コラム

リード文の書き方とは?ポイントや効果的な手順を解説

記事全体の内容を要約して読者に伝えるリード文。魅力的なリード文は、読者の理解をサポートしたり、SEOで有利に働いたり、さまざまな効果をもたらします。

今回は、リード文の役割や書くときのポイント、具体的な手順を紹介します。

「質の高いリード文を作成して、記事を最後まで読んでもらいたい」とお考えの方は、ぜひ最後までご覧ください。

<SEO対策について詳しく知りたい方はこちら>SEO対策とは?SEO対策のメリット・デメリットと対策方法を詳しく解説

リード文とは

リード文とは、ページ全体の概要をユーザーに伝えるための文章です。詳しい内容に入る前に全体像を提示することで、読者の理解を助ける働きがあります。

リード(lead)とは「先導」を意味する単語であり、訪れたユーザーを本文へと先導する役割を果たします。魅力的なリード文を書けると、より多くの読者に対して情報を届けることができます。

リード文と見出しの違い

リード文と見出し(記事タイトル)の違いは次のとおりです。

  • リード文:記事全体の内容を要約した数行の文章
  • 見出し:記事の要点をひと言であらわしたもの

いずれもユーザーの興味を引くためのものですが、性質がやや異なります。

リード文は、記事全体を俯瞰してわかりやすく要約する能力が求められます。一方、見出しはキャッチーな言葉選びが重要です。

リード文の役割

リード文の役割は次のとおりです。

  • 読み進めるかどうかの判断基準になる
  • 読者の滞在時間延長によるSEO効果が期待できる
  • クローラーに記事内容を効率よく伝える

それぞれ解説します。

読み進めるかどうかの判断基準になる

Webサイトを訪れたユーザーはリード文を見て、記事を読み進めるかどうかを判断します。また、訪れた人の悩みに共感するリード文は、ユーザーとの距離を縮める役割も果たします。

検索キーワードから想定されるユーザーの悩みや不安に共感する文章を含めると、より質の高いリード文に仕上がります。

読者の滞在時間延長によるSEO効果が期待できる

リード文には、上位表示を狙っている検索キーワードを含めるのが一般的です。

リード文に検索キーワードが含まれていないと、ユーザーは「このページには自分の欲しい情報はなさそう」と感じます。

ユーザーは、検索結果からページを開いて数秒で、読み進めるか離脱するかを判断します。そのため読者の滞在時間を延長させるためには、最初の数秒間で興味関心を惹きつけなければなりません。

上位表示を狙っている検索キーワードを入れることで、ユーザーの早期離脱を防ぎましょう。

クローラーに記事内容を効率よく伝える

リード文は、SEOの観点からも重要です。

GoogleやYahoo!などの検索エンジンでは、クローラーがWebサイトを巡回して評価する仕組みになっています。検索エンジンのクローラーは、基本的にページの上部から下部へと情報を取得していきます。

見出しやリード文でページ内容が端的にまとめられていると、少ない文字数でも効率よく記事内容を伝えられるでしょう。

また、検索エンジンから高い評価を受けるために重要なのが、見出しやリード文に検索キーワードを盛り込むことです。検索エンジンのクローラーは、主にページ内のテキスト情報を読み取って内容を把握しているといわれています。

メインのキーワードはもちろんのこと、一緒に検索されやすいサブキーワードも入れると効果的です。

リード文を書くときのポイント

リード文を書くときは、次の3つを意識しましょう。

  • 読者の悩みを明確にする
  • 記事を読むメリットを提示する
  • 信頼性を担保する

それぞれのポイントについて詳しく解説します。

読者の悩みを明確にする

Webサイトを訪れるユーザーは、悩みを明確化できていない人も少なくありません。リード文で読者の悩みを明確にすることで、興味を引いて本文を読んでもらえる確率がアップします。

リード文でよく使われるのが、セリフ形式の文章です。

  • どれを選べばいいか迷っていませんか
  • 本当に役立つのか疑問に思っていませんか
  • 自力では問題を解決できずに困っていませんか

上記のような疑問形で悩みを言語化すると、ユーザーの共感を得やすくなります。

セリフ形式で疑問を投げかけるときに注意したいのが、抽象的すぎる問いを避けることです。

具体性のない問いかけは一般論として読み流される傾向にあり、読者の共感を得られません。できる限り具体的に悩みを言語化して、ユーザーが「自分ごと」として読んでくれるようなリード文を作成しましょう。

