コラム

オリジナルコンテンツとは?重要性や作り方の手順を解説

「コンテンツに個性が足りない。オリジナリティを出す方法を知りたい」

このようなお悩みをお持ちではないでしょうか。独自性の高いコンテンツを作れば、SEO効果の向上や競合との差別化などのさまざまなメリットが得られます。

今回は、オリジナルコンテンツを作る具体的な方法を解説します。この記事を参考に、読者を惹きつける魅力的なコンテンツを作りましょう。

<SEO対策について詳しく知りたい方はこちら>SEO対策とは?SEO対策のメリット・デメリットと対策方法を詳しく解説

オリジナルコンテンツの重要性とメリット

コンテンツを作成するうえで、オリジナリティ(独自性)は欠かせません。その理由は下記のとおりです。

  • Googleは独自性のあるコンテンツを評価する
  • オリジナリティがあると読者の印象に残りやすい
  • 競合コンテンツと差別化できる

それぞれの詳細を確認し、オリジナルコンテンツの重要性やメリットを理解しましょう。

Googleは独自性のあるコンテンツを評価する

Googleは、独自性があり有用な情報が得られるサイトを評価すると明言しています。

オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。”

Google検索セントラル

また、SEO対策を講じるうえで重要なE-E-A-Tを満たすためにも、独自性の高いコンテンツを提供することが大切です。

E-E-A-Tとは「Experience(経験)」「Expertise(専門性)」「Authoritativeness(権威性)」「Trustworthiness(信頼性)」の頭文字をとったものです。

Googleの検索エンジンでは、上記を満たしているコンテンツが優先してユーザーのもとに届けられる仕組みになっています。経験や体験をもとにしたコンテンツは、独自性が高くなり、高品質であると評価されやすくなります。

したがって、独自性を出すことが重要なのです。

オリジナリティがあると読者の印象に残りやすい

オリジナリティのあるコンテンツは読者の興味を惹きつけ、印象に残りやすいです。

誰もが思いつくようなことや、当たり前のことを述べているだけでは、直帰率が高くなる恐れがあるでしょう。その点、意外性や新規性のある内容は、ユーザーの関心を集められます。

たとえば、他の記事を読んだあとで訪れたユーザーが知らないような情報を盛り込んだり、意外な視点でコメントを付け加えたりなどの工夫ができます。

また、独自の観点を持つメディアと認識されることで、リピーターやファンの獲得につながるのです。

競合コンテンツと差別化できる

オリジナルコンテンツを展開することは、競合との差別化も図れます。

検索結果に同じような内容が複数並んでいるよりも、さまざまな情報が表示されているほうが、ユーザーにとって有益です。

しかし、競合サイトと同じ内容であれば、ユーザーにとって価値がありません。競合と内容が似ていると、コピーコンテンツと判断される恐れもあります。

したがって、コンテンツは独自の観点を盛り込んだ内容が好ましいと言えます。

オリジナルコンテンツを作成するデメリット

オリジナルコンテンツを作成するうえで、以下のデメリットも存在します。

  • コストや労力がかかる
  • 企画の考案が必要

それぞれのデメリットについても把握しましょう。

コストや労力がかかる

コンテンツのオリジナリティを出すために、コストや労力が生じる点はデメリットです。独自の情報を得るために自身で取材を行う際、コンタクトを取ったり、現地に足を運んだりといった労力が発生します。また、記事の監修やインタビューを実施する場合は、依頼にあたって費用もかかります。

しかし競合サイトにない一次情報を獲得できるため、コストに見合ったリターンが得られるでしょう。

企画の考案が必要

独自性の高いコンテンツにするためには、新しいアイデアを生み出し、企画を考案する必要が出てきます。伝えたい内容に沿って情報を集め、それをもとに企画を考案し、コンテンツを形にしていきます。

オリジナルコンテンツを作るためには手間を惜しまず、どのような方法で伝えるか考え、ユーザーに届く企画を立てることが大切です。

オリジナルコンテンツを作る方法

ここからは、オリジナルコンテンツを作る具体的に方法を解説していきます。

  1. 実際の経験や体験をもとにする
  2. ストーリー仕立てにする
  3. 記事に事例を盛り込む
  4. アンケートやインタビューを実施する
  5. 専門家に監修を依頼する
  6. 自らの足で取材に赴く
  7. 普段から疑問を持つ習慣を身につける

