コラム

ChatGPTはSEO対策に活用すべき?AIを使った記事作成の方法や注意点を解説

2022年11月のChatGPTリリース以降、文章作成やプログラミングなど、多くの業務でAIが利用されるようになりました。

回答精度の高さから記事制作の現場での活用も期待されている中で、SEO対策への流用を考えている人も多いのではないでしょうか。

結論、ChatGPTはSEO対策に活かせます。しかし、使い方を誤ると取り返しの付かない損害につながる恐れもあります。

この記事では、ChatGPTをSEOに活かす方法や注意点について解説していくので、ぜひ参考にしてください。

ChatGPTはSEO対策に役立つ?

ChatGPTを使えば、以下のようなSEO対策の作業を効率化できます。

  • 戦略立案
  • タイトル・見出しの作成
  • 本文作成
  • 校正・推敲
  • リライト

それぞれの作業で、人間よりも速く作業を行ってくれる他、自身では思いつかない視点のアイデアをくれることもあるためです。

また、GoogleもAIによるSEOコンテンツの作成を禁止していません。以下で、その理由について詳しく解説していきます。

GoogleはAIによるコンテンツ作成を禁止していない

Googleは、AIについて以下のような見解を示しています。

AI 生成のものを含め、自動化を利用したコンテンツすべてがスパムであるとは限らないことを認識することは重要です。自動化はこれまでも長い間、スポーツの試合結果、天気予報、文字起こしなどの有用なコンテンツの生成で使用されてきました。AI は表現と創作の新しいかたちを生み、優れたウェブ コンテンツの作成に役立つ重要なツールとなる力を備えています。

これは、新しいテクノロジーで人々の可能性を広げることについて Google が常に掲げてきた理念とも一致しています。Google はこのアプローチを責任を持って継続すると同時に、検索を通じて提供する情報の質とコンテンツの全体的な有用性に対する高い基準を維持していきます。

引用:AI 生成コンテンツに関する Google 検索のガイダンス|Google検索セントラル

Googleが検索エンジンを運営している最大の目的は、ユーザーに対して有益な情報を提供することです。その上で、良質なコンテンツが作成できるのであれば、制作方法は問わないという意向を示しています。

一方でGoogleは、AIやプログラムによって自動生成されたコンテンツを検索結果から排除する動きも見せています。

Google には、検索結果を操作するために使用される自動化への対抗策を講じてきた長年の実績があり、SpamBrain システムの開発などはその一例です。スパムがどのような方法で生成されようと、Google はこうしたスパム対策の取り組みを続けていきます。

引用:AI 生成コンテンツに関する Google 検索のガイダンス|Google検索セントラル

しかし上記は、検索順位の操作を目的として生成されたコンテンツが、検索結果の品質を低下させるのを防ぐためです。AIによって記事の品質が向上するのであれば、積極的に活用するべきと考えて良いでしょう。

ChatGPTをSEO対策に活用するメリット

ChatGPTをSEO対策に導入すると、以下3つのメリットが得られます。

  • 記事作成の負担を軽減できる
  • 新たな発想が生まれる
  • SEO対策の学習時間を削減できる

それぞれ詳しく解説していきます。

記事作成の負担を軽減できる

ChatGPTは優れた文章生成能力を有しているため、本文はもちろん、タイトルや見出し構成の作成も可能です。

そのまま使うのは難しいですが、下書きとしては十分なものを生成してくれるため、ライティングにかかる工数を大幅に削減できます。

新たな発想が生まれる

ChatGPTは、さまざまな分野の情報を学習しているため、多角的な視点から意見やアイデアを出すことが可能です。

壁打ち相手にすれば、自身では思いつかなかったような発想が得られます。SEO対策では、施策を打てば打つほど視野が狭くなり、結果が出ないことも少なくありません。

ChatGPTとブレストを行えば視野が広くなり、柔軟な思考で対策に臨めるでしょう。

SEO対策の学習時間を削減できる

ChatGPTは、SEO対策に関する改善案や戦略の提案も可能です。

たとえば、Webサイトの構造について質問すると、改善点や取るべき対策なども回答してくれます。SEOの知見がないと思いつかないような提案もしてくれるため、社内に専門家がいない場合、特に頼りになります。

ただし、必ずしも正解を答えてくれるわけではないため、並行して学習は進めましょう。

ChatGPTがSEO対策に活かせるポイント

ChatGPTをSEO対策に活かせる、8つのポイントについて紹介していきます。

  • ターゲットやペルソナの設定
  • ユーザーニーズの深掘り
  • タイトル・見出し構成のたたき台
  • 本文の下書き
  • 事例のアイデア出し
  • 文章の添削
  • 構造化マークアップ
  • Webサイトの内部構造のチェック

