス数やユーザー数が約1.5倍に増加して、コンバージョン率も大きく向上したとのこと。

現状分析から改善施策立案、実行まで一貫したコンテンツSEO施策の重要性が分かる実例です。

クックパッド株式会社

クックパッド株式会社は、料理レシピのコミュニティWebサイトを運営している会社です。自社メディアのアクセス・ユーザー数増加を目的として、コンテンツSEOを実施しました。

クックパッド株式会社は、自社メディアの「自由研究」にて、キーワード調査によるユーザーニーズの把握、それにもとづくコンテンツ制作を行いました。

コンテンツSEO施策の実行後、約30日でアクセス増加が見られたとのことです。

まとめ:コンテンツSEO成功の鍵はユーザー目線を意識すること

消費者心理の調査を心がけることが、コンテンツSEOの成功につながります。

Googleもユーザーに重点を置くことについて言及しており、ユーザーの目線でコンテンツを作成することは必至といえます。また、公開した記事は定期的に見直し、状況に応じて改善を図らなければなりません。

今回紹介した内容を参考に、コンテンツSEOを実施してみてください。

SEO対策を外注する際の注意点について知りたい方は、以下の記事をご覧ください。
SEO対策を外注する前に、注意すべきポイントや外注先の選び方について詳しく解説しています。
外注先を探している、既にSEO対策を外注しているが効果が出ないとお悩みの方必見です。

SEO対策を外注しようとお考えの方はこちら>>>【失敗しない】SEO対策を外注へ依頼する前にぜひ知ってほしい内容を徹底解説
SEO対策を外注する場合の費用相場について知りたい方はこちら>>>SEO対策を代行業者へ依頼する場合の料金の相場は?

弊社のSEOサービス「ランクエスト」では、お客様ごとに専任のコンサルタントがつき、戦略立案からコンテンツ制作、効果測定まで、すべて対応いたします。SEO対策にお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

SEO対策とは

関連したコンテンツ

最新のコンテンツ

TOP

SEO無料相談

受付時間 平日9:00~18:30

0120-790-671