コラム

コンテンツとは?テーマの決め方とマーケティングを成功させるコツを解説

近年、SEO対策やSNS運用などのWebマーケティングにおいて、コンテンツは不可欠な存在となっています。とくにオウンドメディアを活用したコンテンツSEOは、自社で無料で取り組めることもあり、多くの企業が導入しています。

しかし、いざコンテンツを制作しようと思った際に、テーマが決まらず悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

この記事では、コンテンツの概要や種類、テーマを決めるポイントについて解説していきます。 コンテンツマーケティングを成功させたい方は、ぜひ参考にしてください。

    SEOにご興味がある方へ

    キーワード上位化までの期間を無料分析

    SEO専門業者として14年、4,200社を支援し続けて積み上げたノウハウをもとに、専門のコンサルタントが分析した効果予測シミュレーションを無料でお届けします!

    会社名

    必須

    名前

    必須

    電話番号

    必須

    メールアドレス

    必須

    ホームページのURL

    必須

    上位化したいキーワード
    ※最大3つ

    必須

    個人情報保護ポリシー

    コンテンツとは?

    コンテンツとは「中身・内容」という意味を持ち、英語のcontentが語源です。 Webマーケティングの世界で使われるコンテンツは、主にインターネット上の情報の意味で使われます。とくにSEO対策のブログ記事を指すことが多いですが、広義では以下のものもすべてコンテンツです。

    • ブログ記事
    • ランディングページ
    • 動画
    • 画像
    • SNSの投稿
    • ホワイトペーパー
    • 電子書籍
    • 音声データ、音楽

    上記のようなコンテンツを用いたマーケティングの総称を「コンテンツマーケティング」と呼びます。

    中でもブログ記事を用いたSEO対策である「コンテンツSEO」や、SNSを駆使した「SNSマーケティング」は現代で欠かせない施策となっています。

    コンテンツを作るとはどういうこと?

    コンテンツは、それを目にしたユーザーに何かしらの情報を伝えるために制作します。ひいては、コンテンツを通じて自社に興味を持ってもらうことが目的です。

    潜在ユーザーのニーズに寄り添ったコンテンツを提供すれば、ユーザーとの間にコミュニケーションが生まれます。緻密な市場調査を基に、適切なテーマのコンテンツを継続して提供すれば、商品購入やお問い合わせの獲得、認知度の向上などが望めます。

    つまりコンテンツは、ユーザーに有益な情報や自社の情報を提供し、ファンを増やすために制作するものなのです。

    コンテンツの種類

    コンテンツは、以下4つに大別できます。

    • エバーグリーンコンテンツ
    • トレンド型コンテンツ
    • 課題解決型コンテンツ
    • 興味深掘り型コンテンツ

    それぞれ詳しく解説していきます。

    エバーグリーンコンテンツ

    エバーグリーンコンテンツは流行に左右されず、常に一定数知りたい人がいる情報のことです。たとえば「SEO対策の基本」や「コンテンツSEOの概要」などが挙げられます。

    基礎知識や学習系コンテンツなどが該当することが多く、検索数がトレンドに左右されづらいのが特徴です。エバーグリーンコンテンツで上位表示できれば安定したアクセスが見込めます。

    トレンド型コンテンツ

    トレンド型コンテンツは、最新の話題や流行している情報のことです。たとえば「Googleアルゴリズムの最新アップデート情報」などが該当します。

    世間で注目されている情報を発信することで、多くの流入が見込め、新規ユーザーに認知してもらうきっかけにもなります。

    ただし、検索数が増えるのは一時的なものです。自社の業界に関するニュースをキャッチしたら、素早くコンテンツにすることが求められます。

    課題解決型コンテンツ

    課題解決型コンテンツは、ユーザーの疑問や課題を解決できるような情報のことです。 「SEO対策の成功法則が知りたい」などの疑問に対して、答えになるコンテンツを提供することで、信頼を得られます。Q&Aサイトで自社の業界に関係のある疑問を探し、まとめることで効率的に作成できます。

    また課題解決型のコンテンツは、お客様サポートの役割も果たします。充実させると顧客満足度の向上にもつながるため、積極的に作成しましょう。

    興味深掘り型コンテンツ

    興味深掘り型コンテンツは、自社に興味を持ったユーザーに対して提供する、より洗練された深い情報のことです。 たとえば「SEOリテラシーを実務レベルまで高めたい」という要望をもったユーザーがいるとします。それに対して、以下のようなコンテンツをシリーズ化して発信すれば、ユーザーの要求を満たすことができます。

    • SEO対策の基礎知識
    • Googleの仕組みやアップデートの詳細
    • 内部対策の実践方法
    • 外部対策の有効施策
    • SEOに有利なコーディングの考え方
    • コンテンツ制作の基礎・応用技術

    質の高い情報を提供できればユーザーの満足度が向上し、信頼の獲得やファン化する可能性が高まります。繰り返し参照してもらえる可能性も高く、継続的にアクセス数を伸ばす助けにもなるコンテンツです。

