コラム

オウンドメディアとは?意味やメリット・始め方をわかりやすく解説

オウンドメディアという言葉を耳にする機会はあっても、その意味や仕組みについてよく知らない方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、オウンドメディアの定義や類似する概念との違い、運用するメリットについて詳しく解説します。

オウンドメディアについて理解を深め、マーケティング戦略に活かすことで、新たな顧客獲得の機会を創出できます。

オウンドメディアの本質と活用方法を理解し、自社の成功につなげていきましょう。

オウンドメディアとは?

オウンドメディアとは、マーケティングにおけるメディア戦略のフレームワークである「トリプルメディア」のうちの一つです。

トリプルメディア ペイドメディア お金を払って出稿する広告メディア
アーンドメディア 企業と直接関わりのないユーザーが発信するメディア
オウンドメディア 自社で直接管理するメディア

オウンドメディアは、自社が保有するメディア全般を指します。

自社が保有するWebサイトをはじめ、カタログやブログ、ニュースレターなどもオウンドメディアです。

しかし昨今では、CMSを使ってコンテンツを発信するWebメディアをオウンドメディアと呼ぶ機会が増えています。

したがって、ブログ形式のWebサイトは多くの人がオウンドメディアとしてイメージを持ちやすい形式であるといえます。

オウンドメディアについて語る際には、文脈上の意味を捉えておくとよいでしょう。

公式サイトやホームページとの違い

公式サイトやホームページも、企業が保有している場合は広義のオウンドメディアに含まれます。

しかし厳密には、目的や役割が異なります。

ホームページの目的は情報公開であり、主に企業概要や商品紹介など固定の情報を掲載します。

一方で、オウンドメディアはマーケティングが主な目的です。

記事や動画・インフォグラフィックなどの多様な形式を用いてコンテンツを発信し、ユーザーの行動を喚起します。

ユーザーにとって有益で価値のある情報を発信することで、顧客の獲得につなげるのがオウンドメディアの大きな役割です。

オウンドメディアを運用するメリット

オウンドメディアを運用すると、具体的にどのようなメリットが得られるのでしょうか。

主に下記の5つが挙げられます。

  • 顧客との信頼関係を深められる
  • 長期的に利益を生み出す
  • ブランディングになる
  • 広告費用を削減できる
  • コンテンツを資産として蓄積できる

