コラム

広告代理店の選び方は?確認項目やおすすめの業者を紹介

集客やブランディングのために広告を活用する際、広告代理店を頼れば効率的に成果を挙げられます。

しかし大小問わずさまざまな広告代理店が存在し、自社に合ったところに依頼しないと成果は得られません。

とはいえ、広告代理店のホームページ上には専門用語も多く、適切な依頼先がわからずに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

この記事では広告代理店の選び方や注意すべきポイントを解説しています。

業者選びに失敗したくない方や、依頼先が決めきれずに困っている方はぜひ参考にしてください。

    SEOにご興味がある方へ

    キーワード上位化までの期間を無料分析

    SEO専門業者として14年、4,200社を支援し続けて積み上げたノウハウをもとに、専門のコンサルタントが分析した効果予測シミュレーションを無料でお届けします!

    会社名

    必須

    名前

    必須

    電話番号

    必須

    メールアドレス

    必須

    ホームページのURL

    必須

    上位化したいキーワード
    ※最大3つ

    必須

    個人情報保護ポリシー


    広告代理店の選び方

    広告代理店の選び方を誤ると、期待した成果が得られないおそれがあります。そのため依頼先を探す際は、必ず以下6つのポイントを確認しましょう。

    • 目的とターゲットを明確にする
    • 実績を確認する
    • 複数社比較する
    • 料金形態が明示的なところを選ぶ
    • 金額だけで決めない
    • 担当者との相性を確認する

    それぞれ詳しく解説していきます。

    目的とターゲットを明確にする

    世間には膨大な数の広告代理店が存在し、業者ごとに強みや特徴が異なります。そのため広告を出稿する目的やターゲットが明確になっていないと、自社に合う広告代理店を絞り込めません。

    また曖昧なまま依頼すると、広告代理店に意図が上手く伝わらず、見積もりの作成や施策立案に支障をきたすおそれがあります。

    事前に必ず目的を明確にし、業者選びの軸を作っておきましょう。

    実績を確認する

    広告には以下のようなさまざまな種類があるため、自社が出稿したい広告のノウハウがない業者に依頼しても成果は上がりづらいです。

    • リスティング広告
    • SNS広告
    • ディスプレイ広告
    • 動画広告
    • アドネットワーク広告

    また自社と同じ業種・業界での業務経験も確認することも大切です。

    たとえば10代向けの化粧品を販売している場合、以下のような広告代理店に依頼すると成功率を高められます。

    • リスティング広告や動画広告の運用を得意としている
    • 化粧品業界での成功実績がある
    • 若年層向けのWebマーケティングに精通している

    実績が公開されていなくても問い合わせれば見せてくれることもあるため、気になる業者があれば直接連絡してみるのもおすすめです。

    大手や著名な広告代理店が必ずしも自社と相性が良いとは限らないため、必ず実績を確認したうえで依頼先を決めましょう。

    複数社比較する

    依頼先を探す際に、はじめから1社に決めて話を進めるのはリスクが高いです。比較・検討をしないとその会社が本当に優良な企業か判別できません。

    悪質な業者に依頼してしまうと成果が出ない、相場以上の費用を支払うなどのトラブルに発展するおそれもあります。

    そのため広告代理店を探す際は、必ず2〜3社程度ピックアップし相見積もりを取りましょう。

    料金形態が明示的なところを選ぶ

    Web広告ではインプレッション課金やクリック課金など、費用が誘導的なものが多いです。また運用手数料も広告代理店によってさまざまです。

    料金形態の確認を曖昧にしていると、気づかないうちに高額な費用が発生していることがあります。

    そのため依頼前に以下の点を確認しておかないと、後にトラブルが発生するおそれがあります。

    • 初期費用
    • 広告費
    • 最低運用金額
    • 運用代行手数料

    運用代行手数料は広告費の20%程度が相場であるため、大きく離れている場合は理由を確認することが大切です。

    また広告クリエイティブの制作やコンサルなども依頼する場合は、上記以外の費用がかかる事もあります。作業ごとの料金の内訳を確認し、何に費用を払っているのかを明確にしておきましょう。

    金額だけで決めない

    中には低価格で良質なサービスを提供している業者もありますが、多くの場合金額とサービスの品質は比例します。したがって料金だけで依頼先を決めると、思ったようなサービスが受けられず、成果が得られないおそれがあります。

    とくに料金が相場と大きく乖離している場合は、薄利多売な業者である可能性が高いため注意が必要です。

    依頼先を決める際は必ず施策やサポートの内容も検討材料に入れ、安すぎる場合は理由を担当者に確認しましょう。

    担当者との相性を確認する

    担当者との相性は、広告運用の成否を分ける重要なポイントになります。そのため以下の特徴を持つ人に依頼できれば、成功確率が上がります。

    • 問題なくコミュニケーションが取れる
    • 自社の業界に関するリテラシーが高い
    • 親身になってくれる

    自社の意図を汲み取ってもらえなければ、出稿する広告の内容もずれてしまいます。

    そのため意図が上手く伝わらない、業界の理解が浅いなどの違和感を覚えた場合は依頼は避けたほうが懸命です。

    また、見積もりと運用の担当者が異なるケースがあることも覚えておきましょう。

    とくに大手に依頼する場合多くの人員が関わるため、契約前に同じ人が担当してくれるのか確認しておくと安心です。

    おすすめ広告代理店

    おすすめの広告代理店3社を以下にまとめました。

    • 株式会社ジオコード
    • デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
    • トランスコスモス株式会社

