コラム

【保存版】ランディングページの概要や製作費を紹介

ひと口にランディングページと言っても、実は2つの意味合いがあるのをご存知でしょうか。
いずれもWebマーケティングで成果を上げるためには避けて通れない、重要なページであるため、的確な知識を持っておきたいものですよね。

本記事ではランディングページの概要ならびに製作するメリット、そして外注する際の費用感などもお伝えします。
自社のWebサイトへの梃入れを考えられている担当者さまは、ぜひご一読ください。

目次

ランディングページとは

ランディングページ(LP)とは、検索結果や広告などを経由して、ユーザーが最初にアクセスするWebページのことであり、Webサイトの玄関口のようなものです。

英語で“着地”を意味する“Landing”を語源としており、HPのなかでも、はじめにユーザーの目に入る箇所であるため、ユーザーへの興味付けという観点で重要な役割を果たします

なお、ひとくちにランディングページといっても、広義的な意味合いで使われる場合と、広告的な意味合いで使われる場合があります。
ここでは、それぞれの定義について紹介します。

➀広義的な意味合いでのランディングページ

広義でのランディングページとは、ユーザーが最初に訪れるWebページのことを指します。
LP(エルピー)ともよばれ、ユーザーの目にはじめて触れるので、アクセス数も最多となります。
下記画像にて赤枠で囲った部分が、広義でのランディングページです。

つくりを工夫すれば、ランディングページから各下層ページへとユーザーを誘導することが可能です。
そのため、Webサイト製作において、高いマーケティング効果をもたらす重要なカギといえます。

②広告的な意味合いでのランディングページ

一方で、広告的な意味合いでのランディングページは、商品・サービスの情報をまとめ、ユーザーへ訴求、購買を促すことを目的とした広告ページのことです。
下記画像において赤枠で囲った部分に表示されるURLをクリックするとランディングページが表示されます。

コスメやグルメなどの購入にあたって、「厳選された成分を使っている」「こんなに美味しいのにこの価格!」など商品・サービスの写真も織り交ぜられたページをご覧になったことは
ありませんか?
これが、広告的な意味合いでのランディングページであり、例で示したようなリスティング広告に紐づけられるほか、SNSやメルマガから誘導されるケースもあります。

ユーザーに対する自社商材の訴求・クロージングを行うセールス要素の強いページであり、適切に製作すればユーザーの購買意欲をかきたてることができます。
広告的な意味でのランディングページも、自社のセールス・マーケティングの実績を底上げするうえで、重要な要素なのです。

ランディングページ(広告)と通常のページの違い

広告的な要素を持つランディングページと通常のWebサイト・ページは、その目的をはじめとして、いくつかの点で異なります。
詳しくは下記の表をご覧ください。

ランディングページ(広告)と通常のページの違い

 一般のWebサイト ランディングページ 
目的 自社および自社商材の周知・ブランディング コンバージョン数の最大化 
ターゲット ステークホルダー全般 見込み顧客 
ページ数 ~10程度 
デザイン シンプルなデザイン 購買意欲を刺激するようなデザイン 
製作費 0~40万円程度 0~20万円程度 

一般のWebサイトは、あくまでフラットな立ち位置で、自社や、商材の紹介や、ブランディングを行うことを目的としています。
一方でランディングページは、ユーザーである見込み顧客へ商材の訴求を行い、購買行動につなげることを目的としたセールス要素の強いページです。

この違いにより、両者はサイトのつくりやデザイン、それにともなって製作費用にも差が出てきます。

ランディングページ(広告)の活用方法とメリット

ここまで、広告的な意味合いでのランディングページの概要や、一般のWebサイトとの違いをお伝えしました。

広告としてのランディングページは、Web集客において大きな威力を発揮します。
それらを踏まえて、ここからはランディングページを活用するうえでのメリットを紹介します。

メリット➀訴求力が高い

広告としてのランディングページは、ユーザーに対する自社商材の訴求に特化しています。
文字だけではなく、画像や、ユーザーの興味を惹きやすいデザインを散りばめて製作できるため、通常のWebサイトよりも格段に訴求力が高まるというメリットがあります。