それぞれのメリットについて理解を深めましょう。

顧客との信頼関係を深められる

オウンドメディアを運営することで、顧客との信頼関係を深められます。

ユーザーに寄り添ったコンテンツを構築するとともに、データの収集と改善を繰り返すことで、顧客ニーズの分析につながるでしょう。

顧客への理解を深めることで、間接的にも企業の発展や利益をもたらします。

また単なる情報発信だけでなく、双方向でのコミュニケーションを実現することで、より強い信頼関係を構築できるでしょう。

オウンドメディアを通じてユーザーの疑問や課題にに答えることで、関係性の強化につながります。

長期的に利益を生み出す

オウンドメディアはSEO対策を実施すれば、継続的に自然検索からの流入が見込めます。

そのため持続的な集客を実現でき、長期にわたって利益を生み出せるのです。

また収益先となるコンテンツは複数に及ぶため、リスク分散にもつながります。

継続的なコンテンツ更新と改善により、検索エンジンの評価を維持できれば、メディアへの安定的な流入と利益をもたらすでしょう。

ブランディングになる

ユーザーに価値のある情報を提供できれば、企業のブランドイメージの向上にも寄与します。

オウンドメディアではユーザーの疑問や課題に寄り添い、自社の専門性を活かした信頼性の高い情報を発信します。

そこで独自の価値観やメッセージを伝え、一貫性のあるブランドイメージを形成することも可能です。

その結果として、商品やサービス・企業イメージにも良い影響を及ぼすでしょう。

また企業から価値ある情報を提供することで、顧客ロイヤリティ向上の貢献にも期待できます。

ロイヤリティの高い顧客はリピーターになりやすく、良い口コミによってさらに大きな利益を生み出してくれます。

企業やブランドに対して信頼感や高感度が向上すれば、新規顧客の獲得や既存顧客の維持につながるのです。

広告費用を削減できる

オウンドメディアは自社が保有するメディアのため、維持する際に広告費がかかりません。

広告には莫大な費用がかかり、成果が出ないとかけたコストが無駄になってしまいます。

一方でオウンドメディアはコンテンツを蓄積し、利益を生み出す仕組みです。

制作したコンテンツは改善を繰り返すことで無駄にならず、機能し続けます。

オウンドメディアの運営にランニングコストはかかりますが、長期的に見ると広告を出稿するよりも費用対効果が高いといえます。

コンテンツを資産として蓄積できる

価値あるコンテンツは、顧客に価値をもたらし続けます。

オウンドメディアに蓄積されたコンテンツは情報発信の場を超えて、貴重な資産となるのです。

ただし、求められるコンテンツやその価値は常に変化するため、定期的な見直しや改善が必要となります。

運営に際しては、誠意を持って顧客の求める情報を伝えていく姿勢が重要といえるでしょう。

オウンドメディアを運用するデメリット

オウンドメディアを運用する際は、次のようなデメリットについても知っておきましょう。

  • 成果まで時間がかかる
  • 維持するためにコストがかかる

それぞれのデメリットについて解説します。

成果まで時間がかかる

オウンドメディアで成果を出すためには、良質なコンテンツを継続的に作成し、検索エンジンからの流入を増やしていかなければなりません。

しかし、コンテンツを公開したからと言ってすぐにアクセス数が増えるわけではありません。

そのため、短期的な成果を求める企業には適さない戦略といえるでしょう。

オウンドメディアは継続的なコンテンツ制作と改善が必要であるため、計画性を持って取り組む必要があります。

長期的な取り組みであることを理解し、成果達成までに時間がかかることを念頭に置きましょう。

維持するためのコストがかかる

オウンドメディアの運用には、サーバー費用、ドメイン費用、コンテンツ制作費用などのランニングコストが発生します。

また先ほど述べたように、成果達成まで時間がかかるのがオウンドメディアの特徴です。

利益が回収できるまでに半年~1年以上かかることも考えておくべきでしょう。

運用の際は必要な施策を洗い出し、段階的に拡大していくことでコスト削減につながります。

外部委託する際は、担当者もオウンドメディアやSEOの基礎知識について理解を深め、依頼する範囲を明確にしておくのがポイントです。

オウンドメディアを成功させるポイント

オウンドメディアを成功させるためには、下記3つのポイントを押さえましょう。

  • 成果目標を決めておく
  • 社内で運用体制を築く
  • 正しい効果測定を実施する

ポイントを踏まえて、オウンドメディア運営の成功につなげてください。

成果目標を決めておく

オウンドメディアを成功させるためには、目標を具体的に決めておくことが重要です。

具体的な目標を決めるためにも、まず企画の段階で運営する目的やテーマを固めましょう。

この部分がおろそかになると、施策の妥当性が低くなり、顧客のニーズを満たせない可能性が高くなります。

施策を進めるにあたっては、KPI(重要業績評価指標)を定め、目標の達成度合いを定量的に確認するようにしてください。

社内で運用体制を築く

オウンドメディアを運用するには、企画やデザイン、SEO対策などさまざまな分野の業務が必要になります。

社内で役割を分担し、スムーズにコンテンツ制作を進めるためにもスケジュールを決めておきましょう。

専門知識やスキル、リソースがない場合は外部への委託も検討することになります。

その際は自社内で完結させる業務と依頼する範囲を明確にし、最適な運用フローを構築してください。

正しい効果測定を実施する

定期的に効果測定を実施し、施策の方向性に問題がないか確認します。

その際、定めた目的と一致する指標を選ぶことが重要です。

たとえば、企業の認知度向上が目的であれば、アクセス数やUU(ユニークユーザー数)・ソーシャルメディアのフォロワー数などが対象になります。

リード獲得の場合は、問い合わせ数や資料のダウンロード数などの指標を参考にしましょう。

また単一の指標だけでは、オウンドメディア全体の効果を把握できません。運用の目的に応じて、複数の指標を組み合わせて分析する必要があります。

関連性の高い指標を軸に定期的な見直しを実施して、Webサイトやコンテンツを改善していくことが重要です。

オウンドメディアの始め方

どのようにオウンドメディアを運用していけばいいか、イメージが浮かばない方もいるかもしれません。

オウンドメディアを始める際は、下記の5ステップで進めていきます。

  1. メディアコンセプトの設計
  2. ターゲットユーザーの設定
  3. コンテンツマップを作成
  4. Webサイトとコンテンツの制作
  5. 効果測定と改善

