コラム

柔軟・安全なスクレイピング代行サービスでDXを推進「PigData」

PigDataのスクレイピング代行サービスは、Web上のさまざまなデータを収集できます。テキストデータはもちろん、画像やPDFファイルの収集も安全かつ柔軟に行ってくれます。

この記事でPigDataのスクレイピング代行サービスの特徴や魅力を解説していくので、ぜひ参考にしてください。

PigDataの運営会社 株式会社インディゴデータ
公式サイト https://pig-data.jp/

PigDataの魅力と特徴

PigDataのスクレイピング代行サービスの魅力は、安全性の高いデータを専門家がスクレイピングの技術を用いて自動で抽出してくれる点です。

事業の拡大やエビデンスの調達など、DX推進に必要なあらゆるデータを抽出してくれます。

中でも、特徴的な以下3つのポイントを紹介していきます。

  • 課題に合わせてさまざまなデータを提供可能
  • 専門家による安全性の高い調査を実施
  • データの活用方法をデータサイエンティストが提案

課題に合わせてさまざまなデータを提供可能

PigDataのスクレイピング代行サービスでは、顧客がすぐにデータを活用できるよう、さまざまな形式での共有に対応しています。

  • CSV
  • Excel
  • JSON
  • XML

いずれも同社が整形した上で納品されます。WebサイトやSNS、アプリなどの媒体からテキスト・画像・PDFなどの多様なデータを大量に収集できます。

また、データの受け渡しに関してもダッシュボード形式やAPI連携による既存システムへの入れ込みなど、さまざまな方法に対応。

500件以上の導入実績と、ITreviewの口コミ評価で4.5を獲得していることから、品質と顧客対応に定評があることがわかります。

専門家による安全性の高い調査を実施

スクレイピングは、ルールを守らなければ偽計業務妨害罪や著作権法などに抵触する恐れがあります。

またWebサイトによっては、利用規約に禁止の旨を明記している場合もあるため、作業の前に入念な調査が必要です。

しかしPigDataのスクレイピング代行サービスでは、IT弁護士監修のもと調査を行うことで、法的リスクを最小限に抑えています。データ収集の外注は不透明な部分が多く、危険が伴うことも多いですが、同社であれば安心でしょう。

データの活用方法をデータサイエンティストが提案

PigDataは、データ収集の先にあるDX推進に目を向けたサービスです。作業前に顧客の課題に寄り添い、必要なデータや収集後の活用方法などをデータサイエンティストが提案してくれます。

大手メーカーから不動産や大学まで、幅広い業界の対応実績があるため、広い知見を活かした有益なアドバイスが期待できます。

また、収集したデータはクライアントが活用しやすいように可視化することも可能。加えて同サービスはスポットでのデータ収集と継続的な依頼の両方を請け負っています。

継続依頼の場合、毎週や毎月など必要なペースで作業を代行できるため、継続的な社内の生産性向上に貢献してくれます。

戦略立案のためのデータがほしい、市場調査を長期的に行いたいなど、幅広いニーズに対応できるでしょう。

PigDataの料金プラン

PigDataのスクレイピング代行サービスには、以下2つのプランが用意されています。

単発 10万円/月〜
継続 5万円/月〜

正確な料金は、収集するデータの量やサポート範囲によって異なるので、見積りが必要です。また、ものづくり補助金などの補助金を活用できるケースもあるので、気になる方はお問い合わせください。

PigDataを使えばDX推進が加速する!

PigDataのスクレイピング代行サービスを使えば、安全で精度の高いデータが手に入ります。現代では企業が競争力を高めるために、データサイエンスは必須と言っても過言ではありません。

スクレイピングはビッグデータを手に入れる上でメジャーな方法ですが、法に触れることもあるため、自社で行うには危険が大きいです。

しかし、IT弁護士が監修している同サービスであれば、安全性の高いデータを提供してくれるでしょう。DX推進の強力な助けとなるため、一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。

関連したコンテンツ

最新のコンテンツ

TOP

SEO無料相談

受付時間 平日9:00~18:30

0120-790-671