記事を読むメリットを提示する

リード文では、記事を読むメリットを提示するのも大切です。

ユーザーは自分にとって価値のある情報を探しているため、必要な情報がないと判断すると別のページへ遷移します。

リード文では、その記事を読むとどのようなことが得られるのか、何ができるようになるのか具体的に伝えましょう。メリットを理解したうえで読み進めてもらうことで、読後の満足度が高まるといった効果も期待できます。

信頼性を担保する

記事を読んだユーザーに、内容を理解して実際に行動に移してもらうためには、リード文で信頼性を担保することが大切です。

そのためには、次の方法が有効です。

  • 著者のプロフィールを紹介する
  • 過去の実績や経歴を記載する
  • 保有している資格を記載する

上記の要素をリード文に入れると、ユーザーから信用してもらいやすくなるでしょう。ただし、すべて書くと文章が長くなるため、わかりやすい要素を1〜2個ほど入れるのがおすすめです。

リード文の書き方

リード文を書くときは、以下の4ステップを意識しましょう。

  1. 読者の悩みに共感する
  2. 記事で得られることを提示する
  3. 得られる理由・根拠を示す
  4. 読者の背中を押す

ステップごとの要点や注意事項を解説します。

ステップ1:読者の悩みに共感する

リード文を書くときの第1ステップは、読者の悩みに対する共感です。

記事の冒頭で「自分に関係のある内容だ」と思ってもらえないと、読者は本文を最後まで読んでくれません。まずは読者の悩みを言語化したり、そこに至る背景などを簡潔に示したりして、共感を得るのが大切です。

想定読者のレベルに合わせた言葉遣いをすると、さらに親しみを感じてもらえるでしょう。

ステップ2:記事で得られることを提示する

読者の悩みに共感したあとで、その悩みの解決策が記事に書かれていることを示します。

悩みを明確にした直後に記事の方向性を示すことで、読者をスムーズに本文へと誘導できます。記事内容を提示するときは、順番に沿って概要を羅列したり、箇条書きで示したりするのがおすすめです。

記事を読むメリットを具体的に示すことで、読み手のモチベーションが上がり、最後まで読んでもらえる可能性が高まります。

ステップ3:得られる理由・根拠を示す

記事を読むメリットを示したあとで、それらが得られる理由や根拠を説明すると、説得力が上がります。

客観的な根拠を提示すると、読者が安心して記事を読み進められるためです。理由・根拠を示す方法としては、著者の実績や経歴を示したり、専門家の監修のもとに作成された記事であることを示したりするのが一般的です。

数字や資格も交えながら提示できると、より説得力が増すでしょう。

ステップ4:読者の背中を押す

リード文の最後では、読者の背中を押してあげるのも大切な仕事です。

モチベーションの高まった読者が、記事を最後まで読んでくれるように後押ししましょう。読者の背中を押す方法はいくつかありますが簡単・手軽・効果的といった言葉を添えるのがおすすめです。

長い文章を読むのに躊躇する読者に対して、心理的ハードルを下げる言葉を添えてあげると、自然な流れで本文を読み進めてもらえるでしょ。

まとめ:リード文の書き方を見直そう

リード文とは、記事全体の概要をユーザーに伝えるための文章です。

魅力的なリード文は、読者の理解を助けたり、SEO的にも有利になったりします。リード文を書くときは、読者の悩みや読むメリット、記事の信頼性などを盛り込むと効果的です。

今回紹介した4ステップを参考にしながら、質の高いリード文を作成しましょう。

弊社のSEOサービス「ランクエスト」では、お客様ごとに専任のコンサルタントがつき、戦略立案からコンテンツ制作、効果測定まで、すべて対応いたします。SEO対策にお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

SEO対策とは

関連したコンテンツ
最新のコンテンツ
TOP

SEO無料相談

受付時間 平日9:00~18:30

0120-790-671