「一般のWebページを同様のつくりにすればよいのでは?」と思われる方もいるかもしれませんが、このようにするとセールス色が強すぎるというマイナスの面も出てきます。
そのため、コーポレートサイトをはじめとした通常のページと、ランディングページを分けておく必要があるのです。

ユーザーにとって知りたい情報が網羅されており、無駄な情報がないので、効果的なクロージングが実現するのです。

メリット②離脱率が低い

離脱率が低いというメリットもあります。

ランディングページ内には、ほかのページへのリンクを設置することは基本的にありません。
これは、ユーザーが途中でほかのページへと、離脱する確率を低く抑えるためです。

また、先述した通り、不要な情報を排し、ユーザーに対して本当に必要な内容を吟味して製作するため、ユーザーの琴線に触れやすいため、離脱を防止できます。

メリット③情報を伝える順序が整理されている

ランディングページの製作に際しては、製作側が、ユーザーに対して、読んでもらいたい内容・情報を然るべき順序で配置、調整できます。
これにより、ユーザーに対して自社商材の正しい理解をしてもらったうえで、最終的な購買活動へと誘導でき、売上実績の向上に寄与できるのです。

ランディングページ(広告)を持たないことにより被るデメリット

ユーザーへのクロージングを担うランディングページは、いわば、集客施策の総仕上げのようなものです。
自社でランディングページを制作していない場合、ユーザーへの“最後のひと押し”ができずに、数々の集客施策が水泡に帰してしまいかねません。

そのため、セールス・マーケティングの戦略上、ランディングページは不可欠といっても過言ではないのです。

ランディングページ(広告)と相性のよいWeb施策

検索エンジンのみならず、さまざまな媒体からユーザーをランディングページへ引っ張ってくることで集客効果を高められます。
ランディングページと親和性が高い主なWeb施策は下記のとおりです。

ランディングページと親和性が高い主なWeb施策

  • リスティング広告
  • Facebook、Twitter(X)、InstagramなどのSNS
  • メルマガ
  • 動画広告

リスティング広告とは、検索キーワードに連動して、検索結果の上部に表示される広告のことです。
SEOとは違い、より確実に広告をユーザーの目に触れさせることができ、施策を開始した当日から効果をあげられます。
そのため、リスティング広告からランディングページへの導線を作ることで、売上向上が期待できるのです。

またSNSは、情報を拡散する力が高く、スピードにおいても秀でています。
そのため、SNS施策とランディングページを紐づけることも得策といえます。

ほかにも、見込み顧客の教育を行えるメルマガや、ユーザーの嗜好性に沿った広告を表示できる動画広告など、確度の高い施策からランディングページへのユーザーの誘導は効果的です。

ランディングページ(広告)と相性の悪いWEB施策

SEO施策はランディングページとの親和性が高いとはいえません。
先述したとおり、ランディングページはユーザーへのクロージングを目的としており、より効果を上げるために画像や図などを多く用いて製作されます。
一方、ユーザー視点で読みやすさを考慮し、離脱防止の観点から文字数は低く抑えられています。

SEO施策は文章を主体として検索エンジンからの評価を上げていくので、文字を多用できない、画像を多く使うランディングページとは相性が悪いのです。
ランディングページは画像や図を用いますが、検索エンジンはその内容を理解することができないので、SEO施策の観点から評価されづらいのです。
これに付随して、対策キーワードも限定的になり、離脱を防ぐ目的で、リンクを設置することもしないため、これもSEOの観点からは逆行しているともいえるのです。

ランディングページ(広告)の特徴

(実際のLPの画像を用いて説明)※よい例に挙げたランディングページのキャプチャ

ランディングページの主な特徴は、下記の3つです。

ランディングページを見分けるポイント

  • 縦長のページレイアウト
  • 設置されているボタンは基本的にCTAボタンのみ
  • 写真や図が多用された自由度の高いデザイン

広告としてのランディングページは、ユーザーに対する自社商材のクロージングを主目的とします。
そのため、情報量は通常のページに比べて多く、必然的に縦長のレイアウトとなります。