以上の項目を参考にすることで、独自性の高いコンテンツが作れるでしょう。それぞれ詳しく解説します。

1.実際の経験や体験をもとにする

自身の経験や体験をもとにすることで、コンテンツのオリジナリティを高められます。実体験から得た情報をもとに記事を作成すれば、唯一無二のコンテンツが出来あがります。

たとえば商品の使用感や感想などは、自分自身が情報の発信源です。自身の分析を交えて情報を伝えれば、ユーザーの興味関心を高められるでしょう。

2.ストーリー仕立てにする

伝えたい内容をストーリー仕立てにすることで、ユーザーの印象に残るコンテンツを作成できます。ただデータや事実を伝えるだけでなく、ストーリー性を持たせて語る方が情報に具体性が加わるため、イメージとして伝わりやすいのです。

起承転結を意識したストーリーで、オリジナルコンテンツを作りましょう。たとえば「問題を抱えた状態で悩み、思いついたアイデアで現状を打破。挫折を乗り越えた」といったストーリーを展開すれば、共感を呼びやすくなります。

3.記事に事例を盛り込む

記事に事例を盛り込むことで、オリジナリティだけでなく根拠や信ぴょう性もプラスされます。主張だけでなく事実を合わせて呈示するため、説得力や納得感が増すのです。成功や失敗事例を記事に反映することで、読者が参考にしやすいメリットも。

事例があれば記事のクオリティが高まるため、内容に適したものがあれば取り上げてみましょう。

4.アンケートやインタビューを実施する

アンケートやインタビューを実施することで、一次情報を手に入れられます。どちらも、調べただけの情報では不十分な場合に有効な方法です。

アンケートはWeb上で完結し、インタビューは電話やメール・オンライン通話などでも可能です。

5.専門家に監修を依頼する

専門家に記事の監修を依頼する方法もあります。その道のプロに携わってもらうことで、根拠のある内容をコンテンツに反映できるのです。

専門家が監修した記事は、E-E-A-Tに良い影響をもたらし、SEO対策にもつながります。

6.自らの足で取材に行く

現地取材を行うことで、一次情報が得られます。写真をとったり、現地の人に取材を試みたりするのもよいでしょう。人に話を聞いてみることで、自分にはない価値観を吸収できます。

ネットの情報だけでは不十分なこともあるため、時には自分で足を運ぶも大切です。取材で感じたことをそのまま発信できるため、空気感や臨場感が伝わりやすくなります。

7.普段から疑問を持つ習慣を身につける

人々の興味を集めるコンテンツを作るためには、物事に対して疑問を持つ姿勢が大切です。疑問点を見つけ、仮説を立てて考える力をつけることで、思考の引き出しを増やせます。

「この商品はなぜこうなっているのか」「どうしてこのデザインなのか」など、日ごろから些細な疑問点を見つけて、考えましょう。

考える習慣を身につければ、さまざまな視点で物事を捉えることができ、深みのあるコンテンツが作れます。

まとめ:オリジナルコンテンツを作るには独自の着眼点を持つことが大切

競合と差をつけ、ユーザーに価値を示すためには、コンテンツのオリジナリティが重要です。競合のコンテンツを模倣するのではなく、ユーザーにとって価値のある情報を提供することで、評価されやすくなります。

独自の着眼点を持つことで、意外性のある切り口で記事を展開でき、リピーターやファンの獲得にもつながるでしょう。ぜひ本記事を参考に、オリジナルコンテンツの作成に役立ててください。

SEO対策を外注する際の注意点について知りたい方は、以下の記事をご覧ください。
SEO対策を外注する前に、注意すべきポイントや外注先の選び方について詳しく解説しています。
外注先を探している、既にSEO対策を外注しているが効果が出ないとお悩みの方必見です。

SEO対策を外注しようとお考えの方はこちら>>>【失敗しない】SEO対策を外注へ依頼する前にぜひ知ってほしい内容を徹底解説
SEO対策を外注する場合の費用相場について知りたい方はこちら>>>SEO対策を代行業者へ依頼する場合の料金の相場は?

弊社のSEOサービス「ランクエスト」では、お客様ごとに専任のコンサルタントがつき、戦略立案からコンテンツ制作、効果測定まで、丸ごとお任せいただけます。SEO対策にお困りの方は、お気軽にご相談ください。

SEO対策とは

関連したコンテンツ
最新のコンテンツ
TOP

SEO無料相談

受付時間 平日9:00~18:30

0120-790-671