    それぞれの概要や特徴をくわしく解説していきます。

    株式会社ジオコード

    出典:株式会社ジオコード

    株式会社ジオコードは東京都新宿区に本社を構える広告代理店です。

    Webマーケティングと営業DXの支援を提供しており、依頼すれば集客から受注までのプロセスを構築できます。

    特徴

    株式会社ジオコードの特徴は、Webマーケティングを1社完結できる点です。

    内部SEO対策やコンテンツ制作、UI/UX改善などのオーガニックマーケティングをはじめ、以下のような広告運用に対応可能です。

    • リスティング広告
    • リターゲティング広告
    • SNS広告
    • ディスプレイ広告
    • アフィリエイト広告
    • ネイティブ広告
    • 純広告
    • 動画広告

    14年間で累計2,120件の広告アカウントを運用した実績があり、さまざまな業種での広告運用経験と確かなノウハウを持っている企業です。

    実際にGoogleがデジタルマーケティンにおいて優れた功績を残した企業を選出する「Google Premier Partner Awards」でも、5期連続でファイナリストに選出されています。

    無料相談も受け付けているため、気になる方は一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。

    会社概要

    会社名 株式会社ジオコード
    代表者 原口 大輔
    住所 〒160-0022 東京都新宿区新宿4-1-6 JR新宿ミライナタワー 10F
    電話番号 03-6274-8081
    設立年月日 2005年2月
    資本金 358百万円

    デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社

    出典:デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社

    デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社は、東京都渋谷区に本社を構える広告代理店です。

    単に広告運用を行うだけではなく、Webマーケティングに関わるさまざまなソリューションを自社開発しています。

    特徴

    デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社は、自社開発の国内最大級DMP「AudienceOne」を中心とした、独自の広告運用体制を構築しています。

    Analytics360やAdobe Analyticsなど、多様なパートナーツールと連携を行い、施策立案から広告出稿までの各セクションで最適解を導き出します。

    圧倒的なデータ集計と分析能力を駆使して施策を進めるため、あらゆる業界や広告で成果が期待できます。

    また同社はグローバルマーケティングにも対応できる点も魅力です。

    中国の上海をはじめ、さまざまな拠点を海外に持っているため、現地の状況を確認しながら確かな施策を講じてくれます。

    実際に、中国の検索エンジンである「百度(バイドゥー)」の広告運用において、2年連続で優秀代理店の表彰を受けています。

    越境ECなど、海外への販路を開拓したい方にとくにおすすめの広告代理店です。

    会社概要

    会社名 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
    代表者 田中 雄三
    住所 〒150-6033 東京都渋谷区恵比寿4丁目20番3号

    恵比寿ガーデンプレイスタワー(受付 33階)

    電話番号 03-5449-6300
    設立年月日 1996年12月2日
    資本金 4,031百万円

    トランスコスモス株式会社

    出典:トランスコスモス株式会社

    トランスコスモス株式会社は、東京都豊島区に本社を構える広告代理店です。

    広告運用をはじめ、ECコンサルやSEO対策など、Webに関わるさまざまなマーケティング施策を提供しています。

    特徴

    トランスコスモス株式会社は、以下4つの要素から、顧客の目的とビジョンを明確にしています。

    戦略 目的・目標、DXの役割が明確化されているか
    体制 予算、社内外・部署間連携、ナレッジが溶融されているか、スキルがある人材が揃っているか
    運用 各ツールの役割が明確化され、適切に導入・活用できているか
    施策 顧客体験を提供できる施策になっているか、チャネルやシーンに合わせた施策になっているか

    上記で得た情報を基に課題設定と施策の選定を行ってくれるため、効率的かつ効果的なマーケティングを実現できます。

    また提供できるサービスも幅広く、広告以外にも以下のような施策に対応可能です。

    • Webサイト構築
    • SEO対策
    • マーケティングプラットフォームの構築
    • アプリの開発・運用
    • 人材支援
    • SNS運用

    DX推進やクリエイティブ制作など、ビジネスの成長に関する包括的な依頼を行えます。

    集客と合わせて解決したい課題がある場合は、一度相談してみてはいかがでしょうか。

    会社概要

    会社名 トランスコスモス株式会社
    代表者 奥田 昌孝
    住所 〒170-6016 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャインシティ60
    電話番号 050-1751-7700
    設立年月日 1985年6月18日
    資本金 290億6,596万円

    まとめ

    広告運用の外注を成功させるには、適切な代理店選びが欠かせません。

    自社の目的やターゲットを明確にしたうえで、同業種の実績が豊富で料金形態が明示的な業者に選ぶと失敗のリスクを減らせます。

    また依頼する際は、必ず2〜3社程度から相見積もりをとり、料金だけで外注先を決めないようにしましょう。

    作業内容や対応している広告の種類を確認し、自社の要望に答えてくれる広告代理店を見つけられれば、成果が上がりやすくなります。

    この記事を参考に、自社の事業を成長させてくれる広告代理店を見つけてください。

    関連したコンテンツ
    最新のコンテンツ
    丸投げできるSEO

    最近のコンテンツ

    徹底的に、
    SEOで
    集客するなら。

    Copyright © 2024 eclore Co., Ltd