また、ユーザーの無用な離脱を防ぐうえでも、ほかのページへのリンクは基本的に張られておらず、ユーザーをCTAボタンへ誘導するつくりになっています。
ほかにも、文字を多用するとユーザーが読みにくいため、直感的に理解できるよう写真や図も多用されます。

このように、ランディングページは、セールスマンによる、パワーポイントを用いた最終的なクロージング・訴求を彷彿とさせます。
一度効果的なランディングページを作り込めば、24時間365日ユーザーへのセールスを行ってくれる“スーパーセールスマン”を雇ったようなものです。

なお、効果的なランディングページの作り方については後述します。

よいランディングページ(広告)の作り方

ここからは、実際にユーザーの心をつかみ、購買意欲をかき立てられるランディングページの製作方法を紹介します。
ステップに沿って一つひとつ作り上げていきましょう。

➀目的・目標設定

まずはランディングページを製作する目的を明確にします。
ひとくちにランディングページといっても、目的は「自社商材の購入」、「資料請求」、「会員登録」などさまざまです。

ランディングページの土台となる目的や目標を再度、明確にしておくことが重要です。

②ターゲット・訴求方法の決定

目的や目標が明確になったら、次にターゲット像の設定や、アプローチ方法といった戦略に落とし込みます。
ペルソナとよばれる詳細なターゲット像を設定することで、訴求方法もより具体性が増します。
またターゲット像が明確になれば、どのような方法で訴求を行うのかが自ずと定まってきます。

③構成作成

続いて、ページ全体の構成を考えます。
ここで、セールスマンの営業トークをイメージしてみてください。
顧客の心を動かすには、「何を伝えるか」はもちろん、「どの順番で伝えるか」「どう伝えるか」も非常に大切です。

ユーザーの心に響くランディングページを作り上げるうえでのポイントとして、下記にあげる内容と順序といったエッセンスを参考にしてみてください。

  1. 興味・課題意識を持たせる
  2. 課題の解決方法を示す
  3. 商材のメリット・訴求点の提示
  4. 共感性の差し込み(口コミなど)
  5. 権威性(専門家からの評価・有名人からの推薦など)
  6. ストーリーの開示(開発までの道のりや想いなど)
  7. クロージング(購入・登録など)

盛り込む内容や順序を決めたら、ワイヤーフレームとよばれる、ページの大枠の設計図を製作することにより、これらをチーム内で共有することが可能です。

④製作

ワイヤーフレームを用いた構成作成を経て、方向性が確定したら、いよいよ実際にランディングページ製作にとりかかりましょう。
効果的なキャッチコピーを散りばめつつ、文字による情報を付加していきます。

ただし、文字数が多いと読みづらく、伝えたいことが伝わらないおそれがあるだけではなく、ページからの離脱も引き起こしかねません。

そのため、文字による情報は要点をまとめ、必要最低限にとどめたうえで、残りは後述する画像や写真などのデザインの力を借りましょう。

⑤デザイン

「読みやすさ」を考えるうえで、デザインは欠かすことのできない重要な要素です。

色づかいや、文字の大きさ、画像や図の配置場所、ユーザーの視線移動などを考慮しながら、設定したユーザー像に刺さるようにページデザインをブラッシュアップしてください。

デザインも、コンバージョンへ影響を与える大きな要素だということを肝に銘じておきましょう。

⑥調整・公開

文章とデザインの製作に区切りが付いたら、コーディングをはじめとした調整を行ったうえで、公開へとステップを進めます。

パソコンからではなく、「ターゲットがスマートフォンで閲覧した際も画像が切れることなく表示されるか」などの点も入念にチェックしておきましょう。

⑦効果検証

ランディングページは製作したらそれで終わりではありません。
成果が芳しくないときはもちろん、反響があった際にも、より高い効果を得るために常にブラッシュアップしていく心づもりが肝要です。

