コラム

ページネーションとは?SEO効果や実装方法・注意点を解説

「ページネーションのSEO効果や設定方法について知りたい」

このようにお考えではありませんか?

情報量が多くなったときはページネーションの導入がおすすめです。今回は、ページネーションの概要や実装方法についてご紹介します。

SEOに効果的なページネーションの設置方法が知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

<SEO対策について詳しく知りたい方はこちら>SEO対策とは?SEO対策のメリット・デメリットと対策方法を詳しく解説

ページネーションの役割とSEO効果

ページネーションを理解するうえで、まずは以下の役割やSEO効果について把握しましょう。

  • ページを分割する機能を持つ
  • ユーザビリティが向上する
  • クローラーが回遊しやすくなる

それぞれ解説します。

ページを分割する機能を持つ

ページネーションとは、丁付けやページ割りを意味する言葉です。Webページの内容が多く、スクロールに時間がかかるようなページを分割する機能を持ちます。情報量が多いコンテンツを掲載した際、すべての内容を1ページに収めようとすると、読み込みに時間がかかります。

そこでページネーションを設置し、適当な長さに区切ってページを割り振ることで、読み込み時間を短縮できるのです。

ユーザビリティが向上する

ページネーションはユーザビリティの向上にもつながります。

例えばECサイトの商品リストのような、データベース形式のページがあるとします。すべての商品を1ページに表示させた場合、読み込み時間が増えてしまうでしょう。また、ユーザーが欲しい商品を探すのに時間がかかり、ユーザビリティも低下します。

ページネーションを設置すれば、一度に目にする情報量が減るため、ユーザーの利便性向上に役立つのです。

クローラーが回遊しやすくなる

検索エンジンが検索結果に表示させるための処理をおこなう際、クローラーがWebサイトを巡回して調査します。その際、ページネーションが設置されているとスムーズに回遊でき、ページの表示場所や内容を正しく伝えられるのです。

Webサイトの価値を評価してもらうためには、適切にページネーションを設置することが有効です。

【関連記事】
クローラー(Crawler)とは?上位化のための対策を紹介
Googleのクロール頻度とは?確認方法や仕組みを解説

ページネーションの重要性

複数に分割されたページを1・2・3と数字を割り振って順番に表示させることで、ユーザーと検索エンジンにページ同士の関連性を伝えられます。

正しくマークアップされていない場合、分割したページ同士の関連性が認識されず、検索エンジンの評価を下げる可能性があります。また情報量が多く読み込みに時間がかかると、ユーザーも離脱するでしょう。

ただし、すべてのコンテンツにページネーションを設置すればよいわけではありません。情報量が少なく短いページなのに細かく分割されていると、ユーザーがページを移動する手間が増えるためです。

あくまでも読み込みがスムーズにいかないときや、情報量が多くスクロールに時間がかかる場合などに、適度な長さに区切ることが大切です。

SEOに効果的なページネーションの実装方法

Webサイトにページネーションを設置する方法を紹介します。

  • WordPressの実装方法
  • jQueryの実装方法
  • HTMLとCSSの実装方法
  • JavaScriptの実装方法

自社サイトに合った方法を選択してみてください。

WordPressの実装方法

WordPressの実装方法は、下記の2通りです。

  • プラグインでWordPressに組み込む
  • PHPを編集してページネーションを自作する

プラグインを導入すれば、数分でページネーションの設定が完了します。プログラミングの知識がない場合や、手軽に設置したいときは、プラグインを導入するとよいでしょう。

しかし、独自の仕様がありカスタマイズ性が低く、サイトが重くなる可能性も。PHP言語でページネーションを自作すれば、自由に配置やデザインを決められます。お好みの方法で実装してみましょう。