それぞれのステップを確認し、運用を始める際の参考にしてください。

1.メディアコンセプトの設計

オウンドメディアを成功させるためには、明確なメディアコンセプトが必要不可欠です。

コンセプトはメディアの方向性を決定し、コンテンツのテーマを設定する際に役立ちます。

ここで設定したテーマに基づいて、コンテンツを制作していきます。

たとえば、Web制作会社がメディアコンセプトを作成するなら、下記のような専門性を活かしたものがおすすめです。

  • ホームページ制作に関するメディア
  • 業界トレンドを紹介するメディア
  • Webマーケティング情報メディア

その際、競合となる他のオウンドメディアも分析し、自社の強みや差別化ポイントも明確にしておきましょう。

メディアコンセプトはオウンドメディア運営の指針となるため、関係者間で共通の認識を持って施策を進めてください。

2.ターゲットユーザーの設定

コンテンツの方向性を定めるためにはターゲットユーザーを設定し、どのようなニーズや課題を持っているか明らかにすることが重要です。

ターゲットユーザーの心理を理解するためにペルソナを設定し、顧客像を明確にしましょう。

具体的には、下記のような属性を設定します。

  • 年齢
  • 性別
  • 職業
  • 家族構成
  • 価値観
  • ライフスタイル

具体的な名前や顔写真・背景にあるストーリーなどを詳細に設定することで、よりリアルに人物像を描き出せます。

またカスタマージャーニーを活用して、顧客体験を可視化することも重要です。

ターゲットの理解がオウンドメディアの成功につながるため、真摯に取り組みましょう。

3.コンテンツマップを作成

コンテンツマップとは、オウンドメディア全体のコンテンツ構成を整理するためのツールです。

コンテンツの階層を俯瞰的に捉えられるため、抜け漏れや重複を防ぐ役割を持ちます。

また、コンテンツ同士の関連性も明確になり、制作に一貫性を持たせられます。

効率的にオウンドメディアを運営しておくためにも、コンテンツマップを作成しておきましょう。

4.Webサイトとコンテンツの制作

準備が整ったら、Webサイトとコンテンツの制作を進めていきます。

ロゴやデザイン、レイアウトなどはユーザーが最初に目にする部分です。サイトの趣旨や意図がひと目で伝わるようにしましょう。

また視認性や使いやすさなど、こだわりを持って設計することも重要です。

実際にコンテンツ制作を進めていく際は、ユーザーのニーズに沿った正確で信頼性の高い情報を盛り込むことがポイント。

魅力的なWebサイトを構築し、ユーザーが満足するようなコンテンツの制作を進めてください。

5.効果測定と改善

オウンドメディア運営において、効果測定は必須です。効果測定によって、潜在的な課題や改善点の早期発見に役立ちます。

オウンドメディアを成果に導くには、課題点をできる限り早めに見つけ出し、迅速な改善につなげることが大切です。

コンテンツの方向性に誤りがないか逐一確認し、改善を繰り返すようにしてください。

上手くいった施策については、どのような背景でユーザーの行動に結びついたのかを分析することで、今後に活かせます。

継続的なサイクルを回すことで、オウンドメディアの成果を最大限発揮できるでしょう。

まとめ:オウンドメディアの特性を理解して運用しよう

オウンドメディアは、自社について知らない新規ユーザーにも広く訴求できるメディアです。

成功させるためには、明確な目標設定と戦略の策定がカギとなります。

ただし即時性のある施策ではないため、長期的なスパンで取り組むことが大切です。

計画性をもって取り組むことで、将来的に大きな利益を生み出すでしょう。

記事内で紹介したポイントを踏まえて、オウンドメディアの成功につなげてください。

関連したコンテンツ
最新のコンテンツ
TOP

SEO無料相談

受付時間 平日9:00~18:30

0120-790-671