コラム

情報収集の手間を削減するWebクローリング&Webスクレイピングサービス「ShtockData」

ShtockDataはWebサイト上から指定したデータを自動で収集する、Webクローリング&Webスクレイピングサービスです。

商品開発やマーケティングには情報収集が必須ですが、Web上にある膨大な情報の中から必要なデータを見つける作業は手間がかかります。その点、ShtockDataを利用すれば、情報収集の手間を大幅に削減可能です。

この記事では、Webクローリング&WebスクレイピングサービスのShtockDataについて、魅力や特徴を解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

ShtockDataの事業運営者 株式会社キーウォーカー
公式サイト https://www.shtockdata.com/

 

ShtockDataの魅力と特徴

ShtockDataはWebサイト上から情報収集できるWebクローリング&Webスクレイピングサービスです。ShtockDataについて以下5つの特徴を解説します。

  • Webクローリング市場での圧倒的実績
  • データ加工も自動で実施
  • Webアプリへデータ連携可能
  • 海外市場調査も簡単に対応
  • 画像も収集できる

Webクローリング市場での圧倒的実績

Webクローリングサービスは、企業が意思決定をする上で重要な情報を扱うため、できる限り信頼度の高いサービスを選ぶべきでしょう。ShtockDataは以下の優れた実績を持ちます。

  • Webクローリング市場の国内シェアNo.1
    ※「株式会社富士キメラ総研『ソフトウェアビジネス新市場 2021年版』Webクローリング市場占有率2020年度」
  • サービス継続率99%
  • クローリング実績対象サイト数600万以上

ShtockDataはWebクローリング市場の中でも、特に信頼度の高いサービスと言えるでしょう。企業が大きな意思決定をする際には利用したいサービスです。

データ加工も自動で実施

Webサイトから得られるデータは膨大な量があるため、そのままでは分析に利用できません。分析に利用するためには、生データを一目で分かる形に加工する必要があります。しかし、データの加工を手動で行うには大きな工数がかかります。

その点、ShtockDataはデータを最適な形に加工する作業も自動で実施可能です。複数のデータ出力形式にも対応しているため、分析作業までの手間を大きく削減します。

Webアプリへデータ連携可能

企業が戦略を決めるためには、ShtockDataから得られたデータだけでは不十分です。Webサイト上から得られた外部データに加え、企業が持つ内部データを合わせて考える必要があります。

ShtockDataでは、既存のBIツールなどのWebアプリへデータ連携が可能です。内部データと合わせて可視化もできるため、効率的かつ効果的なデータ分析を始められます。

海外市場調査も簡単に対応

海外展開を目指す企業など、日本以外のデータが必要な方も多いでしょう。

しかし、日本語以外の言語からデータを収集するのは困難かつ手間がかかります。英語のような外国語の場合、単語の抽出だけでも苦労するはずです。

その点ShtockDataでは日本語以外のデータも取得可能なため、言語にとらわれない情報収集ができます。

画像も収集できる

画像収集ができる点はShtockDataの大きな強みの一つです。

近年、Webマーケティングと同様に、SNSマーケティングも重視されています。特にto C向けの商品を扱う場合、SNSからの情報収集は必須です。

ShtockDataでは商品画像と合わせて、ハッシュタグやコメントのような、SNSならではの情報も取得できます。最新の流行調査には欠かせない情報源のため、積極的に活用しましょう。

ShtockDataでデータ収集の手間を大幅に削減しよう

新しいWebサイトやSNSが増えるたびに、Web上の情報を集める労力が大きくなっています。人の手で全ての情報を漏らさず集めるのは不可能に近いです。

情報は集めることが目的ではなく、正しい方向に進むために集めています。分析業務に集中するために、ShtockDataを利用して、データ収集の手間を大幅に削減しましょう。

関連したコンテンツ

最新のコンテンツ

TOP

SEO無料相談

受付時間 平日9:00~18:30

0120-790-671