    コンテンツのテーマを決めるポイント

    コンテンツを作る上で、テーマの決定は何よりも重要です。方向性を誤ると、自社が求める客層とユーザーの間にギャップが生まれ、コンテンツが無意味なものとなるためです。

    以下のポイントを押さえて、慎重にテーマを決めましょう。

    • 詳細なペルソナを設定する
    • 市場調査を行う
    • 需要と供給のバランスを考える
    • ユーザーファーストの考え方を持つ

    万人受けするコンテンツを作成した結果、誰にも刺さらないことはよくあります。

    しかしペルソナを設定することで訴求力の高いテーマが作れます。綿密な市場調査を基に、重要と供給のバランスを考えながら、テーマを決めましょう。

    徹底的にユーザーファーストの考え方を持つことで、良質なテーマを決められます。

    代表的なコンテンツテーマの例

    代表的なコンテンツテーマとして、以下の4つがよく挙げられます。

    • 事業・商品・サービス紹介
    • お役立ち情報
    • 実績・事例紹介
    • お客様インタビュー

    それぞれ詳しく紹介していきます。

    事業・商品・サービス紹介

    自社に興味を持ってくれたユーザーに対して、商品やサービスについて深掘りするコンテンツです。 それぞれを深掘りするコンテンツを作成することで、購入や問い合わせの検討段階にいる顧客に対して、さらなる興味付けができます。

    お役立ち情報

    自社の業界に関連するお役立ち情報を発信するコンテンツです。たとえばWebマーケティングを行う会社であれば「Webで集客をあげる方法」「SNSの運用方法」などが該当します。

    ユーザーが興味を持ちやすい情報をコンテンツにすることで、検索からの流入を増やす効果が期待できます。オウンドメディアを活用してコンテンツSEOに取り組む場合、お役立ち情報をテーマにしたコンテンツがメインになることが多いです。

    実績・事例紹介

    自社でサービスを提供した顧客などを、事例として紹介するコンテンツです。Web制作会社であれば、作成したホームページやアプリの紹介、こだわりのポイントなどをまとめてコンテンツにします。

    ユーザーがサービスを受けた際のイメージが湧きやすくなるため、購買意欲を掻き立てる効果が見込めます。また、自社でしか持ち得ない情報をコンテンツにできるため独自性が上がり、SEOにも有利になります。

    お客様インタビュー

    自社の顧客にインタビューを依頼し、まとめたコンテンツです。取材の手間がかかりますが、社外の人間の意見を掲載できるため、ユーザーに信頼感を与えられます。

    コンバージョンの検討段階に入っているユーザーに対して、背中を押すコンテンツとなる効果が期待できるため、積極的に作成しましょう。

    コンテンツの意味と使い方

    Webマーケティングにおいてよく使われる媒体と、それぞれにおけるコンテンツの使い方について解説していきます。

    • オウンドメディア
    • SNS
    • 広告

    オウンドメディア

    オウンドメディアでのコンテンツは、主にブログ記事、あるいは記事内の情報のことを指します。 コンテンツSEOを行う目的で作成し、コラムやお役立ち情報の発信がメインコンテンツです。

    SNS

    SNSでのコンテンツは、投稿内容や投稿に掲載する画像や動画のことを指します。 拡散性が高いため、良質なコンテンツが作成できれば高い集客効果が見込めます。

    広告

    広告におけるコンテンツは、ランディングページやバナー画像、動画など広告クリエイティブのことを指します。 広告のクリック率や、ページ遷移後のコンバージョン率に大きく影響するため、テーマの選定や高い構成力が求められます。

    コンテンツのテーマに悩んだら外注するのも一つの手段

    自社でコンテンツを作成する際に、テーマに悩むことはよくあります。 そのような場合、専門の会社に依頼するのも1つの手です。さまざまな知見と合わせて、第三者目線での提案をしてくれるため、自社では思いつかなかったアイデアもでてきます。

    丁寧にヒアリングをしてくれる会社に依頼することで、自社を深掘りした良質なコンテンツの作成が期待できるため、一度検討してみましょう。

    まとめ:テーマを明確にして効果的なコンテンツを作成しましょう

    コンテンツ制作では、テーマの選定が何より重要です。コンテンツの種類による違いを理解し、ユーザーニーズに寄り添ったテーマで発信していきましょう。

    この記事を参考に、自社の商品や紹介の動向について深掘りし、良質なコンテンツを作成してください。 本記事の内容を参考に、良質なコンテンツを作成し検索順位を早く上げられるように工夫してみましょう 弊社のSEOサービス「ランクエスト」では、お客様ごとに専任のコンサルタントがつき、戦略立案からコンテンツ制作、効果測定まで、すべて対応いたします。SEO対策にお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

     
    関連したコンテンツ
    最新のコンテンツ
    丸投げできるSEO

    最近のコンテンツ

    徹底的に、
    SEOで
    集客するなら。

    Copyright © 2024 eclore Co., Ltd