「狙ったターゲットから購入してもらえたのか」、そうでないならその原因や、そもそものターゲット像が適切なのかなども含め、常にPDCAを回して軌道修正を行いましょう。

なお、具体的な計測方法については後述します。

ランディングページ(広告)製作にあたっての注意点

ランディングページを製作する際は、改めて下記の点に留意しておきたいところです。

ランディングページ製作の際の注意点

  • コンプライアンスを順守する
  • ユーザー本位の視点を常に意識する
  • 更新しやすいページにする
  • フォームの使いやすさにも気を配る

ユーザーからの反響を増やしたいがために、誇大広告などのコンプライアンスを無視した手段に走ってはなりません。
また、そのつもりがなくとも、コスメやサプリメントを販売にあたって広告文を製作する際、知らず知らずのうちに薬機法(薬事法)に抵触してしまうことも多いので注意が必要です。
薬機法は表現についてのルールが多く、違反するとペナルティを課せられることも多いので、事前にガイドラインに目を通しておくことをおすすめします。

薬機法に関しては以下のような薬機法を熟知した専門家によるチェックを行うサービスもあります。コスメやサプリメントのLP作成の際には頼ってみるのも良いでしょう。

『薬機プロ』

これらのルールを押さえたうえで、ユーザー視点でページを作り上げていきましょう。
また、先述した通り、ランディングページは常にブラッシュアップする必要がありますが、更新しやすいつくりにしておくと、毎度の作業の負担が軽くなります。

さらに、ユーザーが最終的に記入する入力フォームも、使いやすいかどうか確認してみて
ください。

ランディングページ(広告)の製作費用

ランディングページの製作費用は10万~60万円程度と、ひらきがあります。
これは、自社で内製するのか、あるいは外注するのかなどの選択肢の違いによるものです。
なお、外注を選択した場合、外注先によって費用感も変わってくるため、下記を参考にしてみてください。

ランディングページの外注費の目安

費用の目安外注先
~10万円フリーランス
10万~30万円小規模な制作会社
30万~60万円中規模な制作会社
60万~大手の製作会社

また外注においては、ランディングページ製作のプロセスの一部を依頼することも可能です。
たとえば、デザインは5万円前後、コーディングは10万円程度で個別に外注することもできます。
予算や自社の状況に合わせて、もっともよいと思われる方法を検討してみてください。

ランディングページ(広告)製作にかかる期間

一般的なランディングページであれば、製作期間の目安は1か月程度となります。
集客戦略を熟考する場合や、デザイン・コンテンツに力を入れたい場合は、2か月以上を要することもあります。

いずれの場合でも、ランディングページの製作開始から、売上の効果が出始めるまでには一定に期間を必要とするので、逆算しつつスケジュールを組んでください。

ランディングページ(広告)作成後のPDCAサイクルのまわしかた

ランディングページに限らず、Webマーケティング全般にいえることですが、PDCAサイクルを回す際には、下記の指標・観点に着目してみてください。

ランディングページでPDCAサイクルを回す際に注目すべきポイント

  • ページビュー数
  • 平均セッション時間
  • スクロール到達率
  • コンバージョン率

ランディングページが表示された回数やユーザーの滞在時間、実際に成約に至る確率などをトラッキングし、そこから見えてくるユーザーの行動心理を読み解いていきます。
想定される数値よりも低い数値であれば、そこに改善のヒントが隠されているかもしれません。

これらを毎日計測して初めて、より効果的なランディングページをつくるためのPDCAサイクルを回せるようになるのです。

ランディングページ(広義および広告)の計測方法

続いて、Googleアナリティクス4を用いたランディングページの計測方法をお伝えしましょう。
Googleアナリティクス4はWebページの分析を行ううえで優れたツールであり、本段落ではGoogleアナリティクスのアカウントをお持ちの前提でご説明します。
まだお持ちでない方はぜひ、お早めに作成することをおすすめします。

なお、この手法は広義でのランディングページ、広告としてのランディングページの双方に活かせます。

まずは、計測・分析を行う対象のページのデータを抽出する必要があります。
この操作を行わないと、同一ドメインに帰属するすべてのWebページの集計結果が表示されてしまいます。