jQueryの実装方法

JavaScriptでできることを簡単に書けるよう設計したものがjQueryです。jQueryを用いる場合、コードの記述とプラグインを使う方法があります。

プラグインにはページネーションを設定するための機能やオプションが備わっているため、手軽に実装できます。プラグインを使って実装する手順は以下のとおりです。

  1. ページネーションプラグインをダウンロード
  2. HTMLにjQueryを書き込む
  3. CSSでデザインを整える

カスタマイズ性は下がりますが、プラグインを使えばコードを記述するよりも工数を少なくできます。

HTMLとCSSの実装方法

HTMLとCSSを使ったページネーションにはさまざまな実装方法がありますが、内部リンクをリスト化して横並びにする方法が簡単です。

HTMLだけでは見栄えが整わないため、CSSでデザインすれば完成となります。デザインの種類ごとにCSSのテンプレートを公開しているサイトも豊富にあるため、参考にしながら作成するとよいでしょう。

また、ページネーションを実装する際にマークアップする「rel=”next”」と「rel=”prev”」は、Googleからのサポートが終了しています。

ただし、Bingのような検索エンジンではサポートされているため、設定が全く不要というわけではありません。Bingからの流入が見込めるのであれば、「rel=”next”」と「rel=”prev”」を用いて構成するのがおすすめです。

JavaScriptの実装方法

jQueryのようなライブラリを使わず、JabaScriptで実装することも可能です。ページネーションの実装は、以下の手順で行います。

  1. ページネーションドメインの作成
  2. データベースを検索するリポジトリの追加
  3. コントローラのメソッドの追加
  4. ページネーションを行うためのタグをHTMLで作成
  5. CSSのコーディング

JavaScriptは動的な処理が得意で、HTMLとCSSのみで実装するよりも自由度の高い方法です。ページネーションにこだわりたい場合は、JavaScriptを使って設置するとよいでしょう。

ページネーションを設定する時の注意点

ページネーションを設定する際、注意しておきたいポイントがあります。

  • HTMLのheadタグ内に完全URLで記述する
  • 「noindex」や「nofollow」を使わない
  • UIデザインを考えて設置する

注意点を踏まえて、ページネーションを実装しましょう。

HTMLのheadタグ内に完全URLで記述する

ページネーションを設定する際、HTMLのheadタグ内に正しく記述することが大切です。また、相対URLではなく完全URLで記述しましょう。

次のようにhttpやhttpから始まるものが完全URL、そうでないものが相対URLです。

絶対URLの例:https://example.com
相対URLの例://example.com

相対URLでも設定可能ですが、ページ同士の関連性を認識してもらえなくなる可能性があります。

noindexやnofollowを使わない

分割したページに、noindexやnofollowを使ってはいけません。ページネーションは、複数のページをひとつながりであることを伝える機能です。

noindexやnofollowを設定すると、クローラーがページを認識できなくなり、SEOに悪影響をもたらします。ページ同士の関連を伝えるためにも、上記のメタタグを使わないようにしましょう。

UIデザインを考えて設置する

ページネーションを設置する際、UIデザインを意識することも重要です。UIデザインとは、ユーザーがWebサイトやアプリを快適に使うための設計のことを指します。

ページネーションはナビゲーションする役割を持つため、今いるページをすぐ認識できる形にすることが重要です。また誤クリックを防ぐためにも、余裕のある大きさのボタンを設置するとよいでしょう。

まとめ:SEOに最適なページネーションを設定しよう

ページネーションを設置することで、ユーザビリティの向上やSEO効果につながります。ユーザーの使いやすさを考えることで、Webサイトの評価も向上するでしょう。

ただしページネーション実装の際は、クローラーがページを正しく認識できるようにURLやタグを正しく記載しなければなりません。

記事で紹介した方法や注意点を参考に、自社に最適なページネーションを設置してみてください。

弊社のSEOサービス「ランクエスト」では、お客様ごとに専任のコンサルタントがつき、戦略立案からコンテンツ制作、効果測定まで、すべて対応いたします。SEO対策にお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

SEO対策とは

関連したコンテンツ
最新のコンテンツ
TOP

SEO無料相談

受付時間 平日9:00~18:30

0120-790-671