ターゲットやペルソナの設定

ChatGPTに運営しているサイトの情報や大まかなターゲットを伝えれば、ペルソナを作成してくれます。

アイデアが出ないときの助けになるのはもちろん、社内で作成したターゲット像との擦り合わせにも役立ちます。

ユーザーニーズの深掘り

ChatGPTとブレストすれば、ユーザーニーズを深掘りできます。

ユーザーの行動や考え方など、気になることをChatGPTに質問することで、効率的に新たな意見が生まれます。

タイトル・見出し構成のたたき台

対策キーワードやターゲット、競合記事の構成などをChatGPTに伝えれば、タイトルや見出し構成のたたき台を作ってもらえます。

違和感がある言い回しを修正したり、足りていない情報を追加したりして、独自性のある見出しに清書していきましょう。

本文の下書き

ChatGPTに見出しや記事の方向性、ターゲットなどを伝えれば、本文を作成してもらうことも可能です。

ただし、誤情報や不自然な文法なども多いため、そのまま公開するのは厳禁です。あくまでも下書きとして、必ず人間の手でチェックしましょう。

事例のアイデア出し

SEOライティングでは、文章に具体性を持たせるために事例が必要なことも多いです。

しかし実体験が少ないキーワードでのコンテンツ制作の際は、事例が思いつかないことも多々あります。ChatGPTに質問してみると、自身では思い切り口から事例を提案してくれることもあるため、詰まった際に活用してみましょう。

文章の添削

完成した文章をChatGPTに添削してもらうことも可能です。

誤字や文法の誤りを見つけてくれるだけでなく、そのまま修正まで行ってくれるため、校正を効率化できます。修正が必要な理由まで教えてくれるため、推敲にも役立つでしょう。

構造化マークアップ

ChatGPTは、プログラミングやコーディングも得意なAIです。

そのため、構造化マークアップを施したい箇所と仕様を伝えれば、自動で構造化データを生成してくれます。構造化マークアップは、クリック率やE-E-A-Tを高めるために重要なので、積極的に活用しましょう。

Webサイトの内部構造のチェック

SEO対策では、Webサイトの構造も重要です。

ChatGPTでは、階層構造の問題点やメタタグや内部リンクの最適化など、内部対策に関する提案も可能です。修正が必要な理由なども合わせて回答してくれるため、必要性を精査した上で、効率的に改善していきましょう。

SEO対策にChatGPTを導入する際の注意点

ChatGPTをSEO対策に利用する際は、以下3つの点に注意が必要です。

  • 本文の作成を丸投げしない
  • ファクトチェックを必ず行う
  • 有料版を使う

それぞれ詳しく解説していきます。

本文の作成を丸投げしない

ChatGPTによる文章生成には、まだ至らない点が多くあります。

人間から見ると不自然な言い回しや言葉選びなどが多く、違和感のある文章に仕上がることも少なくありません。

また、誤情報を含む場合もあるため、ユーザーに不利益をもたらす可能性もあります。必ず人間の手で修正をした上で、公開するようにしましょう。

ファクトチェックを必ず行う

ChatGPTをはじめとした生成AIは、ハルシネーションという問題を抱えています。

ハルシネーションとは、AIが事実と異なる情報を生成する現象のことです。現状では起こり得ることが多いため、ChatGPTが生成した内容を鵜呑みにするのは危険です。

間違った情報の拡散は、自社の信頼を損なうことにもつながります。ChatGPT以外のソースからも情報を収集し、正確性を確かめてから公開しましょう。

有料版を使う

無料版のChatGPTは、2022年1月までのデータしか学習していません。
(※2024年1月現在)

そのため、最新の情報を含む質問には回答できず、情報も少し古い可能性があります。

しかし、有料版の「ChatGPT Plus」であれば、Webブラウジング機能が搭載されています。これを活用すれば、Web上から最新の情報を参照して回答を生成可能です。

また、文章の生成スピードも無料版より速く、業務効率にも差が出ます。月額20ドルで利用できるため、本格的に導入を考えている方は有料版を検討してみましょう。

ChatGPT以外にSEOに活かせるAIツール

ChatGPT以外にも、SEOに活かせるツールは存在します。ChatGPTと比較されることも多い、以下2つのツールを紹介します。

Bard

Bardは、Googleが提供する生成AIです。

完全無料で利用でき、Googleの検索結果をソースにしているため、最新の情報を含んだ回答を生成してくれます。

また、GmailやGoogleスプレッドシート、GoogleドキュメントなどのGoogleサービスとの連携も容易なため、さまざまな業務効率化が図れます。

Copilot(旧BingAI)

Copilotは、Microsoftが提供する生成AIです。以下2点の理由から、高品質な回答を生成できると人気が高いAIです。

  • 言語モデルが有料版のChatGPTと同じ「GPT-4」
  • 検索エンジン「Bing」を情報ソースにしている

またExcelやWordなどのMicrosoftのソフトウェアと親和性が高いため、多くの業務を効率化できます。

ChatGPTを活用してSEO対策の質を高めよう

ChatGPTを導入すれば、SEO対策を効率化できます。また、壁打ち相手にすることで戦略立案や改善作業にも役立ちます。

ただし、ChatGPTの回答を鵜呑みにしないよう注意が必要です。誤情報や不自然な文章の生成が必ずあると念頭に置き、業務の補助として活用しましょう。

関連したコンテンツ

最新のコンテンツ

TOP

SEO無料相談

受付時間 平日9:00~18:30

0120-790-671