ページの左上部に表示されているメニュー一覧より、
行動>サイトコンテンツ>ランディングページ
を選択してください。
この操作によりランディングページの一覧がセッション数順に表示されます。

対象のページの表示に成功したら、続いて下記の観点で数値を確認してみましょう。

ランディングページを計測する際に注目したいデータ

  • 流入経路
  • セッション数
  • 直帰率
  • 遷移の傾向
  • 年齢と性別
  • 時間帯と曜日

上述したように、多角的な切り口でデータを分析することで、現在ランディングページの置かれている状況がリアルに把握できます。

以下の記事でGoogleアナリティクスの使い方を解説しておりますので参考にしてみてください。

ランディングページ(広告)を学ぶうえでおすすめの書籍

広告としてのランディングページは、キャッチコピーを駆使して顧客の購買意欲をかき立てるセールスライティングのテクニックが不可欠です。
ここでは、内製を視野に入れてランディングページを学ぶ場合におすすめの書籍を3つ紹介します。

➀「100%確実に売上がアップする最強の仕組み」

広告・マーケティング業界の権威である加藤公一レオ氏の著作です。
ランディングページ制作におけるエッセンスが凝縮されており、網羅的に学習できるので、手始めにおすすめできる一冊です。

②「究極のセールスレター」

こちらはダイレクト・レスポンス・マーケティング業界に名を轟かせているダン・ケネディの名著です。
出版年月は2007年ですが、“セールスライティグとは何か”を知りたい方にはもってこいの一冊です。

③「コピーライティング技術大全──百年売れ続ける言葉の原則」

ランディングページに散りばめるコピーの作り方を学ぶのにうってつけの書籍です。
ユーザーの心をとらえて離さない、珠玉のキャッチコピーを作るうえで、大いなる助けになってくれるでしょう。

ランディングページを自分で製作する方法

最後に、ご自身でランディングページを製作する際に役立つ3つのツールを紹介します。

①ペライチ

200を超えるテンプレートが用意されているペライチは、ランディングページ初心者におすすめしたいツールです。

GoogleサーチコンソールやGoogleアナリティクスの設置も可能なので、ランディングページの分析とブラッシュアップも容易です。

②STUDIO

Webサイト製作ツールであるSTUDIOは、ランディングページづくりでも活躍してくれます。

難解なコーディングは不要で、複数名での共同作業もできます。

③Strikingly

Strikinglyはアメリカ発のWebサイト製作ツールです。

ランディングページの製作ももちろん可能であり、無料版やプロ版などいくつかのバージョンがあるので、使い勝手を試すことも可能です。

ランディングページはWebマーケティング成功のカギ!

いかがでしたでしょうか。
今回はランディングページに焦点を当てて、概要ならびに製作手順などを紹介しました。

ランディングページには、広義の意味合いと広告的な意味合いの2つの種類があります。
いずれの場合も、Webマーケティングの要といっても過言ではないほど、重要な役割を担っているので、適切な知識を持って製作にあたりたいところです。

また、製作をノウハウ豊富なプロの業者に外注することもおすすめです。
その場合の費用の目安は10万~60万円程度となります。
売り上げ拡大のためにも、基礎を知って効果的なランディングページを製作しましょう。

『ランクエスト』ではランディングページを含むWebサイト制作づくりのお手伝いをさせていただいております。
集客UPのための豊富なノウハウを持ったコンサルタントがワンストップで対応致します。
ご興味を持たれた方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

監修者情報

監修者:寺西 翼

【株式会社eclore SEOコンサルタントチーム シニアコンサルタント】
Webマーケティング検定を取得。
SEOに関する知識のみならず、マーケティング施策への高い見識を保有。
10年間動物看護師として勤めた経験があり、そこで培った高いコミュニケーショ

関連したコンテンツ
最新のコンテンツ
TOP

SEO無料相談

受付時間 平日9:00~18:30

0120-790-671